開閉UIに切替

シド・ミード展

 さてはて、すっかり燃料不足だなぁというのが正直なところ。そもそも直近記事を振り返ったらバグったメンタルゲージも放置されたままだったという、つい最近の話なのに仕事と体調不良の繰り返しで記憶の消し飛ぶ昨今に思い至りまして。
 書こうと思ったまま当日寝入ってしまってからそのまま時も経ってしまいそうだった物を、記憶アンカーの意味でも一度打ち込んでおこうかなと。

 という訳で先週の話なんですが、シド・ミード展行って参りました。
 最終日に話すんじゃないよ!という感じだったけど、幸い好評につき期間延長となったようで何より。おめでとうございます。
img
 LDに時代を感じる、というかLDシングルなんてあったのかと。
 いや自分、こういう美術展では写真を撮らない派(見回るのに専念する)なもので。何となく撮ったこの一枚くらいしかありませんでしたが。個人的にはこのVillage Machineとか好き。(一緒に行った友人も丁度同じのに反応してたけど決して真似た訳じゃないよという(笑))
 絵が欲しければネットか図録で見返せばいいよくらいに思っていたら案の定の売り切れで、「商機逃してるよね」とは言ってましたけど、いやまぁ運営側も予想外の反響だったんじゃないですかね、とも。
 小学校を改修したような場所で、精々が1,2フロアの小さい個展かなくらいに思っていたら意外にがっつり普通の美術展クラスだったし、皆同じような軽いノリで来てたのか、入場待ちの列が階段から屋上まで伸びててびっくり。(まぁその分きちんと入場人数の管理をしてくれていたから快適に見て回れたと思う。)
 シド・ミードは、我々一般的な日本人に取ってはブレードランナーやトロンにターンAガンダムといったくらいの認識しかないと思いますが、「まだこんな集客力あるの?」とは友人の談。まぁ強いて言うならガンダムファンの母数の多さなのだろうか。冨野なんて今はもう(一般には)やっかまれてる存在だろうに、「でも俺は好き」くらいのものだったんですが。しかしこの前も当時のネタ漫画に「ターンAは面白いものな」って台詞があったのを思い出された次第。

 そんな訳で、往年のSFデザインを懐かしむくらいのつもりで行った訳でしたが、認識してた以上にあれもこれもと往年の作品に片っ端から関わっていて、その影響力も計り知れず。
 だから「シタデル(Mass Effect)じゃねーか」とか「EVE Onlineの船じゃねーか」とか、この辺りは後追い側のファンアート的デザインなのだけれども、あまりにもそのまんま過ぎて逆に噴くというか。それだけSFの近未来デザインというのを確立させた存在だったのだなというのを実感させられたりもした。
 ただ逆に言えば、20世紀中頃に流行ったハイテクを思わせる流線型ラインから、綺麗な面一の構造物というデザインがあまりにも一般化・凡庸化されすぎてしまっている、というのも改めて感じてしまう所でもあり。
 端的に言えば「この頃からSFデザインって全く変わってないよね」、というのはデザイナー側、クリエイター側としても思う所はあるんじゃなかろうか。ってのが冨野の賛否入り交じるシド・ミード評にも現れているんじゃないかなとは改めて思ったところ。

 ターンAの仕事については、上手くやり取り出来なかったんだろうなとは当時から感じていた所だけれど、(自分「MEAD GUNDAM」は買ったまま畏れ多くて読まずに積んでしまってますが、今から読んでるとまた終わらないので敢えて読まないまま、以下憶測だけで勝手に書いてますが)
 SF界の重鎮として21世紀の新しいガンダムデザインを考えて下さいくらいのノリで出したら、シドお爺ちゃん的にはノリノリで構造的なメカニカルデザインから始めちゃって、どちらかというと当時のシド・ミード画風そのままで二足歩行ロボットをデザインする方にこそ注力してしまったんじゃないかなと。そりゃまぁサンライズも困惑するだろうっていう。完全に彼等の文法から外れまくる物をお出しされてしまった訳で。でもだったらお爺ちゃんに何求めようとしたの、とは思いますけどね。
 とはいえ勿論お爺ちゃんもきちんと従来のガンダムの絵は解析した上で、日本特有のケレン味なんかは「何だろうこれ」と消化仕切れないまま苦悩した結果がターンAの髭であり、ターンXのよく分からない触覚だったのだろうなと(個人的には唯一残念な点)

 だからターンAでの仕事は、やっぱり最初のスモーこそがミードガンダムであって、ターンAは日本側の要求を消化仕切れないままの難産だったとはいつ見ても思うけれど、でも格好悪いのはぶっちゃけ顔とトリコロールの所為だし、そういう経緯を経て最終的にミード的な構造デザインと彼なりのケレン味を消化させた最終形がターンXだよな、とは改めて見ても思わされる所。
 日本のロボット・メカデザインの文法には全くそぐわなかったけどやっぱ無茶苦茶格好良いよアレは、と。

 まぁ繰り返すと、20世紀当時からシド・ミードの作風、ひいてはSFデザインはすっかり固まっているとも思わされたけど、とはいえその先はもうシドお爺ちゃんの仕事というよりも後続の仕事の問題だとは思うし。
 ただ近未来的デザインなんて、整然としてるか煩雑としてるかの二択にはなっちゃうのだろうか。特に背景というところでは情報密度が物を言う世界でもあり、その労力が(諸々の理由から)伴わない結果が「つまらない殺風景なSF絵」になっちゃうのだろうとも感じさせられた所。まぁ難しいと思いますよ、本当、とだけ。

 何か全然まとまらなかったかも。いつもみたいには、流石に畏れ多くてミード絵模写は迂闊にしませんでしたよ(笑)。まぁいずれたぶん。ってかあの立体構造把握力を見せ付けられると割と凹みますので、、(そりゃまぁ長年のプロですし)
 ともあれ、図版の方は再販するという話なので後で手に入れたい、というところでのリマインダーとして。

浄化スプレー

#世の中にはそんな商品もあるようで(えぇ)>タイトル

 こんばんは(朝だよ)。
 何と言うか、やることはあるんだけどもとてもそんな気分になれなくなっているというか。気分が地の底、深海の奥底に沈みすぎて、地殻を突き破ってマントルに焼き焦がされながら地核の超高圧に押し潰されてしまいそうな。最早メンタルゲージがバグバグで機能しておりません。

 まぁ遅かれ早かれこうなることは分かっていたと言えばそうですが、自爆というか自縄自縛というか自家中毒というか。
 ○○しすぎだとは言いますが、

「その癖を止められればいいのだろうけどね」
「改名でもしない限り無理なんじゃないかな?w」

 名前ネタって割と好きなんですよね。一度は言ってみたかった。
 ただこのご時世、迂闊に個を晒すと特定されて万が一の際に面倒なので自重せざるを得ず。まぁだから推測と憶測の闇に紛れた表現に留め置く訳ですが。どうせきっとその内、AI様の高高度解析技術の前にはこんな抵抗は無意味となるってなものでしょう。

