萌え強化年間2016その2

 そんな訳で、萌え強化年間その2(まだあったのか)。
 いやポリニアン編が思いのほか大事になってしまいましたからね。
 そういえば、年々ファステックさん(リボ春香さんボディに未だ寄生中)がそっぽを向いていっている気がしてならないんですよね、何でしょうね(ぉ)。(マジレスするとどっかの微細な振動が伝わってずれていってるんだろうけど、これだけなんだよなぁ(笑))

・AGP 地を暗黒に染めし 黒蝕の竜姫公式
img
 モンハンの擬人化プロジェクトだそうです。
 これは珍しく予約じゃなくて、模型裏で見掛けて発作的に散財したい病に掛かってamazonポチりました。

 レッツSUGEKAEタイム!(いきなりか)
img
imgimg
 こっちの方が写真多いじゃねえか!
 ってまぁちゃんとしたレビューサイトいっぱいありそうですしね。
 ポリニアン編では折角の活躍の場をクローバさんに取られてしまいましたしね。(白肌には流石に合わなかった)

 でまぁ要するにこのドレススカートが目当てでした。
 前回の酉年にドレススカートモチーフの変形をやらかした身としては避けて通れない何かを感じてしまったので。ってかもう12年前かー。

 因みにバンダイ製品はあんまり買ったことは無かったんですが、成る程バンダイっぽいなー、という感じでした。
 「刺さる!刺さるよ、それ!」な鋭いパーツ造形に始まる本当に細かい商品設計は、対象年齢を完全に上に振り切った自己責任的なスタンスは勿論、バンダイだから出来る品質管理あってのことでもあるのだろうなぁと(超高額って程の製品でもないのに)
 そんな訳で、終わってみたら何か手が何ヶ所か切れてました。まぁ冬だから元々皮膚切れてただけかもしれないけど、どうかな(笑)。

・デスクトップアーミー・シルフィー公式
img
 いい感じにケモテックBLADE氏デザインだったので。
 何のかんのでBLADEデザインというか絵が好みなんだよなぁと。思い返せばこの手の買い物の切っ掛けになった武装神姫の犬子さんもケモテックですしね。

 ただホイホイさんと同じでキャラ以外は塗装必須のプラモ扱いなので、うーん流石にやっぱり寂しいかな。
 このサイズならガンダムマーカーでも問題ないかな(笑)。またその内考えてみたい。その内(ぉ)。

 っていうか実質セット販売なんだけど6体もいらんよーと言うか、正直に言って武装遊びとかはあんまり興味ない人なので(いつもギミックで買う人)どうせ中のキャラ目当てになっちゃうし、ポニテとツインテ押さえときゃいいんじゃないの?とオークションで購入することにしたんですが、送料も含めて結局割高になってしまい、却って中途半端になってしまった感。
 これなら6体で好きにミキシングビルドした方が良かったかなー、などと後悔し始めている自分がおりまする。
 ほんとにちっこいから6体居てもそんなでもなさそうだし(予想以上に)。

・めたもろいど ルル子公式
imgimg
 ジャッジメント・ガンモーフィン!!
 これは買うでしょ。買うよね(ぉ)。
 あのアニメはもっと何クールもちまちまやって欲しかったなー。

 でまぁネタなんですけども。差し替え変形だし可動も全然でそんなに優れた出来じゃあない。
 もっと気合い入ったところだったら完全変形にしたんだろうしなーと。
 でも、ガン形態にした瞬間にデストロン破壊大帝の姿が脳裏を過ぎりましてね。やっぱメガトロン様は偉大でしたわー。
 シリーズあんま買わないから迷ってたMPメガトロン様、速攻ポチりにいっちゃいましたよ。
 (因みにガン形態は「自立しません」の無情な注意書き。倒しても頭の星が出っ張る分安定しないので突っ張り調整してるの図。)

 という訳でミドリ・セイブザワールドはまだですかね?(ねえよ)
 そもそもルル子の方は元ネタ玩具があるのを見たけど、ミドリはちゃんと変形できるのかなぁ。

 そんな訳で、正直に言って今年はずっと忙殺されて溜まりに溜まっていた分、一気に吐き出した感じですよね。
 ってか萌えてないネタも一杯溜まってるんですけどね、手が回ってませんね。あと積みプラもね(汗)。
 そろそろゆっくり平和になっていきたい。(また死亡フラグでも立てる気か)

萌え強化年間2016

 さて、今年末のメインミッションは既に済ませましたので、後はゆっくり余生を過ごしてます。
 やっぱり夏休みの宿題は早めに終わらせてのんびり余裕ぶっこく優越感に浸るものだよね(ぉ)。

 という訳で年納めの萌え強化年間。
img
 どうしていつの間にこうなった。
 最初は「どう見ても(俺の中だけで)完全にアイリの代理」たるクローバさんだけで十分かな、正直あんま学園物路線みたいなのは好みじゃないというか、あるいは最早青春世代は眩しく見えすぎて辛いという年代的な話なのか、やっぱり「お酒は二十歳を過ぎてから」ですよねー、みたいに思ってはいたんですが。
 しかし公式が宣材から相変わらずフェティッシュの塊すぎて、つい当時の気分で「折角だから(素体以外も)一体くらい買ってみるか」とポチッてしまいましてね。そこから先は似たようなものでした、はい。

 でまぁ、最初はこの1枚で終わる筈だったんですけどね。
 これを撮った後に、延期して来年発送だよと言っていたエミール君も年内に頑張って発送しちゃうよメールが届きまして。
 折角だからと撮り直しを始めたら、興に乗り始めて色々撮ってました。

・ユメ公式
img
 セーラー服剣道娘というド直球路線。パ○ツが見たい人は公式を見てね(ぉ)。
 先に書いた通り別段食指が動く物だった訳ではないんですが、セーラー服ロボ子のアクションフィギュアというだけで相当稀少なので、やっぱり一度見てみたかったとしか言いようがありませぬ。
 まぁこの子は組み替えてからが本番になるのではないかなと(何)。

