近況18/09その3

(※いつものノリで小ネタを書き並べてたけど、素直にエントリを分けることに)

 でもって、実写TFスピンオフ「バンブルビー」PV第二弾
 これは俄然盛り上がって参りましたよ!(笑)

 いや決してG1オマージュ要素があったからという話ではなくて。
 全体的に見てやるべきことに立ち返った感がひしひしと伝わってくるのが良い。
 予算減ってると聞いた割にTF増し増しで、ディセップ連中の台詞も普通にあって、過去イミフだったトリプルチェンジャーの三段変形もきちんと分かり易く示してと。別に当たり前の事をやっているだけなんだけどそれできっちり映像作品として成り立たせる、という原点に立ち返った感。(むしろ今までどんだけクソだったのと思いますけども)

 むしろセイバートロン星(サイバトロン星)のG1オマージュデザインは、正直ファン目線でも露骨に感じる所はあるけども。でもキャプテンアメリカとかもコールソンの趣味の一言でクソダサオールドデザインを引っ張り出してたし。まぁ改めて原作があるんだよアピールということで。
 強いて言えば、限られた予算で個々のデザインを複雑にするよりもTFを一杯出すことに専念してくれたとか。おそらくは短い回想シーンに過ぎないだろうしね。
 後は母星の背景に埋没しないデザイン上の区別という見方も。如何せんこれまでは、オートボット側をカラフルに、ディセプティコン側を暗めの色で区別していく傾向が見えていたけど、それこそ後者がただのモブ集団みたいになってしまっていたし。元来の「何に変形するか」の区別で良い。クルマ系vs兵器系。

 などとまぁ先にフォローしておいて、後は純粋に楽しみたい。楽しめればいいなぁ。
 惜しむらくは日本ではこれが本国から三ヶ月遅れの公開になってしまう事ですね。春休み合わせで。まぁ興行収入は大事なんだけれど。是非ともそれに見合う結果が出てくれるといいなぁ&それだけの出来だといいなぁと。
 如何せん、1-3までは字幕・吹替で最低2回は見てたんだけど、4以降は呆れ果てて1回しか見てなかったからね。また飲みついでに友人を誘って興行成績に貢献するくらいになるといいなぁと。
top↑