開閉UIに切替

EDF5一応クリア

 さて、ドリクラVRまだかなー。
 と出だしを間違えた気がしたけど別に間違ってなかった。
 EDF5ってtamsoftじゃなくてsandlotなので、ドリクラは自社資産じゃないからD3Pの横槍でもなければ入れる義理もないんだよね。まぁだから当初はやる気のない一部キャラ限定バルーン程度だったのだけれども、ここに来て全キャラ歌って踊るオマケ付きとかいう謎の力の入れっぷり。使い回しステージばかりでグラフィッカーも暇を持て余していたのかな?(ぉ)、などとすっとぼけてみる。
 余力があったのか、あるいはそれだけ販促になると踏んで注ぎ込んだのかは分かりませんが。実際こうして釣られた人間も居りますしね、HAHAHA。まぁ良い切っ掛けとしては機能する物ではあるので。

 そんな訳で「EDF5(地球防衛軍5)」
 ようやっと全面クリアしましたよ。HARDもちょこちょこ囓りつつのNORMAL全面開放まで。

 ミッション40辺りの大規模戦を乗り越えて「50くらいで終わりかな?」
 >wikiを見たらミッション100とか書かれていて唖然
 >(ミッション90くらいでそろそろ終わりを見据えて書こうとしていたのが先月)
 >ミッション100の大激戦を何とか生き延びて「あれ、この戦闘でシナリオ終了?」
 >総ミッション110だった(汗)

 いやはや恐ろしいまでの物量ゲーでしたね。あらゆる意味で。
 ただまぁそれはそれでこの路線でひたすら続けたなりの遊び方が出来上がっていたようには思う。
 自分がこれまでやった「超操縦メカMG」と「斬撃のREGINLEIV」(こちらは少々)に比べて、成る程こちらが本家本流なのかとは思ってみた次第。(っていうかそこから先はずっとEDF一辺倒なのか>wikipedia

 ぶっちゃけた所ここのゲーム作りは昔から物凄く大雑把。
 元々こういう武装強化型のアクションゲームの悩み所はそのパラメータの適正レベル。そこがランダムドロップに支配される点も影響しているとはいえ、単純に武装バリエーションも豊富なので様々な手持ち武装の中から今その場に合った物で敵を薙ぎ払ってクリアしてねというゲームバランス。元々きっちり作り込まれたステージデザインというよりは、「ある程度の力でもって殲滅できればそれで良し」くらいのスタンス。
 とはいえ無論、ただ火力ゴリ押しすればいいというものではない、要所要所を押さえていかないとクリアに結びつかないような作りにはなっている(HARD以上)。物量と火力で圧倒し合うような妙なゲーム作りもここまで行くと面白い、というのは感じた所。
 武器が高火力化して敵への対処が安定してくる頃には、それを上回る新型、更なる物量編成で畳みかけてくる、そのレベルアップの応酬。それをひたすら110面(笑)。(似たような構成も流石にあるけど。1ミッションに1シチュエーションというか、もうちょっと1ミッションに凝縮しても同じ物は作れるんじゃないかな的な(笑))

 なのでまぁ正直今更、自分のようなシリーズ新参者がああだこうだ言った所で「もはやこういう物」である以上は、野暮な突っ込みにしかならないというのはどうしてもあって。ただまぁ軽く評判を追ってみても皆同じような不満を出してたりはするけどね(ドロップアイテム回収とかとかとか)