 尚、以後全般的に言えるのが、武器の持ち手の手首は関節なしの固定式になっていて。
 武器の大きさを考えると保持力が必要ということなんだろうけど、細かい表情を付けたい時もあるので、両方あればいいのになとはちょっと思ったかな。思い返すと他の武器持ち製品あまり買ってないから、業界的にどうなのかは分からないけど。

 因みに、この頃は量産品の品質に悩み始めた時期なんじゃないかと思う。関節の緩さにバラつきがあって、うちも膝が緩いという致命傷があったので公式のコレを真似ておきました。それと腰のジョイントが短くて外れやすいなど。それ故にリニュアール版が出されるくらい。
 改善は進んでいるので、以後は関節もそういうのは無いかな(むしろ固いくらい)。

 またこれを最後に墨入れがなくなってしまってまする。リニューアル版もなし。
 こういう衣装パーツがあるキャラデザインはそれ程気にならないと思うけど、素体としては厳しい(寂しい)かな。勿体ない。

・メル公式
img
 金髪ツインテスク水。無事に成長したやよいみたいな。
 流石にこれはいいかなと思ったんですが、あまりのフェティッシュぶりに(以下略)。
 ネット見てても「パーツ取りのつもりで買ったけど」的な同類が。
 やよいというにはちょっとムチムチすぎますね、はい。(オレンジツインテをあれくらいしか思い付かないだけともいう)

 因みに写真では脛パーツが逆になってました。ううう、ごめん。この後組み替えててやっと気付いた。
 うーん、前に組み替えを試した時に入れ替わってしまったのか、、。

 それにしてもツインテがまさかの「板」。
 アイリの三角形のツインテ検索に「それってツインテのつもり?」と珍しく主人公とシンクロした瞬間を思い出しましたが、上には上がいるというか。これは後頭部に挿してポニテもどきにも出来るんですが、いや、もうちょっと立体的にデザインしてくれてもと。何かの間違いじゃないかという板っぷりなのですよ。
 それとサンダルも外れるとは聞いてたんですが、構造的にそう外せる作りじゃないよねと、ドライヤーで温めたら外すことは出来たんですが。その時に予想以上にグニャっといって「え?」と思ったものの冷えたら普通に固くなって、成る程ここまで柔らかくなるものなんだなと。「夏場はフィギュアの傾きが怖い」というのはこういうことなのだと勉強になった瞬間でありました。

 あと、顔のプリントが予想以上にずれていたということで交換対応申し込みました。上の写真の顔ではないけど。
 まぁこういう細かい商品でアイプリがずれてしまうことはままあるんだけど、ガッカリしがちなこういう所にきちんとフォローを入れるのはいいよね。趣味で積極的にやってるというのが大きいのだろうけども。

・日焼け素体(クローバ)公式
img
 熱帯地方に生息している少し肌が黒くなったポリニアン(ロボ子)。
 ちょっと一瞬何を言っているのかよく分かりませんでしたが多分そういうことです(??)。

 因みに墨入れがなくなってるのでやっぱり素体だと一寸寂しい。
 自分で入れろということか、、、。(ガンダム用の黒ペンなら持ってる)

 尚、これはクローバさんだからと普通にポチりました(ぉ)。
 メルと組み替えて褐色スク水という邪(?)な事も考えてしまいましたが、首回りの色が合わなくなるので駄目でしたとは報告までに。その内、日焼け版メルでも出るんかなー、出そうだな、、。

・エミール公式
img
 男の娘。
 いや確かに当初は男だと分かった上で(組み替え素材のつもりで)ポチってましたが、その後、冗談抜きにその事実を忘れてしまっていたくらい、公式のポージングが完全に女の子。
 かと思いきや、パッケ裏の中央ど真ん中の写真が「何か変なアングルだなー」とよく見たら股間もっこりをアピールする図であった事に気付いた時は、ああなるほど「公式が病気」というか相も変わらず我が道を突き進むのみですね、頑張って下さいと。そこは別に応援しないのですが(笑)、トータルで頑張って頂ければ。

 因みに手足の制服パーツはユメの色違いだったりして、意外と流用パーツで構成されてる。
 でも組み替え観点だと色替えも結構バカに出来ないんだよね、とは思ったりもするところ。

img
 そんな訳で改めて集合写真、、、の筈が気付いたら変なことになってました。
 「どの女の子になさいますか」状態ですね。
 もういっそ、クローバさんとユメの方も組み替えて、制服コスプレ人妻と、パ○ツ一枚のエロJKで並べてしまえばともふと思いましたが、思うだけでやめておきました(ぉ)。

 いやー、エミール君完全にアウトだわこれ。
 メルの時に出ていた上半身セーラー服の組み替えが、色的にこっちの方が映えるかも?と試したのが運の尽きで。逆にメルの方はいいタンクトップ的な格好になったとは思うんですけどね(都合上ふ○なりですが)。エミール君、この格好のまま棚に飾っておいたらいよいよ「こいつ大丈夫か」と思われそうな悪寒。いやまぁ逆に何も知らなきゃあれですよ、「これ知ってる、戦車に乗る奴でしょ?」とかなるからきっと大丈夫(パン違い)

 ともあれ、こうして揃ってしまうとシャム君だけが居ないのが中途半端になってしまったような。
 いやマジで自分はもっこり美少年は勘弁して欲しいんですけどね。ただ腿パーツの太さが一段細いので、組み替えてみたらどうなるかなという興味はあるというか、本当に部品取りがしたいだけで。(エミール君はズボンと一体化しているので駄目)
 如何せん、前から見るとそれほどでもないんだけど立体としての腿の太さは本当にムッチリしすぎに見える瞬間もあって。何事も「ほどよくムチムチしているといえる」アイリの教義に脳を支配されている身としては、実際どう変わるか一度試してみたいという興味だけが。
 もっとも悩むまでもなく品切れプレ値の頃合いなんですが、シャム君は一応再販の話は出ているもんで。ただ墨入れはなくなるだろうしなぁ。まぁきっとその内、また何か別のキャラで強奪先が出てくればということで。