 そんな訳で「名は体を表す」の典型例だとか、親にも「変な名前つけてごめんね」とか言われてますが。
 いやお前等、人の名前を呪いみたいに言うんじゃねえよ、と(笑)。
 俺ぶっちゃけ大好きだもん、この名前。
 もうちょっと生まれるタイミングが違ったら、ハンドルネームにもじって使うなり、迂闊にtwitterとかで晒しちゃっていたであろうくらいには(ぉ)。

 自分、「言霊」ってのは満更でもないと思ってるんですよ。宿命にして天命。
 いや運命論とかは流石にちょっとなと思う人ですけど(どっちだ)。
 まぁこういうのは訓戒の一種として心に留めておくというものでしょう。

 うん、何か適当な事を書き並べている内に、少しは空元気玉が打てるようにはなってきたんじゃないかなと思います。
 とか何とか言いながら、3秒後には我に返る性格なんですけどね。(そういうとこだぞ!、っていう)

95.3%

 アカン、時が経つ程に状況が訳ワカメで手に負えなくなってきてしまう、ので書き溜めていたものを流します。

 いやぁ、このモニョる気持ちは解消しておこうかなというか。
 正直に言うと、自分の中のUltima八徳の理念が崩壊していくと申しましょうか。
 こうも「ヒトの愚」というものばかりを見せ付けられるとね、、、。

 前回最後と言ってましたが「けもフレ2」、正直ちょっと外野視点で書きすぎたかなというのは気にしてまして。それは「こちらはこちらの話をする」為に必要以上に触れなかったという面がまずある訳ですが。ただそれと同時に実のところはこの話題、「『正常性バイアス』という言葉との戦い」という非常に難しい話になってくるんですよね。

 ただでさえこの手の作品評価というのは「受け手の取り方次第」というマジックワードに踊らされがちな話題。そこに被さるファン心理、そして集団心理。
 実際それらを排除してなるべくプレーンに捉えようと試みればこそ、「(1期否定という)その気は無かったのかもしれないが、ことごとく描写・演出がズレるあまりに誤解を受けたのではないか」、とはなってしまう。
 でも実は個人的には、この「解釈次第」という考え方自体を小狡くも利用されるケースが有り得るし、それが今回だとすら正直思っているところ。ええはい、私も95.3%の一人ですね。

 先の「その気はなかった」という解釈と同程度に、今度は逆に「適当にキャラ萌えを並べてお涙頂戴で演出しておけば、後はオタクが良きに解釈してくれる」という、無粋な勘ぐりすら容易に可能。(論拠としてそれだけの無粋な脚本の羅列が存在する訳で)
 むしろそれで本来は多数のキャラ萌えファンに絶賛されつつ「1期否定?何のことかな?穿った見方しすぎじゃないですか?」という路線に持って行く筈が、脚本の致命的な不出来によって打算が天然に押し流され、世にも奇妙な珍作品として世を困惑させることとなった、というのが実情だったのではないか(?)とすら。
 勿論全ては「勘繰り」ですが、こういう勘繰りが容易に発生しうるような出来映えだったとは自分も思っているのですよ。ただこれを下手に発言すると客観性という言葉の波に飲み込まれてしまうというだけで。
 そりゃだってプロだもの、普通は有り得ないと思いますもの。なのに、有り得ないレベルのお粗末な結果しか出てきてないんですもの、、、。

 自分も長年生きていれば「残念な続編」、その出来映えが物議を醸した例など幾らでも見て来たけれど、今回はそんなレベルはとうに超えていると言っていい。
 元々この作品には「1期イメージを払拭して2期イメージに切り替える」というテーマがあった事は確実で(最終話の描写)、それ自体に危ういリスクが満載だというのにそれを避ける努力を一切することなく(むしろ作り手のエゴでしかないそれを)安易にお出ししたのも事実。それを持ってして「受け手次第」とするのはあまりにも作り手だけに都合の良い、逆に卑怯な考え方ですらないかと。

 だからこの場合、よくある炎上問題のように「受け手の解釈」というだけではなくて、「そのような解釈を生む物をわざわざ出した」という点まで含めて捉えるべき話題ではないかと。
 これは一般に喩えるなら、「トイレでカレーを食べる」シーンをゴールデンタイムに流して、「そのような意図は御座いませんでした」という言い訳で済まされるのか、そういう次元の話題だと。
 ここは、自分なんかより遥かに外野(騒動を聞きつけ、平成史に残るクソアニメ事件の見物目的で見た層)の友人と話して、この温度差というのを改めて感じてしまった次第。
 それ故に、少々他人事としての書き方に徹してしまった(冒頭の通り)点、少し反省もしてしまった所。まぁ本当、下手に触れるのは難しいのですよコレ。

 などと書こうとしてたのが先週くらいからの話なんですけども、
 そうこうしている内に現実の方が「事実は小説より奇なり」の展開になってきているようで(大汗)、いやもうこれ触らない方がいいんですよねホント、、。
 自分はただ「外野が半端に首を突っ込む野暮さ」に荷担してないかという申し訳なさあっての弁明文を展開する筈だったんですけども。
 しかしもうそれどころではない、ホントあの馬鹿共何やってんの、ってな感じの展開のご様子です。まぁその内まとめサイトとかにどんどん出て行くと思うのでそれはそれで。(火消し業者が縦読みで愚痴を流した(?)説とか、なんかもうスゴい)

 そんな悪意だの何だのに晒されている時分に見掛けたのが、この動画、
ランボー 怒りのけもフレ2
(元ネタを知っていれば分かりますが後半が本番)
 「みんな誰が悪いしか言わなくなった」のところで、我に返らされる気分ではありましたよ。

 自分も当初、「祭の強制解散」といった話を書いていたのを思い出しまして。
 ここはアニメじゃなくても自分の好きな領分に当てはめて考えてみれば、あまり無下に出来る話題とも言えないんじゃないかなと。それこそ自分なんかは「つい隣家で火事が起きた」ようなものなので、いつ自分に降りかかってくるかも分からない話題ですからね、、。

お疲れ様2019

 恒例の、
 天海春香さん、おめでとうございます。
 けーぜろさん、お疲れ様でした。

※TF映画(バンブルビー)はまた後日触れます。(忘れてないよ!、ということで)

 さて、一応最後に触れておきますが「けもフレ2」、自分としては先日の評そのまま、
 ・やろうとしたことができてない
 ・その結果物がどう他人に見えるのか客観視できない
それだけの「致命的な実力不足」であったと。

 まぁ商業作品としてはそれを(ましてや人気作品の続編として)お出ししてしまう所に責任の追及は免れない訳ですが、そこは世間様の動向を見守るとして、こちらはこちらの話をしよう。

 前回にも触れたけど、更にオブラートに包み忘れた表現をすると、言ってしまえばこういう「無能」の所行を目の当たりにさせられてしまう事は、同じく至らない力量の人間の立場からすれば、とんだ「全国全世界の無能に絶望を振りまいた」お話だったんじゃないでしょうかと、ええ(ぉ)。

 キャプ翼の松山も「才能が無い奴は努力するしかない」とか言ってくれてますけれど、
 だがな松山、それは正確には「その努力で伸び得る『芽』こそが才能」なんだよと(ぉ)。

