スタートレック映画

 さて、ちょっとだけ日も経ったけどこれは書き残しておこうシリーズ。

 CSの年末特集でスタートレックの映画版を全て見た。
 これでスタートレックの映像作品は全制覇できたことになるのかな。
 既に懐かしさも伴うけど、やっぱトレックは面白いな。毎日一本、帰宅後の視聴で充足して一日が終わりを迎えていたあの頃(遠い目)。

 TOSの頃(1~6)は当時本放送でやりきれなかったものを劇場版でグレードアップして再挑戦した良い映画作品だったと思う。あの頃が一番輝いていた感。その点、TNG以降の本放送で既に諸々掘り下げられ世界観も広がりきっていた終盤では、流石に失速感が大きかったとは思う。
 終盤二作品(と5作目)は以前にDVDで借りて見たことがあったけれど、9は「びっくりするくらいの二時間TVスペシャル」(よく言えばマイペース)、10は「すっかりハリウッド映画化」、とあまり良い印象は残っていなかった。ただ改めて見返せば出来が極端に悪かった訳でもなく、言ってしまえば「劇場映画としての無難な落とし所」の印象が強かった(内容の無さでいえば最新作into darknessも良い勝負だと思う)。諸々の不満や不足は感じるけど「これ以上話を広げてもマニアックになるだけ」という、ファンとしての見方になりがち。勿論、「トレックでそんな凡作をやらないでくれ」という批判はあればこそ、結局は10作目をもってして幕切れとなった訳だからね。

 いやうん、昨今の洋ドラの高い品質を見るにつけ、「この製作論法でまたトレックが見たいなー」と思っていた自分が居るのですが、改めて考えるともう「(作り手にとっても)足枷の方が大きいマニア向け作品」になってしまうのかな、とも考えてしまったり。
 それ故のリブートではあるんですが、それでも全くの0から始められる訳じゃないからね。にんともかんとも、分かりませぬ。

 まぁそんな話はともかくとしても、やはり一ファンとしては懐かしかったね。
 何が面白かったって、TV版では吹き替えで見ていたので分からなかったチェコフの物凄い訛りっぷり(笑)。リブート版でもすっかりネタにされていて微笑ましかった。
 あとは10作目のクレジットを眺めていたら「Wesley Crusher」と出てきて「!!!!?」と心底驚いた。お前生きてたのか!と(笑)。いや生きてたというか高次元(?)の方に誘われて精神探求の旅に出たまま、永久に現世には戻ってこないものかとばかり。確かに見返してみると結婚式に参加してた。きちんと主賓客扱いで。ああ、キャプチャ撮っときゃよかった(笑)。
 因みに彼の役者本人ウィル・ウィートンは、ユーリカで結構目立つサブキャラで出てきていたのだけど、言われるまで全く気付かなかったということもあり(笑)。「日本ではあまり知られていないが、現在でもコンスタントに映画・テレビに出演している」の文が何とも言えない味。お元気そうで何よりでした。キム少尉(の役者)なんてページもないというのに(笑)。

始まりにして終わり

img

 スタートレックTOS(初代)、遅ればせながらようやっと視聴完了しましたよ。
 当初は悪い予感もしていたけれどすっかり慣れてしまったのか、思っていたより余程安心して楽しめたと思う。
 まぁ勿論、たまに「えー」と思うような微妙な演出や脚本展開もあった点は否定はしませんが、一時の脚本家の気の迷いは後年のシリーズでも珍しいことではないのであって(笑)、プラス当時のTV番組製作の環境を思えばこんなものかなと。肌も露わな女性(だけでなく野郎も)の衣装なんて、戦隊物の女幹部のようなものなのさと。
 むしろ(真面目な方の)脚本は、ベトナム戦争をベースとした救いようの無い結末など、1960年代当時の世界情勢を背景にした作品作りがところどころに見て取れて、それはそれで非常に興味深くもあった。思えば「文明非干渉」の連邦の誓いも、そういった当時の教訓がベースになってこその話なのではないかと考えてしまうくらい。
 こういった意味では、かのENTERPRISEもジョージ・ブッシュ政権下の混迷した米国を象徴した作品ということになるのだろうね。ただ出来は悪いけどな!(ぉ)(というか冷戦という世界共通の問題と、一政治家の暴走とでは下地となるものが違いすぎる訳であって。)

