暴君メガトロン

 さて、(360)「Transformers: War For Cybertron」、先週末にクリアしてキャンペーンモード絡みのものは一通り見終わった。
 Deception侵略編に始まり、Autobot反撃というか防戦で締めくくる。両編共にラスボスはオメガスプリームとダイナザウラー(Trypticon)のデカブツバトルで、前代ゼータ・プライムを倒すまではやったものの、新司令オプティマス・プライムとメガトロン様の直接対決には至らなかった模様。というか「戦争では本気出す」この内容でトップ同士が激突したら確実に共倒れで戦争が終結するのでそれじゃTransformersじゃないじゃんという話だろうか(ぉ)。特にメガトロン様が一時のガルバトロン様に迫る暴虐っぷりで、スタースクリームが裏切ろうがものなら速攻で融合カノン砲ブチ込みそうなくらい本当にヤバい。まぁ昔はこう血気盛んに力押しで暴れすぎて疲れちゃったから、400万年後は加藤精三爺さん声で作戦立案から兵器開発までマルチにこなす知将スタイルにシフトしたのかもしれない(笑)。その後ユニクロンに再び力を貰って昔の姿に戻っただけだったと。

 そんな訳で演出レベルでは実に突出したレベルのTFゲーだったとは思いますが、ただまぁ本音を言うとやはりちょっとキャラ数が少なくて物足りなかったかなとは思う。っていうかデザイン画はあるShockWave(レーザーウェーブ)は何処行ったんだ。操作は出来なくてもいいから他にも一杯出てきて欲しかった。
 結局、AutobotもDeceptionもプレイヤーキャラから量産雑魚に至るまでその構成は大差がなく、マルチプレイヤー向けに各種バリエーション(一般車、戦車(大砲)、飛行機)を一通り網羅するためのキャラ選抜が行われているというのが実際。どっちのシナリオをやっていても車両型ザコに始まって大砲キャラにホバリング飛行機が浮いている、という戦闘の構図は全くと言っていいほど変わらない。かつての、地を這うAutobotが空戦能力に長けるDecpticonに悩まされる分かり易い戦力図くらいは再現して欲しかった、というのがファン視点ありきでの感想。例えば雑魚が数で群れる対Autobot戦から始まって、後半は対Decepticonで空襲に悩まされるようになる、という展開の波くらいはそれこそゲーム的にも丁度良かったろうにと思う。

 まぁ結局、マルチプレイヤー対戦ありきの仕様設計を行ってこうなっているというのが実際で。お国の傾向的にしょうがないのだけれどね。でもマルチ対戦なんてそれこそ何処にでもある他のゲームでも出来ることなんですけど。変形の味付けはあるけど味付けでしかないし。
 あとはこれまた適度(と書いて既に冗長)にボリュームを増してゲーマー様を納得させつつの構築法なので、やっぱり当然非常にダルい。デモ演出で盛り上がっている時はまだいいけど、所詮英語が殆ど分からない(リアルタイムに読んでられない)以上は限界もあってか、ゲームそのものはいつもの冗長FPS(TPS)であって、正直最後の方は明らかにダレていた。
 この辺、つくづく「要らない所を削りまくって長さ半分くらいにして売ってくれ」と言いたいほど。そうもいかないのは分かってるけどね。何が嬉しいのかこんなものと正直思う。

 いやホントこれがなきゃまだなぁ、と思うのですよ。勿体ないと。
 昨今のゲーム水準らしくリアルタイム演出が入りまくりで、道路を突き進んでいたら前方上空からCybertron Final Guardianオメガスプリーム(出世したなぁ)がもりもり現われて極太ビームブッ放して「来た来た来たぁ」みたいな。よもやTFでこんな水準のゲームが出てくる時代になるとはなぁと、実に感慨深くもなっちゃう訳ですよ。自動翻訳機が現世に存在しない以上、日本語吹き替え版を出してくれたら本当にもっと盛り上がれるのになぁと。日本撤退のActivisionなので国内版は極めて希望薄だとは思うけれど、同時展開中のトイはどうするのだろう。

Til All Are One

 (360)「Transformers: War For Cybertron」(参考:OPムービー、どうしたものかと思っていたけどCredit動画の内容にちょっと感じ入る所があって思わず買ってしまった。
 いかん、改めて見たら涙出てきた(笑)。Stan Bushの歌声でこのオマージュ溢れる映像見せられたらファンならイチコロってなもんですよ。正に「Til All Are One」と歌い出したくなる気分。

 いや実のところ、前回の実写映画2のゲーム版の内容に随分萎えてしまい(ひたすら殲滅戦なただの量産ゲーム臭というか。結局書かずじまいに終わっている所から察して頂ければ)、今作もかなり斜めに構えていたのが実際。ただ上記のCreditからは確実にTF愛は伝わってくるので「これはもしやすると」、とゲーム内容も一切確認せず勢いポチるも、また先の2の事を思い出してすぐモヤモヤが始まってしまいさてはてどうしたものかと。結局届いてからもかなり恐る恐るで開けてみたんだけど、あらまぁ、これは予想以上に予想外、これなら行ける、かも?

