恐るべき廃人仕様

 やっとカード揃ったよ。実績フルコンプしたよ。大快挙だよ!(笑)
 という訳で「オトメディウスG」(まぁ正確には数日前の話なんですが)
 いやぁ最後の方はもう全然カードが出ないのなんの。10コインごとに1枚くらいの割合。小波マジ鬼畜、とかそういう(笑)。
 結局飽きが来た所で片手間の即死プレイを繰り返したのだけれど、前回の「経験値に応じた」という仮定(というより希望)は全くの見当違いで、単に「数枚ごとにスカが大量に挟まれる」という、露骨なコイン吸い上げ仕様だったぽい。流石はkonmai。前回までは丁度スカが出たタイミングが、ポカをやって経験値が少なかったり即死プレイを繰り返して経験値が殆ど入らなかった時だったので、「やはり真面目にやらないと駄目だよな」と自分を奮起させる意味であのように解釈してみたのだけれど、現実はあまりにも無情だったという訳です。連コイン上等。マヂ鬼畜(笑)。
 いやぁ、こんなので何キャラ分もイラストを集めきっている人が実際に居る訳ですよ?AC版で(武器集めもあるのでもっと大変)。一体何百コイン=何万注ぎ込んだというのだろう。余計なお世話だろうけど。うーむ。

 今回こうして一応AC版の仕様にも触れてみた訳だけれど、正直なところ自分の感想は、「これで金取るんだ」というか「皆これでもやるんだ」、という感じ(汗)。1コインで3ステージ選択 or 10分弱のボスラッシュ対戦モード、と短時間の遊びをリピートさせる設計は今時のアーケードの遊び方なんだろうなとは思う。ただじゃあ実際にそれを何度も何度もプレイしますか?と言われた時に、あまりにも「これでいいのか?」感が強い。
 一応狙いとしてはをウェポンカードを集めて色々な武装で色々なステージを遊びましょうというもの。しかし武装は100枚前後あると言ってもレベルもあるのでバリエーションはずっと少ないし、歴代の武装を集めただけなのでゲーム上での優劣は既にはっきりしているから選択肢はぐっと少ない。更にステージは実際4個しかない(360版で+1)上に、武装の個性が極端に反映されるような構成でもなく(ぶっちゃけステージデザインも悪いとしか思えず)、どれをプレイしても殆ど求められる武装特性は変わらない。これは対戦モードにも言えることで、プレイスタイルの収束があまりにも早すぎて武装を変えた所でやる事に変化が感じられない。繰り返しプレイを前提とした仕様でありながらその部分の魅力が明らかに死んでいるとしか思えない。
 まぁ小波もそこは分かっていたからこそ、AC版のアップデートはガン無視で360版のみの追加実装という(AC版ユーザにとっての)暴挙にも出たんだとは思いますが。しかしアレンジモードではカットイン演出付きの特殊攻撃という今作一番のアピール所をあっさり切り捨てて、本家に近い仕様変更と本家に似せたステージの追加を行うという実に中途半端な「戻し」方は、それはそれでただキャラを変えただけの劣化リバイバルにしかなっていないのが非常に悲しい。「戻っただけいいじゃないか」と言われたけど、全然戻っちゃいないし、むしろ戻らない方がいいことだってある。

 そもそも今回の実装上のバランスの難は、「作り手に材料を活かす人材が居そうにない」という現実問題以前に、そもそも本家グラディウスシリーズ自体に何処まで武装バリエーション化の素地があったのかという話でもあると思う。ゲームの構成上、「こうである」以上、「こうにしかならない」という傾向がはっきりしていて、だからこそ(そのまま再現したところで)武装の切り替えにも魅力を引き出す余地に乏しい。そこをもっときちんと把握した上で今回のAC版がデザインされていれば良かったものを。
 まぁここは、普段から「武装バリエーションが豊富なゲームがその持ち味を出した例が無い」という口惜しさから来た愚痴でもある訳ですが。カスタマイズゲーで最適解が決まるなんてのはどうかしてると言いたい。

 何よりまず安直にドカンボカンの派手仕様にした時点で多くの面で苦しくなっていると思うんですがね。レベル強化(時間制限式)で火力が派手にアップするので、威力重視や弾数重視といった個性取りはそこで崩壊しがち。実際レーザーの火力押しがもっともすぎてダブル系は蔑ろにされている感が強い(あるのか知らないけど、何週目ならどうこうというのは流石に勘弁願いたい)
 加えて何より致命的なのが、「レーザーの連射」。通常弾やダブル系は画面上4・5発(?)(レベルで増やせる)の制限があるというのに、レーザーはおそらく無制限連射可能(軽く10個以上出る)。360版の連射ボタンだとそれこそ綺麗に細切れのレーザーが繋がって、本来の「レーザーの途切れ目=隙」は無視されるわ、弾頭に追加効果のあるアクアレーザーは威力が何倍にも膨れ上がるわ。此処まで来るとむしろバグなんじゃないかとも思うけど、入ってしまった以上はそれが常套テクニックとされる訳で他の武器を使うのがバカバカしくもなってしまう。冗談抜きに無茶苦茶強い。第一、これが「ボタンホールドでオプションを固定する」機体の標準武装だという時点でどうかしている。勿論、本来は「連射系武器と合わせづらい」のがその手のオプション機体のデメリットな訳だけれど、そのような要素が存在している時点で連射による火力アップには限度を設けなければ全体のバランスは保てないと思うのだけどね。
 まぁ当然の如く、ゴージャスモード(360アレンジ版)では綺麗サッパリ削除されましたがね。この限りなくバグに近い駄目仕様に気付いた時点でもうオリジナルモード(AC版)に未来は無いなと思ってしまった。

 と、また長々と書いてしまった。
 そもそもが、過去の遺産に今時の萌えを載せたミーハーな企画以上の何物でもなかった訳なんですが。ただグラディウス自体にはパロディウス系のおふざけの過去もあるので、それの延長だと思って自分は正直あまり気にはしていない。
 むしろ、弾幕でも1ドット判定でもない往年の横シュー、という所が個人的には非常に重要で。だったら素直にWiiの「グラディウスリバース」やってろよ、という話なんですが。360には来ないのかなぁ、アレ。別に急いでいる訳じゃないので移植されるならそれを待ちたいのだけれど。
top↑