 強いて今の路線のままで、こうしてくれた方が遊べるのにと思った点としては、先に挙げた適正レベルの対策。
 アーマー耐久値も武器レベル(攻撃力から性能まで)もどんどんインフレで強化されていくので、それで鍛えまくってから挑めば楽勝になってしまうというのは救済措置であると同時に、適切な遊び所を見付けるのも難しくなってくる話でもある。これは成長型アクションゲームに共通の悩み所。(RPGなんかだと経験値稼ぎに頭打ちがあったりもしたけど、ただそれも昔の話で、今は余裕で俺TUEE状態まで簡単に上がるというかそれが基本バランスの時代だし、、。)
 この落とし所としては、「そのミッションで手に入る武器レベルまで」で挑む事になるのだろう。アーマーに関しては一応自分で最大値を設定できる。いわゆる縛りプレイみたいな遊び方をするしかない。でもね、これ自分で一々調べてやるの面倒だよね(苦笑)。
 特に今作では、レンジャー・ウィングダイバー等4クラスのプレイが可能で、(これはどうも今作で変わったらしいので悪化してしまった例なのかもしれないけど)1クラスを進める内に他のクラスも勝手に強化されていくので、特定クラスだけガーッと進めてしまった自分のような人間には今更他のクラスで「何処まで縛りを入れてプレイすればそれ相応に遊べるんだ?」という困った状態。

 だったら勝手にアーマーは想定レベルまで引き下げて、最大武器レベルも明示して使用不可になるオプションモード無いですかね、って思ったんだけれども。よくよく見ると「オンラインだとそういう縛りがある」らしく。それオフラインモードでも使わせて貰えませんか
 まぁそういうプレイは「下のミッションに戻って遊ぶ時の話」なので、そんな事よりもとっとと高レベル武器積んでHARDEST,INFERNOまで進めてインフレ超火力武器使って遊びなよ、ってのが作り手及び他のユーザ皆々様の考えなのかもしれませんが。
 正直そこまで厳しいプレイは求めていないというか、NORMALは実際ゴリ押せて死なないヌルさがあるけど、HARDでなら十分遊べる手応え・温度感を感じているので、HARDを一通り進めるくらいが自分の落とし所かなとも思っているところ。
 あとまぁぶっちゃけると、「1クラスNORMAL制覇だけでもこんだけ時間食ってるのに、全キャラ全難易度とかとてもやってられません」と言いますか(苦笑)。
 強さ・厳しさを求めるよりも、この武器で色々なステージ・シチュエーションに挑んでみるぜみたいな。アーマードコア(1)でブレードオンリーは勿論、(ロック無しの)ロケット縛りとか、色々な武装で色々なミッションに挑んで勝手に遊んでいた世代なものでしてね。

 あと、この武器縛りの話が既にオンラインにあるというのなら尚更なんだけども、UIの話。
 ミッションに入る直前に武器選択画面を挟んで貰えないものかなと。ステージ内容ごとに武器の向き不向きがはっきりしているゲームなので、都度都度選択するのが好ましい。そこで一々ミッション内容を確認してから一度戻って選ぶのが、どうにも一手間掛かって面倒(苦笑)。

 そんなこんなで。
 すっかり話が前後してしまったけれども、今回自分は基本的にウィングダイバーで進めてました。元アーマードコア世代として。
(この空中戦タイプは前から気にはしていた物で、何もピュアデコイの為に買った訳じゃないというのは決して言い逃れでも何でもなく(笑)。まぁ先に書いたように良い切っ掛けだったということで。販促要素もバカに出来ないよねというお話としておきましょう。)

 プレイ当初のレンジャーは武装も貧弱で、強化の為のドロップ回収も苦行という二重苦。そこで試したウィングダイバーのあまりの高火力・高機動っぷりに、レンジャーには「罰ゲーム」の烙印を押してしまいましたが。ただ勿論、進めた後に振り返ればウィングダイバーの打たれ弱さに対してレンジャーの安定感はきちんと感じられたけどね。
 その他のエアレイダーやフェンサーは正直しっくり来なくて、素直に自分の求める機動力としてのウィングダイバー一本で突き進んだのが最初。
 しかしそれも40面くらいまで行って流石にきつくなってきて。それもその筈、満遍なく全クラス進めていればその分のアーマー・武器の強化も進んでいる訳で、成長度合いが倍から違う(誇張でも何でもなく)。ただ、かといって毎回ステージを4周するのは夢工場ドキドキパニック(FC)じゃあるまいに、って感じで流石に躊躇してしまい。
 代わりに少し戻って下のレベルのHARDをこなすと、良い案配の手強さで新しい武器が手に入る、という感じで進めていた。ただ逆に段々NORMALには武器が強くなりすぎて消化試合になってきちゃったけどね。最後の方は敢えて使用武器レベルを抑えたりはしていた(面倒くさくない程度に)。まぁNORMALはステージ開放と割り切って、その中から遊びやすい面をつまんでHARDでプレイしていた感じ。
 そんな中でアーマードコア世代らしくビルの上から回り込んで強襲を掛けたり何だりと、最大限空中機動性を活かした立ち回りで遊びまくっておりましたよ。あの空戦能力を通常FPS/TPSでという、なかなか味わいたくても味わえなかった(が故にQ3A MODとか作ってた。今見ると小っ恥ずかしい)遊びを10年20年越しくらいに味わえたかな、と(笑)。

