タイムリミットは近い

 「超人機メタルダー」、終了。
img
 いやぁ面白かった。
 正直、終盤の「これぞ打ち切り番組」と言わんばかりの怒濤のやっつけ展開に唖然としてすっかり意気消沈しまくっていたのだけれども、最後の最後は良い感じに盛り返して終わってくれた。それもこれも、当初は37話で終了だったものにスケジュールの都合で2話追加を求められた事で、逆に余裕が生まれて押さえる所をキッチリ押さえて終わらせる事が出来た、というのが不幸中の幸いだったのだと思う。戦闘ロボット軍団長バルスキーは如何にもこの番組らしい最期を遂げる事が出来たし、ラスボスたるネロス帝王も最後まできっちり悪の帝王らしく振る舞ってくれた。
 戦闘ロボット軍団に関しては、以前に冗談半分・照れ隠し半分で書いてみた「物凄い拡大解釈」が実は本当にその通りであったという脚本が、「やはりやってくれた」という感じで非常に嬉しい。今の世から見ればベタな演出論法と取られなくもないけれど、此処はやはりそれまでの積み重ねが物を言うところだとは思う。第2話で戦いに破れ廃棄処分を命じられた部下を「責任は私が取る」と修理させ、11話では脱走という重罪を犯してしまった老兵に英雄的特攻という死に場所を与え、尚かつその行為を持ってして、彼を庇わずには居られなかった部隊員に恩赦を与えるという。こういった軍団長としての采配があればこそ、最後まで操り人形としての道を選んだ彼の切なる想いが伝わってくるというものなのですよ。っつか戦闘ロボットだろお前等(笑)。
 ここがこの番組の実に面白いところで、悪役軍団の人間味溢れる描写の数々、当初からエンジン全開だったこのインパクトは非常に忘れ難い。「何故に我が軍団員は己の本分を忘れる者が多いのか」って殆どお前が作ったんだろ!と突っ込みつつ(笑)、所詮悪人に人の心は語る事は出来ないなどと拡大解釈してみると、「ワシは古賀博士に(ロボット作りで)勝った」と曰った帝王の、その哀れな一面がより一層深まってくるのかもしれない、などと思ってみたりも。
 ただ哀れとは言ってもそこは悪の帝王、最後まで威厳を失うことはなく。wikiぺのネタバレ情報だとまるで「追い詰められた命乞いに軍団最高の地位を提示」というシーンを想像してしまっていたけれど、実際は全くそんな事はなく、主人公の動力炉の制御回路を破壊し、「動力炉の爆発で地球を巻き込んでしまう」か「機能停止する」かという二択に追い込んだ、その勝利宣言として「我が新生軍団長として作り変えてくれるわ」という台詞があるというものだった。いや何か逆に良い感じに騙されましたよ(笑)。やはりラスボスはこうでなくてはね。
 そうこうして主人公メタルダーは満身創痍に陥りつつも、前者の危険を押しながら勝利し、後者の道を選んで劇的な最期を迎えるというものでしたが。まぁ正確には「超エネルギーを失ってただの凡ロボットになる」というもので、「故に人間社会から姿を消す」という結末。ここは単なる悲劇ではなく「いつか帰ってくる」という希望を持たせようという配慮なので、「ロボットのままでもいいじゃん!」とかいう野暮な突っ込みは程々に(笑)。(というか幼少の記憶では普通に死んだ(壊れた)と思い込んでましたよ、、)
 しかしここは、ED曲「タイムリミット」の歌詞といい、映像の歩み去っていく1シーンといい、綺麗に繋がってて上手いんだよなぁ。ほんと、37話打ち切りプロットのままだったら単なる月並みエンドだったけれど、最後の+2話で実に良くなってくれた。ジライヤのスケジュールの遅れには感謝しなければなりませんね、ええ(ぉ)。

 という感じで、久々に楽しい特撮ヒーロー番組を見させて頂きました。
 前に書いたように当時の子供番組というフィルタは張っているので、流石に見たそばから消していっていたけど、見る所だけもう一回見直したいなぁ、と思ってもファミリー劇場だからループしてくれないんだよなぁ畜生(笑)。取り敢えず件の11話は上がってました。(敵側が主役という曰く付きの回なので誤解無きよう)

