開閉UIに切替

近況16/06

 さてはて。
 このタイミングでランダムBGMにspacechemが流れてくるのは何かの啓示でしょうかね。
 まぁ今年は最早ゲームに向ける余裕も余暇も何処にあるのかというか。友人とゲームの話をしたのも、箱oneでforzaの話を振られて「ふーん」と露骨に素っ気ないレスを返した(勿論それもネタとして込みの返しですが)のが最後、だったような気がしないでもない。
 そもそも今ゲームをやりたい気分なのかと考えると、もはや精神と時の部屋にでも籠もらない限り、そちらに気を向ける余力も気力も見当たらない自分が見えたと申しますか。
 弱酸性ミリオンアーサーなんかは喜んで見てますけど、(要はにょぽみ先生目当てであって)ゲームに興味が出たかと問われると、完全に「販促の無駄」に終わるのが正直なところ。エイプリルフール企画で初めてゲーム動画を見て「エンエントミギナナメマエニススム」クエストの意味を理解出来た身ですが、ゲームの方は、「まぁ、うん」。
 人それぞれの好みにどうこう言うところが目的ではないですが、強いて言うなれば自分にとってのゲームの在り方は、「課題を解決すること」か、あるいは「(コンパクトに)創作世界を堪能すること」ことであって、延々と「データの消費に興じる」趣味は何処からも涌いてこないと言えてしまうのが実際。
 ついでに言えばデータなんてものは0,1のデジタルの産物に過ぎないことは、それこそゲームというものがプログラムという概念と共に紹介されてきた、いわゆるマイコン世代の端くれではあるので、むしろ「適当に飽きたらセーブデータ書き換えてヒャッハーでいいんじゃないの」とすら申しますか。多分もし仮に自分がゲームを作るなら、タイトル画面で「MOUAKITA」とか打ち込むとチートモードが解放される仕様書に無い仕様が盛り込まれるんじゃないでしょうか。

 などと書いてたら埋まってきたぜ、ってことで(またか)。

 いやもうやる機会もなさそうだからそろそろ諦めてドリクラGogo.版OIOIでも聴くことにしたよ、ってネタに繋ぐ筈だったんですけど。なんだかテンションが伴わない時に聴いても勿体ないだけだよなと思いまして。(なのでまだ聴いてない)

 因みに来月は、そろそろいい加減に、薬はいらないけど楽にはなりたいところですが、多分無理。(フラグを立てる前に折る)
 まぁ「Windows10アップデートをギリギリまで引っ張ってそのまま忘れるか否か」が一つのポイントってところですかね。
 ノートPCの方はこのままWin7で止めるけど、デスクトップの方は折を見て、と思っていたらあまりにもMSが鬱陶しくも強引すぎて、むしろ「ギリギリまでMSをやきもきさせよう」と。どう無茶なプログラムを仕込んでどう無理にゴリ押しを進めたところで、いくら足掻いても庶民なんてものは「夏休みの宿題よろしくぎりぎりまで絶対に動かない」という統計作りに1ミリでも貢献してやろうかと。
 そんなこんなで。どうなりますか。
top↑