Android JB4.3

 会社のNexus7を触る度にシステムアップデートを実行させたくなる衝動に駆られる今日この頃です。後でダウングレード出来ないからって未だに4.2.1のまんまですけどね。開発用だからしゃーない。(ただ逆に、最新版でテストされていない状況もそれはそれでどうなんだろうなとは思う。)
 まぁ4.2.2の最終版でも、先日話題になったマスターキー脆弱性が放置されたままというのには流石に失笑を禁じ得ませんでしたが。ははは。(うちのS4は流石に対処済み)

 そんな訳でAndroid 4.3 (JB MR2)がようやく来ましたね。
 普段ならそれ程気にも留めないのだけれど、今回ばかりは「早くBluetooth安定版来ないかなー」ということで個人的にかなり死活問題ではあるので、今か今かと気にはなってしまう(笑)。まぁ最新版でまたバグを足してくるのが我らがお茶目なgoogleさんではあるのですが。果たして4.3は4.2みたいな「HC(3系)以来のバグバグOS」みたいな結果にならないことを祈るばかり。
 また、今回のBluetooth4.0ネイティブ対応ということで知った話なのだけれど、BT4.0って従来と互換性がなくて、3以前とのデュアルモードで動くみたいね。成る程、これはバグの温床の悪寒。というかこれまでのBT4.0対応は各社が独自に作り込んでいたということか。今のバッテリトラブルももしかしたらSamsungの所為ってこともあるのかなぁ。まぁ4.0機器を繋いでいる訳ではないけれど。

 あと個人的にAndroid4.3で気になるのはアプリのパーミッションの個別設定。マルチユーザの制限プロファイル設定の方ではなくて、今のところ隠し設定として存在するらしいアプリ別の設定機能。
 いやこれ、ようやくか、って感じなんですよ。
 多機能ソフトであればあるほど多数のパーミッションが設定されているけど、実際自分では使わない機能のために無用なパーミッションが解放されてしまうのは非常に気になっていたので、自己責任でもいいからパーミッションoffが出来る機能は欲しいとは思っていた。
 ただこれが正式化されたところで、OSバージョンの普及とアプリの対応の両方が必要な話なので、実用的な時代が来るのは当分先になっちゃうだろうけどね。勝手にoffってアプリ強制終了(でもって何故かストアで低評価)、という惨劇が容易に想像されてしまう内は正式化はされないだろうなぁ。

 因みに言うと、4.3はまだNexusシリーズのアップデート提供だけで、google edition系はやっぱりアップデートは遅れるみたいね。案外グローバル版と大して時期が変わらなかったりして。
 まぁ何にせよS4グローバル版の実力を見せて頂きたい(笑)。
 root取ってカスタム入れればもっと早い? そうかもなぁ。

 ただ最近改めて感じるのは、Galaxyは見た目ネイティブに近いUIデザインが多くて好印象ではあるけれど、機能的には思ったよりカスタムしてるんだなということ。これが当たり前だと思っていたことが案外当たり前じゃなかったりもして、Nexus7でもたまにあれってなる。pureにしたところで逆に悶々するケースが増えるんじゃないかと思ってみたり。まぁ益々標準離れが進んでアプリ探し、ないしはより良いカスタムOS探しの毎日になるんだろうなと。
 自分好みにカスタムするのは好きなんだけど、大して重要でないところにまで労力は割きたくないし、やっぱり素地の優秀性ってのは重要だなと思うのです。(Galaxyが優秀かどうかはともかくとして、良い妥協点とは思っているので。)
 それに、落とし所が見付からなくて諦めるケースが続いて疲れてきた今日この頃でもあるので。歳ですかそうですか(ぉ)。
top↑