おらのたんぼが(ベタ)

 ぼちぼち再起動していたX箱360。
 デモを探して海外アカウントでうろうろしてたら、「Virtual-On OT」「?・!!」
 しぃまったぁぁぁぁぁぁ。
 物凄い勢いで忘れてましたよ。それもこれもコトブキヤRNAライデンがフラグメントクロー仕様なんて超絶嫌がらせだったから悪いのです(ぉ)。私めが欲しいのはライデン(II)ではなくあくまでバイナリーロータス運搬機なのです。<冗談抜きに悩み中、、、

 という訳で360版「電脳戦機バーチャロン オラトリオタングラム」、遅ればせながらの即購入。

 何かもう色々忘れてるしパッドだしで恐る恐るのドルドレイ出撃。
 しかし、案の定のブラッドス玉砕(苦笑)。
 ツインスティックじゃないと避けられない、、、。いや下手の言い訳じゃあなくて操作性が根本的に違うのですよ。やり方変えないと。まぁこれは後で語りますが。
 またタングラム戦はタングラム戦で、戦い方(ダメージソースとなる攻撃の仕方)をすっかり忘れてるし。ようやく思い出したかと思えば今度は痛恨のボタン押し間違い。それをただの同時押しミスだと勘違いして何度も繰り返し、気付いた頃には最早手遅れでタングラムACTIVATE、即ちタイムオーバーバッドエンド。
 嗚呼。もう申し訳ないくらいに機体を無駄に散らしてしまった(泣)。

 パッド操作も慣らさなきゃイカンよなと続いて出撃させたアファームド・ザ・ストライカー。マゾで御免よ(ぉ)。
 しかし、あれー、また機体性能が微妙に変わってませんか。牽制用のLTCW、通称エビが跳ねていかずにただの直近ボムに(汗)。前面シールドはしゃがみLTの役割だったのに、こちらは中距離シールドに変更。うーむ、CWの立ち位置はまた微妙に変わってそうだなぁ。置きグレ(しゃがみLTCW-LHC)はいつも通りだったし、やる気なしグレネード(ジャンプLTCW-LHC)も5.4基準かな。こんなところだけは!っていうか弄ってないだけですね、はい(笑)。そう言えばドルドレイのドリル烈破(しゃがみ近接中にRTCW)もばっちり残ってました。最初に試したとも言う。(操作表記について、どういう訳か全て書き間違えてました。猛省中。泣きたい)
 ともあれこいつはまた勉強し直す腹づもりで。

 まぁ、これに限らず5.66なので全般的にまたかなり変わってるみたいね。ドルドレイも特攻が短いとは思ったけど、これはそれどころじゃなかったから何とも言えない。中には待ちキャラが攻めキャラに変わったという話も聞くけどね。おいおいおいと言うか、流石はアーケード対戦ゲームで安易な強キャラを入れて各地のゲーセンから非難囂々だった歴史を持つだけの事はある(苦笑)。ドルドレイの5.2→5.4は歓迎できた変更だったけど、今回もそうだといいなぁ。。。
 というか旧版が好みの人のためのバージョン変更入ってないんかな。DC版みたいに。まぁ追加機体は無理だけど、奴等はそのまんまでもいいから。

 因みに現状のスコアランキング1位はドルドレイになってました。流石は我らのドルドレイ(何)。
 リプレイを見たらCWしびれ→両腕殴り→ドリル牙突で即死コンボの連続(笑)。まぁ対戦だとしびれが解かれるのでそうはならないって奴だったとは思いますが。しかしそれが入らなかった場合の戦闘シーンも実に手際が良い。もうガンガン迫って刺すわ殴るわ焼くわで。これぞ正に「坑道の怪物」と言わしめる圧倒感。堪りませんね。
 何でこんなに良いんですかね。ただのカニドリルが(笑)。
top↑