開閉UIに切替

TIS生存報告

 さて気付けば今年も残り僅かになってきましたねというところで、多分来月は気も回らない題材なので一足先に、某アセンブラパズル「TIS-100」
 一応めげずに続けてるよ!報告というか、気付けば忘れてしまいそうではあるけれども一ヶ月に数問くらいのペースで、基本的に脳内エミュさえ出来れば画面はいらないゲームなので、寝床で考え事をしながらそのまま程良く疲れ果てて眠りに落ちる算段も含めつつ、大体考えが固まったところでさっとコーディングして答え合わせ、みたいな流れでやっております。それが綺麗に収まると一安心。

 しかし改めて考えると、およそ実用的かと問われるとちょっと返答に困りそうな特殊CPUの命令セットとメモリ(コード長)の制約。ただある種の非現実とも言える特定ルールに則って与えられた課題を解いていくという行為は、成る程これも何だかんだでゲームというものなのかと思ってみたりもして。
 特に、アセンブラの原始的な命令文でのコーディングとなると一見ギチギチの最適化の印象を与えがちだけれども、実際はその貧弱に過ぎる命令セットとコード長で問題文を解いていく為には、如何にして問題文・入出力データの処理を定型化・単純化するかという観点こそが重要となってくる。(まぁプログラミングというもの自体が本来そういう物だよねと言ってしまえばそうなんですが)、そこを見極めてロジックさえ組み上げてしまえば後のコーディングはただの確認作業だとすら。

 この点、これってプログラミングのロジカルな思考を鍛える教育素材として案外役に立ったりしないかと、一度若いのをこれで鍛えてみたらどうなるかとか内心思ったりもしておりますが(ぉ)。取っ付きの点であまりにも精神障壁の壁が高く分厚くそびえすぎて「ちょっとこの人何言ってるの」的に、流石に誰にも勧めることすら出来ておりません。
 そんなもんプログラミング実習で十分だと思われるかもしれないけど、やはり一つのポイントとして「ルールが特殊」な所から「それに見合った解を導き出す」行程が存在するのは大きいんじゃないかなと。ただでさえネットのご時世、コピペ参照し放題だし、既に発明されたアルゴリズムをなぞる知識運用だけでなく、条件と目的から解を導く思考部分にこそ注目したい。まぁ単純に数学スキルとかに近いのかもしれませんが(言っても自分、数学はドロップアウトしてましたが)。どうなんだろう。

 とか何とか書き散らして終わらせるつもりで居た訳ですが、まぁちょっと嫌な予感もしていたけれども案の定と申しますか、書こうとしたこのタイミングでまた再びSTACK MEMORYの面で躓いておりましたよ(苦笑)。いや今回は、無難なロジックを思い付いて程なく完成してそれでおしまいの筈が、無難どころかまたも平均スコア(CYCLE)の遥か下。命令数(INSTR)の山もまるでずれている(こちらは良スコア)ので、狙ってもいないのにまたギチギチコードになってしまったのかと。(>”SEQUENCE GAP INTERPOLATOR”)
 いや自分、別に高スコアが目的だとかそういう訳ではなく、まぁ最低限整ったコードに収めるくらいまではやりたくはなるけれども、1CYCLE,1INSTRを争うようなテクニックの追求がしたい訳ではない。
 むしろやっている皆々様も多分「一回やっておしまい」くらいのプレイが多いだろうし、だからこそスコア分布の山が一つの指標として表れてくる訳で、その平均に遠く及ばないスコアというのは余程自分がヘタレなのか明後日のロジックを書いているのか。ましてやそれがまだ少しなら「まぁ下手も打つ」くらいで済むかもしれないけれど、STACK MEMORYのステージでばかりこう度々この有様では、流石に「根本的に足りてない?」という疑念に苛まれてしまうというもの。
 この点、このTIS-100という仮想CPUは複数ノードを並列稼働させる分散・並列コーディングが最大の肝となるところで。如何せんSTACK MEMORYはその特性上、直列的なロジックになりがちなので、ノード配置からコード記述まで何か重大なテクニックが欠けているのか、あるいは根本的に考え方が間違っているのか。やはりそこを押さえなければとてもクリアしたとは言えないという悔いが残る。
(パズルゲームなので出回っている答えを入れれば解けてしまう、それが平均スコアとして出ているだけではないか?という見方もついしてしまいたくはなるものの、ただこのゲームに限ってはそこまでして解く理由が全く見当たらないというか。本当に解きたくて解く人以外やってないんじゃないかなぁ。)

