本筋忘れる病

 「Mass Effect 2」
 大分進めた、筈なんだけど全然終わってない。今回、仲間の枠が9人分あってその仲間集めと個別エピソードにそれぞれ戦闘マップ及びイベントシーンがあるので、一気にボリュームが増えたと言っていい。前作で素材は出来ているので今作は内容に専念出来たということだろうね。
 でもって今回もジェノファージ(クローガンの遺伝病)絡みはやっぱり面白いね。前作では反乱の罰としての側面が大きかったジェノファージに、銀河レベルの生態系バランスの問題を重ねてきた点がなかなか興味深い。確かに、出生率を1/1000にしてようやく適正と言われる程の驚異的な繁殖力を持つ種族が銀河に進出したらただ事では済まない訳で。こう、倫理観の一言では決して片が付かない話は良いね。
 というかこう仲間絡みのイベントばかりをこなしていると、本来の目的が何だったのかさっぱり分からなくなってくる。まぁメインストーリーは今回も大したことはないのだろうからいいけれど。第一、同時に2人しか連れて行けないのに9人も集めて何をやるつもりなのか(笑)。仲間集めにかこつけて各異星人にフォーカスした話作りをやっているよね、今回は。いわゆる「いいぞ、もっとやれ」(笑)。
top↑