だんだん可愛くなっている

 久方ぶりに護法少女ソワカちゃんを見てみた。(参考:まとめページ
 たまたまニコ動生放送の番組がやっていたのを見掛けて思い出した次第。何と、いつの間にかDVD化までされてるとは。最後に第1話その4(順番はバラバラでこれが当時最新)を見た記憶から軽く1年は経過しているので、流石に本編は完結したのかなぁと思って見てみたけど、案の定いわゆる1クール13話では切りが付かなかった上に、あれから3話しかアップされてない!(笑)

 うーん、結局よくありがちなダラダラ続いた挙げ句に未完、な類に落ち込みそうな点は正直残念。
 最初は単発ネタのつもりで始まったものだし、そこから小気味良く話が積まれていって、個々は支離滅裂で順番もバラバラなんだけど何となく繋がっていて面白い、的な空気が良くて気に入っていたんだけどね。「計画的なデタラメ感」と申しますか、そういうのを期待していたんだけど、果たしてそれは極個人的な勝手な思い込みでありましたという話に。無念也。

 まぁ何だろう、うちら以上の世代は、カルト人気はあったが未完という類を幾つも見てきたし、一方某ジャンプのように人気が続く限りはいつまでも話を拡大し続けて人気が崩れた途端に強引に畳まれてしまったり、或いは某(略)のように話を拡大させすぎて収拾が付かなくなった挙げ句に「キモチワルイ」でケツまくったり、そういう微妙極まりない歴史を見続けてきた苦々しい過去があるものだと自分は思っている訳ですが。だからこそそれらをネタとして拝借しつつきっちり押さえ込んでくれるんじゃないかと期待してしまった次第。「次はいよいよ決戦」とほのめかした第11話は、それ自体が山場の回として良く出来ていたので相当計算尽くだと思い込んでしまったものですが。
 まぁそんな、思い込みが我が最強のスキルだという自覚を強めてしまった今日この頃(ぉ)。
 いや、自分もかつてはこんなものを作った程度にはハマったので、一寸二寸思う所はありますよという話で。

 でも実際作者さん的にもどうなのかなぁ。ケツまくるタイミングを逸したんじゃないかと。他の作品群ここここここの投稿が伸びている現状を見るに余計にそう思う。こういう結果は予想出来たことなのだし、本編は手早くまとめちゃってからスピンオフなり補完シナリオなりの形式を取れば、お互いもっと幸せになれたんじゃないかなぁと思わなくもない訳ですが。
 まぁ最新の第14話は2クール突入?で開き直って思うがままに任せた感があるのは救いかなぁ。

 などとすみません、つい余計な事を書きすぎましたが。あれおかしいなぁ、もっとさっくり書けると思ったのに(いつものこと)

 まぁ細けぇことはいいんだよ!という奴で。実際のところ、先に書いた第11話の辺りは本当に相当盛り上がっていた訳で。NESアレンジ版とかね、ほんと好きだった。
 改めて聞くと、幾つかコメントも垣間見られるけど「平沢進っぽい」所があるのが個人的にもヒットしたところなのかなぁ。「密猟の夜」が何気に好きで堪らない。本人曰く10代SMELLな歌詞はまぁそういうものということで(笑)。最近?のだと「民間人の皆さんありがとう」とか。何かほっとする(???)。
 後はこれ3DCG版の物凄いDoGA臭というか(笑)。

あびらうんけん(持ちネタこれだけ)

