液タブ

 そして前回お絵描きのanotherオチ。(話題が変わりすぎるので分けた)

 そんな訳で何とか一区切り付けたところで、
 そろそろいい加減欲を出してみようということで買ってみましたよ、液晶ペンタブレット cintiq 13HD
 まぁ買ったのは先月なんですが、調べてみると「色塗り自体は板タブの方がいい」という意見もあるし、一度描き比べのつもりで板タブでコレを描き終えてから、と思いつつ先月エントリが翌月持ち越しとなってしまい今に至ったところ。また、そうでなくともいざ色塗りに取り掛かったらあまりの「これは酷い」状態に出直しを余儀なくされたのが実際。ただ急にどうなるもんでもないのでもう週末(先週)に色塗り済ませるぜ、と覚悟を決めた矢先に、なんと
 cintiq pro 13 翌週(16/12/22)販売開始の悲報公式
 新型が出るのは世の常ですが、えーと「4倍の精度向上」と、まぁ要はxyで倍精度ということですよね。ろくすっぽ使わない内(動作確認は一度した)から一段性能の劣る旧世代に格下げですね。はい(悔し涙)。
 しかもトドメは、
> 11月に発表された製品ですが、
って、、。engadgetは一応RSS巡回していたのに思いっきり見落としてしまっていたと(現実問題、最近微妙な記事が増えたので斜め読みになっていたのはあるけどね)。それに確かに、「(どうせwacom独占の状況だし)今ある最新型を買えばいい」という程度の甘い認識でサクッと買ったので、まるで情報収集していなかったのも事実。
 とはいえ公式に宣伝の一つも無かったのか、それを見逃すほどザルに構えていたのか?と過去の己の愚行に訝しみながら公式サイトを見返すも、まるで何処にも記載が無い。そもそもプレスリリースも見付からないのはどういうことだ?と悩んでいる内に気付いたのが、
http://www.wacom.com/
http://tablet.wacom.co.jp/
 私が見ていたのはずっと後者でした。勿論googleのSEOでトップに出てくるのは後者ですよ。
 因みに公式ストアでもトップでは予約受付を開始した今(16/12/21現在)でもcintiq proは目立たない作りです。ページ中央リストの液晶ペンタブレットの項目を叩くと従来機のみ並ぶページに飛ばされますよ。画面上部のメニューにマウスを合わせれば出てくるので隠してはいない以上、もちろん文句は言えませんよね、ええ。
 wacom.co.jpマジ舐めんな!って奴ですね。とほほ。

 まぁね、「買った直後に新製品」なんてこと自体はよくある話なんですよ。それこそ自分もこれだけ生きていれば一度や二度じゃない。
 だから今回の話の焦点にあったのは「あまりにも情弱の極みにあった己のミス」であり、この点、「ミスというものに(己自身も含め)あまりにも寛容になれない」のが私めの性質で御座います。というのもその馬鹿馬鹿しいミスを今後なくすためにも、「その事実の背景にあったものを突き詰めて教訓とする」のが我が信条ですから。、、、などと言っておけば聞こえは良い訳ですが、この場合は要するに「己を納得させるための逃げ道」ですよね、ええ。
 「wacom.co.jpのド畜生め」と。(概ね)日本公式に騙されただけの被害者です良かったね(ぉ)。

 いっそ全くの未開封であったなら!と悔いる気持ちもありますが、後の祭り。(amazonは未開封で30日以内なら返品可能らしく)
 因みに「”ほぼ新品”として売り飛ばしたら?」と言われ、amazonマーケットプレイス出品なら気軽なので惹かれたんだけど、この商品は流石に対象外だった。その他ヤフオクは正直気後れするし、どちらにせよ万単位の損失を出してまでやることではないので今回は諦めることにした。
 たまたま板タブを借りられたので使っていただけで、本来はこれが最初の買い物だし、その内また一層の欲が出てきたところで(まだ心が折れていなければ)その時の最新型に隔世の感を味わわせて貰えばいい。
 板タブの次世代版はまだのようだし、あるいは液タブだったら次はOS搭載の独立機でもいいと思う(今回いきなりそんな高いのは視野に無かった)。それならそれこそマシンパワーとバッテリー性能の進歩は後年に譲れるというもの。
(などと自己暗示中のもよう)
カテゴリー