 まぁ冷静に突き詰めると、ムービー2版同様に「既存のゲームデザインにTFを乗っけただけ」の構造は変わらないと言えばそう。今回は3人チームの戦場FPS(TPS)風味で、適宜演出を交えながら敵を倒して先に進み続ける侵攻ゲーム。だけれどその舞台演出の作り込みというか気合いの入り方が明らかに違う。episode-1はディセップでメガトロン様が研究施設を襲って、配下に加わる前のスタースクリーム(彼は元科学者なので)を追い詰め、彼等ジェットロンが寝返るまでのお話。当然ジェットファイアもそこには出てくる訳で、はてさてどうするどうなると。元々戦場FPS風味なのもあって如何にもWarなので、「ああ、『戦争』の名の付く時のトランスフォーマーは本気すぎて困る(笑)」と、その勢いに飲まれるだけでもお腹いっぱいになれる感は今のところ好印象。結果、やってる事自体はただのTPSに近くても進める土台の盛り上がり方が明らかに違う訳で。まぁここは、ムービー2についてはベイ・クオリティの投げやり脚本+短期開発のタイアップ物という劣悪条件を汲んであげないと開発者も可哀想かもしれないけどね。
 あとはムービー2の方でトドメと言えたのは「変形」の扱いがただのダッシュ攻撃的な位置付けだった点に尽きる。今回はまた素直に自由変形で、戦車兵ブロウルでキュラキュラと砲座になったりは出来るけど、さあ果たしてこれからどうなるかな。
 少なくともこの勢いなら遊べる、というか「ここまで力入ってると英語が分からないのが勿体ない(ゲーム中リアルタイムじゃ字幕も読めない)」と思うくらい。(Activisionでは日本語版は期待出来ないと思う)

 最後に、これは確定事項且つ一番最初に気になる部分なので挙げておくと、このゲーム、とにかく「弾薬節約ゲー」くさい。まぁそこは如何にもFPS。無駄撃ち上等なTFらしくない!と思ってしまうけれど(笑)、戦時下のサイバートロン(星)は資源が枯渇し始めていたと捉えるしかない。或いは、撃ちながら敵に近寄って殴り掛かる様は、ある意味で原作のオマージュ(激ぉ)

骨体

 「Transformers the game」、ローカライズ決定だそうですよ。
 何てこったい <喜んでない(笑)。
 旬を逃したら終わりのアイテムだからもう出ないと踏んでいたのに、そういやDVD販売に合わせるという手もあるのか、、。

 幸か不幸か360版は除外されるようなので所謂コンソール版はまだ良いんだけど、DS版も買っちゃったんだよなぁ。まだちょっと手は着けてないんだけど、DS版はフルボイスの掛け合いが良いとの噂なので、ローカライズされるとなるとこちとら大打撃(笑)。
 以前のPS2のアレみたいに英語ボイスのまま字幕だけ日本語という可能性は大いにあるけれど、コンソール版のミッション中の挿入ボイスについては元々字幕ウィンドウが無いので、ああいうのも無粋な字幕追加で誤魔化す物なのかどうか。微妙に対応が読みにくい。
 いっそ吹替キャスト再選抜でG1声で当ててくれたら迷わずに買うんだけどなぁ(笑)。そのついでにDVDに入れる分も録り直しで。恐る恐る蓋を開けたら予想外に受けちゃったという状況なんだろうから、少し奮発してくれてもバチ当たりませんよ。駄目ですか、先生(誰)。



 しかし、およそジョークアイテムの筈のアルティメットバンブルビーの予想外の人気には不安を覚える今日この頃。ニューバンブルビーの出来を期待してがっくりちゃんにならなければいいなぁ、、、(開発元が別なので)。まぁ売り手は分かってるからかなり数は絞ってるようだけど。その分、転売被害が発生しそうだし。

 まぁこちらはそれよりも週末の第四弾、な訳ですが。
 てっきり今回で多々買いが終了だと思ってたら、まだ来月にドロップキックが残っていた様で。これまた何てこったい(笑)。
 しかしドロップキックってあのゲーム版のタックル野郎かな? こうなるといよいよ未発売キャラの方が少なくなってくる気がする。ちびっこフォークリフトと、ミキサー車(ミックスマスターと言っていいのかどうか、ちとヘボい)と、何より無念首領ショックウェーブ(=レーザーウェーブ)。特にショックウェーブはなぁ、何で商品化しないの?というくらい。今頃慌てて作っててくれたら嬉しいけど、先に無関係のオスプレイやセクター7カーのTF化が出てきてるくらいだから、今更それはないのだろうな。まぁ映画本編の次回作以降に取っておくのだという事で。
 Classic2.0のオクトーンにも期待したいなぁ。
 嗚呼、映画フィーバー様々ですよ。

エキサイティング以下略

 「TF the game」
 取り敢えずオートボット編をクリア。(サブミッション後回し)
 「あ、あれ? これもしかしてネタバレ?」(笑)

