いざ開け 香巴拉の門

 「論外王」もとい「番外王魂」
 うっかりしてる内に大分時間が経ってしまった。ここいらでコンテスト絡みのステージをと。
 どうせだからリプレイが公開されてからと思ってたんだけどね。まだみたいなので。

「虚空に舞う」公式HPで公開中。スペシャルのTREASURE賞2つ目)
 分かる人には分かる、のかも疑わしい(ぉ)、地下王国アガルタの図を借用したネタステージ。しかし軽い気持ちで入れた無限機雷のゲーム性が個人的ツボに入りまくったので、そのままコンテスト用に真面目に仕上げてしまった(笑)。
 元々は余った空間にソワカちゃんを描こうというベタベタなネタステージの筈だったんだけど。まぁそれを止めたお陰で力士捉蠅バージョンも出来た訳だし結果オーライというものでしょう。

 ともあれ、
 無敵ジェネレータから延々と沸く移動機雷をかいくぐりながら、各所に配置されたコアを全て破壊するというミッション構成。近付かれると爆風ダメージを被る機雷と、近付かないと破壊出来ないコア、という両者の組み合わせが妙に嫌らしい、のかも(笑)。
 プレイスタイルとしては含みは持たせたつもりだけど、自分は順当に機雷を撃ち落としながら隙を見て突っ込むというスタイルで、これでフラフラと舞いながらザクッと切り込むのが楽しいのですよ、という感じで。
 でもってそれで頑張ればEXを撃たなくても越せるくらいの湯加減に落とし込んだつもり。苦手な人は各種全方位なりフリーズでやれるよね、と。当初はこれで地殻内部しか作ってなかったのだけれども(だからターゲットが内部にしかない)、慣れてくるとあっさり終わってしまって少し物足りなかったので、後付けで足したのが外側の部分。まずはステージギミックの慣らしという位置付けで、若干緩めのを加えてみた。

 ここであくまで外を全滅させてから内部へ突入という流れを作りたかったので、Eゲートをあれこれと組み合わせてどうにか実現してみた。んだけどもここで一点厳しいのが、実際は「ステージ外周部の敵が全滅したらゲートオープン」という判定なので、運悪く機雷が端っこの方にはみ出すと判定に支障を来してしまうという。まぁ撃ち落としてればまず残らないよねと思って妥協していたのだけれども、プレイスタイルによっては殆どNGになる程の欠陥品だという事が後日判明してしまい正直ショックは隠せず。取り敢えず、コアを全滅させてもゲートが開かなかったら機雷も片付けて下さい、としか、、。
 これが無ければなぁ。今まで作ったステージの中で一番気に入っているとは思うのだけど。
 まぁ規定外の無茶な作りをすればこんなもんですよと。トホホ。
top↑