 などと無能に絶望を叩き付けることでアンダーフロー効果でも狙っているんでしょうか、とすっとぼけつつ、
 期待値をミニマムまで下げきった所で、

 平成の終わりに平成生まれのピヨちゃんを描く。
img
 ということでピヨちゃんこと音無小鳥さん。
 いつの間にか無事に平成生まれになっていたようです、おめでとうございます。

 まぁ自分アイマスはアニメくらいのものなので(ゼノグラシア含む)、最近の事はよく分かってないんですが、小鳥さんの漫画だけは買ってみました。2巻いつ出るの(笑)。

 尚、今回は割とあっさり目の方針で。
 線の描き方とか見直そうとはしてたんですけどね。
 気付いたら結局また従来通りにという結果にはなってしまいましたが、、。

 正直に言えば今回時間もきちんと取れずで。(謎アニメとか騒動追ったりしてる間にやれば良かったんじゃないかな?)っていうか、状況的な物も含めてあまりしっかり構える余裕も無いところはあって。それは前回切り上げてしまった話が正にそうなんですが。
 そういう所で思ったのは、やっぱりテンションを維持するに当たっては、自分で描いてて「ピヨちゃんkawaii!」とか「アイリちゃんkawaii!!」というせめてもの自己暗示は重要ですよね、というお話。
 前回イチゴちゃんは可愛いもカッコいいも半端では、それは描き直しもやむを得ないかなっていう。駄女神様に至ってはどつき回したくなる小憎たらしい顔なんていうのは、それこそ可愛さという基本フェーズよりも更に先の、次の試練フェーズにこそご期待下さいという感じなんでしょうか。

 そんな訳で、
 いよいよ本厄突入ですが、めげずに頑張ります。

No kemono

 さて、先月の続きと行きたい所だったのですが、生憎、別の意味での先月の続きで状況も芳しくないまま、気付いたら流石にちょっと時間も足りなくなってしまい、平日にこれ以上気張るのも厳しいので今月はお茶濁し回。
 まぁこんなもの書いてるヒマがあるならって話もなくはないですが。これはこれで、過去に触れてしまった以上はキリを付けると言いますか。

 いやぁ、最近何だか妙にドリクラアイリCDの”From Yokohama”が脳内再生を始めるんですよ。って全宇宙の小数点以下N桁%に通じるかも分からないネタで表現するなという話ですが、まぁ「疲れ目に流れて来たこの曲の物凄い破壊力」といったところで。
 もはや諦念の極致にある仕事(しかしやると決めたことはやる)の傍らに、また他人様の残念プロジェクト進行の惨状を見せ付けられもすれば、そりゃガッカリというよりもゲンナリの相乗効果ってな代物でしてね。

 ええはい、只今絶賛炎上中のけもフレ2のお話に御座います。いやもう炎上を通り越して灰になってますがな、、。
 いやぁ、まさかここまで悪手の悪手を行くコンテンツ製作が今時あろうとは。
 (喩えるなら)アイリでシリアスをやっちゃいけないことくらい俺でも分かるぞ!という。

 まぁ自分、けもフレは当時も書き残したように本編よりもその周辺のネタを楽しんでいただけの身分ですが。いっそ2は「プロの意地を見せて貰おうか」等という軽い茶々入れで見たら、それも容易に吹き飛ばす低予算番組っぷりを続けていた序盤の内はまだ良くて(しまじろうと言われてたけど「しまじろうを舐めるな」という)。件の5話で「いやこれ拙くないか?」と思ってからの6話の垂直降下というか、そんな言葉すら生温い垂直落下・墜落爆散ぶりには唖然というか無惨というか、、。
(流石にもう巻き返す芽は無いと判断して書いてますが、まぁ万一どんでん返しでもあればきちんと掌クルーするとは言っておきます。けどあれだけグダグダな低クオリティぶりを見ればそれも無いよねと。)

 そんなところでネット上でも「どうしてこうなった」の答え合わせが絶賛進行中と申しますか。それも「証拠はない、状況証拠だけ」という代物に過ぎませんが、それが余りにも揃いすぎていると自分も流石に「ちょっと考えが甘かったかなぁ」とは思わざるを得ず。(>要は「黒幕」論)
 「可視化された憎悪」なるワードが出回ってますが、まさか長年の経験者がここまで馬鹿な行動を取れるものかと思えばこその最大限の好意的解釈に努めたつもりだった訳で。それも今回、「憶測で悪く考えてはいけないが、憶測で良く考えてもいけない」ということを学んでしまったように思いますよ。
 あるいは信じる者がすくわれるのは足元だけって、お前等ホントに言葉が上手いな!って思いますけども(笑うしかない)。
 本当に個人の我が儘で(大多数が関わる)仕事を台無しにしてしまったのか。あるいは「いっそ手に入らないなら全てを焼き尽くす」という、何処かの漫画に乗せた台詞コラの説得力がありすぎてもうね。
 まぁ全ては憶測に過ぎませんけどね。

 憶測と言えば、「初代アプリから一期の時も、アプリのハッピーエンドが無かったことになって荒廃した世界が描かれていた」、二期も再び同じ事が起きているという論調も出回っている模様。もっともそれ自体は「最早意地にでも好意的に解釈し続ける盲信ファン」の言といったところなのでリンクを貼ったりは避けますが、まぁ確かに、コンセプトデザインの吉崎が好きそうな話でもあるのは確か。ちょっと切ない裏設定。
 ただそれでも彼はまだ過去には裏に忍ばせるくらいに留めていたし(実例として思い付くのはオトメディウスの「ゴーファーが見たうたかたの夢」というメモ書き)、それをメインに持ってきても誰得ですらないという一線は弁えていると思っていたのだけれどね。

 まぁ実際は誰が発端で誰の実力でこうなったかは憶測の域は出ない話だけれども、ただ少なくとも製作幹部陣はこれで行くと決めた訳だし、現在(不必要な迄に)ネットで言い訳をばらまいてるその連中は「これで行けると思い込んでいた」のでなければ出ない発言ばかりを残している事実はある。(あれももし「言わされている」のだとしたらとんだBIG BROTHER級の巨大権力だろう、みたいなレベル)

 そんな訳で、実のところは昔からこういう「悲しい続編」系の話を思い付く人間は割と居るというか。それも割と陳腐に収まりがちで、だから「同人みたいな設定」と揶揄されるのだけれども。
 しかし一時期それが割と流行ったというか安易に用いられた時代もあって、そういった残念な物語表現やら何やらに慣らされてしまっている層というのが居るのですよ、実際。まぁ我々くらいの世代のことなんですけどね(苦笑)。90年代くらいからのアニメ暗黒期と申しますか、あの辺りの言ってみれば前世紀の感性・価値基準。その水準で止まってる人間の例は幾つも見てきてしまったしうっ、頭が。前から言ってる20年という数字にふと「失われた20年」という言葉も過ぎりましたが、それはコンテンツ業界にも言えることなんだろうかなと。
 ただ実際は、そんな安直な悲劇展開はロクでもないという経験則が積み重ねられて今の時代になっているというのに、それを学習できずに今に至っている製作者も残念ながらまだ一杯いると。