 さて、個人的大絶賛放映中のソワカちゃん。まとめwikiを見てみた。
 ソワカちゃんその物に詳しくなるつもりはないけれど、仏法ベースのネタの影響度という物は確認しておきたくて。特に仏法絡みは普段意識してなかったから疎い方面だし。一見して出鱈目なストーリーが実は何かしらの説法に基づいていたりするのかとか、諸般で見受けられるゲーム等の分かり易いネタも実は大元に仏法が潜んでいたりするのか?とか、ちょっぴりワクテカしながら読んでみた。
 まぁ結論から言うと、流石に深読みしすぎでした(笑)。
 ストーリーラインまでは流石に押さえてはおらず、もうちょっと教化してくれちゃっても良かったのになぁと思いつつ(笑)。諸々のネタも単純に何かしらのパロディとして取り込まれた物は多い模様。DDS(女神転生)もどきの地図とか、メタルマックスなはとバス暴走とか、私的には仏系繋がりでサンサーラナーガも思い浮かべたりしたから、総じて知識欲を突っつかれて結構期待しちゃったけどね。考えすぎか(笑)。
 ただ要素レベルでは結構思わぬ所にも潜んでいたりして、やはりただの突発ネタではない何かしらの含みは感じさせる構成だけれどね。こういう所は上手い。

 それに諸般のネタ以外にも良く出来ていると思ったのが、ラスト直前の修羅礼賛、シーズン中盤の6話虚空蔵と、盛り上がる所できちんと盛り上げてる作り方。この辺、ただの勢いではない確かな実力を感じると言いますか。ぶっちゃけプロだろう?と思いたくもなる所(笑)。
 絵は順調に上手くなってきてるようなのでやはり素人出っぽいけど。むしろ、素人がここまでやってんだから、という感じかなぁ。
 いっそ、こういうのをCartoonNetworkやJETIXみたく番組の合間に垂れ流してくれたりしないもんかなぁ。版権で余裕でアウトですか、そうですか。いや、オマージュですよ(笑)。

 そんなこんなで。
 最後にこいつで締め >FC音源風。もろ世代モノですが、クリティカルな方は是非どうぞ。
 本当は更に別のマニアックなネタに繋げようとしたんだけど、物凄い勘違いにも程があったので割愛。トホホ(笑)。

なんとか魔破拳ではない(ぉ)

 これは何という「さとり教育」。>護法少女ソワカちゃん
 いやぁ、これは、ヤバい(笑)。

 ウマヘタ系で仏法知識が無駄に深いネタ動画という話で見てみたんだけど、これがまた想像以上に凄まじい。最初にOPを見た時はまだカオスな印象が先行していたけど、幾つか見ていく内にすっかりその魅力に取り憑かれてしまい、勢い某氏のプレミアムアカウントを借りて一気に見てしまった(笑)。(因みに話数順に作られた訳ではないのでリスト順に見る方が良いです)
 挿入歌という名目で始められつつも、事実上は各話のストーリーソングといった体裁で短編ミニドラマとして楽しめる。一見してカオスで意味不明な展開も、随所に仏法知識をベースにした意味合いが盛り込まれ、何気なく見過ごしているシュールな映像ももしかしたら何かしらの意図が含まれているのかもしれないし、そうではないのかもしれない(笑)、そういった程良く乗せられてる感覚が妙に心地良い。そしてそれらをデスノートだったりドラゴンボールだったり、DQやFF等のゲームネタであったり、はたまたらんらんるーだったりドロリとしたハブ酒だったりと、諸々カジュアルなネタに絡める取っつきの良さ。そして根幹となる歌そのもののバリエーションも豊かで、芸の幅の広さを感じさせる。マニア知識をマニアたらしめず、あくまでベースとして幅広くネタを盛り込み昇華させている、その作りの巧さに非常に感心。
 いやぁ、褒めすぎですね。まぁぶっちゃけウマヘタな絵にシュールな世界観は人を選ぶ所はあるけど、それを壁にしてしまうのは勿体ないとだけは言えると思う(実のところ自分もあのマロオヤジは好みではないにも関わらず、なので)。何より普通に動画としておもろいんだもの。

 よくよく考えるとこの印象はcartoonのそれに似ているかも。あれも狂わんばかりの勢いに押されがちだけど、そのベースに持ってくるネタの幅の広さが面白く(興味深く)て付き合っている、という部分が多々ある。強いて言うならそれの仏法版、とでも言った所か。虚空蔵(アカシックレコード)とか修羅礼賛とか、もう耳について離れない(笑)。

 ともあれ、これはもう下手なネタはおいそれと出せないわ、と思ってしまった今日この頃(笑)。