 そんな訳で、実際苦し紛れ感の否めない汚いコードを綺麗な形に収められないものか、あるいは全く別のアプローチも無いのかも含めながら、あれやこれやと休日が災いして本来やろうとしてた事も放置して「こんな気分のまま切り替えられるか!」とばかりに再三足掻き続け、「もうこれが駄目なら諦めよう」と言い始めてから更に二・三回、「アカンこれ前回やったやつや」。
 まぁ先に書いたように、単なる手落ち以上の根本的な疑念があればこそ、なかなか諦めも着けられなかったというものですが。そういう「諦めの悪さ」のパラメータ値だけは無闇に高いので、、。

 そうこうしながら紙に書き出した数列の束を見ている内にふとティンと来たアルゴリズム。意外と組めそうだけど、でもこれって、うーん、まさか、、、?
 そう、そのまさかでした、
 「STACK MEMORYを使わない」

 「こんなのズルいじゃん!」って奴ですよ。これ見よがしのSTACK MEMORYの配置はまさかのトラップですか(スタックとしては使わず、通り道として使うだけ)
 まぁ普通にSTACK MEMORYを使ったロジックも形にはなったし、このステージの作者も案外それを正解のつもりで作ったのか、あるいは逃げの余地を残したのか。(追記:改めて振り返ると以前にもスタックを使わない面はあった。というかそこもハマってた。)
 しかしそんなものに惑わされず、数列処理のテクニックという点で手短な正解に辿り着いていたのが世の大多数の皆々様でありました。うん、ホントにこれマニアしかやってないよね(笑)。

 という訳で、無事に解けて平均スコアと同列に並んだ上に少し手直ししたら平均値の左にまでスコアが伸びたところで一安心。ひとまず疑念と不安も解消して一段落というものですよ。

 でもって、
 いつもグダグダ文章ばかりで具体的な物が無いと片手落ちとも思われるかなぁと。まぁパズルは自力で解くべきというスタンスも強い訳ですが、人のコードを参考にすることも悪いことではないからということで。今回たまにはということで晒してみます、以下ネタバレで。
 ちょっと汚い部分も残るコードなんで見苦しいですけどね。ソートは散々コード記述を試した物の中から比較的マシなのを抜粋。ホント見せられるものじゃないんですが。何やってんの?かも。あとコメントも無いコードは許しがたいがこの場合は致し方ないので、、。
*NEXUS17: “SEQUENCE GAP INTERPOLATOR”:数列の抜けを検出する
・ソートした列から抜けをスキャン(挿入ソート後)
・ソートした列から抜けをスキャン(バブルソートで逐次)
・数列の最小最大値と合計値の関係から抜けを算出する(即日微修正:冗長さは潰せてないけど)

 まぁちゃんとプレイしてるんだよアピールということで(笑)。

ヘカプー

 こんばんは、月一ノルマ(何)もまたギリギリという感じで。

 さてはて、巷では猫娘がハロウィンを妬んでネットスラングを連発してるこの頃ですが、 実際のところ自分に取ってのハロウィンなんてのは、普段のラインナップから消えたおっとっとお徳用パックがハロウィン仕様で復活する年一行事みたいな認識ですけどね。商業主義の産物ですネー。というかこれを書いている今頃はもうハロウィンコーナーも片付いて、クリスマス仕様キャラメルコーンを一袋摘まんできたところ。