 この辺は別にコンテンツ業界に限った話でも何でもなくて、ってのが実は最後の自分の中での本題になるんですけども、「己の今の価値観がナンボのものか」という危機感は常に持たないと駄目だよねと。
 自分も人のことは言えないけれども、自分以上に「今までの自己の経験を絶対と信じてしまう仕事ぶり」というのは、長年色々な仕事付き合いを積み重ねるほどどんどん身に染みてきてしまう話。分かり易く言えば「いつまでそんなやり方してるの」と言いますか。「(そんなやり方は)皆に駄目だと思われてるからこそ改善されようとしている」、そうやって積み上がって出来ていく「今」についてもきちんと目を向けて吸収していかないといけない訳で。

 とはいえもっとも、必ずしも過去を否定すりゃいいってものでもないのは言うまでもありませんが。過去があってその経験を踏まえて今に繋がっている、その課程を学んでより良いバランスを模索していく姿勢こそが重要ではないですかねと。(言ってみればそれが人の歴史というか)
 まぁ自分だって何処まで出来てるかはサッパリ分かりませんけども、ってなブーメランは覚悟しつつ、盲目的に過去にしがみつく連中も、安易に新しい物に飛び付くだけの連中も、どっちもどっちで殴りたい(でもって多分自分も殴られる)、そんな本音を抱えての普段の日常の中で、こんな「しょうもない個人判断レベルの失態」をまざまざと見せ付けられれば、苦言の一つや二つもこぼしたくなろうというもので。

 そんなこんなで、焦土の跡の残り火を眺めながら、今の自身の近況に重ね合わせて勝手にヒートアップしてお届けいたしましたが。
 ただその残り火がどんどん憐れな事にもなってきて。まぁ悪意を向ければ悪意を返されるのは自明であるのだけれど。それが仮に故意であれ無自覚であったにすれ、それが招いた結果とその原因に向き合うべきであって、まぁ実に反面教師な話ですよね、とは思わざるを得ないところ。

#とかまぁマジレスしまくりましたけど、くだんの件そのものはもう済んでしまった(過去形)以上は後は笑い話にしてますので。次は(次があるなら)頑張って下さいとしか。

締め2018

 さてこんばんは。つまんないので次のHR(罫線)まで飛ばして下さい(ぉ)。
 今年はちょっと恒例の強化月間ネタはお休み。
 省電力モードと決め込みましたと申しますか、良く言えば今はやることに注力しているというか、実際それは事実なんですけども。ただいつもの「やると決めたからにはやる」から「やると決めたことだけはやる」という、このミスリード必至の物凄い微妙なニュアンスの変遷。傍目のアウトプットとしては多分そう変わらないのだろうけど、内面の意識的な問題と申しましょうか。
 まぁこの辺10割方お仕事方面な上に現在進行形の話なので、まだこれから来年お楽しみに(?)という話でありまして。
 まだまだ前厄ですからね、これから本厄ですからね、ってなもので。

 そんな訳で日々の生活の大半を占めてしまう仕事の気分にどうしても引っ張られる所はありますが、一方で私的にと言えば今年は実に「過去を(良くも悪くも)振り返った年」になってしまったと思う。
 もっとも去年もゾンビの年などと似たような傾向の話はあったけれど、今年はそれがより具体例となって現れた年というか。
 それにやはり今の自分の40年という歳月が、半生を切り取っても20年に及ぶという、社会に触れ始めてからも既に倍の年月が経過しているという感覚の重み。
 そして人の振り見て何とやらと申しますか、まぁちょっと過去リンクとか具体的な物は省いて概論で書きますが、その20年の過去に自ら泥を塗りたくるような醜態を見せ付けられた暁には、憤怒を通り越した絶望の色を隠せなくもなり。

 とはいえ一方、10年弱くらいだけども「変わらぬ”今”」といったものを紡ぎ出してくれた好例もありましてね。
 過去を生かすも殺すも、全ては当人の力量次第というものなんでしょうけどね。

 という訳で何とか頑張って強引に話を繋げたつもりになりまして、

 今年はまさかのアイリちゃんフィーバーの年だったのですよ、ってのはちゃんと振り返らないとですよね。
 ホント公式同人CDとしか言いようがないのでしょうけども、普段キャラソンとか鼻にも掛けない自分が、よもやこんな剛速球を受け取る立場になるとは生涯思ってもおりませなんだ。まぁキャラソンでもあるんだけども、実際momoさんの曲作りがまず何だか好みってのがあった上での、更にアイリ好きに全振りした楽曲群のこの破壊力たるや。
 確かに久方ぶりの時の経過はあるのだけれども、良い意味で変わっていないし、良い意味で今の姿を感じられる、そういう「変わらぬ”今”」といった感触。

 でもって、全宇宙ロボ子スキー同盟(何だそれ)に贈るポリニアン祭は追ってきちんと開催したいと思いますが、何と言ってもこのクローバさんアップデート版。
img img
 まるで狙ったかのように拡充されたハンドパーツバリエーション。
 もはや完璧(パーフェクト)にアイリだこれ。

 でもって最後に、年明けからいきなり余計な事を書きたくないのもありまして、前倒し的に。

 まぁ今年も例によって例の如く「歪みまくりの一年」でした。
 あまりにも個人ネタすぎて流石にそんなに使っていなかったらしい「ユ・ガンデル」(ウソ世界の偉人シリーズ)ネタを三度持ち出したくなるくらい。
 特に終盤追い込みの時期に軽い気持ちで描いたアイリちゃん顔の壮絶な歪み具合には、「三歩進んで四歩下がっている」恐怖に脳内を支配されてしまい。
 結局、次回の絵も歪みの恐怖から抜け出せずリテイクにリテイクを重ねる内に、何だかまたすっかり公式絵クローンみたいな有様に。模写じゃあないんですけどね、いやホント、と前言い訳。
 クローン絵ではない、別に似てなくても俺絵って意味では前回のコレくらいの似てなさ加減で良いと思ってたんだけど。そもそも描く度に顔の違うアイリちゃんシリーズをどう収束させていくか、ってところで結局正解を追う内に公式クローンになってしまう状況。
img img

 つまりは10億本ノックが必要、といういつもの話ですね。
 本当は最後に軽く一枚描くペロっと置こうという計画もあったんだけどそれどころではなかったということでのお茶濁し。マシなの引っ張ったらこんなのしか無かった。(右は少し前に「似てないけど別にいいや」路線で描いてたら、なんかその当時に見掛けた昭和っぽい絵に影響されたんじゃないか説。)