 ともあれ、良い意味での「時代」を見せて貰ったかなと。

 キャラ面でも、後年と違い話の主役は常に船長とスポック(とドクター)だったので、一定して描かれるバルカン人=第一の非地球人の個性が視聴者にも定着しやすく、成る程これを見ればバルカンサインを真似たくなる気持ちも分かるなというか(笑)。
 ドクターも最後までバルカン人の無感情ぶりに執拗に皮肉を垂れる嫌味ジジイだったけれど、あれもあれで「感情で生きる人間の代表」として「バルカン人にも感情を理解して欲しい」という思いの表れというか、延いてはバルカン人を「(感情を克服したとは名ばかりで)激情を内に押さえ込んだ悲劇の種族」だと捉えてこその反語的な接触方法なんじゃないか、などと思ってみるとそれはそれで気持ちも分からないでもないというか(笑)(そもそも過度に食い付く場合は大抵スポックがおかしくなる時のトリガー役)。何かね、多分親近感湧いちゃってんだと思う。あのお爺ちゃん(笑)。
 カーク船長も、後半のだらしなく鼻の下伸ばすところはさておいて、彼なりにちゃんと船長してたよね。てっきり元祖アーチャーなのかと思い込んでいたから、、、(笑)。

 そんなこんなで、
 いやぁ終わった終わった。今度こそ本当に長い長い航海が終わりましたよ。
 まぁ映画版はとか細かい事は気にしない。TVドラマ版がと言っておけばいいかな。とにかく総計700話近くにも及ぶ(ほぼ)一話完結ドラマの山々に触れた、という事実こそが重要で。元々自分は長編とかシリーズ物とかには否定的なのだけれど、それが飽きもせずにここまで来れた訳だからね。(まぁ飽きっぽさと同時に諦めの悪さも実装しているにはいますけど。それとは違うよね)

原典

 さて、今月の(以下略)

img img

 結局、スタートレックは延長戦入りました、はい(笑)。
 TOS(The Original Series)は流石にどうかなと思っていたんだけど、見てみたら案外悪くなくて、そのまますっかり安定視聴モードに入りましたよ。
 勿論、当時の映像技術とか時代背景故の厳しさってのはある(マット被ってわさわさしてる珪素生物とか、女性俳優の飾り物同然の扱いとか)のでそこはさておいた上で、話の筋や脚本は結構ちゃんとしてる。てっきりTNGから華開いたシリーズなのかと思い込んでいたけど、むしろTNGシーズン1より余程良いじゃないか(笑)。あのTNGシーズン1はほんともう、、、という記憶に染まっているのでそれより何十年も古い作品だから相当覚悟していた訳ですよ。でもやはり伊達に後世に残るシリーズの原典ではなかったという事ですね。

 そんな訳ですっかり慣れてきて、何だか最近はDr.マッコイが可愛く見えてきた。変な植物に精神を支配されて脳味噌お花畑になった時の「いいよ~(転送開始の応答)」の台詞がハマりすぎで(笑)。
 当初は妙に怒りん坊だわ非常警報無視するわで士官としては困ったものだったけど、船長を唯一「カーク」と呼び捨てにする親友の仲という点で見ると、人間味溢れるポジションって事でアリなんじゃないかと思えてきた。気難しいドクターというのはこの頃からの定番だったのね。

終焉

img
 スタートレック・ヴォイジャー。全話視聴完了。

 VGRの終盤20話を皮切りに、TNG、DS9、何故か順序が前後してENTの後に、VGRで一巡り。
 合計で何百話になるのか、長い長い航海が終わりを告げたと言ったところ。
 いざ終わると考えるとそれはそれで寂しくもなったりして。
 え、TOS(初代)?(まぁこれ見よがしに始まってくれましたが。VGR→TNG初期でも相当ヘビーだったから流石になぁ。)

TOS以外制覇

 さて、ヴォイジャーは先日ようやっと私的に一周したところ。
 #154 “Nightingale”が自分が視聴を始めた最初の回になるのだけど、いやー、この回か。
 「キム少尉、7年経ってもまだ少尉」(笑)