 まぁ自分はそもそも洋ドラ・cartoonかぶれなので、それ以前から恒例行事というか、ハロウィンその他イベント回はすっ飛ばしてその季節までお預け食らわされるdisney channelぐぬぬ、ってな認識ですけども。
 ってなところで話を繋げて、
img
 久々cartoon。
 cartoonはムツカシイね。普通の絵も難しいけど(汗)。
 線と形で絵描き行程の殆どの勝負は付いてしまうので、ついつい必要以上に身構えてしまう感じで。
 如何せん線で勝負仕切れないので、そこからちょっと日本風な影の盛り付けでもしてみようかと思いましたが、半端にいじるのよくないと申しますか。
 よくよく見るといつもの影無しベタ塗りじゃなくて、髪やツノにグラデが掛かっててちょっと豪華バージョンな絵作りになっていたりして、「これで十分お手軽高効率」という、制作者の合理的なデザイン意図が伝わってくるようで。素人が下手な事してはいけませんね的な。
 まぁそもそも原理主義的な絵に寄りすぎなんですけども。まだ己のカラーも何もありませんが故。
 もっと気軽に描けるようにならないとなとつくづく思いますです、はい。

 っと、そんな訳で、スタバちゃんスターバタフライのヘカプー(Hekapoo)。
 別にハロウィンキャラでも何でもないけど、なんか丁度それっぽいなと。炎というか灯火の魔女とでも言ったところ。かつ次元ポータルの管理人。
 炎を灯すように次々分身体を作っての鬼ごっこであったりボス戦であったり。それと次元切りバサミ両手持ちでのワープアクションは負けイベントながらに素敵なシーン。よく見たら分身体はハサミ持ってないのか。その他勇姿はこちらにてんこ盛り。)

 そしてそんな次元の管理人らしいエピソードとして、地球とは時間軸の異なる次元で16年の時を過ごしたマルコ君が地球時間に戻ったら僅か8分後という、まだティーンエイジャーの14歳が倍の人生を一瞬で過ごして戻ってくるというSF展開。なんという美味しすぎる俺得感(笑)。
 こういうエピソードをさらっと15分にぶっ込んでくるノリがcartoonはやっぱ好き。

 でもってヘカプーの分身体は分身というかクローン生成なので個別に意思を持って会話もしてるという、益々俺得まみれのネタ。
 資料画像を探してる時に見掛けたファンアートで、ヘカプー分身体が酒場でどんちゃん騒ぎをしてる絵は「分かってるね!」感満載でありました。

 という訳で、ネット配信で視聴機会も増えてきたcartoonを皆で見ようねキャンペーン、と締めくくりたい所だったんですが。如何せんdisneyは渋いというか、新エピソード以外は次々切り落としてそもそも視聴すら出来ない(利用不可)よく分からない公開パターンの上に、どうやら近々primeから外れるリストに入っている模様。何たるこつ。うーん、やっぱりcartoonの日本視聴は今もまだ悩ましい。
 この「どうしてこうなった」級の関西弁EDソングは是非とも一度ご堪能頂きたいところなんですが(まぁもう最新S3で変わってますけど)。原語が酷い訛りなのかとか思っていたら別にそんなこともなく、ただどういう訳か日本版では「魔法の国は関西にあった(?)」という物凄い謎采配。面白いからいいんですけど。吹き替え声優さんが関西出身で占められてるっぽいのが無茶苦茶ウケるという。

 そんなこんなで時間切れ。
 今月もお疲れちゃん。気付けば今年もあと二ヶ月じゃないですか。。。

悟りAI

 画像板だったかでお姉チャンバラの新作の絵を見掛けたところ、いつものケバいリアル系CGからセルアニメ風CGにシフトしてて、「あれ、この出来ならドリクラ新作も行けるんじゃね?」と適当な事を考えました。(カグラとかももう抜け殻みたいに聞いてたもので)
 まぁかつてのノノノ参戦みたいなオマケでも、今回の絵柄なら食い付けるかもねと思いましたが、問題はアイリはおよそ戦闘キャラではない事ですかね。ノノノだからノリで行けた訳で。

 とまぁ、TGSで幾つか隠し球を発表というので、どういう訳かCDの出た今年のこのタイミングこそアイリちゃん主演ロボプラス発表か、などという奇跡は起こる筈もありませんでしたね、という話をここに垂れ流しておくことにして。