 はてさて、
 前半無くても良かったんじゃない?って思いますよね。まぁそれはそれ。記憶の記録。
 それでは、早めに書く筈が結局ギリギリでしたが、良いお年を。

キャラ物Vtuber

 いやぁ、すっかり時期外してますけど、メイプルリーフクラッチおめでとうございます。(キン肉マンビッグボディ)
 対戦カードが決まった時点で勝ちは見えていたし、試合運びももうちょっとと思う所は正直あったけれど、それでも最後に「来るぞ来るぞ、来た!」できっちり決めてアホみたいに盛り上がる様は、ああ成る程これがプロレスなんだなぁと。(※個人的プロレス観の全てはいつものここ。何か最後の方に蛇足が増えてるけど)
 まぁ強いて言えば、明らかに強豪感のあるパイレートと当たって「絶対こいつ負ける」ムードの中からブック破りと言わんばかりの大逆転相打ち引き分け、みたいな展開を夢想していた私は居りますが。それだと同じパワー型のカナディの完全上位互換的な戦いになっちゃうから、折角の彼の奮戦が無に帰してしまって良くないのかも。難しいね。

 っていうかもう次のゼブラ戦も中盤に入ってますけどね。いつも忘れた頃のネタを引き摺り出す習性ナンボでやってたから、ホットな時事ネタに触れるのは厳しい事を思い知りますが。まるで自分が亜光速で移動し続けているのかと錯覚したくなるくらい、世俗の時の流れに適応できておりません。(ウラシマ効果ネタ)

 というか前振りネタがこの話という時点でどれだけ今月ズルズルやってたんだという話でもあって。
 言ってしまえばいつも通りでもあるんだけれども、それにしても今月は正直に言って元気がありません。困ったね。
 仕事も私事もようやく落ち着いて解放されてからの無気力ビール状態なのか、それで「今月は素直に遊ぶ」と宣ってからプレイしたゲームが立て続けに微妙オーラ感が強かったのが痛かったか。息抜きのつもりで始めた割に、結局はゲーム内容にマジレスかまして悶々するスタイルは健在だったというか、健在すぎたというか。まぁ麻雀ドリクラにすらマジレスかます人ですからね。例えキャラゲーでも、キャラゲーだからこそ素直に遊ばせろみたいな話もあって。
 そしてせめてそんなマジレスを形にしようという元気すらも萎んでいるというか。
 ですからね、うっかりすると最初の一言が「こんにち発火ハッカ」になってしまいそうな所をどうにか引っ込めた所でありまして(ぉ)。

 という訳でよく分からない形で繋がりましたので。
 一時期、5分10分ショートアニメブームというかムーブメントがあった時期に実は結構喜んで見ていた「発火ドールもといハッカドール」。いつになっても来ない二期の代わりだと思ってyoutube配信を見ておりまして。
(もっともマスターどうこうの要素は以前もちょいと触れたんだけど自分は好みではないので全面スルーの方針で。VR物にも多いみたいだけど、こういう視聴者を主格としてインタラクトする方向性は、そういう需要に支えられている面もあるのだろうけど、その需要自体が特殊で極小うんぬんかんぬん。まぁこの話は良いですか。自分はアニメ版のへっぽこトリオのドタバタみたいなのを見てるだけの方が好きなんですが、という事で。あと4号出して(無理))

 因みに自分、この手のいわゆるVtuberの類は全然見てなくて。
 有名所ともなればきちんとスタッフも揃えて分業してやってる所もあるんだろうけども、油断すると一個人のオッサンがボイスチェンジャーでネカマをやってる姿が脳裏にちらついてしまって(笑)、生理的に受け付けず。
 この点、やっぱりきちんと名の通った女性声優さんという安心感があるし、やっぱプロは上手いなーと。
 むしろこういう既存コンテンツのキャラクター物こそウケるだろうに案外無いのかな、と書こうとした矢先に「これから始めます」的なのを幾つか見掛けたので、単にこの先増えていく話なのかもしれず。
 あるいは既にイメージの固まっているコンテンツキャラクターを下手にやるよりも、手垢の付いていないオリジナルキャラの方が演じる側もやりやすいのかも。ハッカドールは完全に台本ありきだけど、他のを見ると如何にもアドリブでやっている感で受けているのは感じるところ。こういうのはキャラ物では難しいのかなと。それこそキャラクターを演じながら○○実況とかやろうものなら物凄く難しくて、声優さんの地が出てしまうだけの配信にもなりかねず。
 まぁ台本を演じるだけでも十分だとは思いますが。それこそキャラクター中心のショートアニメ配信みたいなもので。

 しかしそれにしてもこの手のCGモデル、折角の録画編集ならもうちょっとモデルの出来が良くてもいいのになぁと思うんですけどね。色々都合もあるのだろうけど(生配信の物もあるか)
 ハッカドールはモデルは過去に配布したMMDモデルそのままっぽいから仕方ないとはいえ、所々CGのぎこちなさというか手慣れてなさを感じるところ。アニメ版のEDダンスの頃からスタッフが一趣味で作ったアマチュアCG感が物凄かったけれども、そのノリは相も変わらずのまま個人企画レベルで頑張っているのだろうか。先に貼ったリンクコレの屈伸運動を見た時は、「まさか今時、モーションが手付けってことはない、、よね」と目を疑いたくなる拙さとぎこちなさ。いや馬鹿にしているのではなくて、自分も遥か過去の文字通り前世紀に(そんなご大層な環境は無い時代に)フル手付けで二脚ロボの歩行モーションその他を作るくらいの道は通っているので、その苦労がしみじみ感じられるような錯覚に陥ったというか。
 ただやはり幾らなんでもと。そのあと続くモーションを見るに、左右微妙にズレた動きの自然さが出ている所なんかはキャプチャ由来なんだろうとは流石に思う。そもそも今時のモーションキャプチャ環境が何処まで来ているのか知らない、というところで極軽く調べてみたらこういうのが出てきた(でも製品ページが404なのはアカン!)ので、何処かの専門のスタジオ等ではなくてこれくらいの予算感でやってるんだろうなと。

 後はそれ以上にもうちょっとと思ったのが、ついでに見付けたそに子
 「谷間柄のTシャツ」とか言われててどういう事かとよくよく見ると、一応3Dモデルとしては処理されてるみたいだけど、どうにも正面角度から見た時に左右谷間の接触断面を柔らかく見せようという努力のつもりなのか急にぼやけたテクスチャ表現になって(?)、それこそただの一枚テクスチャにしか見えなくなってしまう逆効果ぶり。それと服装全般のテクスチャの粗さ、そして完全に固形で張り付いた状態の上着が、ドリクラの「9年前の旧世代ハードのリアルタイムレンダリングと同水準(かそれ以下)」に見えてしまうのは頂けない。ドリクラはそれこそ激しく動くダンスシーンの負荷軽減と、何よりもポリゴン干渉・破綻を避ける意味合いでモデルを簡略化して凌いでいたけれども、それどころか余裕で服がめり込んでる姿は、これでは全然動かせないなと。あれから9年も経っているのに進歩が無いというよりは、業界で技術ノウハウのシェア(底上げ)が進んでいないのは残念な気持ちにもなるところ(あるいは余程低予算でスタッフを引っ張ったのか)
 っていうか皆が谷間柄に怒ってる(笑)のは、こういう事が出来てないからだと思いますよ、うん(何)。(一応補足。音量小さいのとエンコード画質?が宜しくない。それと無印版なので一部テクスチャが厳しいけど続編ではもう少し改善されてます。でも投稿動画が無いので)