 さて、クローバさん(人妻)コスプレタイム。
imgimgimg
 エミール君コスの頃はまだ「むしろ本家よりいい?」とか真面目にやってたんですが、メルのスク水はどう頑張っても人妻世代のコスプレにしかならなくて。この人、そういう年齢設定もあってか、他のキャラより一寸小顔なんだよね。

img
 なので、大人のコスプレときたらこうだよね!と(ぉ)。
 流石に背景は代用で。完璧(パーフェクト)超人を目指すにはブルーバックとか用意しないといけないので。

img
 日焼けクローバさん。
 明らかにこのために買ったよね(ぉ)。
img
 そして量産型クローバさん。
 これは明らかにそういう需要を見越してるよね(笑)。

 そんなこんなで、すっかりクローバさんコスプレ素材集状態ですが。
 流石にそろそろ今度こそいいかなというラインナップも見えてはきたので多分買い控えていきたい。
 前に公式でアンケートもやっていて、次はバニーガールでお願いしますと言おうとしたら既に予定されていたので、他のものを入れておきました(内緒)。
 後はパーツだけの販売の話がアンケにあったので「いいかもね」と興味本位で投票しといたら、「結構需要があるらしい」という結果になってしまったらしく。ふと、こち亀両津の「声は大きいくせに実際は買わない」という「だがこけた!」の画像キャプ参考を思い出してしまったので、もし実際に商品化が進んだ折にはきちんと責任を持って買いたいと思います。(笑)

萌え強化年間2015

 さて、今年も年納めの萌え強化年間(?)。
img img
 あかん、予想以上に(俺の中で)完全にアイリだこれ(笑)。

 という訳でポリニアン FMMクローバ
 ロボ子(っぽいもの)と下半身ムチムチとV字ぱっつんショートヘア、っていう符号が近いだけの話なんですけども。
 因みに今年のエイプリルフールで頭部をコラってアイリ発売記念!とやろうと思いながら文字通りにPCの目前で寝落ちして諦めざるを得なかったのはコレでした。
 まぁこのシリーズ、ロボ子というよりは珪素生物よろしく肉体の構成要素の異なる異星人というだけでAIとかそういうのとはまた違うんですが。どちらかと言えば金属的な滑らかな外観の女の子エロ可愛い!というフェティッシュの衝動から来た商品化コンセプト。
 更には地球人類との交配も可能だとか、市販第二弾の商品がいきなり股間もっこりの男の娘だとか、フェティッシュの極みを大爆走しておりますので素人にはお勧めできないというか私めもそこまで専門ではないのですが。局地専用機ってのはほんと凄いなぁというお話。

 因みに元々はガレージキットらしく「素体」という扱いなので、自分で好みに外装をアレンジしてドリクラ衣装を着せて頭に謎デバイスをくっつけて、今度こそ完全に本物のアイリだこれ、と出来るものならパーフェクトなんですが。自分は模型スキルは無いので何方かお願いします、というか地球上の何処かには同じような事を考える人間は居ないだろうかと軽くggってみましたが、流石に残念ながら、ニッチな市場と枯れた市場の組み合わせは無茶がありすぎて出てきませんでした。無念。
 「アイリ クローバ」は全滅すぎたので、「アイリ ポリニアン」でggったら何故か微妙にリボルテックアリスがずらずら並んでて、まぁでも確かにこっちの道に完全に堕ちた切っ掛けはあのリボアリスだったよな、と思い出させて頂きました。

img
 積んであったけど頑張って引っ張り出しました。
 下ぶくれ系ぽっちゃりフィギュアねんどろいど「ダヨーさん(再販)。
 折角なので買おうとしつつ忘れて寝た翌日には高騰が始まっていたという過去もありましたが故に、改めて購入。

 まぁ再販なので皆々様的には今更特に触れるような話題もないのですが。
 強いて言えば、アイプリントが初版と再版で変わっている模様。初版ではアイライン(上まぶたのライン)が虹彩の上に掛かっていたのに、再版では虹彩がアイラインの上に乗るようになっていて、一見すると順番のミスにしか見えない。けれども、お陰で元々ちょっとキリっとしすぎていた表情が和らいだとは言われているので、最小コストでの改修の手段とも取れなくはないかなというところ。まぁ眉毛の角度を変えた方が確実なんですが、それこそ機材の調整の問題があるだろうし。

 それにしてもねんどろいどの割にはよく動くモデルなんですね、これ。
 個人的にはfigmaと絡められる1/12サイズで、等身大着ぐるみサイズとしての存在感を醸し出すモデルがあるといいとは思ってたんですが、手頃な可動モデルとしてはこの辺が良い収まり所、ということなのかも。

 という訳で物としては全然無いと思ってたんだけど、ネタとしては十分に書けた気がして参りました。
 後はもちろん、長い長い発売延期の壁を越えてようやっと発売できたウサギアは光速でポチりましたが、組んでいる余裕はありませんでしたが故。っていうか去年のワルキューレもまだ組んでねぇぇぇぇぇ、と気付きました(トホホ)。
 因みに光速で反応しすぎて、久仁彦先生tumblerの1行目を読んだ瞬間にamazon開いてポチって戻ってきて、2行目で「コトブキヤショップでは特典付き」と読んだ時のこのやっちまった感は、ここに記して後々の反省材料にしたいと思います。
 ともあれ、なんと連載再開の報も飛び込んで参りまして。一時期はコミック発売中止(延期でなく中止)からウサギア無期延期にまで広がった時にはつい裏のよろしくない事情を想像してしまったりもしましたが、ここに来てようやく良い方向に話の線が繋がってきたのかなと思いたいところ。流石は10年越しで画集を発売しただけのことがありまする。自分はホイホイさんから繋がったにわかみたいなものなので良くも悪くもネットの噂でしか判断出来ていませんが、あくまで根気良く、根強く確実に付き合うべき作家さんなのだな~と。