 さて、先々月くらいのぐったりオーラを見るに見かねてなのかは不明だけれども、何を血迷ったかロボ子ネタを振られてしまい、「思われてるよりもずっとこのジャンルは選り好み激しい物なんだけどね」とは断りを入れつつ、「(配信始まった後に)覚えていたらやる」と言っていた物をうっかり思い出したのでやってみたお話。

 マーシフルガール
 説法ロボ子ビジュアルノベル、という事で軽い気持ちで触れてはみたんだけど、ただ思った以上にその方面にガチすぎて、これは取り上げるか上げまいかとも思案したけれども、「今月のネタが無い」という事実に行き着いて折角だからと書き上げることに。(その後雑談で埋まりましたけど、まぁそれはそれ)

 原始仏教がテーマということで、現代の拝金システムに染まった宗教には全く興味は無いけれども、根源的な思想や方向性としては仏教については割と面白い所もあるとは感じていたので、これを機にもうちょっと触れてみようかという思いもありました。
 仏教は何と言うか、56億7千万年後とかいうとにかく出鱈目にでかいスケール表現に始まり、階層宇宙的な考えやら何やら、全ては超然たる視点で世界を見据えるという思想なのだけれども、その見方がSFとの相性も良いとは昔から思っていたところで。

 そんな所で昨今流行のAIネタに絡めて、AIに今の世の情報(いわゆるところのビッグデータ)を与えてみたら、うっかり悟りを開いて戻ってきてしまったというお話。確かに、人間では遠く及ばない膨大な情報処理能力と超俯瞰的な思考を持ってすれば、それこそ凡人には辿り着けない悟りの境地に至る事が出来るのがAIだという見方もあるということか。
 そんな悟りを開いたすっかり上から目線のAI様相手に、ああでもないこうでもないと問答を重ねつつ、「まだ半分以上あるし、果たしてこのAIが現代社会を見てどのような考えをぶつけてくるのか」、知識ベースで語るばかりのAIが現代社会の目線とどう折り合いを付ける話になっていくのか、などと期待しつつ。
 そこで引き籠もりのAI技術者一人では埒があかないからと、家族にも会わせて見聞を広めていくお話が展開するのかと思いきや、実家に帰ったところ家族の急病の知らせ。その思いもよらぬ急展開の闘病生活を見守っていくお話に、というのが後半のストーリー展開。

 振り返ってみると、悟りを開いたお釈迦様代わりのAIとの問答から始まって、その教義を持ってして日常の生活を顧みて、現実と向き合ってどう考えていくか。などといった話の流れは説法の基本パターンなのだろうか。
 はい、まさしく説法ゲームでした。嘘偽り無く。

 ただ、当初でこそほのぼのギャグの描写もあるものの、後半は至って真面目なお話。宗教の根源としては、人が生涯を過ごしていく上での拠り所であり覚悟でありと言ったお話になるので、当然人の生死がテーマとしてのし掛かってくる、そういうお話。
 自分も家族の年齢がいいところに近付いて行っているので、いずれこういう話とも向き合って行かなければならないだろうね、という思いはありつつ。
 はっきり言って「思っていたのと違う」内容でしたが、これ作者のリアル体験談も混ざっているのではないだろうかと思えるくらいには(あるいはそういう話をきちんと調べて回ったのであろう)、何かこういう密着ドキュメンタリー番組の一本でも見たと思えば、なかなか興味深いお話でした。

 とまぁ、題材が題材だけに迂闊なコメントがし辛くなった訳なのですが。
 ただ繰り返すと「思っていたのと違う」のがあったのは事実で。なので以下はあくまで私見として。

 事前登録とか言い出してるものだからどんな課金ソシャゲ?なのかと思えば、ごく普通のビジュアルノベルが始まって。見た目萌えアンドロイドとの会話を楽しむお話かと思えば、生死をテーマにした重いストーリーが始まって。
 ええはい、後半はAIロボ子さんも空気です。重要な所では働くけれど、基本的には前半の説法パートで役所は完了してしまっているので、後半は「留守番しててくれ」ばかり。何という、、。
 まぁ先程も書いたように作者さん的には(おそらくの)説法の基本パターンが先にあって、掴みとしての今時のAIネタであり、萌え絵であり。間口を広く取るくらいのものだったのだろうとは思う。(まぁ事前登録はちょっと何言ってるの、と思いましたが。あとエンターテインメント、、?(汗))