 そんな訳で、ついちょっと気になってCGどうこう言い始めましたが、「キャラクター中心のショートアニメ配信」って所に話を戻すとですね。あれだよね、VRドリクラ・アイリちゃんも良いけど、Vtuberアイリちゃんでも良かったんですよね。
 相変わらずそのオチに持って行くのかと言われそうな所なんですが、ただ実のところ劇中でも、当時だからまだブログだけど、「『アンドロイド奮闘記』みたいなブログを書けばいい」って提案されたけどそれを断ってるんだよね。というのもそれは「コメントを集めて人の反応を見る為」の提案なのだけれど、「文字では感情が読み取りにくい」と物凄く真面目に返してきましてね。それこそ発信目的のVtuberなんてやってくれる訳もありませんですよ。残念無念。全国全宇宙のロボ子スキーのアクセス大集中とかどうでもいいんですよ。ああ、顧客(オレ)が本当に必要だった物がここにある筈だったのに(ぉ)。でもこの思考こそがらしくて良いなと思うのです。対話試験アンドロイド。

 などとやっぱり結局いつも通りのネタに繋げるのかということで。
 まぁあれですよ、ちょっと周りに面白くない話ばかりが目立つもので、素直にいいねボタンを光速連打する物が欲しい気持ちと申しますかね。

前置き序章編

 さてと、不甲斐ないうんたらと書いた人間が不甲斐ない様を晒しますよ(えぇ)。
 いやまぁこちとら本業の片手間の趣味なのでというのは一応はありますが。
 もっともそれを言い訳にもしていられないというか、初心者マークの魔法もとっくに期限切れの人間の焦りと申しますかね。

 んで、つまりはお絵描きタイムなんですが、
 この前の突発的な剛速球は一秒でも早く打ち返さないといけないとは当時からずっと思いつつ(事前には描いたけど発売後の改めての話として)、ただその先の4月分は予定も決まっていたのでそれを優先して、その前後にねじ込もうかと思ったりもしていたものの当然そう容易い話でもなく。
 4月に入ってからは一旦少し腰を落ち着けてと絵画教本に立ち返る日々を過ごしてみるに、しかし描けば描くほど「俺に必要なものは、修行」と、一見凄いことを言おうとして極当たり前のことを言ってるだけの言葉に行き当たり。
 とはいえやっぱりいつまでも先延ばしにしたくない話題であるという焦りからの、「ま、待つんじゃ、お主の修行はまだ・・」とばかりに修行場を飛び出そうとしたのがGW前後の頃合いでしたかね。
 しかし、いざ冒険の旅にとなるとまた遅々としてその歩みは進まず、「おじけづく」のコマンドスキルの経験値が溜まるばかりの毎週末。(まぁ一歩も歩いていなかった訳ではなく)
 最後はもう今週で終いだと、友人に「パワーを出したい時に着てくれ」と渡されたフラッシュ(アメコミ)Tシャツ、別名「せいぜい冬場の下着にしか出来ないTシャツ」を着込んで臨みはしたものの、「コレ効いた試しないんだよなぁ」っていうか、やはり自分如きがスピードフォースに触れるには1000年早いんでしょう。やむなく再度気合いを入れる為に箱○を立ち上げてカラオケVIPルームでアイリちゃんブーストを掛けることでどうにかこうにか。

 などと、都度都度思い付いた前置きネタが次から次へと過去へ追いやられていく様を無理矢理に繋げてみたこの有様が、今回のこのいつも以上の自分の迷いの現れと捉えて頂きたく。
 正直もう一ヶ月後に迫ってしまった次の定例お絵描きタイムを思うと、「これを次回7月分に回していいんじゃないかな」などと不遜なことは何度も考えてしまったものの。一方でここから一ヶ月寝かせたところで逆に「まるで成長して(ry」の恐怖にこそ怯える事が分かりきっていると申しましょうか。
 あるいはここは、(元々7月計画分は別にあった所のびっくり割り込み事件なので)「予定は増えても減ることは無い」などと息巻くくらいの虚勢を張ってみるべきなんでしょうかねと(ぉ)。

 いや真面目な話、とにかく数をこなすしかないのは事実であって。それも何処か妥協の見える練習止まりではなくて、きちんと仕上げる段階まで持って行く為の追い立て、ってのはあるもので。
 そこの落とし所に悩まざるを得ない昨今のこの心境を、いつもの数行括弧付きでさらっと流す余裕も見出せなかったので、一度吐露してみようという案配。この前から吐き出しタイムばっかりですね。

 という訳で、本編エントリはきちんとしたいのでそれとは分けて、こちらの駄文は前置きの序章編に留まりますが(何処かで聞いた響き>序章編
imgimg
 普通のアニメ塗りの方が良かったんじゃないって? うん、自分もそう思います(即死)。
 本当はもっとさらっとした塗りを目指したかった。線画もそれに合わせようとして。
 というのも、描き込める技量もまだ無いので軽いレベルからやっていきたい思いがどうしてもあるんですが、結局の所どんな塗り方だろうが技量の問題はまるで変わらないという事実に行き着いただけだったと申しますか。結局、折衷案的に色調補正を掛けてみたりして当初のコンセプトも何処へやら。それどころではない背景なんてもう小中学生の図画工作レベルですよね(トホ)。

 一応言うとアニメ塗りを避けようとした背景としては、その少ない色数にまとめる技量と、ことデジ絵ではその後の仕上げ段階でのエフェクト技法、その経験値が物を言うのは確かなので。まだ自分はそういう事に力を割いている段階ではないというか。
 例によって例の如く、「塗りどうこう言ってられるレベルじゃねぇ」と改めて思うくらいにはとにかく線画を形にするのにまず手一杯。何を描くにも初めてに等しい身ですしね。そこに色塗りも加わって、やればやる程に課題の山が積み上がる、のは純然たる事実として(トホ)。
 だから少しずつ切り崩していくしかないのだなと。
 正直「ちょっともう今回これ以上は勘弁」って思いと、「いつまでも甘えてんじゃない」という思いのこの物凄い背反っぷり。

 ここは人に厳しく自分に厳しくなどと言えば聞こえの良い話なのかもしれませんが、実際の所は「皆さくっと次に進んでる所なんだよね」という恐れこそが根底にあり。そこはまぁ、ね。
 とうにクリアレベルまで伸びきった戦士が転職も転生もしないままにメラを唱えようという人生丸ごと掛けたネタのつもりでやってはいますけれどもね、と。
 いや別に悲嘆したい訳ではなくて、泣き言をネタで誤魔化そうにも限界点を超える時がありますよねというお話で。

