XBLA特集

 さて、XBox360のHDD容量にも空きが出来たところで、ぼちぼちXBLAの発掘に着手。一度はやってみないと分からないだろうというスタンスで、もう片っ端から落としまくってお陰でDLが終わるだけでもえらい時間が掛かったり。あまりにも数が多いのでめぼしい物から試してはポイ捨て(マテ)。
 ただ、何となく良さげなのが多くなってきた気がするね。デベロッパがこなれてきたというのもあるのかもしれない。そんな中から幾つかピックアップ。

Insanely Twisted Shadow Planet
 UFOで惑星探索。地味アクションアドベンチャーといった風体か。地味加減が好み。
 ビジュアルだけで見るとまるでPS陣営のデザインだけど、もうちょっとゲーム性もあるんじゃないかと期待したい。感触的に「Shadow Complex」を彷彿としたけど、それは期待しすぎかな? あれほどアクション重視ではないし。
 まぁ掴みはOKなのでこれは購入した。丁度まったりしたい気分だったので。

Bastion
 クォータービューARPG。はい、大変好物です(笑)。こういうのをXBLAには期待していたのになかなか出てこなかったんだよなぁという感じ。
 ゲーム的にはひたすら敵を薙ぎ倒していく今時の類っぽいけど、回復アイテムが最大3つしか持てないところに適度なヒット&アウェイの可能性を期待したい。
 ただ如何せん日本語化されていないんだよね。アイテムの効能くらいなら辞書を片手に頑張ろうかとも思うんだけど、ナレーションはきっつい。字幕を出されてもリアルタイムで読んでる暇なんて無い。ストーリーが良いという話もあるので益々悩ましい。
 取り敢えず日本語化を待ちつつ、ARPGやりたい病の発症と合わせて考えることにしよう。

From Dust
 知る人ぞ知る「アウターワールド」の作者参考の久々の新作という触れ込みの作品。
 大雑把に言えば現代版ポピュラス。地面をいじくり回して住民を導いていく、シミュレーション要素の濃い作品。こういう環境プログラム的なところだけでも惹かれるのだけれど、むしろ無理にゲームに落としこもうとした結果、下手な時間制限が煩わしさを招いていなければ良いのだけれど、といったところ。
 しかしこれも日本語化はされていない。難しい操作はなさそうだけれど、ヘルプを読んでいたら時間は無情に過ぎ去るし、何よりこれまたリアルタイムナレーションの問題が痛い。何処かの民族語?+英語字幕。はい、辞書を引く暇がありません。。。
 雰囲気物だからそこは外したくないんだよなぁ。うむむ。

Lazy Raiders
 ステージ回転アクション。パズルという程ではないかな。
 こういうゲームは早々にFixした操作パターンの反復入力タイムアタックに陥りがちだけれど、その点どうだろう。強いて言えば速度制御に適度なアドリブ感が期待出来るかどうかというところ。
 評価は決して高くはないようだけど、自分は好きかなぁ。

Super Meat boy
 2Dジャンプアクション。幾つか見た中では今のところこれが一番良さげかなぁ。
 とにかく死にまくりながらクリアしろと。昔に何処かで見たような作り、って嗚呼これだ >「I Wanna Be The Guy」(笑)。いややったことはないけれど。それをもっときちんと遊べるようデザインした製品というべきかな。それこそ昔見た作りと言えばそう。
 とにかく細かい操作の山なので、気合を入れてやらないといけない。ただキャラの性能ははっきりしているから遊び易いと思う。この辺、前に買った「N+」は速度を載せていくシステムがレースゲーム的で駄目だったんで。


 取り敢えずこんな感じ。
 悪くなさそうというのは一杯ありそうな気はするけれど、正直片っ端からやっていく訳にもいかないので、ピンと来たものからやっていければいいかなと思う。

 因みに、BastionとFromDustはSteamでも売られていて、あちらはあちらでローカライズされているケースもあるようなのでちょっと様子見した方が良いかなと思う(360に進出したがっているという話も聞くけどどうなるのだろう?)。ローカライズと言ってもあちらは日本語字幕までだけれど、正直それで十分。いちいち日本語音声とか入れるからコンシューマ版は遅いんだよね。コストだって掛かるのだし、どうしても音声まで日本語にしたいというのならDLCで別途分売すればいいんじゃないかとすら思う。まぁ音声は色々厄介だろうけど。
 この辺、ローカライズの問題は今後益々問題になってくるんじゃないのかなぁ。というか個人的には既にかなり問題(ゲームに限らず)。パッケージ物で「Just Cause 2」がRiotAct1(Crackdown)にそっくりなので購入予定なのだけれど、ローカライズの際にどういう訳か酷い改悪を連ねて台無しにしてしまっているらしく、悩んだ末に海外版を注文したからね。
 一々手間を掛けてこんな馬鹿げた事をするくらいならSteamのように字幕差し替えだけしてくれればいい。コストを掛けて、売れない、じゃあやらない、の悪循環が目に見えるようで辛い。何とかならないものかなぁ。
top↑