アファ祭り?

 360の北米版ポイントはプリペイドだと1600と4000しか無いらしい。クレジットなら500から買えるんだけどね。因みに日本は700,1400,3500。3桁があるのはいいけれど何故800ではないのかと。端数ばっかり出そうな姑息なポイント設定が堪りません(ぉ)(800,1200が主流。小物も200が多い)
 ただ今のところ他に海外ゲーを購入するつもりはないし、アイコン目的で1600ポイント=2400円の出費は流石にどうなのかと悩んだんだけど、やっぱり適当に作ったアバターの顔表示では負け組の気がしてならないので購入に踏み切った。というかむしろ釣られてる方が負け組(ぉ)。
 という訳で、北米在住の某氏に買ってきて貰って1600ポイント補充。TF-G1パックの、多分グリムロックなんだけど自分にはオンスロートにしか見えない奴にしてみた。ついつい地味目な印象で選んでしまったけど、気が向いたらレーザーウェーブに変えるかも。

 さてと、360版「オラタン」
 端数忘れたけど60:70くらいで准尉に昇格。土日やってないので進んでない。
 しかし今日は何故だかアファシリーズに沢山会った気がする。RNAの大反撃ですか?というか今回初めて対戦相手にRNA=2P側の席取られたよ! 多分皆DNA=1Pのままやってるから今までずっとRNAで来れたのだと思うけど、双方RNAだとランダムなのだろう。まさか単純にポイントが高い方がDNAになるとか言わないよね?(いつもこちらの方が戦績短かったけど、そろそろ出遅れ組も見掛けるようになってきた) 左胸に飾られたヤガ目が良いのですよ、先生(誰)。

 ともあれ、同類対戦になるとやはり実力がストレートに出てくるね。如何に操作・行動の無駄が多いかがよくよく分かってしまう。特性上じっくり攻めてくる相手が多かったので気分的にも戦い易い反面、決め手に欠けるまま削り合いが続きがち。勿論それで焦ったら負けなんだけど、一方で「このまま続けても進展が無い」という別の焦りが出てきて無闇にマチェットを狙いすぎ。もっと投げるべき時に投げられるようにならないとね。相手のストライカーにスコーンとトドメのグレネードを決められた時は、あまりにも綺麗に叩き込まれたもんで悔しさと恥ずかしさで一杯に。
 あー、でもあれだなぁ、やはりそろそろストライカーが恋しくなってきたかも(笑)。
 マチェットの相殺(耐弾)性能が思った以上に根性無しなので、同じく相殺の弱いグレネードの方がまだバリエーションを活かせるぶん楽しいよなぁと。ガッカリ機体なのはどちらもあまり変わらないらしいですが(笑)。

 あとコマンダーにしてみたのは近接バランスの向上もあるんだけど、これがまた予想以上にストライカーそのまんまでリーチも一体何処まで伸びているのだか。元々近接は大の苦手のまま進展していないので練習したいんだけどね。CPUはタコすぎて話にならない(近付くと隙だらけのジャンプを連発するのは嫌がらせとしか思えない)のでオンでやるしかないから難しい。
 それでも素直に主役テムジンで出たりはしないひねくれ者(ぉ)。
top↑