悔しさ以外何も残らないところがまた

 嗚呼、MassEffectについてもう一言書く筈だったのに。ついでに言うと他のネタも溜まっているのに、こうしてまた流れたり忘れた頃にサルベージしたりするのだろう、ははは、、はは。何と言うか他の事に手を出すとすぐ興味がそちらに行ってしまうのは悪い癖だね。

 さてはて、ちまちま継続中の「オトメディウスG」
 実績のカードコンプ目当てでオリジナル(アーケード)モードの方もプレイをしてたんだけど、先生そろそろ挫けそうです(笑)。そもそもいつもは実績なんてガン無視なんだけど、「1キャラ分のカードコンプ」というのが微妙に手の届きそうな部類だったので手を出してしまったのが運の尽き。イラストカード35/50という実に微妙なラインでそろそろやめたくなってきた(笑)。やめたいというかアレンジモードに戻って別キャラでプレイしたくなってきた。
 まぁアーケード版の仕様にも興味はあったし、カードはプレイすれば貰えるので最悪飽きた時点で自殺プレイを繰り返せばすぐ終わるかと思ってたんだけど、、。所謂スカ扱いの奇跡賞与が出まくるんですよ、先生(汗)。というかきちんと経験値を稼がないとカードが出ない気がする。幾つごとに1枚とかね。特にレベルが上がってくるとその傾向が強まるのだろう、「コンプ間近で奇跡賞与が連発する」ってのはそういう事じゃないのかな。アーケード時代と違い、既にアレンジモードで武装カードの方を揃えてしまっているうちらは、その分早くにスカが出るようになったと。いや多分ですが。(追記:なんて甘い読みも虚しく現実は無情でした)
 しかし、50プレイというだけでもよく考えたら結構な数だと思ってたのに、更にスカがこれだけ並ぶようになると辛いなぁ。事前情報では自殺プレイですぐみたいな感じだったのに。うーん、先に書いたように半端に上がったレベルの問題かな。序盤から自殺プレイ繰り返してたらこんな事は無かったのかもしれない。参った。
 いやぁ、何て言うかこの、あと3割という微妙なラインが悔しくて、ねぇ(笑)。
top↑