羽毛スカート

 オーディンスフィア、無事入手出来たのでへこへこプレイ中。
 何章か進めて、漸くそれらしくゲームが回り始めたかな。
(予想以上にプリクラを引き継いでいたので「前作」と言ってしまうけど、)
 うーむ、前作の反省点を顧みて色々弄ったのは分かるんだけど、それで上手く噛み合った部分とまた別の拙さが出てしまった部分とが半々で、イマイチ釈然としない。まだまだ序盤だから言い切るつもりは無いけど、現状だと前作の方が、割り切りは多いけど旨味も出しやすかった印象はある。システムもアクションもゴチャゴチャしすぎな感じ。

 まー、此処は追々見ていきましょう。

 ビジュアルはやはりというか相当力入っております。
 ただイマイチ乗り切れない要因に、キャラの差はあるのかも。まぁグラドリエル人気を覆すのはなかなか大変だとは思うけど(笑)、プロセルピナ級のキャラもまだ出てないのが一寸足りない所かな。メルセデス辺りに期待できればいいのだけど、全員シリアス系だったら寂しいな。

 因みにグウェンドリンの羽毛スカートに拙作D酉を思い出して、「案外いいとこ突いてたんだな」と(笑)。
 鶏だから飛ぶ(滑空)所までは想定に無かったけどね。
top↑