記憶なんてただの記録(懐)

 ここの所ずっと、怒り半分呆れ半分、必要以上に愚痴っぽくなっててもう「口を開くのも申し訳ない」といったような末期的引き籠もり状態。そして今は今で、パンクしたピ○リタイヤみたいに先行き不透明の無力無気力感に脳味噌を支配されちゃってて、もう何が何だか。
 お陰様で書きたいネタは出てきてもなかなかテンションが続かない。いやはや全く。

 そんなこんなで先日も、あれやこれやと考えて「ああ成る程な」と思いつつ書かずに終わったら、後日案の定「あれ何だっけ?」という(苦笑)。結果的な部分、何が成る程かは分かっても、肝心の「何故に」成る程だったかが思い出せなくては意味が無い。
 まぁ別に今回に限った事ではなくて、今まで幾つも波に呑まれて消えていったネタと思考はありますが。こういうピンポイントで悔しい思いをすると、やはり書ける時は書いておきたいなぁと思ったりはする訳で。
 とはいえ記録を取るというのはどうしても時間が掛かる事なので何とも。
 口述記録というか、思考記録装置でも欲しくなりますよ。ノイズだらけで読めませんね(ぉ)。
top↑