 そんなこんなで。来年はどうなりますかね。

萌え強化年間2014

 さて、年納めの萌え強化月間というか年間(?)。
img
 何故だろう、我らがコンバットさんがフルボッコにされる未来しか見えません。

 そんな訳で、1/8ダヨーさん。
 まぁこれ自体、過去に出たものをオクで保護しただけなんですが。しばらくプレ値というか定価越えでしか出回ってなかったけど、そろそろダヨーさん人気も落ち着いてきたのかな?というところで覗いてみたらほぼ定価まで落ちていたのでポチり。
 ただ公式画像で見たら正に完璧超人に見えていたものの、いざ届いてみたら「あれ?普通に可愛くね?」。
img
 やっぱり顔が、ね。きちんと可愛くなってしまっているというか(マテ)。
 というか製品画像はもうちょっと独特の不穏な雰囲気が出ていたと思うんですが。もしかしてオクでパチもん掴まされたのか?と出来は良い筈なのに不安に陥ってしまった事実。しかし当時のレビューサイトを見るに全てコレなので、製品サンプルと量産品の違いということでしょう。量産化の過程で、歪みが(逆に)正しく修正されてしまったということだろうか。いやうん、多分アイプリとかを手掛けた人はきちんといつも通りのいい仕事をしたんですよ。いつも通りだったが為に・・(ぉ)。

 ではここで実物を見直してみましょう(拾い物)。
img
 なんだろうね、この絶妙な外しっぷりは(笑)。
 上手い下手という以前に、目のハイライトが中央寄りという「アニメ絵のスタンダードすら押さえられていない」辺りに、よほどの門外漢が製作に携わってしまった不幸があったのだろうと思う。
 最近絵を描いてみて痛感してるんですが、素養の無い人間が描くデフォルメバランスの外し具合ほど切ないものはなく。あまりにも他人事でないその有様により一層心の底から溢れ出るモヤモヤが見る者を絶望の淵に叩き込む、ハズが、当の本人は自らを可愛いと思い込んでいる太々しさと太ましさが相まって絶妙なこの何とやら。
 逞しく生きてほしい、と思います。(なんだコレ)

 ともあれ、こと顔に関してはねんどろいどの方が似てるというのは確かにそうなのかも。
 ねんどろいどは折角だからポチろうかと思いつつ寝落ちした翌日に高騰が始まったが故に買い逃してしまったので、どうせ今手を出すならフロッキー加工の髪とその巨体で雰囲気の出る1/8かなーと思ってみた訳ですが。あの独特の、不気味の谷じみたコレジャナイ何かを再現するのは(色々な意味で)やっぱり難しかったと。
 等身的に一番近いのはキューポッシュだと言われたりもしていたので、出ねーかな、出る訳ねーな、と思いつつ。
 そもそもダヨーさんをダヨーさんたらしめている要因の一つとして、中の人がいるが故の関節位置の違いがあると思う。肩を肘で動かしているという内部予想図は多分正解なんだろうと思っていて、だから腰も膝の位置も中身は凄く高い。その不一致ながらに「それなりに動ける」着ぐるみにしてしまったものだから、「動くけどなんかヘン」なのだと。座って足を組むととんでもない事になるし、ロングブーツも膝の位置が上なのでただの長靴になると。って言おうとしたけど画像見直したら本当にブカブカの長靴じゃねーか、と思いました、まる(笑)。
 まぁまたグッスマが血迷ってミクダヨーver2でも出すのを待つとしましょう。figmaとサイズの合うダヨーさんでもいいよ(ぉ)。

 っていうか、あれ?もしかしてこれだけ?
 あ、コトブキヤプラキットのワルキューレは当然買ってますが、組んでないし(汗)、そもそも萌え以前のゲーム回顧枠。

 後はまぁ今年は個人的に不作、というよりは一時期たまたま釣られすぎただけなのかもしれませんが。ただ近年はリボの半撤退もあってラインナップが売れ線に偏りがちで自分の出番がなくなってしまったかなぁというのもなくはなく。キューポッシュも、初期こそBMGみたいな担当者の趣味らしきものが出ていたけど、その後はねんどろいどと丸被りの流行り物路線で個人的には残念な限り。同じコトブキヤでも、完成品はプラキットほど冒険は出来ないってことなのかなぁ。

 そんなこんなで賑やかしにという訳でもないんですが。何となくのポチり。
img img
 ミクさん大きくなりましたね(何が)。まぁバイクに乗る時点で数年後の年齢の設定なんでしょうかと。
 「よく動く」方のfigmaを買うのはややもすると初めてに近いんですが、衣装デザインの強みもあってか、特に胴体が胸・腹・腰の三分割でグニグニ動く。これでライディングポーズも取りやすいんだと思う、けれども肝心のバイクはありませんが故、TF連中で代用。サイズや配置の嘘も多いので、まぁなんちゃってということで。足は何処にも掛かってないというか、掛けられないというか掛けるところもなかったりするというか。

 因みにいつものファステックさんSUGEKAEは多分駄目だろうなと思ってましたがやっぱり合いませんでした。顔のサイズが違いすぎるし、腰のくびれ等の描線とのっぺり顔との対比が「お面を被ったコスプレ」にしかならないのは流石に厳しい(笑)。

 そんなこんなで。
 キューポッシュアンケートにドリクラ・アイリとか、書くだけ無駄なものを書くだけ書きながら、また来年に備えたいと思います。

2014おみくじ

 元日は実家に顔を出したんですが、電車を降りる時にスマホのお手軽ストラップが粉砕してお亡くなりになるわ(※)、適当に乗り換えたら一駅がくそ長いのに快速スキップで遥か遠くに連れて行かれるわ、絵に描いたようないつものへっぽこ展開すぎて泣けた。
(※:まぁ耐久力なんて無い(エントリ中頃)とは思っていたけれど、席を立った際に横で踏まれていたか、あるいは引っ掛けたかで、気付く間もなく取れてなくなっていた。もう諦めました。)

 なんで気晴らしにおみくじを買ってきましたよ。実家の地元駅で元気に営業しているホビーショップで。
img
img
 中吉です。
 この如何にも中途半歩感が堪りませんね(ぉ)。
 「大吉>吉>中吉」の力関係だとつい最近知ったばかりでしたが、予想通りというかお約束的に引いてしまおうとは。

