ニコロデオン終了

 CSのニコロデオンが放送終了したようです。
 コチラのジェニーさんの何とも寂しげな表情を是非どうぞ。

 ぶっちゃけ自分もジェニーさん目当てで見ていたクチですが。HDDレコーダに残りっぱなしの録画ファイル、いよいよ消せなくなってしまった。
 あと、ルが付かないキャメロンでもない「Avatar」も良かったんだけど、続きはどうなるんでしょうか先生。あれこそBSで拾ってくれないかなぁ。カタラの水踊り(違)が懐かしくなって参りました。

nonsenseじゃないほう

 巨大ドリル キター
imgimg
 やっぱドリルと言ったらこっちでしょ。という事でやってくれました、「アバター」#33(「The Drill」)
 いやぁ、この見た目まんまの「土手っ腹に風穴ぶち空けてくれる」感が堪りません。
 岩(土)や氷(水)を操る力が直接的に生活に結び付いている他部族と異なり、「純粋な破壊」しか生み出さない火の部族はこのような工業力(強いて言えば火の二次生産物とも言えるかな)を武器としているのです。またこの無機的な力が他の部族の技を封じるという事で正に鉄壁の防御を誇るという。気の技を中心に強大な力を持つアバターと言えどそれは例外ではなく、普段であれば大岩も軽く制する彼(等)が柱一本を切り崩す事も出来ない様が何とも面白い。勿論そこで気を利かせて柔よく剛を制する訳ですが。でかい力に更にバカでかい力を、というインフレ論じゃないところが好きだなぁ、うん。何だかんだで、ドラゴンボールZなんてものが受けはしても一方でちゃんとこういう視点を失わない所が良い。
imgimg
 因みにそういう背景もあってか、今回はアバターが積極的に他部族の技も使っていた。これまでは主役が他の技も使えるというだけで四部族の代表を集めたパーティ制の方向に流れていた感があったのだけれども、いざと言う時はやはり決めてくるね。こういうアクションは本当に見応えがあって良いですわ。

そろそろ止めてくれない?

 昨日の「アバター」、その気は無かったんだけど何だかやたら褒めてるように見えるような(笑)。
 まぁ個人的には良い物は良いと思ってるし、それが一本筋を通していればいるほど無用な事は言わなくなるというだけで。
 実際の所、普段からよく動くアクションシーンが、更にバトルアクションの回だとこれでもかってくらい力入れまくってくるからなぁ。土の王の回はダイナミックな力業と土遁アクションの宝庫だったし、火の国に捕まる回は、特殊弓兵部隊の容赦のない猛追に追い詰められる所から、救助され辛くも脱出を遂げる際のあれやこれやの騒動まで、全編通して暴れまくり。
 話としては諸国漫遊型のショートストーリー形式で、様々な国や村の風土・慣習を描きつつ、キャラクターの掛け合いを描きつつ、適当な騒動を起こしたり教訓を交えたりしつつ、その回の見せ場となるアクションシーンは必ず盛り込んで、話の締めに持って行く。そこまでやって1話なのでその凝縮っぷりには時に感心もする。
 そんな感じで。

 そうそうCartoonというと、書き損ねてしまっていた地上波放送の「タートルズ」
 後半はちょっと連続ストーリーに流れすぎててそれ自体はあんま面白い訳じゃないし、アクションもCartoon的には大したことない方なので、話題としてちょっくら押しが弱いまま他に埋もれちゃったかな。
 ただ軸として好きだったのは、やはり4人のキャラクター性。
 真面目君とメカオタクと単細胞とお調子者と、個々の個性の際立たせ方と、その成り立たせ方が良かった。
 今回一番気に入っていたのは、単細胞のラフ(ラファエロ)。っていうか、BSで見てた頃のは性格は全く覚えてなくて(OPでCOOLと言われてもピンと来ない)。あれこんなキャラだったのかという。
 傲慢ではないけど喧嘩好きでバカというと初期ダイノボットの2/3を占める訳で(ぉ)、とにかくガサツで暴力衝動を抑えられないタイプではある訳ですが、でもそんな自分をきっちり自覚している所が好き。故にそれなりの悩みを抱えたりもしつつ、やっぱり「俺には難しい事はわからネェが」と、自分の本能に従う。
 同様にして、頭の弱い子担当なミケランジェロも、無意味に騒ぎ立てて普段はやかましいだけだけれども、いつもの調子で散々騒いだところで自分から「ねぇ、そろそろ止めてくれない?」と。自分が馬鹿な事を言って騒いでいるだけという点はきっちり認識してる。それでも脳天気さが勝っていつまでも懲りない奴ですが。(終盤のコレがあるまでは個人的にちょっと空気入りかけていたのは内緒(笑))

 こういうね、生来備わった特性・習性は頑として譲らずも、その在り方が周囲にとって如何なる物なのか、その善し悪しを認識している(しようとしている)かという点は、同じ「我を張る」性質でも受け取られ方としては違った物になる、と思えてくる所なのですよ。
 ぶっちゃけ自分も、短気で強情で独善的でと、それは傲慢とも取られかねないし売られた喧嘩は買っちゃいかねないし、ああ俺も結局ダイノボットなのかと、いやそれはともかく(笑)この刺々しい性格は長年引き摺ってきたものでついつい無茶ばかりやらかしているけれど、勿論これで良いと思い込んでいる訳では決してなく、少なくともそれが持つ欠点・リスクを顧みる余力は持ちたいとは思っている訳ですよと。(ま、結果に表れなきゃしょうがないのでこんな間接的言い回しに、、、)
 普段っからこんな調子なんだろうけど、別にガーガー言い放つのを目的に生きている訳でもなくて、だからラフの「頭冷やしてきます」で「ああ畜生」感は、決してバカにはできない(笑)。お前、ティーンエイジャーとレベル同じかよと(ぉ)。