 などという話を小出しにしていけば良かったろうに。一気に書くのは良くないよね。
 そもそも真面目に触れるのはこれが初めてになるのか。最近はめっきり「事後の感想をまとめるスタイル」になってしまっているから。ただこういうゲームこそちょこちょこと書き残していくくらいでも良かったのかなというか、昔を振り返ってみても、都度都度その時点での考えを小出しにしていく形も悪くなかったのかなと思ったりはしてみたところ。

 まぁ取り敢えず一応は一区切りもついたので、そろそろレンジャーでピュアデコイ(アイリ)引っさげて雑魚狩りに興じてみようかなと(笑)。(もう一本武器スロットがあればなぁ)

PS4

 こんなもの見付けたんですが、これは、、。
 ヤフオクの履歴っていつまで残るか分かりませんが、アイリのやまなやソフビ
 アルバム発売の直後に取り合い始まっててワロタ、って思う内は良かったんだけど、品出しの経緯が、、。「電車の落し物管理会社の払い下げ品です」、ってちょっとそれ(大汗)。
 劇中に「電車で寝過ごしたら落とし物置き場に居た」ってなネタ会話があるんですが、まさかリアルにそれを再現してしまうとは(苦笑)。いやこれ、割と本人凹むタイプの話じゃないのかなあ。こういうの落とすとか忘れたまま放置とかちょっとどうなのって思うし(ニッチな少数生産品なのでめっさ高いし)。その辺の中古屋に流れた物を安く仕入れた転売屋が電車で忘れてまぁいいか状態、とかならいいんだけどね。万一のケースを考えて合掌しておきまする。俺本人だったらマジ凹んで立ち直りたくない(ぉ)、とか言ってみる。いや少なくとも一生モノのトラウマネタになっちゃうだろうなぁ。

#追記:ピュアなのでついありのまま文面を受け止めてましたが、むしろこれは出品者が洒落を利かせてくれたケースなのだという気がしてきました。うん、不幸な落とし主など何処にも居なかったのです。

 そんなこんなで、先月末のASUSショックを前フリに書き上げる筈の話だったんですが、月末ねじ込みに失敗した後は「テンションが降りてくるのを待つ」とか言っている内に、時が待ってくれない状況になりましたので、改めて放出します。

 さていくら何でも流石に、予約特典付きゲームを2本も積み上げる体たらくは無いよねってことで、積む言い訳をしない為にも先立って環境の方を揃えることにしました。覚悟を決めてPS4購入です(もちろん非proな通常スリム型)

 そして早速、「ドリームクラブ ホストガールオンステージ」をDLして起動。
imgimg
 この(恐らく二度と起動しないソフトの)キャプチャの為に、アイリ指名権もコイヲシテイマスもTimeTravelerも競泳水着も買いましたが何か?(ぉ)
 いやね、ASUSショックを迎えてよつばとーちゃん状態の当時は、「今の自分は何をやっても全て許される」、そんなせめてものネタとして使い切ろうという気満々でした。

 まぁ最初から「せめて最低限は寄付する」気はありましたが(指名権は全員セットの方で買ってますよ、うん)。でもね、やっぱり以前に書き並べたように、アイリの髪の毛が全く揺れないのには断固として抗議したい。ただでさえライティング・レンダリングやカメラは箱○版の方が好みなのに、これに限らず例のリアスカートの揺れとかそういうのも省略気味だし、残念移植と言ってしまうとそうなんだよね、個々に目を向けるという意味では。
 まぁ今作は14人合唱がメインだし、下手に本編のアッパーコンパチみたいな事をしても不味いのかもしれないけどさ。むしろいっそVIPモードで全会話集(もちろん課金地獄)とか言ってしまいたかったけどね。益々本編の意味がなくなってしまう、のか。