 っていうか、「熱中症対策」云々って、なんか違うコレ(笑)。
 まぁイカ娘だから夏用なんだろうね。そもそもいつのだろう、、。

 因みにダヨーさんは昨年の萌え強化月間に使い損ねた分。
 ねんどろはサイズがいまいちだな~と躊躇する間に売り切れてしまったので、ねんぷちだけ確保したものの、そもそもがデフォルメのシリーズなので「普通のデフォルメ二等身フィギュアですね」「デスヨネー」感が凄くて使い所を逸してしまっていた。
 この前も実物の動画を見て思ったけど、やっぱりダヨーさんは「等身大の二等身」というのが最大最強の存在意義なんだと思いますよ。だから普通等身のfigma等に絡められる1/12辺りのサイズだったらいいのにと思う訳ですが。いやただのPVCの塊になることは分かっておりまする。いいじゃんそれで(ぉ)。

シールドライガー娘

 さて、萌え強化月間。早いよ。

img
 かわいいね。<最早躊躇がなくなって参りました

 Figutto(フィぎゅっと) ゾイドガール シールドライガー
 いわゆる某所の販促効果というやつで。(>最近知った保管庫
 幾らなんでもこれはあんまりだとしか思えないデザイン(失礼、だけど同人かとすら思った。一応模型誌の公式企画らしい)で全く興味はなかったんだけど、ヘルメットを脱いだら可愛かったのと、このぱ○つ丸見えは酷すぎると思ってたのが小改造で改善できると知ってしまい、「タイトスカートいいね」と。
 同じように釣られた購入者が集中してあっさりマケプレ値が酷いことになっていたけど、連休明けにふと思い出して覗いたら普通に再入荷していたので果たしてどうしたものかと、一旦深呼吸してから、ポチっていた。

 以下、写真は上の一枚しか撮らなかったので延々テキストが並びますがご容赦ということで。
 というか、タイトスカート可愛いね、でレビューとしては半ば終了な気がしますが(笑)。ドリクラアイリで事務服どうこう言ってたのもそういうことだろうか。

 タイトスカートは後述するけどアーマーから引っぺがしてずり下ろせば良い感じになる。まぁギリギリの超ミニなので足を動かすと結局アレですが(笑)。ともあれ、スカート自体は軟質なので多少は足は持ち上げられるし、それこそスカートを上げて調整しちゃえば足は結構曲げられる。立て膝とかはあまり期待するようなものじゃないけど、そもそも一般スカートキャラの可動を思えば、ということで。
 あと可動について言えば、腕が案外曲がらない。90度まで。普通はもう少し110度くらいまで曲がる気がするのでちょっと物足りない感。
 また、自分はこのフィぎゅっとというシリーズは初めて触れたけど、膝がごつい二重関節になっているのね。面白いのでそれで撮ってみましたが。膝裏を削って干渉を避けるというのが一般的だからこれは何とも。ロボでもないのにキモ面白いといったところかな。
 それと手パーツ、大きく開いた手と握り手と差し手の3種(+シールド手)なんだけど、個人的には「軽く開いた手」や「軽く閉じた手」みたいなもう少し自然体のものが欲しかったなと思う。持ち手に使えるようなのがあると尚良し。その点、リボ春香さんはたまたまぴったり持ち手に使えて重宝したなぁ。
 ああ、あとメットを外した後の顔に思いっきり色写りしてしまっていたけれど、髪をつければ全く見えないので特に問題はなかった。場合によっては注意?なのかな、ということで一応。
 因みにサイズは昨今主流のものに比べて若干大きめ。15cm。リボ春香さんサイズ。単体ではあまり気にならないんだけどね。他と絡ませると、ということで。

 以下、ちょこっと弄った話など。
img img img
(たまには文字だけじゃなくてと写真を撮ってみたけど、それよりも普通の写真増やせよとは私も思いました、、、)
 タイトスカートの位置は当初は可動の都合と思われていたけれど、背面の腰アーマーとの接合部分を引っぺがせばフリーになってずり下ろせる。どう見てもこれが正解(公式画像はどうやって撮ったのか)。腰とくっついてるのはデザインの都合上だろうし、上着との連結パイプに柔軟性があれば引っ張って動かせたりしたのかもしれないけれど、まぁ下手に軟質だと千切れちゃうのかな。それに外した方が腰の可動域が大きく広がるので、やっぱりこれが正解。お勧めというか必須。
 またこの腰アーマーはがしの際、連結パイプが折れるという話があって、剥がした後はここが腰の支持部分になるだけに折れたら一大事、ということで無理をする前に外してみた。上着側を上向きに引っ張ったら外れる。ついでに両方外して腰アーマー無しも試してみたけれど、前だけ残ってバランスも悪いので意味はなかった(笑)。むしろ一度外すと再度はめても保持力がないのでそこは注意(瞬着で太らせる羽目に)。折れないように気を付けさえすれば外す必要はないかも。
 他にもアーマー類は剥がせば外れるだろうけど、剥がしても残念なことになるだけのものが多いと思う。唯一、首の後ろの尻尾パーツは髪の毛が引っ掛かるポイントなので外してもいいかな。元々アーマー自体が出っ張っているので上を向くようには出来ないけれど、尻尾基部は更に一段盛り上がっているので、それを外せば若干可動域は上がると思う。ただこちらも外れた後の保持力は期待できないので注意。基本的にどこも接着部位なので。

 そんな訳で、ヘルメットを外して尻尾も外して、もうライガー関係ないよね(笑)。
 まぁ何だろう、よく分からないメカっぽいものがついた衣装を着た女の子ってことで。アイリもメカニカル制服が一番良いとか思ってますからね(笑)(あれは頭とのバランスでだけど)


 恒例SUGEKAEタイム。
img
 最近よく馴染むね。
 まぁリボ春香さんサイズと知って、これは行けると踏んでいた訳ですが(笑)。

 因みに、首の先にボールジョイントが付いている構造で、また首ごと外せる(首の基部も若干可動する)。先のボールが外れなくてちょっと長かったので、首ごと外して、同じような武装神姫の首を拝借して使用。
 何とか様にはなってるけど、髪の毛が干渉して全くの向き固定、いつものことです(笑)。