 ただやはり個人的には、折角今の世のAIと話を絡めるのであれば、超越的視点を持ったAIならば更にどう考え得るか等の話の広がりみたいな物も期待してしまいたかった。まぁそれこそ人間には及びも付かない領域の話にならざるを得ないかもですが。
 仏教が興った当時とは生活水準も異なる現代社会に於いて、人の生き方も考え方もすっかり変わってしまっているので。(先進諸国では)社会保障もすっかり行き届いて、物理的に生きるよりも精神的にどう生きるかの時代ですし。今、そして近未来の時代の目線をと。
 まぁだからこそ、かつては社会を支える経済システムの一環としての立ち位置でもあった宗教が、最早すっかり単なる自由思想の一つでしかなくなった現代に於いて、根源的な思想に立ち返る原始仏教の考え方こそを、ということなのだろうけどね。(拝金主義の生臭坊主への苦言が含まれている所なんて正に)

 などとまぁ、完全に外野からの目線での言葉ということになりますが。
 SFとは思索だと思っている人の一人なので。もう一寸。
 ぶっちゃけ超絶上から目線のAIロボ子(達観しているからこそ上からの目線になってしまうということなんだろうけど、信徒ですら「上から目線」って思ってるみたいだし)との問答を主人公が延々続けるお話だけでも面白かったかなぁと思ってしまうところ。

 という訳でいつもの。
img
 こんな感じのアニメキャラ居たよね?(見たことはないけど)と申しましょうか。ミニスカメイド服は正直好みじゃないのでプレイ中は着替えさせてたんですが、それだと一層誰だコレと思われてしまいそうなのでキービジュアルのそれで。但しカチューシャは(好きでもないのに面倒くさいので)外しました、すんません。

 前半を読んでいた頃はAIロボ子絵の一つに加えて宣伝してしまう気も満々だったんですが、後半は空気だったし、何より先に挙げたように内容がガチすぎて、ちょっとこういったものを迂闊に人前に出すと「この人宗教に染まってるのか(勧誘始めたのか)」と要らぬ誤解も招いてしまいかねないので、この場で控えさせて貰います。
 ってのもあって軽い線画で済ますつもりだったけれど、折角なので軽く色も載せるテスト。
 うん、まぁあれから元気も無くて基礎練習に戻るばかりで(結局その次元に過ぎなくて)色塗りからはまた離れてしまっていたんですが、相変わらず塗りの方針が定まってないので、今回は何となくでマーカーを試してみた次第。
 現実のマーカーに相当する物を使った事がないので分かりませんが、何とも奇妙な挙動というか。ペンを重ねても濃い色だけが残っていくのは面白いけれど、別の色を重ねるとまたそちらが上書きされたり、(他の筆にも所々言えるけど)極めてプログラムチックな挙動をどう扱うべきなのか。基本的には単色のレイヤーとして使う想定なのかなぁ。よく分かりませんが。
 そんな素人ぶりのアピール回(えぇ)。

近況18/09その3

(※いつものノリで小ネタを書き並べてたけど、素直にエントリを分けることに)

 でもって、実写TFスピンオフ「バンブルビー」PV第二弾
 これは俄然盛り上がって参りましたよ!(笑)

 いや決してG1オマージュ要素があったからという話ではなくて。
 全体的に見てやるべきことに立ち返った感がひしひしと伝わってくるのが良い。
 予算減ってると聞いた割にTF増し増しで、ディセップ連中の台詞も普通にあって、過去イミフだったトリプルチェンジャーの三段変形もきちんと分かり易く示してと。別に当たり前の事をやっているだけなんだけどそれできっちり映像作品として成り立たせる、という原点に立ち返った感。(むしろ今までどんだけクソだったのと思いますけども)