 あ、会話と言えば地味に新録含まれてました。びっくり使い回し地獄だと思ってたのに(笑)。
 衣装替えコーナーで無印の台詞が(若干言い方変えて)復活してたのにはちょい感動。
 ZERO系の無邪気に喜ぶだけじゃなくて、「取り敢えず似合っているということにしておく(のです)」とか。「博士もこういうの買って欲しい(のです)」の方は今回省かれたっぽいけど。あの盲目的に従ってる訳じゃなくて時に被保護者が保護者を逆に見る感が良かったなぁと。迷子になったのは博士の方だから探しに行く(です)とか。

 尚ところで、前回懺悔したことで気が楽になったのもありまして、超絶今更ながらに箱○版で他のカラオケDLCも買い始めました、とはここで白状しておきます。月一とかそんくらいで。ただでさえ「今頃なんで箱○のマーケットから売上が?」とか思われてるだろうに、こんな所で下手に晒したら特定超余裕とかなっちゃうじゃないですか、とか思いながらね(ぉ)。
 まぁあれですよ、月に一回くらい「(割とナチュラルに)ちょっと飯を食い忘れる」とかあれば辻褄も合うので。総額のことは考えず(ぉ)。(ガチャの人達と極論同じ考えっちゃあそうなんだけど、そこはまぁ限度額もよほど現実的という意味で。出費分の確実なリターンでもあるし。あと零細コンテンツへの物の見方を変えないといけないとか考え始めたってのもあるかな。)

 因みに言うと、「速攻キャプチャ撮ってエントリを書き上げる」とか思っていたのが頓挫した理由の一つに、カラオケに謎のエコーが掛かりまくるという珍現象が発生して、解決に奔走する内に疲れ果ててしまったというのがありまして。
 「エフェクトがうるさい」とかいう話は聞いていたのでこれの事なのか?と。しかしネットに上がっている動画はエコーは付いていないし一体どう解除するのか。メニューを見ても出てこないし、ネットを散策しても全く一つもヒットしないし、皆には当たり前の話すぎて話題にもならないのか?と益々困惑して。じゃあ実績解除してやんよ(同曲14人分耐久レース)とか、DLCを買えば解除でもされるのかとか、迷走に迷走を重ねる有様でありました(苦笑)。
 これ、実のところはPS4購入と同時にTVモニタも新調してましてね。「いの一番に繋いで流したのがドリクラ」というネタをやらかそうとしたのが運の尽きで。そのTV(色々考えて同じソニーのBRAVIA)のデフォルト設定で付いている「オートサラウンド機能」がそれはもうびっくりするくらいにカラオケシーンだけを狙い撃ちで物凄いエコーを掛けまくるプログラム特性だったのでした。特定の曲調・音域・音場みたいな所からシーンを類推したりするんだろうなぁ。しかもそれが「今時はここまで味付けが押しつけがましいのか」とカルチャーショック。それくらい別物に加工されてたのですよ、まさか後付けの問題だなんてすぐには気付きませんよ(苦笑)、と。
 まぁね、皆さんも気を付けて下さい。(ないよ)

 でも、って「EDF5(地球防衛軍5)」、ピュアデコイ。
imgimg
 キャプチャ操作をしてたらタッチパッドに触れてしまい簡易チャットの「ありがとう」が暴発して。それもわざと後ろから眺めてた時だったんですが「流石になぁ」と自重しつつ、正面画に改めて採用。
 っていうか後ろからのそれは、見てはいけないものを見てしまった(笑)。(正直バグとしか思えないレベルの手落ちにも思うけど)

img
 そしてノノノと合体。
 上手く載せるのに苦労した。踊りが踊りなのでブンブン振り回す。
(動画も撮ろうかとか思ったりしてたんだけど、周りが五月蠅すぎて静かに撮れないので諦めた。たぶんオンラインで一人部屋作って撮影とかしないといけないんだと思う。)

