10-10

 「電脳コイル」を見ていたらいつのまにか「テラホークス」が始まっていた(ぉ)。
 とここで画像を貼って終わりにしたかったけど、その前にうっかり消してしまいましたよ。

 丸ロボ(?)キューちゃんの新型に四角いのが出てきて、丸vs四角で戦闘開始。まぁ宙に浮くので正確にはゼロイドではありませんが。久方ぶりの連結合体に加え、ブロック形状らしい組み替え変形の所でグッと来た(笑)。やっぱプリミティブは良いなぁ、うん。


 「もっけ」。第二話は某所の評判が妙に良かったのでつい期待してしまった模様。
 しかし正直、「(スタンス的には)何も変わってない」。
 第一話は後の話を強引に一話に持ってきた所為で改変の幅が大きくなってしまったというだけで、第二話はそこまで手は入る事なく済んではいるものの、肝心の「どういう観点で改変を入れてるか」というスタンスについての差は感じられなかった。ぶっちゃけ演出優先。
 原作ではイズナを上手く使おうとする内に明らかにそれに呑まれ増長してしまっていたのだけれども、アニメでは単に張り切りすぎて空回りしたレベルに見えてしまう。イズナ本来の話が弱まってる感じ。まぁ小学生らしいマイルドな表現に切り替えたつもりなのかもしれないけど、しかし「友達」云々な方向にシフトされるのもどうかとは思う。
 あと、相変わらずお花畑な瑞生の性格をどうにかして欲しいもんだ。あれが萌えの力ですか。
 相手の言葉を「へーへー」と返すくらいが瑞生なのになぁ。

“10-10” への3件の返信

  1. テラホークスやってるのか。
    クローンの尊厳とは というテーマに真っ向から取り組んだ力作ですが妙な球体orキューブ型のロボットのほうが印象に残っています。
    Op/Edがいいんだよね。

  2. 本当にやってたらとっくに報告してますがな。
    と、ネタかマジレスなのか一寸困ったので一応w

    自分もゼロイドの印象しかないけど、
    その辺の話聞いてからもう一度見たいと思ってるんだよね。
    ただ権利的にも内容的(自爆etc)的にも厳しいだろうし。
    某所にアップされてるので冷めないうちに頂いてしまうのも手かも知れませぬ。

  3. ああ、あそこね…。普通にマジレスでした。
    第一話から自爆ネタだった気がするからきついだろうねえ
    最後のほうあんまり覚えてないから見たいというのはあるんだけど「キルン・ピープル」読了後なのでクローンネタはしばらくいいや…

コメントは受け付けていません。