 まぁこれでも線画はリテイクにリテイクを重ねて、どうにか見せられる所にまで行けるようにはなってきたのかなというか、正確には「リテイクを重ねるだけの根性」が少しは身についてきたのかなと。
 実際、描いたことがある物は早くなってきたってのがこの前ので。描いたことが無い物は相変わらずとことん路頭に迷う所からですけども。それで今回、軽い気持ちのチャレンジコンセプトの筈が、思った以上に初めてやることが多すぎて涙目の図、ということでした。
 あと今回、顔もね、いっぱいリテイクしましたけども、(アングルが標準的なのもあって)ぶっちゃけ今までの中では一番似せられたとは思うのですよ。
 まぁ自分、原理主義者的なところがあるので「可愛いアイリちゃんを描く」第一目標を追い続けるためにはどうしても原作再現に寄ってしまいがちですが。そろそろオレ流な描き方を作っていかなければいけないんだろうなとは思ってはおりまする。

 と、先に目一杯言い訳を片付けたところでの本題は別エントリにて。

過去の訂正、あるいは後悔

#元々置いていた前置き部分はちょっと話が違い過ぎて一緒に並べるのも申し訳ないので分離しましたが、今回、「過去の訂正」を入れたいというのが趣旨となってまして。

 自分もこれだけ過去から長々と宇宙の片隅にチラシの裏を垂れ流し続けていますとね、色々「やらかし」と言えるような言葉の一つや二つで済まないのが実情でして。それこそこっそり削除して回りたいと思うものは数知れず。勿論そういう過去もいわゆるところの黒歴史として晒し続ける事が己への罪と罰だとかもっともらしい言葉を選んで滑稽さを演出してみたりもしますが。実際、「訂正はするが改竄はしない」くらいのレギュレーションの線は引かなければなとは思っている所。
 ただ、昨今ちょっと一個一個の話が無駄に重いのでその分、「何でこんなもの取り上げたんだ」って後悔もバカでかくてですね。だから物によっては補足訂正を入れ直したいというのが今回のお話。

 という訳で、以下はこんなものに少しでも触れてしまったという後悔を懺悔する意味でですね。あくまで己の気分の問題でしかありません。いつも以上の乱文失礼。

 何かと言えば、まぁ近年触れてしまったゾンビコンテンツ、こと過去を偲んでのロボ物と、元ロボ物。要は、亙と綱島。
 既に見限ったジャンル・作家を半端に振り返るという愚行。最初から全力でスルーすべきだったのだという、まるで役に立たない後悔の渦。

・バーチャロン:亙
 チャロンの方は最早大勢も決まったかな感も強くて、今更書いても死体に鞭打つだけにしかならないかもしれないけども、未だに過去を持ち上げられている話を見てしまうとね。同じ穴の狢なんですけども、良くないよねと。
 当人の「一度は花咲いた」という過去の栄光を持って、「『まだ期待されている』という勘違い」を与えてしまう事が、ひいてはロボゲー全体への毒でしかないんじゃないかなと。

 まぁ強いて言うなれば、とある版もこれが15年前のマズー(=MARZ)の代わりに、あるいはフォースの代わりにこちらがアーケードデビュー出来ていれば、また違う歴史もあったのかもしれないとは思うけどね、(端々に目を瞑れば)それくらいのゲームだとは思う。でも15年経って15年前を見せられてもそりゃあね。ただの行き詰まったフォース路線の焼き直しですもん、物凄い今更感。
 結局これが最初から彼のゲーム観であり、やりたい方向性だったのだなと。
 実際あの排他的構造に着いていくのは一部の物好きだけで、そんな人間相手に小山の大将やってるだけなのがね、およそ生産的ですらない。

 先に挙げたリンク記事でも、「ロボゲーなんて売れないことを分からせる為に作らせた」というお上の意向をその結果でもって跳ね返したという美談が語られているけれども、今回はまた同じように明らかに駄目元ながらに作るチャンスを貰って、その予想通りに駄目という結果を出しただけという、この皮肉な結末がね。
 情けない、の一言以外にないよね。
 当時の常務さんも、今の醜態を見るに「やはりあの時に無理にでも潰しておくべきだったのか」、と嘆いているんじゃないかとすら思ってしまう。

・ジンキシリーズ(漫画):綱島
 これは、これこそ「触れてしまった事への後悔」が著しい相手。
 ただあまりにも惨い、惨すぎる惨状には流石に早期打ち切りだろうからと、「バカな趣味を晒してないで、もっと良い所を伸ばそうね」という思いを最大限オブラートに包みまくって書いたのが前回でした。(こっちは周知の作家とも行かないので何のこっちゃって事で一応、過去1過去2。読んで貰いたくもありませんが(苦))
 こういう人間は駄目をただ駄目と叩いても反発するだけなので、せめて良い所こそを伸ばしてマイナスをプラスで覆い隠して貰うのが順当だよね、とそう思っての触れ方。
 ただこれも、そんな気遣いは無駄だったと思えるレベルで圧倒的なマイナスの渦が憐れみを誘いすぎて、もう。

 尚、一つはっきりさせておきたい点として、彼は(当初期待はされたけども残念ながら)ロボ作家でも何でもなかった、という点。強いて言えば、元ロボ作家志望。
 なんせ彼が描いているのは、彼の大好きな性的倒錯甚だしいエロゲ物語の戦闘アクションに(本人には)かっこいいロボットが何故か使われる、というだけの単なる趣味絵。そこらの一般アニメにゲストでスタッフが悪ノリして出すロボットとやっている事は全く変わらない。それをロボ漫画と言えよう筈も無い。設定があればロボ漫画? ンな訳ねーだろと。
 そして何より、それ以上にロボをロボとして描きたいという努力すら最早微塵も感じられない点。

 まぁだから自分もそこには最低限しか触れないで、人生で初めて描いたロボにも抜擢しなかったのは、別にロボの線を引く余裕や自信が無かった訳ではなくて、実は敢えて避けて行っていたこと。むしろレイカルのロボ玩具要素のアーマーハウルすら避けるか思案したくらい(結局避けた)。それくらい躊躇した話題。
 もう、ロボの存在意義は無いので、せいぜい可愛い女の子絵の添え物として描くのが分相応だよね、と。本人もその境地に達しているんだろうとは思いますが。
 であればこそ「ほっときゃいい」だけなんですが、だからせめてロボスレに宣伝で出張ってくるのもやめてくれませんかね、とは思うところ。NGワードは設定できてもNG画像という訳にはいかないのが今の世のIT水準。

 この点、どうしても自分の中で燻ってしまう話として、彼がここまではっきり落ちぶれたのには、「当時ロボ成分を補給するのにエロゲが一つの選択肢だった」という暗黒期的な時代背景があったと思うのですよ。
 エロゲというか正確には18禁含めたPCゲー、それや同人界隈というものに「商業主義に縛られない自由な創作の場」という可能性を誇らしげに語っている人も居た時代。(今はその同人も~、って話かとは思いますけど)
 とはいえ18禁の性的倒錯を第一義に、そして免罪符として、お粗末なご都合主義で塗り固めた作品作りが横行するフィールドでもあって。そんな作品水準に趣味から没頭し、やがてそれに憧れるようになってしまってはね。
 彼の漫画は誇張抜きに、およそ何処かで見たような演出・台詞をただ継ぎ接ぎにしただけの薄っぺらい内容、明らかにそれを出す為だけに構成されたプロットとネーム。それこそ漫画描きに憧れるド素人が人生初の同人で頑張って描きましたくらいの作り。
 これが新人の頃であれば、「まぁ最初は皆ね」みたいに思われるところ、そのまま20年経った中堅のベテランが全く同じことを、むしろ昔以上に露骨に酷い作りを晒している始末。何より漫画としてお話にもならない。心底情けない。
(原作付きのは勿論、他作品で少しは改善を見せたのも別に彼の成長でも何でもなくて、ただ当時の編集の尽力が物凄かっただけなのだろうなと。当人はその違いも分からずただ「描きたいように描けない」という束縛だとでも誤認してたんじゃないかとすら思ってしまう。憶測だけれども。)

