Mass Effect 3

 Mass Effect 3、開始。
 いやぁ、相変わらずの会話ゲーだね(笑)。むしろTPSパートは「割とどうでもいい」というか。アデプト無双で適当にクリアして今日もまた会話の日々が始まる、そんな感じ。
 それに何より今回はキャラ間の会話が非常に強化されている。前作も仲間内で軽く相槌を打つ程度のやりとりは用意されていたけれど、今回は完全に「会話」している。それも任意に選んだキャラとの会話。いやもう、普通にただ選んで連れて行ったキャラがもりもり会話を始めたものだからびっくり。またこれが三作目ということですっかりキャラも出来上がっているから、会話内容も弾んで非常に楽しい。レックスとギャレスってあれ、こんな仲良かったっけ?(笑)(1の頃はまだ絡みもなかったしね)。そして負けず劣らず新参のAIちゃんも話に割り込みたがる。こういう、会話でキャラの肉付けをしていく手慣れた感じは、流石はドラマで馴らしている国だと言えるのかもしれない。

 又、今回は物語性も強調されている感じ。
 軽く流れを書いてしまうと、リーパーの侵攻が始まってそれに対抗するために種族間の連立を行わなければならないということで、ここで出てくるのが私の大好きなジェノファージ(遺伝子病)ですよ。勿論のことクローガン代表レックスを中心に、前作2のモーディンのサブイベント(本筋じゃない)を絡めたシナリオが進行。いやはや、真面目に一通りプレイしてきた努力がここでようやく結ばれたと言いますか。
 しかしここでふと思うのが、先の会話の件にしてもそうだけど、前作レギュラーのギャレスはプレイによっては死ぬ可能性があるし、治療担当のモーディンに至っては死にやすいキャラの筆頭、レックスなんてそもそも1で殺す選択肢があるし、これ前作までにキャラが死んじゃってた場合どうなるんだと。ジェノファージの治療の成否も選択肢次第で大きく分かれた筈だし、ここに来てこれまでの経緯が内容に大きく影響する構造になった?のかもしれない。まぁもしかしたら代用で何とか同じように納めるのかもしれないけど、しかし今回ばかりは正直別人に役割が振られてもあまりピンと来ないというか、彼らのキャラクターがあってこその会話なりシナリオという気がするのですよ。実際どうなるのだろう。
 この点、今回はニューゲームでも過去の経緯を選ぶ事が可能らしいので、気が向いたら別の道をプレイしてみても良いかもしれない(気が早いよ)。まぁそれはまたクリア後に。何かストーリーは最後が一悶着ありそうな噂。これまたどうなるかな。
top↑