燦然

 続けて特撮番組ネタ。
 書こう書こうと思いながらも流れたままになっておりましたが。
 某「敏鬼」の全盛期(?)、超光戦士シャンゼリオン、見終わりましたよ。
img img
 いやーーー、、、「あれ?案外おもろくない?」(笑)
 もはや無茶苦茶で出鱈目な記憶しか残っていなかったけれど、改めて見てみると出鱈目は出鱈目でもまだ良い意味でのデタラメ感。気付けば毎週普通に見続けている自分が居りました(笑)。

 うーん、やっぱこの頃は、コメディタッチにはっちゃけてはいてもまだ最低限のラインは保っていたよなぁ。言ってみれば良心回路という奴ですか。あんな駄目駄目主人公でも(自ら)フォローを入れている様に感心したりも。
 いつからこういう心の余裕が無くなったんだろう、あの先生は、とつい思ってしまいますがまぁもうそれはいいや。

 取り敢えず、朝倉ヘビ男君とカテゴリーキングの在りし日の姿を堪能したということで。ついでにまさかのセイン・カミュ(笑)。
top↑