 Timelessの荒んだ未来の姿に、今回の代理艦長志願の件といい、当初はすっかり血気盛んな若造の印象で始まっちゃったから、第一話からの本来の優等生の姿を見た時は違和感だらけでしょうがなかった(笑)。
 「僕は艦長じゃない」「今はまだね」の締めも、端から見ればとんだ生意気坊主に見えもするけれど、長年の彼のキャラクターを押さえた後で見るときちんと良い台詞として響いてくる。

 いやまぁこの回は凡作なほうなんで取り立てて褒める程の物でもないんだけどね。話のネタとして。
 ヴォイジャーに入ってからこっちで書かなくなってしまった(言うまでもなく気力の問題、、)のは良くないね。一応twitterに全話感想を残してはいるので、シーズン単位とかでこちらに転載したり思い返してピックアップしたり、などと考えてはいたけど余裕で実行しなかったぜヒャッホウ(笑)。まぁtwilogもいつ無くなるか分かったもんじゃないしその内移行はさせるつもり。

放送事故

 スタートレック・ヴォイジャー #73より、
img

 !!!! 邦題!!!!!?????

 まさかの邦題強制表示。(今まで出ていなかった)
 知らない人には「だから何?」としか思われない話だけど、StarTrekの邦題のチープさ加減とネタバレっぷりと、何より誤解を招きかねない歪曲っぷりは昔からファンの語り草なのですよ。こんな物が出てくるなんてもう一体何の放送事故かという。
 しかも、1hみっちり楽しんだ後の余韻にぴったりなEDクレジットも今回からカット。他愛ないようでいてことごとくクリティカルな仕様変更に、

 「ヴォイジャーだけは裏切らない、そう思っていた時期が私にもありました(AA略)」

 などと書き残そうと思いつつすっかり現実逃避で某ARPGをやっていたら、先週の#81(第82話)より元の仕様に戻っておりました! いやぁ速攻スーパードラマTVに文句入れた甲斐がありましたよ(笑)。或いは地上波時代からの野暮な仕様(但し不評ですぐ廃止)だったのかもしれない(確認は取れず。まぁ過ぎた事はどうでもいい)

 何はともあれいつもの日常が無事戻って参りました。平和っていいね(ぉ)。

遂に来た

 これは書いておこう。よりもよってこれですが。
 スタートレック・ヴォイジャー #31 “Threshold”
 噂に聞いていた最低最悪級の一品、ついにキター(笑)。

 ・・・・(呆然)。

 確かにこれは、、、惨い。
 万一普通に楽しめちゃったらどうしよう?という迷いを軽く吹き飛ばす怪作でした。
 いやワープ理論の限界を破るという世界観破壊系のネタそのものは、別に昔からある単発やっちゃった系の一種で別に大した事ではない。実際途中までは「うーん、聞いた話に近いけど、これじゃないのかな?」と迷う程度には普通に見られていた。
 しかし終盤になって急速に雲行きが怪しくなり、パリス変異体が艦長を攫って姿をくらましたかと思えば、場面転換後にはいきなりどでかいサンショウウオのペアとその子供達。妙にシュールな麻痺フェイザー攻撃と(色々な意味で)場違いなトゥボックの冗談を虚しく響かせながら再度場面転換した後にはまた唐突に元通り。っていうか今の、何?(苦笑)
 一応どういう展開の話かは一通り聞いていたから場面自体に驚くことはなかったけれど、もし事前知識無しに見ていたらしばらく固まるどころの騒ぎじゃなかったと思う。それくらいあまりにも話運びが意味不明。まさしく「どうしてこうなった」

 ワープ10という無限速度に到達した事で時間の壁を越えてしまい身体に急速な進化(或いは退化)をもたらした、という所に話を持っていった時点で力尽きてしまったのだろう。どう考えてもあの短時間に収めるようなネタではなく、一体どう収拾を着けるのかと思えばあの見事な有様。言ってしまえばただのやっつけ脚本ですね。そこらの漫画アニメではいつものことかと思ってしまうけど、よもやトレックでそれを見せ付けられるとは。嘆きの最大の要因はここにあるのだろう。本当、あまりにもあんまりだ。

 脚本家の「100話も書いていれば駄作もある」という悲鳴に近い釈明も今となってはもう笑うに笑えない。
 いやホント、これスタッフ全員クスリ決めてました、って言われたら納得するよ(笑)。