 でまぁそんな訳で、こう「どう育てたらこんな方向性バラバラに育つんだ?」という4人でも、お互いがお互いの善し悪しを理解し合う事で、個々の立ち位置を見失わずにチームとして兄弟として上手くやっていけているのだなぁと。
 ま、何のかんのでこれはスプリンター先生の教育の賜、という事なのでしょうな(笑)。性格面はともかく(笑)。

ニックニクに(違)

 嗚呼、いい加減書かないとまた枯れてしまう。
 という訳でこれまたCartoonの新作アバター(AVATAR)のお話。
 いや、アバタールじゃありませんよ。ロードブリティッシュは出てきませんよ?(ぉ)

 話には聞いた事あったんだけど、主人公のデザインが変な小坊主だし、ニコロデオンだし(?)、であまり気には留めていなかった。というかいつのまにか始まってたくらいで、そしたら何だか「戦車がいい」というのを目にして早速見てみた(笑)。
 そしたらまぁ、「あれ、これ日本作画?な訳はなくて韓国アニメだったっけ?にしちゃ英語だし、、」と戸惑うくらい、思いっきり日本アニメ風の絵柄が連続してました。いやもうホントびっくり。此処まで露骨に日本アニメの吸収に乗り出したか、という、、。(米国主体で下請け韓国という話)
img img
 流行のアニメ手法をもじった例としてはTeenTitansがそうだけど、あれはただ演出レベルで断片的に借用しただけ。しかしこっちは本格的に絵柄のレベルで寄せてきている。これも実験の一環なのだろうね。アニメが受けてんならその絵でやってやるよ、という(笑)。(ただ公式の紹介絵はなんか違う気が。。)
 しかしここで何より凄いというか彼等の貪欲さに驚かされるのは、ただ模倣するのではなくて、あくまで日本風の絵柄をあちらの作風に乗せてきているという所。だからパースの利いた誇張たっぷりの動きをしつつも、アクション(動作)作りは従来のCartoonそのもの。いやこの融合というか取り込みっぷりは素直に感心する。
 たまに言っているけど、自分がCartoonで好きなのはアクションが個々のシーンできちんと動作として成立している所。つまるところは「演技している」という事。あくまで演出の範疇でモーションを誇張してアニメ風に描いているのであって、その基本は捨ててはいない。
 まぁ根本のデザインそのものはアジア文化のごたまぜで、呼吸や気の流れなどの東洋武術的な物をベースに置いた体術アクションが多く、時には太極拳のような演武的な動作が混じる事もよくある。この辺ぶっちゃけ日本アニメ的視点で見てしまえば「格好付けてるようで格好良く見えない」絵面と取れなくもないんだけど、そこはあくまで方向性というものだろうし、それに向こうに取っちゃ異質な東洋文化というだけでCOOLに見えるのかもしれないしね。
 それに例えば実際、土の部族(土を操る術を使う※)が土の代わりに石炭で戦う場面で、個々では小粒の塊にすぎない石炭を数人がかりで押し固め巨岩の弾を作り鉄壁を粉砕するという描写。これなんて、絵面としては名もないオッサンのペアが向かい合って踏ん張ってるだけという(笑)何だか微妙に地味で格好付かないシーンだったけど、大砲作りというその効果としては物凄くカッチョ良くて溜まりませんでしたよ。こういう、「動作として意味のある動画」であればこそ、逐一内容を漏らさずに堪能しようという気持ちにもなって凄く好きなんだよなぁ。
(※水土火気の四元素を操るというまぁベタなRPG的世界なのです)
 でもって何より楽しいのが、このスタンスが何も特別ではなく当然の物として全編通して隙無く盛り込まれているところ。先に書いた「演技」というのも、最初に「おお」と思わされたのは、エスキモー娘がちょっとした手品的に手袋の間から魚を出す場面で、巻き戻ってよくよく見ると確かにさり気なく(あくまでさり気なく)懐に手を伸ばす仕草が入っているという。どうでもいいこのシーンで持って行かれた感はある。演出云々以前にとにかく「動くからanimationなんですよ」というスタンス。いいよね。
 まぁ勿論、冷めた話になると資本問題が持ち上がっては来るのでしょうガ。でも逆に言えば、かなり力入っているよね、これ。ニコロデオンって自分的にはジェニーさん(XJ9)くらいのもので、あれの冷遇を見ていたので正直この出来には驚いた。
 内容的にはこちらは全年齢向けのかなりグローバルなタイプ。故に「何の変哲もない」という評もあるだろうとは十分思っているけれど、東洋な所為か教訓も交えつつ成長過程の主人公を真っ直ぐに描いているという感じは、むしろ自分は非常に安心できるなと。(<なんか最近疲れてるやね(笑))

 そんなこんなでキャラとか話の流れも書きたかったけど、動画の事で書きすぎたので今回はいいや(笑)。
 っていうか20話で1章「水の巻」終了と、単純に言えばトータル80話の長編アニメって事になるんだよなぁ。どうすんのかな、っていうか保つの? いや保つんだろうね。