 そんな訳で、久々に完全な衝動買いをしてみました(笑)。
 しかし、この可動フィギュアシリーズはよく知らなかったけど、よくこんなドマイナーというか端っこの端っこに球を投げ込んできたよな~と思う。ゾイド好きは根強いだろうけど客層全然違うし。
 こうなったらもう可動ドリクラアイリはここに期待するしかないな、などと思いました。<またこのオチか

 因みに、今回は大写しにしないと可愛く見えないなぁと迷った末に、素直に拡大画像を置いてみました。無駄にでかいのを。
 SUGEKAEの方は別にいいかなとも思ったんだけど折角なので。(嗚呼、埃がついてた、がいつのまにか取れていた)

 ただこうして高画質のものを出してしまうと、ピントを顔に合わせて撮ってるだけなのがモロバレで辛いよね。どうせ載せる時は縮小するだけだから~くらいのつもりでやっていたもんで。
 もっと絞りを調節して被写界深度に気を配ったり等しないと駄目だよね。ただうちの照明だとこれ以上はシャッタースピードが。一応デスクトップミニチュア撮りがテーマなので撮影コーナーとかの投資はあまりしたくないしなぁ。うーむ。
 第一、色なんてうちのしょぼモニタで合わせてたりするしなぁ。
 などとナイス言い訳タイム。

 まぁ今後の課題ということで。

Cu-poche天海春香さん

 そろそろ可愛いのが欲しいよね、と思っていたので萌え強化月間。
 Cu-poche(キューポッシュ) 天海春香さん。誰かさんと誕生日が同じ人ですね(誰)。

 ゲームをやってない自分に取って春香さんは初めて見た親鳥理論でゴシックプリンセスの黒衣装が欲しいナーと思いつつの購入ではあったんですが、
img
 おおう、何だこれは普通に可愛いぞ(笑)。

 いやすんません、のっけから本音が出ました。
 Cu-pocheというのはコトブキヤが新しく始めたSD可動シリーズで、その第一弾がこの春香さん。デフォルメ等身は基本的に好みなのでその可動物ということで密かに期待してはいたんですが正直期待通りでした(笑)。
 立ち位置としてはよく動くねんどろいどみたいな感じかな? 若干等身が違うようだけれど、顔のサイズは互換性があるとは言わないまでも同サイズなので嵌めることが可能な模様(笑)(うちはねんどろはぷちしかないので分かりませんが)
 後発シリーズということで、近年の技術フィードバックも含めよく研究して作られていると思う。足裏にマグネット付きで自立のサポートが考えられているというのが面白い。あとポーズ付きでパッケージされているというのは何気に可動フィギュアでは珍しいような? リボもfigmaも直立で変に顎が出てるのとかそういう印象しかなかったものなぁ。これは実に良いことだと思う。
 可動は間接が90度くらいという感じで必要十分。詳しくは以下の動画でも。

 いやもう関係者のやりたかった感が凄まじいです、はい(笑)。

 うーむ、こうして見てるとよく動くダヨーさんとか欲しくなったらどうすんだとか要らぬことを考えつつ、それ以上にあり得ないであろうキャラの代わりにポーズを取らせてみる。目線は違いますが。
img

 コトブキヤは確かことある毎に商品化アンケートを採っていた気がするので、これからは「アイリ(ドリームクラブ) Cu-pocheで」と送り続けることにしてみます(ぉ)。

# あ、因みにいつものSUGEKAEは無理でした。流石に等身が違いすぎて。

萌え強化年間2012

 はてさて、下ぶくれ系ぽっちゃりフィギュアのミクダヨーさんがジワジワ来る昨今ですが、今年もめげずに萌え強化年間(ぇ)。

img
・RIO:bone パンティ&ストッキング
 よもやCartoon(風)キャラデザインが可動フィギュアに!ということで記念にと。
 性格的にはどっちもどっちなので見た目でストッキングことストっちゃん(逆)だけでいいかなと思っていたのだけれど、一番くじのF賞(が何故か一番人気に思えてならない)とかの画像を見ている内に、やはりこれは二人並べてナンボだよなと思わされて姉の方も購入。
 しかしまぁストッキンはこれ殆ど動かせないよね、というのを後で姉を触ってよくよく思い知らされた(笑)。髪のデザイン的にしょうがないんだけどさ。うーん、ボディがもったいないので何とかならないだろうか。姉はすっきりデザインなのでよく動くね。そしてお約束のように頭のバナナが最初に外れたと(笑)。

 それにしても最近は本当何でもありだなーと思わされる。膝の曲げ方はまぁしょうがないよねと思うけれど、あとは十分再現出来てるんではなかろうか。やっぱこの足が好きだなー。足の構造がデザインと非常に良くマッチしていて、接地性も良く機能的にも優れていていい(笑)。
 あとはまぁ商品的なところを言うと、換装関連はちょっとめんどくさい。ボールジョイントを抜く換装方式は強度的にもおっかなくてあまり好きにはなれない。それにボールジョイントではないけれど腕のジョイントも細い割にきつくて、ここは個体差だろうけどうちのストッキングは殆ど腕の換装は無理な状態(次に貼った写真も半差し状態)。無理したら折れそうになっちゃって、手側より先に腕側が抜けたのをいいことに、ビニタイ(というのかな、コードを束ねるやつ)で作った即席ジョイントで誤魔化してみたり。ちょっと悲しい。折れたら換えのジョイント送って貰えるかなぁ、、。

 そして恒例のSUGEKAEタイム。
imgimg
 これは馴染む、馴染むぞォ。
 今まででトップクラスの出来映えじゃなかろうか(笑)。等身的に一番合ってるしね。
 このままボディを奪い去りたい衝動に駆られたけど、これは二人並べてナンボなので悩ましい(笑)。