放置プレイ

 嗚呼、このままでは月間最低記録を更新してしまう!
 という訳で物凄い勢いで放置しまくっておりましたが、まぁ今月は色々とですね、、、。
 ヴォイジャーは折角なのでtwitterで一言感想を残すようにしてみたんだけど、逆にそれで事足りてしまっている現実。まぁビビッと来たら取り上げればいいさ。正直まだまだという感はあるので。或いはシリーズ沢山見過ぎて食傷起こしてるのかもしれないけど、、。
 しかしヴォイジャー感想は引っ張り出すか何かしてまとめておきたいかも。どうするかな。

逆「艦隊の誓い」

 スタートレックVOYAGER、#10 “Prime Factors”。
 逆「艦隊の誓い」編。当然来ましたね。困っていても助けない(干渉しない)、即ち困っていても助けて貰えない。
 物語の焦点は「誰が規則を破るか」に向いているけれど、一番重要なのはその結果に何が残るかでしょう。故に「クルーの統率」に全力を注いだジェインウェイの苦悩。悪魔艦長の顔が一寸垣間見られた回(笑)。
 この辺はシリーズ終盤の毅然とした艦長ぶりを既に見ているからこそ安心して深読み出来るというのもあるのかな。勿論それだけ一本筋の通ったキャラクター作りなのだと言えるとは思う。

 あと個人的には、シリーズ終盤を見た時点ではあまり固まっていなかったトゥボックの印象がめきめきと深まってきていて嬉しい。同時にバルカン人の理解もまだまだ甘かった訳ですが、成る程、ただの堅物無感情人種じゃあないね、と。そして艦長との旧知の信頼関係あればこそ、そういったキャラクター性が最終回のあれに繋がっていたのだなぁとつくづく思わされる。
 幸か不幸か凄く良い楽しみ方をしている気がしてきた(笑)。

悪魔艦長始まり始まり

 「間に立つ俺の身にもなってみろ!」
 初っ端から中間管理職全開なチャコティ最高。いやちゃんと進言とかしますけど。

 はてさて若干書くのが遅れましたが、
 スタートレックVOYAGER、いよいよ始まりましたよ。
 いやぁ、おもろい。その一言で十分(笑)。

 正直な所を言うと、反乱勢力マキの追撃中、遥か深宇宙のデルタ領域に飛ばされた宇宙艦ヴォイジャー、という触れ込みから勝手に想像していた内容とは大分違う始まり方で拍子抜けしたのも事実ですが(笑)。その実、消息を絶った艦を捜索に行ったらミイラ取りがミイラになっただけで、それも超科学の異星人に拉致されちゃいましたというトンデモ話だわ、そこから帰れなくなった理由というのも、ただの原住民みたいな勢力に大苦戦の果てに基地を破壊するしかなかったとか。ヴォイジャーに同乗し共に地球を目指すことになったマキというくだりも、そもそも艦を失ったのはその敵艦への安直な特攻だったりするわ。いやはや冷静に振り返ると露骨に結論ありきのしょっぱいストーリー運びにしか見えない訳ですが。しかしぶっちゃけそんなことはどうでも良くて、何だろうなぁ、この雰囲気にあっさり飲み込まれる感覚と言うか、気付いたら「To Be Continued」を迎えている没入感。とはいっても何処ぞの次回予告で次々回の引きを見せるようなあざとい演出がある訳でもなし、極普通に見続けてしまう居心地の良さ。作品の勢いというかオーラがまるで違うよなぁ。つくづくENTERPRISEは何だったんだと思わざるを得ない。

 ただまぁこの作品については既に良くも悪くも色々評判を聞いている訳で、「あー、これが例の居なくなっちゃった人ね」とか(笑)、まだまだ初々しさの残るジェインウェイに「こうして孤独な宇宙に放り出されて悪魔に変貌していったのね」とか。途中でスタッフが抜けた辺りから悪魔呼ばわりされるようになった、という話も聞いているし、そういう噂だけ聞いていると余計な不安を掻き立てられるのが人情ってなものですが。ましてやENTが予想の遥か斜め下のどうしようもない出来だっただけに、悪評というものは曲がりなりにも真実であると思い込みたくもなる訳ですが。
 ところがどっこい、こちとら既に最終シーズン(のみ)を見てその「行き着く先」は見えているのだから何も恐れることはない。将来に何の不安も無い事が約束された人生、最高ですね先生(笑)。