 ストーリーはどうでもいいと聞いていたし、実のところ大枠の流れは断片的に噂を拾う内に見えてきてしまったので大丈夫かなと思っていたんだけど、キャラの行動とか諸々、「これは知らずに見た方が良かったのでは」という部分があった気がしないでもない。
 まぁもう手遅れですけどね(笑)。

 ゲームの方はまぁやっぱり「限られた期間でまとめた」感、総合的な濃度の薄さは否めないかなとは思う。登場キャラも多いから無理も無かったのだろうというのは承知の上で、やはりアクションパターンの幅はもう少し欲しかった。
 歩いて壁よじ登って物掴んで投げてという基本アクションこそきちんと仕上げてきているとはいえ、こと戦闘面も「殴る」という1アクションの網羅以上の事は出来ていないので、結果戦闘内容もパターン化しがち。物を投げ付けて体勢を崩させたり、転けさせて掴んで投げてダメージを与えたりと、多少の個性付けの跡は見えるけど、総じて近接コンボ以外のアクション選択肢は無い。武器が雑魚以外に効かないのはまだ良いとして、ジャンプ上昇時の地踏み範囲攻撃しかない空中アクションの乏しさもネックか。せめてジャンプキックの類があれば、ビルの上から襲いかかったり、カーモードで突進してトランスフォームして躍り掛かる等の遊びも出来るんだけどね。そういやトランスフォームはモードチェンジの枠を出ていないかな、ここも残念。
 それと空中でのトランスフォームが出来ないのも痛い。柵や家を跳び越えて道路に飛び出しつつ車にトランスフォームして疾走、というアクションをついやろうとするんだけど、いつも出来なくてしょんぼりする。ましてやディセプティコンの空戦系は空中でトランスフォームしてナンボだろうに。地に足を着けた状態からしか飛び立てないのは正直不満。ビルに登って飛び降りつつトランスフォームとか、そういう遊びもやりたかった。
 まぁジャンプ周りは面倒臭い調整が増えてくるからなんだろうけどね。

 ってか、ロボゲーはやる事が同じ、というのはある種伝統めいたものがあるから、その意味じゃ月並み。
 それにロボの個性の変化であればディセプティコン連中の方が幅はありそう。
 やっぱりスコポン可愛いね(ぉ)。砂潜り高速移動が気持ち良いんだよなぁ。それだけだけど(笑)。

360買った

 本当に買って参りました(笑)。>Transformers The Game
 カオス館で普通に売ってるから皆買え、いや買って下さい(笑)。

 で、早速プレイ。
 何て言うか、ダブルスチールのTF版(大笑)」。基本的には前のプレイ動画を見て貰えば全て分かるけど、実際、街の被害とか住民とかどうでもいいからディセプティコン探してブン殴って、追いかけっこやって、サム君目当てに駆けっこやって(笑)。この目的外の自由度とはっちゃけっぷりは正にダブルスチールの血と言ってもいいのでは。それに加えて自機が変形ロボなんだからもう。ロボットモードではそこら中の物を持って投げたり振り回したり、建物によじ登ってジャンプで飛び移ったりと、巨人視点の遊びが十分盛り込まれている(あとディセップじゃなくても建物壊せちゃう(笑))。いやもう、これは喜ぶなっつう方が無理(笑)
 まぁ純粋にゲームとして見れば挙動が過敏過ぎるきらいはあるけど、その意味でもダブルスチールだったりして(笑)。あれよりは大人しいし全体的に及第点だとは思う。強いて不満を言えば、視点操作の左右のリバースもオプションに入れて欲しいくらい(上下リバースだけはある)。逆は慣れないんだよね、いつになっても。
 内容も案外悪くなくて、まだ序盤だけど殲滅戦だったりタイマンだったりカーチェイスだったり、ストーリーに沿いながらも適度な波が出せてる。競争→タイマンバトルを3回くらい繰り返すバリケードは「しつこいよ、お前!」ってな感じで意外に盛り上がる。サム君宅目掛けて突っ走っるディセプティコン連中をカーチェイスで阻止するシーンも、ルートを調べて早めに合流してきちんと追い掛けて落とさないと間に合わないくらいの調整はきちんとされているし、懸念していた程のやっつけ感は無くて一安心。
 っつーかですね。社名ロゴムービーが車2台の疾走→トランスフォームという時点でもう、「スタッフ好きで作ってるよなぁ」感に満ちていて微笑ましい。

 別に台詞分かんなくても進められる(たまに意味考えずにやってミッション失敗するけど(笑))類のゲームだから、TF好きなら北米版行っとけって感じだけど、でもやっぱ台詞きちんと分かった方が楽しいし、国内版出てくれないかなぁ。面倒だったら字幕でもいいですよ、先生。


 そんな訳で、とうとうXbox360の購入。切っ掛けがTFってのは良い記念になったと思う。後悔はありませんよ、全く(笑)。噂通り360はやっぱりドライブが五月蠅いけど、やってれば忘れる。一応ドルビーサラウンドでヘッドホン使ってるしね(サラウンドヘッドホンなんてのを昔買ったもんで)