偽は仕様(ぉ)

 昨日のデータのリプレイを頂いたので見てみた。
 何てこったい、全然地味じゃない。看板に偽りありとはこの事か(笑)。いやはや、見事な迄に自分のプレイと全然違いますよ。
 敵が固まってる所に四分円EXを打ち込めば片付くという安易さの対処として適度に敵を分散配置させた結果、逆にフルーツ回収に乏しくなり回復効率が悪すぎてあっさり弾切れを起こすようになってしまった。ただそれで何だか旧作ならではの妙なチマチマ感が生まれた気がしたので勝手に満足していたのだけれども。
 しかし貰ったデータでは、散発的に襲ってくる敵の弾はシールドで防ぎつつ、きちんと敵(弾)を密集させた所でEXを使うという方法論を採っていた。成る程なぁ。こういう状況下でもきちんと戦える武器バランスが用意されている点は流石と言ったところなのだろうか。
 まぁでも正直、まず自分がそういう「昔ながらのチマチマ感がやりかった」のが最初にあると思う(笑)。戦い方は色々あるという事で了解して頂きたいのです。
top↑