 むしろセイバートロン星(サイバトロン星)のG1オマージュデザインは、正直ファン目線でも露骨に感じる所はあるけども。でもキャプテンアメリカとかもコールソンの趣味の一言でクソダサオールドデザインを引っ張り出してたし。まぁ改めて原作があるんだよアピールということで。
 強いて言えば、限られた予算で個々のデザインを複雑にするよりもTFを一杯出すことに専念してくれたとか。おそらくは短い回想シーンに過ぎないだろうしね。
 後は母星の背景に埋没しないデザイン上の区別という見方も。如何せんこれまでは、オートボット側をカラフルに、ディセプティコン側を暗めの色で区別していく傾向が見えていたけど、それこそ後者がただのモブ集団みたいになってしまっていたし。元来の「何に変形するか」の区別で良い。クルマ系vs兵器系。

 などとまぁ先にフォローしておいて、後は純粋に楽しみたい。楽しめればいいなぁ。
 惜しむらくは日本ではこれが本国から三ヶ月遅れの公開になってしまう事ですね。春休み合わせで。まぁ興行収入は大事なんだけれど。是非ともそれに見合う結果が出てくれるといいなぁ&それだけの出来だといいなぁと。
 如何せん、1-3までは字幕・吹替で最低2回は見てたんだけど、4以降は呆れ果てて1回しか見てなかったからね。また飲みついでに友人を誘って興行成績に貢献するくらいになるといいなぁと。

近況18/09その2

(※いつものノリで小ネタを書き並べてたけど、素直にエントリを分けることに)

 それにしても(キン肉マン)ゼブラ戦、酷かったですね、、、。
 正直に言えば、ついつい連続で触れてしまっていたものの残りの面子は触れなくてもいいかなと思っていた節はあるし、そろそろ負けカードが来ることも十分想定はしていた。
 だけれどもこんな、オメガ勢の引き立てとしても往年のボスキャラのリバイバルマッチとしても、全く見所の無いどころかマイナスばかりの無惨な塩試合をダラダラ見せ付けられただけで終わるとは思いもよらなかった。(お陰でマリキも嫌いになりつつすらある、逆効果)
 偽リベンジャーを昇華させたアステカセメタリー、瞬殺キャラがとうとう決めたメイプルリーフクラッチと来て、「あれ?、(負けるとすら思ってたのに)この流れはインフェルノ完成版をとうとう決めるのか?」と煽りに煽った所での、
 来たか?>グワーッ
 来た!?>グワーッ
 (えぇ・・・)
 いつもの唐突且つ強引な設定変更(しかも今回はありきたりで何一つ良い所のない)に時間を費やしての、溜めに溜めてからの不発という、一体何がやりたいのかすら分からない展開は自分がもし観衆だったらリングに空き缶を投げ込んでたレベル(そして我に返って空き缶ポイ捨てを悔いるダブルダメージ)。「これもまたプロレス、なのか、、?」、と己の理解の甘さを悔いる他ないのか。
 いやここは、オメガを侮辱された事にキレたマリキータがブック破りに走ったと考えるしか。試合後の「互角だった」と言葉の上っ面だけを合わせた虚しい台詞回しも、本来はゼブラもマリキもお互いの技を決めつつ、疲労・ダメージが蓄積していたゼブラが惜しくも先に倒れる、という展開ではなかったのかと。喰らうべき所を喰らわずに完勝に持ち込んだマリキの自己満ブック破り。
 確かにそろそろブック破りを見たいとは思っていたけれど、まさかこんな誰得のブック破りなんて望んでねーよと。
 これはもう次の試合で制裁を加えて貰うしかないですよね。アタル兄さん辺りにアロガント・インフェルノでも決めて貰って。(でもなんかアタル兄さんは敵側に回るんじゃないかなと思ってる一人ですが。それこそラスボスとしてスグル・アタルマッチもあり得るとか。)

 などと、今回はあまりの落胆ぶりに困惑しまくりましたが。
 ほんと「リアルタイム連載を追うのはやはり性に合わないかな・・・(単行本派に戻ろうかな)」と思わされるレベルで。ぶっちゃけ今までも、美味い展開もあれば不味い展開もあったけれど、単行本で一気に読むからこそトータルで捉えて追って来られた所はある訳で。
 まぁゆで先生には正直猛省して頂きたいとは思いました、はい。
 連載ってのは難しいなぁ。
top↑