 しかし改めて見返すに、これといいコンバットさん(ホイホイさん)といい、自分はこのくらいのデフォルメ等身が非常に好物なんだなと。こうなるとデイモン姉妹も欲しくなってくるなぁ(今更厳しいけど)。

img
 バイト休憩中。

・figma バファローベル
 予約時期にふとした気の迷いでポチったのは覚えているけれど、発売して届く頃にはやっぱりどうでもよくなっていた(ぉ)。
 売れ線商品でもない限りは見てから買っても間に合うだろうし、欲しいと決まったものでも無い限りは迂闊に予約するものじゃないなと学んだ、ということにしておきますか(笑)。

 因みに上の画像、実際はスカートに邪魔されてお座りポーズはとても取れないので、後ろから撮ってそれっぽく見せてみた次第でありまする。

img
 春香さんにもバイトを手伝ってみて貰ったけれど、ただのロリコンになってしまったでござるの巻。
 ちっさいね。

 あれ、意外と少なかったな。良かった良かった(笑)。そういやGWに一度消化してるしね。
 まぁまた来年。今のところ予定は少ないです。今のところ。
 リボQBのアポロガイスト(違)でも来ないかなと思っていたんだけど、下火なのかスローペースなのか。

 そういや一点思い出した。
 少し前の検索ログに「ファステック(たん) イカ娘」とありまして。何このピンポイント爆撃はと。
 自分によく馴染むSUGEKAEボディの探求を始めて久しいうちのfastechさんこそ現役もいいところだけど、世間一般じゃおよそ過去の風化ネタだろうし、そもそもこの関連性の欠片もない(筈の)この組み合わせが何処から発生したのか。いやこれはもしやFASTECH360Sにイカ娘のペイントを施した痛電車が現れたのか!? んな訳ないですよね。多分(笑)。
 まぁよく分からないけど個人的に受けたので(笑)。


 因みにそういえば折角の写真ではあるけれど、過去拡大画像は置いてないんだよね。
 まぁこの場合、ロクでもない画像ばかり撮っているからという自覚故というのもありますが。
 カメラを変えてからか比較的満足度が上がってきた気もするので、小さい画像だけだと勿体ないかなぁ。まぁ(自分以外に)需要あるのかという気もしますが(笑)。
 あと拡大画像を置くならそろそろjqueryとかを使ったやつにしたい、と思うとめんどくさいな(コラ)。

折角のGWですが

 萌え強化黄金週間(ぉ)。
img
・figma イカ娘
 笑顔でビール。こうありたいものですね。普段は飲まないけど。
 イカ娘はたまたまシンプルデザインに目が行って表紙買いしてたんだけどアニメ化されてびっくり。オチが微妙に落ちてない原作の場合、アニメでどう改変されても歓迎されうるものなのだと勉強になりましたよ(笑)。
 個人的には普通のキョトンとした顔も欲しかったところだけど、まぁ3種で選べとなると今ので致し方ないのかな。
 因みに、実のところはイマイチ似てないリボ版の方が(原作のことは抜きに)まるっとしてて好みだったりもしたのは内緒。入手法があれなのでやめたけどね。

img
・リボルテック アリス ブーストver
 ちびアリスは何故かツボに入ったけれどブースト版はなー、とか思っていた癖にふとした気の迷いでポチっていた。詳細は当時の自分に聞いて頂きたい(ぉ)。まぁ「ほどよくムチムチ」なドリクラ脳としては何故か避けられないものがあったのか。リボルテック・(QBじゃない)アイリなんて正座してても出てくる訳ないから、その代わりだとでも思ったのか。
 ただ実際に触れてみて思ったけど、やっぱ服装が微妙すぎる(笑)。ちび服そのまんま大人化した設定だもんで、明らかに何か足りてない感。なんか下に履かせるものでもないかと思ったけど、うちでは弾がなかった。画像板を覗いているとたまに何がしかのスカート等をばらした図を見たりもするので、そういうのを見繕ってカッチョ良くミキシングビルドできたりしないものかな。

 そして恒例のSUGEKAEタイム(ぉ)。
img img
 いい加減やめろよ、と一瞬思ったけど、一瞬。
 左は、何するかなと思ってたら、たまたま手首がカクンとなったところで、前世がネコ娘だったのを思い出したので。でもネコ耳は着けない。
 右は、もはや隠すのも諦めた(ぉ)。
 でもこうしてみると上半身なら見られるというか、黒緑の配色がやりたかったのだなと思い出してみた。

 因みに今回は、初めてピンバイスで穴開けカスタマイズした。いや便利ですな。こうもサクサク掘れるとは。
 fastechの首はボールの受けしかないので、昨今のようにジョイントを刺す構造には合わず、これまではジョイントなしに顔パーツの前後で首を挟み込んだり(figmaの方は今もそう)、店頭で売っていた肌色ジョイントを小改造してやっつけジョイントにしていたのだけれど、最近のリボはリボ球を首代わりにしているので上手くいかなくなっていた。ちびアリスやユーミルでSUGEKAEなかったのも実のところはこれが最大の要因。
 ただこれまでは特に改造もやっていなかったのでドリルは持ち合わせておらず。しかし先日のDMKオプティマスの指事件で、その時はドライバーセットのしょぼいねじ穴開けを誤魔化して使ったので、やはりドリルがあると便利だよなーと痛感。暇に任せて買ってきた。100均でもあるにはあるらしいけど普通のを買ったので高くついたけれどね。これでSUGEKAEにも困らないぜ。っていうかまだやる気か。

 そして、
img
 何かやってはいけないことをやってしまった感。
 でもぱ○つは(ほぼ)見せない。

萌え強化年間

 さて、年も暮れそうなので一気に行きますよ(何を)。

 久方ぶりの萌え強化月間。(なんかタグ名変えてたけど元に戻した(笑))
 相当溜まってた。溜めすぎです。月間というかもはや年間(ぉ)。

img img
 リボルテック・クイーンズブレイド 鋼鉄姫ユーミル
 ドワーフお嬢様ということで無条件にチビっこいのを期待しておりましたが、思ったよりお姉さん顔というか、体型も細身でスラッとした少女風味な印象が。元のイラストもちょろっと見たけど確かに案外等身が高く描かれてる感じ。だからなのか原型師がアリスの時ほど本気を出していない気がしてしまうようなしないような(ぉ)。ちょっとあの時ほどの妙な感動は無かったかな、やっぱ。
 とはいえ、ドレスに手足甲冑、両手斧と突いてくるところ突いてるデザインですので。まぁ斧の使い方が難しいのだけど。絡ませるような丁度良い武器を持った相手が欲しいところ。アリスの銃じゃ相手にならない(笑)。
 リベリオンシリーズに続くみたいなので、もう一体くらい買うかも。その時にでも

