ドリクラエミュ弄り:髪変更とか

 ドリクラ動画、何だか結局TimeTravelerが残ってしまいましたが、別段とっておきのネタを用意しているとかいう訳でもないのでご容赦をば、、。
 ただプログラム的興味で始めた話を、これでTimeTraveler録るべやと思ってから随分時が経ってしまった。先にコイヲシテイマスを投稿した頃には動作・録画が安定していなかったので、それらに奔走し始めてもう半年くらいになるだろうか、すっかり周り道をしてしまい。その間ちょこちょこ小ネタは排出しつつですが。

 しかしまぁ実際問題、いざやってみたところで「でっていう」の緑色の悪魔(違)の囁きが聞こえかねない話なんですけどね。全般的に言えることですが。うっかり「われにかえる」コマンドを発行するとあら大変。おのれN天堂め(全然違)。

 とはいえこれまで散々労力を掛けたなりに大分安定して録りやすくはなったとは思うんですよ。それまでの何かカクついてるとか音がずれてるとかそういうのも抑えられて、随分素直に録りやすくはなってきた訳で。
 長い道のりになっちゃいましたけどね。
 ぶっちゃけそろそろ地球防衛任務に戻りたいとは思っている訳ですが(結局止まってやんのw。まぁ本家も延期してますしね!)、一度始めると没頭しかねないというか二足の草鞋は難しい重さなので。こちらをもう一寸キリの良いところまではやってしまいたい所存。

 という訳でドリクラエミュ改造の小話。
 成果物は動画サービスYouTubeニコ動の方に上げてますのでそちらもどうぞ。

 先月の話からで、少々髪型いじりなど。
ドリームクラブZERO アイリ Hi!-Kin-goo(髪変更)


 アイリってぶっちゃけ髪型が非常に悩ましいキャラなのですよ。
 ただでさえシンプルなぱっつん髪にソリッドなモデリング、更にロボネタ定番の謎デバイス。
 いや自分はおかっぱぱっつんは大好物なんですが、如何せんこのゲーム全体のデザインバランスの上では、折角のお着替えも何を着せても浮いてしまって似合わない(苦笑)。
 実際アイリの動画はウィッグでばかり上げている人も居りましたので。まぁ気持ちは分かってしまうと言いますか。だって他のキャラは何を選んでも素直に可愛いくなるんですよ。ずるい!って思いますもん(笑)。

 なのでせめて普通の髪をアイリ色に染めてみたら何とか似合う格好にならないものかと。ウィッグを見ていて思った訳ですね。
 そこでお手軽に髪テクスチャの色替え改造(細かい話ではセルシェード用の地色の変更も)
 折角ならこうキャラの髪と同色の物もあってもよかったんじゃないかと。まぁ別人になりきるからこそのウィッグという話もあるでしょうけども。
img
 他のはちょっとアイリから離れすぎるのでこのボブカットかマッシュルーム。どちらにするかは迷いましたが個人的にはボブカットの方が好みなので。ちょっとソリッド感の強いモデリングですが逆にアイリ的には近くもなろうかと。

 あるいは他のキャラの髪を拝借して染めるという手もありましたが、キャラごとに顔のバランスが随分と違うので殆どの場合はマッチせず。物真似イベントにあやかって亜麻音ちんくらいなら行けそうだったけど、やっぱりただの偽装になってしまうのでここは素直にウィッグで。

 また他のモブキャラの髪という手も考えたものの、残念ながらボーンが入っておらずまるで揺れないので採用できず(受付さんのもね)。髪が固まってるのってこれだけ3Dで動かす場合はめっちゃ滑稽に見えてしまうんですよ。モブならまだいいけども。
 どれくらい滑稽かと言うと、私めのろくすっぽ表現が付けられていないお絵描きくらいに。ええ分かりやすい喩えでしょうに(苦笑)。だから固形ヘルメットは個人的に許容しかねるのですよ、、。

 でもって前回の揺れ弄りの副産物で、

ドリームクラブZERO アイリ 時間のカケラ(長さ変更)


 いわゆるボーンを伸ばしてロングスカート&ロングヘアー化(強引に伸ばしてるのでちょっとパキパキしてる所があるのはご愛敬)
 揺れ処理の係数の中にスケール値がありまして、そこを倍掛け設定にするとボーンが拡大するので結果的に可動パーツ部分が伸びる形に。以前に見掛けたスカートを短くした改造動画はおそらくこれかなと。
 そこでどうせならロングスカートにしてみようかと思った所のこの事故(笑)。
 髪のボーンまで一緒に伸びてまさかのロングヘアーに。まぁその時は一律伸ばしたので変なメカクレ(目隠れ)にもなってしまったのですが。そこから何処をどれだけ伸ばすかをちゃんと切り分けてロングヘアーアタッチメントの完成。
 まぁただ伸ばしてるだけなのでデザインとしてはめっちゃ微妙ですが。ハカセの徹夜明け製作だと思えばいいんじゃないかな(笑)。

 因みにそのまま伸ばすだけだとこれまたでかいおかっぱの塊になってしまうので、揺れ係数を高めて慣性を残すことでせめて形に変化が出るようにしてます。
 当初はセミロングで行こうとしていたのを思いっきりロングにしたのはこの為でも。中途半端だと却って浮いてしまって。
 ただこの揺れ制御は基本的に「動きに対する慣性変形」であって下方向の重力関係は考慮されていないようなので、恋KOIのラストお辞儀みたいな所ではガルウィング正しくは誤用になってしまうのは他のロングヘアーキャラ同様。ここはしょうがない。まぁ恋KOI自体が最後期だし、開発当初はそこまで考慮できてなかったんだろうなぁと。(あ、でもお辞儀は最初の最初にしてたっけ、、)

 あとこの辺ふと気付いたところで、PS版のアイリの固形ヘルメット髪はボーンが抜かれているのではなく設定値で揺れがオフになっているだけの可能性もありそう。作りがまんま同じかは分からないけど似たような感じにはなっているんじゃないのかなぁと。箱版だと丁度揺れのオンオフフラグも持っているのでPS版でもそれがオンに出来ればワンチャン。どうでしょうかね。

 そんなこんなの直近ネタまとめでした。
 過去ネタももう少し拾っていきたいかなと。
 まぁ作業を優先しつつでのんびりやります。EDFも再開したいです(笑)。