 20年20年という言い方を繰り返しているけど、実のところ正直に言うと、自分と同年代の人間がこのような醜態を晒している事に対する絶望と憤り、と言ったものがありましてね。
 実際自分も、かつて次々死滅していくロボ界隈の中で話題に挙がるロボがエロゲ産ばかりになった時期には、「俺もやるべきなんかなぁ」と少し悩んでしまった過去もあったほど。前述の通り好みのフィールドではないので思い留まった訳ですが、もしそのまま流れていたらどういう趣味・価値水準に転がっていたのかという恐怖が拭えない所でしてね。
 そんな自分の中での「最悪なパターン」を見事に演じてくれているのが彼であって、言ってしまえば同族嫌悪ですよね、どうしても。
 これはいつか吐き出すしかないと思っていたので、恥を忍んで。

 結局、亙と綱島、彼等二人の例を通して思ったことは、
 「覆水盆に返らず」
 あまりにも心に染み入る言葉。

 一度狂った歯車は元に戻ることもない、そこから変わりはしない。
 変わらないと言い切ることもなかろうが、しかしもう変わらないと言える一線はとうに越えている、そういう見極めも必要なのだなと。
 それだけの結果を見せてきたのだからしょうがない。

 まぁ当人はそれで好きにやってるんだろうし、人の好みや生き方にまでとやかく言っちゃアカンのでしょうけども、ただ商業クリエイターという対価を得る立場である以上は、一つの「仕事ぶり」という評価基準を持ち出さずには居られないのが、私的な近況と重なるところもありましてね。
 その点、片や実の伴わぬ言い訳、片や幼稚な逃避、という醜態を見せ付けられてはね。
 最早木っ端な例だとはいえ、こういう作家止まりなのがロボジャンルの最大の欠点、というのが改めての見限りともなる訳で。

 これこそ亙の大好きな言い訳ネタ(冨野マジック)に被せて言いますけども、その冨野監督の言、
 「不甲斐ない奴は氏ね」
 これですよ、ホント。この気持ち。この覚悟。

 正確には勿論、当たり前のことをごく自然にこなしている方がいるから迂闊に言えない、と前置きした上での、不甲斐なく見える人達にはお前ら氏ねって思ってる、それくらい思って欲しいという姿勢の話。
 自分に取っても特大ブーメランになり得る言葉ではありますけども、だからこそまずは姿勢からの話であって。勿論、大なり小なり結果も出していかないと駄目ですけどね。

 そんなこんなで、期待を寄せるような印象になってしまったことを悔やんでの訂正文から、身に染みる話題に繋げてとりとめも無い駄文で吐き散らしてみました、ということで。
 勿論これはこれ以上後に引っ張らない為に、先に片付けたというお話パターン。

UI変更

 先月はネガな言葉を口にするとこの世から抹消されてしまう(曲解)ので自粛した結果、何も口にすることが出来なくなってしまっておりましたが。
 なんてのは流石に勿論、後付けの話でして。
 先月中に済ませてしまおうかと思っていたのに結局後を引いてしまった話ですが。

 前々から感じていた事ではあるけれど、年々エントリが長文化しすぎてスクロール量がアホみたいな事になってきてしまっていて。いよいよ前回2月の駄長文の連投で「流石にもうこれは駄目だろう」と。
 個人的には好きではないけれども、いわゆる所の見出しと「続きを読む」のリンク形式を導入してみました。といっても旧来のデータ構造の問題でそう上手くもいかないので、超絶やっつけで、cssで高さを狭めるだけのお手軽方式。無論、htmlは全文掲載されているのでメモリ使用量もトラフィックも全くの無駄ですね。まぁ画像先読みですよね、問答無用の(汗)。

 正確にはその前段階として折り畳みUIも試験導入しておりましたが。これがまた地味に厄介で。最早少数派のfirefox使いなので気にしてなかったけど、chromeその他今の主流はブラウザバックでページが初期化されてしまう苦悩。えらく使いにくくなってお話にもならないので状態保存と復帰の機能をあれこれと。正直に言えば妥協点も残っていますが。
 結局の所、そもそもwebブラウザがそういう使い方を考慮されていない物だというか。画面状態を動的に変えるUIと画面遷移の取り合わせは完全に悪手なのだと思い知らされた所でした。実際、ショボいサイトだとブラウザバックで酷いことになるのはよく見掛けるよね。wikipediaとか。

 まぁ取り敢えず旧来の下位互換は最低限保つようにと、開閉UIに加えて最初から全表示(開状態)させる従来オプションも用意したところ。
 そもそも誰が使うのと言ったら、「未来の自分が過去の記憶を辿るために見るサイト」くらいのものだと思っておりますので。個人サイトのましてや日記なんて絶滅危惧種を通り越した化石種ですんで。手間を掛けるのは正直甚だ愚かしいというよりも何より虚しい所なのだけれども、常日頃から手抜きUIデザインに文句を付けまくっている身としましては、いくら余暇の優先度の知れた物であっても、最低限形にはしないと偉そうな事も言えないよねと、そういう腹積もりで何とか形にしてみた次第。(まぁホント、一からちゃんと見定めて組み直さないとマトモにはならないよね、っていう妥協の中での産物だという言い訳付きですが。そこまで手を掛けたいかっていうと、うーん、、、。)
 取り敢えず大嫌いな「ガクガク増えていくページ処理」ココの5レス目とか素敵)にだけはならないよう気を付けてみたつもりなんですけどね、という感じで。(ブラウザバック後の状態復元はどうしてもありますが、何か良い方法ないかな)

 というかPCブラウザだと全然問題無かったけど、スマホブラウザになるとページロード後のもっさり感が半端ないですね。自前jsの所為?かと思ったけどそれ以前の問題のよう。うーむ、galaxyでもこれとは。前からこんなだったかどうか、、、とはいえもはや後には引き返しづらい。参ったなぁ。
 それもあってリンク形式にまで切り替えたってのもあったりしますが。素直に単記事に切り替えて貰うしかないと。
(っていうか、なんかAndroid Chromeの現行ver(v65)が特に酷いような、、。古いのに戻したらびっくりするくらいに落ち着いた感。無論データ初期化云々ではなくて。)

 そんな訳で、おかしなサイトが益々おかしくなってしまいましたが。
 辛うじてでも動いてくれているといいなという所で。
 操作不能なレベルに陥っていたらすんません。手持ちのブラウザでしか試せてない。
top↑