現行型最新機

 はてさて、ようやっと長い戒めから解き放たれたかのようで。まるで憂さ晴らしのように眼鏡を買い換えに行ったり、箱○を買い換えたり、自転車もそろそろドロップハンドルにしてみたくなったというかペダルを付け替える筈が固着してどうにもならないのでもういっそ本体ごとと考えたくもなるんだけど流石にここは思い留まった、とか。
 いや何かさりげなく酷い散財が混ざってるんですガ(笑)。

 という訳で、XBox360を新型に買い換えましたよ。
 いや別にRRoDは出てないんだけど、HDDの残容量が乏しくなってしまったのを機に。HDDは60GBあるので当初は入れ替えながらで良いかと思ってたけど、実際に使ってるとドリクラ10GBが消すに消せなくなってというかいざ消すとなるとなかなか悩ましい。微妙にやり残し感があるゲームでも一度消したら最後もうやらなくなるのが目に見えて辛いというか、HDDインスコも決して速くはないのでやる時にまた(他を消して)入れ直すという行為は明らかに精神障壁になっちゃうんだよね。そういう形で無理繰り回すよりもハード増強で解決させたかった。加えて去年出た新モデルの発熱・騒音の改善具合も見てみたくなって、もういっそ買い換えてしまおうと。幸いに旧型の引取先もあったので。

 HDDのデータ移行は20GB→60GBの時に経験済みなのでケーブルもあるので問題なし。
 だったのだけど、一点困ったことにサブのタグ(アカウント)でバンガイオーHDが起動できなくなってしまった。嗚呼、これは随分昔に聞いた事がある、箱○のライセンス管理の問題
 タグではなくHDDにライセンスが紐付けられているのでそのライセンスを移行しなければならない。ただメインタグ一本ならオンラインでも認証されるのでそのままでも一応は遊べる(但しメンテ時に泣く?のかな)
 一見すると何だか誤解を招くややこしい仕組みに思えてしまうけれど、このシステムのお陰で、例えば北米アカウントで買ったコンテンツをメインの日本タグで使うようなことも可能となる。同一HDD内なら別のタグにもシェア出来る、というのが分かり易い考え方かな。
 実際、複数タグを持たない人は知らぬまま使っていたりするのかもね(で、メンテ時に大変な目に?)。自分は北米タグがあるのと、+バンガイオーのタグ管理をちょろっとやっているので、きちんと移行させることに。

 移行にはPCその他ウェブアクセス端末が必要。xbox.comにサインインして、「アカウント情報→コンテンツライセンスの移行」を開いて後は手順通りに。
 最大の問題は、その手順を終えた後に、「コンテンツを全て再ダウンロードする」というところ。
 DLと言っても実質的に再確認がされるだけなのか一瞬で終わるのだけれども、何せそれを選び直す事自体が面倒臭い。「アカウント情報→購入の記録」で一覧は出せるのでそちらを使うのが賢明。それよりも厄介なのが、たまに丸ごと再DLされてしまい、データファイルが二重で作られてしまう現象。多分サーバ上のファイルが修正版に差し替えられた時のものなのだろう。それはそれで仕方無いけれど、IDか何かで管理してきちっと差し替える等して欲しいよなぁ。1GB近いファイルが二重で出来たら良い迷惑ですよ。まぁ要注意です、と。

 そんなこんなで無事移行完了。
 本体の改善は流石に数年経過したハードといったところ。大変静かになりました。これが最初から出来たら文句無かったろうけれど、数年経ったからこそこれだけ小さく出来た訳で。(いやでもドライブ駆動音は言い訳出来ないか(苦笑))
 思えばもう数年経ってるんだよなぁ。自分が買ってからでも4年は経っている? 一時期であればとっくに新型機の話が出ている頃合いだろうけど落ち着いているのは、ようやく「(一般人レベルには)十分なビジュアルが提供出来る」ハード性能が備わったという事なのかなと思う。勿論、任天堂が一旦脱落して、ソニーが勝手に自爆して、というハード競争の鎮静化もあるけれど。しかしその後に思い直した任天堂が出す新ハードのグラフィック性能を見てもこんなものとも言える訳で。

 まぁ自分はハードどうこうより面白いゲームをくれというだけの人間なので。性能はその為の足枷にならなければそれで良いのですが。
カテゴリーGame