のけものしかいない、、、

 前に貼った現象のジャガの秘密が削除されてた。悲しいね。
 まぁ、続けて投稿した平沢MMDに過剰反応したアンチの攻撃でも受けてしまったのだろうか。配布の意図は無いと明言してたし個人利用で節度を守っていれば問題なかったろうに。肖像権云々なんてそれこそ、平沢雑コラはそこら中でされているのだし、むしろ本人が雑コラやってるくらいなのに(参考)。
 個人的にはジャガーマンシリーズのファーストコンタクトにして、正直一番気に入っていた物だっただけに(似たようなコメントあるけど俺以外の同士ですよ)。ケイオスな掴みから入って良MADにここすきに往年のflashノリ、日記にBB素材と楽曲の余韻。一通りの要素を踏まえつつの良い構成をしてたと思うんだよね。何なら平沢MMD部分を雑にマスクして再掲載してもらいたいくらい。結構リピートしてしまってた口なので実に残念至極。悲しいね。

 悲しいと言えばもちろん、一度触れた以上は書くつもりでしたが、やっぱり当然予想通りにたつき監督はのけもの確定でしたね参考1。最初から沈静化を待った(というか他の契約期間の都合とかそういうのもあるだろう)だけの話だよね。

 一応言っておくと自分はけものフレンズはニコ動その他のネタを拾うばかりの外野なんですけど、あの独特の緩さから伝播していった所謂インターネットミームの数々を楽しませて貰っていた口としては、それがこうも強制的に祭を解散させられるような話を目にしてしまうとはね。
 ほんと日本のコンテンツの維持の仕方はド下手クソというか。今のアニメは一期1クール勝負で二期に続くことすら珍しいその使い捨てっぷりに、「今のアニメファンはそこまで飽きっぽいのか?」と首を傾げていたくらい。無論、継続に堪えないレベルの小ネタを数打てば当たる消耗戦に出ている側面もあるにはあって、製作側もそういう仕事に慣れきって逆に長続きするものを生み出せなくなっている等とも考えていたけれど。それ以上にそもそも論として、大元の制作レベルで「コンテンツを継続させる」事そのものに興味が無い、という事実を突きつけたのが今回の事件だったのではないかと思う訳ですね。(世界レベルで見ても頭のおかしい中抜き構造は有名だけれども、そういう利権構造を固持する事が目的であって、ぶっちゃけ弾数なんて次を補填すればいいくらいの話だろうと。)

 ふっくらのギンギツネはここすき要素満載だったし、そういうのが今後も一杯続くであろうと皆も期待していた筈が。それこそ今頃はアライさんが緑のたぬきで猛威を振るっていたであろうにね。(割と素で間違えてた所もポイント。多分コレの所為w)

 まぁけもフレ最大の味を作り出したたつき監督自身はめげずに独自の道を進んでいるし、今後もブレずに頑張って貰えれば幸いなんですが、
 一方で気になるのは残された、コンセプト~キャラデザインまで手掛けた吉崎観音の方だよね。夏頃に「ようやくここまで来れた」と喜んでいる様を見た時から一転、すっかりケチも付いて(多分アンチもついて)、二期をやると言ったところで敗戦処理にしかならない惨状など当時予測出来ただろうかね。(最終回で二期決定!とか大々的に打ち出しておきながら二年後くらいにしれっと劇場版で消化した艦これを思い出しますなぁ)
 自分は吉崎観音もそんなに詳しい訳じゃないけど、過去に見てきたアイデアやコンセプトは結構好きな所があって、そういう作風とたつき監督の取り合わせは凄く良かったと思うんだよね。だからこそ放映後も「好きにやっていいですよ」って言葉は「(細かく指示しなくても)任せられる」という意味合いも含まれていたと思うし。それでお互いにやりたいように上手くやれていたものを、こうもあっさりと握り潰すとはね。そういう話なんですよ、これは。けもフレがどうとかだけではない。

 そんな年の瀬まで続くガッカリ感の象徴のようなお話でありましたとさ。
top↑