 因みに肝心のデコイとしての遊びはというと、
 ・二個しかない武器スロットの一つを埋めてしまう
 ・専用クラスのレンジャーは自分に言わせれば罰ゲーム
ということで、あっさりとプレイ活用を断念してしまいましたとさ。
 遥か後半になってそれ一本で戦えるめっさ強い武器が手に入ってから、それ片手にデコイ使って遊ぶ、くらいかなぁ。

 という訳で、何だか数百年ぶりくらいにゲームを再開した気分です。
 でも休日3回も使ってそれなりに進めた筈のEDF5が、達成率5%の実績一つがようやく立っただけという大惨事に、もはや現代社会に居られる自信が無くなった自分がおりまする。
 っていうかEDF5もキリ悪すぎて結局チャロンは積む気がしてきましたよ、、。

ピュアデコイ

 さて、前々回の絵の話の補足なんですが(敢えてリンクも貼りたくない(笑))
 元々いつも絵を描き上げた所で、まだすっかり目も曇っている内に上げてしまわないと後日目が醒めた時には尻込みして終わらなくなるだけ、という腹積もりで勢い重視でやっている訳なんですが、前回はその魔法がよもやアップした直後に解けてしまうという大惨事が発生しましてね。
 その時の心境たるや、「そもそもが戦士がメラを覚えるような心積もりで居るしかないのだ」と何度も鏡の前で自己暗示して、ってのは実際はやばいらしいのであくまで心の内で念じていた訳ですが、、、

 「悪ぃ やっぱ辛ぇわ」
 「言えたじゃねえか」

 因みにこの前友人にも自分のFFネタは珍しいと言われた気がするけど、いやだってこの汎用性の高さよって思いますもん(笑)。

 そんな訳でですね、こんな銀河の辺境の片隅よりはもうちっと日の当たる所に出てみようと始めたpixiv投稿ではありますが、実際他の方の作品を見ると刺激を受けるどころか、残念ながら精神的ダメージを受けるリスクの方がでかくつい目を伏せてしまっているのが現状だというのを吐露しておきたく。
 ReadOnlyのROM専ならぬ、WriteOnlyのWOM専として巻き散らかしているのが実情でございます、というお話。

 そんなこんなで、やると決めたからにはやるシリーズ。

 (PS4)地球防衛軍5・ピュアデコイ(A)セット予約記念、として販促してあげるつもりがすっかり遅くなって「まぁ発売までに間に合えば」とか思ってたら、「明後日のEDF5云々」ってマジかー!などと尻に火を付けられてしまい、結局は発売日記念ということで。
 因みにPS4はまだ(いつ購入するかも決めて)ない。(えぇ)
img
 (深刻なアイリ不足の自己補填)

 もう販促の意味はなくなっちゃったけど、公式動画はこちら
 アイリパートはこちら(笑)。
 こんなもん投げて来られたら、やっぱり受け取りに行くしかないじゃないですか。

 でもって、「土台と言えばドルドレイだよね」と新作ネタに噛ませてみましたよ。
 しかし公式のゲームモデルCGのテクスチャのスペルが間違ってるんですけども、果たして発売までにはちゃんと直るんでしょうか。
 ×:DORDORAY → ○:DORDRAY
 当然ここでは直しましたとも。

