記憶ロガーが欲しい

 嗚呼、書き込みがtwitter止まりになってしまうという話も何だか分かるなぁ。
 「TFガム(バナナ味)はおやつに入りますか」とか。たぶん実物を買えばその時にネタにはなったんだろうけど、予定は未定のコースは記憶の波に飲み込まれるもので。

 個人的に「記憶は記録」でありたい人なので、やはりログとして残る雑記(blog)の形式の方が良いんだけどね(twitterはレスから話が始まってたりするからログ化するのは若干面倒かも)。しかし二言三言と話を書いてしまう悪い癖が祟って、またそれが逆に更新頻度の低さに繋がる悪循環。だから雑記ではないメモログ的な物を、と考えたことはあるのでtwitterが正にそれになっているのかなぁ、今のところ。
 まぁblogで普通に日ごとのメモをづらづら並べ立ててる人も普通に居るんだけどね。結局あれこれと連想記憶を連ねてしまう自分のスタイルの問題であって、文字制限は良い枷ということなのだろうね。

 あとまぁ自分はやはり一括管理を好むタイプなので、ログが分かれて何じゃこりゃってのも嫌なので、その辺は意識して使い分けていかないとなと思う。
top↑