 おまけ。
img
 なんか切らせてみたかった。

 ついでに、
img
 アリスの方は今はこんな感じに自立の限界に挑戦中。重心をちゃんと調整すれば案外どうとでもなるなぁと。
 因みに、実家近くのホビーショップでソーラーパネル式の回転台の安いのが売ってまして、それにこれを乗せると、いや何でもない(ぉ)。

 回転台はギアが微妙にカタカタ鳴っていたのでグリスを塗ったら静かになった。でも置き場所が悪くて光量が稼げず、素直に電池を入れて回転中。意味ネー(笑)。

img
 SRDXD グラドリエル=ド=ヴァレンディア
 (SS)プリンセスクラウンのグラ姫様ですよ。
 発売当時は微妙に大きいしなぁと二の足を踏んでいたけど、こんな立体化そうそう望めるものじゃないだろうなと、通販で探してみたら在庫が残ってたので記念購入。
 間接が弱いというもっぱらの評判なのだけれど、まぁ確かに褒める出来ではないけど、頑張れば写真みたいな自立は可能。これで今に至るまで飾りっぱなしですよ。流石に例の地震の時には倒れたけど。というかそんなに前からか!(ユーミルの直後くらいに買った。3月?)
 しかしせめてもちっと撮るべきだった。折角の大剣を活かしたいところだけどこれも難しいなぁ。ユーミルの相手をさせたいところだけどサイズてんで合わないの(笑)。

img img
 武装神姫ーズ。
 人馬型プロマキスもといプロキシマ。(左)
 しかし「朧村正」で馬スケルトンを見た頃から思っていたのだけど、馬の前脚は人で言う腕に当たるので、股関節じゃなくて肩関節だから関節の位置も形も全然違うんだよね。その点、人の背中に後ろ脚を生やしたケンタウロスもどきが人馬たり得る筈もなく。案の定、どう見ても、人が両足振り上げたその後ろに別のものがくっついている印象からサッパリ抜けられず。うむむ。
 因みにネタ的にはバックパックが後脚として展開するいわゆるセイローム大変形なんだけど、あっちはロボなんで元々股関節が外側に位置してるから違和感も和らぐのだろうなぁ。こちとら細身の女性素体なので。うーむ、悩ましいね。

 悪魔型mk2ラヴィーナ。(右)
 プロキシマで懲りなかったのか(笑)、某画像板で見掛けた時に「あれ、可愛いね」と少し悩みながらもポチってしまった。ほんとこの頃は財布緩くなってたなぁ(笑)。
 まぁ悪魔型の外骨格的なデザインは元々人気も高いし、ハンマー装備とか結構俺好みな、、、ってあれ? ハンマー装備は前作のバリエーション品でしたよ(笑)。まぁいいけどさ。
 後は昨今の神姫らしい組み替え構造ということで。成る程なぁとは思いつつも、しかしこれは結構手足のでかい部分が一体ブロックになっててなかなか(自分の)思ったような物が作りにくい、、。悩んだ結果がコレですよ。後側なんて見てられません。

 っていうか、箸型こひるさんも以前に買っていたのだけどこれだけ撮ってなかったね。まぁまた何かの折に、、、。
(追記:)
 ずっと前に撮ったのがあったのでここに掲載しておきまする。仲間外れよくない。
img
 箸型こひるさん。素足は艶めかしすぎるので黒タイツにしたらしい。
 が、素体のverが違うのできちんとはまっていない罠。

img img img
 何、このひどいコスプレ大会(ぉ)。
 最近は可動フィギュアがどんどん増えてきて、こんなのも商品化されたかー、という感じで記念購入したのがfigmaのRドロシー嵐山歩鳥
 あとは、色的には好みなんだけどなかなか縁が無かった初音のミクさん、バーチャロイドのフェイイェンとコラボしたので、どう見てもこっちに玉投げてきてるよね?と受け取りに行ってみました(笑)。(composite ver.ka VR-014/HD
img
 しかし公式にはフェイイェンのバリエーションと言いつつも、あまりにもそれらしい装備品もない。まぁオリジナルの方は武装なんてしてないとか言い訳しそうだけど、ただのネギとマイクって本当にただのミクだよねこれ(笑)。
 それにしてもちょっと面白みがないなぁ、ということでバーチャロイド繋がりでトンファーっぽいポーズでも取らせてみた。(ネギの先端を持った方がそれっぽかったかもしれないけど、持ちやすさとか視認性とか)
 因みに、髪があまりにも重すぎて自立なんて無理かとあっさり諦めてスタンドを使ってしまったけど、今試したら出来た(笑)。(まぁ写真は勘弁)

 でもって、おまけというか、
 来年のアイコン、或いは自画像(偽)に使おうかと思った品。
img
 結局のところ、このいつものメンツに落ち着くような気がしてきた。
 よくよく思えば道を踏み外したのもfastechによくなじむボディを探し始めたのが始まりだったような気がしなくもなく。

 そんなこんなで。
 これ全部今年のだよなぁ、確か、、、。
 なんか一気に増えたというか、途中にも書いたけど財布の紐緩ませすぎ。何も考えずにポンポン買ってこの有様です。
 来年の目標は、押し入れの中を片付ける、まずこれで(笑)。<箱とか捨てないと駄目だよね

 っていうか、通称女子部だけ挙げたけど、他にも通常部門もまだ積んであったりするのですよ(汗)。それにプラキットとか。組んでも置くところが無さそうだから組めない、とかもうどうしようもないよね。とほほ。
 ぼちぼち何とかしないと、、、。