 それにしてもですね、これくらいは言わせて下さい。
 バーチャロイド(のテクスチャ)って描くのクソ面倒くさい。
 絵柄も絵柄だし割とさっくり終える路線で構えていて、アイリの方はそれで無難に収めた方なんですが、軽い気持ちでドルドレイネタに被せてみたところ、いやぁ。
 そもそも割と目分量でざっくり描いてしまったのに、いざテクスチャの段になると歪みがとんでもないことになってしまって、きっちりやろうとしてみるとホント面倒くさい。実際こんなの、フォントとカラーテクスチャをソフトで貼り付ける作りだからこそのデザインなのであって、手描きなんてするもんじゃねーよと。
 こちとら、何をするにも機械の恩恵に与る前に「自分で手を動かす事が鍛錬になる」フェーズだからこそ、フォントもマーキングも手描きでチャレンジしてみたんだけれども、流石に白い線の段階的な太さの所は手描きだと日が暮れるのでここだけは直線描画機能に頼りました。但し平行定規は使わずに目分量で揃えてみた。そんな訳でちぐはぐな出来なのはご容赦下さい。
(尚、同じ理屈で「ペン入れレイヤー(ベクター)」もまだ使っていないのが実際。今自分がこれを使っても、下手な線を延々手直しする作業に囚われるだけで、今は自分で線を引く鍛錬こそが必要だよねと。効率は落ちるけども。)

img
 でもってRNAカラー。
 先にこっちを描いてから禁書版を描いたんですが、後で見返したらテクスチャ密度の差がありすぎて、これはうーん成る程と。
 確かにハードの向上でテクスチャが好きに貼れるようになったのが今ってことなんだろうけども。ただテクスチャのうるささで情報密度を出すのもそれはそれでどうなのだろうね。
 まぁ天板と背中しか描いてないから寂しさもあるのであって、決してオラタン時代のデザインがシンプルだと思ったこともないんだけどね。全体図:RNAに切り替えてどうぞ)

 などと、賑やかしに新作ネタ2つに絡めてみました。
 が、楽しみにしているかというと、それはどうかな?(コラ)

 EDF5も、ぶっちゃけピュアデコイをそこら中に貼り付けて満足して終わる未来が見える!という可能性が(汗)。
 いやまぁEDFは多少興味はあったけどフルプライスのボリュームが却ってダルそうというか。
 あそこのゲーム作りは過去幾つかの作品で既に知っているので。自分には合わないことをね(えー)。まぁ10年一昔の記憶ではありますんで。あれ5年かな。

 ただこういうオマケ、昔から「折角の自社キャラなんだから露骨に横展開して販促すりゃあいいのに(そしたら買っちゃうだろうにね)とか思っていたくらいなのに、なかなか踏み出されることもなくて。EDF4でも一部キャラしか出さなくて「何も分かってねーな」とすら。それが4.1のgogo.キャラ全採用を通して、次はまさかの歌って踊るオマケ付きとはね。
 ともなれば二言も無いとばかりに、一晩悩む筈が小一時間でPC立ち上げ直して予約していたこのアイリ重病患者ぶり(ぉ)。

 ただまぁオリジナル声優ではないのが残念ですけどね。大分似せて頑張ってるけど。
 劇団メンバーだからこそ出来たってのはあるのかもしれないね。
 折角だから児玉ちんの新録ボイス聞きたかったですよ。もし売れたらDLCでオリジナル声優バージョンも作ってどうぞ(笑)。
 その前に追加曲バージョン(TimeTravelerとかね)ですかね。

 あとホントは全員分欲しかったんだけど、流石にBセットは諦めた。
 本体も買えてないのにソフト2本とか頭おかしすぎるだろう、、。
 それ以前にこういう商法は歓迎できないよね。
 ただまぁ前作を見る限りは後でDLC販売もしてたっぽい(?)。実際は先行入手特典みたいな感じ? であることを期待してますが、果たして。(追記:ただのマケプレ転売だったのかも)

 でもってチャロンは、この最新PVでも全く変わらない絶望的なグラフィックセンス(まるで素人の自分の所行を鏡で見せ付けられているかのごとく)は、絶望的なままなのだろうなあ。
 果たしてドルドレイのスペルが直るヒマがあるのかすら疑問に思えてきた(笑)。
 そんな訳で、ようやっと「やると決めたからには」シリーズも一区切りとなりました。
 いやあ長かった。(内容は途中で変えたけど)企画としてはどれも9月頭くらいからになるし。
 課題は程々に設定するべきだと痛感します。
 やり終えないと次に進めない性格には厳しい。

 でもこれでamazon積み箱を崩せるというものですよ。頑張ります。(こんなんばっか)
top↑