PURE SONGS

 さて、「ドリームクラブ」、デスデス動画を一通り見てみた。
 DLCの新曲の酔っぱらい版が凄い。完璧にフラフラじゃないか。これは次回作で尻餅をつく日も遠くない気がして参りましたよ先生(笑)。

 そんな訳でアイリ曲のフルバージョン目当てにピュアなアルバムを買った事をここで白状しておきますが、結局「アイリ以外まじでプレイしてないこいつ」記録を継続保持中なので、まさかの前座9曲(ぉ)。以前アルバム中1/3くらいしか聞けるのが無かった例もあったけどそれを軽く凌ぐ。
 いやまぁ、基本あくまでキャラクター声優ソングなのでそこに馴染んでないと辛いよねってだけの話ですが。曲そのものは案外聴けるというか。ただ正直ヘタな持ちキャラよりアイリの歌の方が上手くない?とか思ったり思わなかったり。冗談交じりでアイリ版全曲集CDないのかと言ったけど、本当に欲しくなってきた気が致します先生(誰)。(上記のメドレーは残念ながら音質が悪いので常用には耐えない)

 ともあれこうして全曲通して聴いてみると、案外曲調センスが古いというかちょっと一昔の温度を感じる。いやむしろ自分は全然助かりますが(笑)。アイマスが窪岡絵で80年代風味と言っていたのに対して、こちらは「適度にほどよくムチムチ」な今風のキャラクターデザインを当ててきた若者向け路線という印象だったのだけれど、ところがどっこいこの有様。昭和前期(?)の曲とか混ざっているのはどういうことかと(笑)。まぁぶっちゃけ某代表の趣味が先行しているってことなのだろうけど。何のかんので作り手にそういう一昔のオッサン趣味が現れる時代になってきたということなのかなとも思ってみたり。

#訂正:「適度に~」ではなく「ほどよくムチムチ」でした。(アイリ自称)
top↑