番外王HD

 (XBLA)バンガイオーHD MISSILE FURY

 「3回ゲームオーバーになったので次のステージに進めるようにしておいた。」

 何故だか噴いてしまう。
 だってあの牧士 万(マキシ・バン:原作のりきの親父)が渋い劇画フェイスで毎回語りかけてくるんだもの(笑)。
 AAとかあったら置きたくなっちゃう(笑)。


 そんな訳で番外王360版、ようやっと配信開始ですよ。PSじゃなくて良かった!(ぉ)>某トラブル
 今回再び上位ハードでの新作ということで、いよいよスペックが天井知らずになってきたこのご時世に如何にハードを困らせるか(笑)。そして勿論その上でどう遊ばせるか
 いやぁこれはこれは、凄いね今回。想像以上。
 今回は結構細かいシステム拡張が入っていて最初は正直訳が分からないのだけれど、物凄い勢いで死にまくりながら理解を進めると、成る程「こう遊ぶならこうだよね?」というシステム設計の上手い落とし所が見えてくる。無敵時間とかゲージ数とか、一見複雑に絡み合う要素も、よくよく見つめれば無茶な事は要求されていないし、出鱈目な結果も生んでいない。(あくまで番外王の超絶指向の基準の元で)適度な落とし所がきちんと模索された結果、というのが伝わってくる。
 前作のDS版は正直なところ、最終的な落とし所に疑問が否めなかった。いやむしろDSのハード性能の中で如何に番外王らしいハチャメチャ感を出すかといった試行錯誤の結果、あれが精一杯だったんじゃなかろうかと今にして思う。凄さは出せたけどそれを支えるゲーム的な余力がなかった。その点、今回はハードスペックに余裕がありまくるので思うように設計が出来たのだろう。システムは勿論、それを迎え撃つステージ設計も実に抜かりない。というより序盤から凄まじすぎる(多分こんなもの序の口、って後でなる筈、、、)

 いや~、やいまん先生の次回作に期待した甲斐がありましたよ、と(笑)。
# まぁまだまだ序盤なので、最終的にどうなるかは分からないけど、疑念と不安を吹き飛ばす勢いはあるということで

 ただまぁ、のっけから凄まじい内容すぎて、完全に新参置いてけぼりの作りだとは思う。
 旧作の経験をもってして尚フルボッコにされた上で、「ああ今回はどうすればいいの?」から始まるゲーム。ここは非難されても致し方ないどころじゃない本当に酷いレベル(苦笑)。
 だけれど、おそらく実質殆どやいまん先生一人で作っていただろう開発リソースを思えば、初心者にも分かる商品作りなんてものを求められたらここまでの仕事はして貰えなかった筈。強いて言うなれば、当人にはあくまで本筋の仕事をして貰っている横で、導入部とも言えるステージを作る人間が他に割り当てられれば良かったのだろうけどね。
 まぁ800MSPのゲームの予算の限界と思って貰うしかないのかな。
 確かに無茶苦茶な慣れと理解を要求するゲームだけれど、決して内容が悪い訳ではないので、そこは決して一緒くたに否定して欲しくない。むしろこういうゲームが細々とでも作られる場としてXBLAがあってもいいんじゃないか、と極個人的には思うのだけれどね。
 もっとも素人目にはどういう客層向けなのかが分からないのは辛いのだけど。その辺も今後の課題なのかなぁ。
top↑