小者の美学(ぉ)

 メタルダー第33話。
 おおお、先日の予感は間違いではなかった。やっと戻ってきたよ(笑)。
 久方ぶりにも思えてしまう軍団大集結。大量に復活を遂げた軍団員(多分に予算の都合による再利用)に追い詰められるトップガンダー。そしてトップガンダーと言えば、宿敵(には程遠い)クロスランダー。その相変わらずの小悪党っぷりで仲間の戦闘中に横槍チキンショット。出世欲と私怨剥き出しの囮戦法の果てに、隙を突かれて銃を奪われ格闘の末にとうとう爆殺死。最後まで小者を突き通す見事な死に様でありました。勧善懲悪・爆殺ムードの中ですら海への転落だけで生き延びさせたのは、やはりこの時の為に取っておいたのか。メタルダーのキャラの使い方はこうでなくてはね。
 いやはや、これからの(打ち切り)最終回に向けてラストスパートに期待、ってなもんですよ(笑)。

 んでまぁ、最終回の感想は綺麗に締めたいのでつまらない話は先に書いておくと、正直言って、あくまで昔の子供向け番組なので純粋な目で見るとアラというか突っ込み所の多い甘い作りではあるのですよ。人によってはそこで興醒めもしてしまうだろうし、自分も勿論、フィルタを張ってナンボな所は沢山ある。
 それだけに、今の水準で作れたらもっと面白くなるだろうに、と思ってしまうんだけどね。技術力は上がっても、それを扱う環境が伴わないのが何とも口惜しい。

聖地巡礼済み(ぉ)

 お? 何となく作風が戻ってきた気がする。>メタルダー #31
 まぁシリアス系でたまたまそう見えただけかもしれないけど。
 偽装自爆ロボットの話で、その作戦実行指揮を四軍団中最も仁義に厚い戦闘ロボット軍団の長バルスキーが務めるというのが何とも面白いね。「俺に心の回路は不要だ」の一言も、普段の行動と照らし合わせると、己の職務を全うする軍団長としての立ち位置というものが見えてくる、などと物凄い拡大解釈で深読みしてみると実に楽しい話ではないですか。
 本当は作中で一言二言部下の会話が挟まるとそれらしいんだけど、最近の勧善懲悪なテコ入れの余波で容赦なく爆死させまくっちゃってるから一気に頭数減ったんだよなぁ。

 でまぁ、そんな事よりも奥さん!(またか)
img img
 なんとびっくり城ヶ島ですよ。人があまり来ない方の(笑)。参考、真ん中あたりのコレ

怒る

 「アイマスMADメタルダー」、いかん、おもろい。「怒る」がハマりすぎ(笑)。
 嗚呼、やっぱこの頃のメタルダーは輝いていたよなぁ(笑)。早く帰ってきておくれ。

 初心者にはyoutubeの比較版が分かり易いけど、やっぱコメントがある方があちら側の人の反応も拾えて面白いんだよね。んでもって、ついでに声だけでも本作の素晴らしさを味わって頂きたい。ま、アイマスの壁は厚いかもしれませんガ。自分はおっさんホイホイなら行けると悟ってしまった模様。
 同作者でギャバンのもかなり行ける。こっちは比較版(stage6)がもう(笑)。

 因みに言うと、自分はアイマスに関してはMADな知識しか御座いません。今後もそのままで(ぉ)。
(貰ったエロギャルゲーで、全キャラスルーエンドを普通に「クリアした」と報告した経歴アリ(笑)。いや狙ってやった訳じゃないんだけど、基本的にそういう素養が無いという話。)

変珍運動会

 ネロス軍団大運動会、予想に違わぬ素晴らしい出来でした(ぉ)。>メタルダー
 色取り取りの着ぐるみ戦闘員がアスレチック場を駆け巡る様はあまりにもシュール。でも「気合いだ!気合い!」と称して地雷原を走り抜けるのはリアルに危険なのでやめて頂きたい(笑)。まぁ火薬量は抑えつつ上手くやってるんだとは思いたいけど、今と違ってCG合成無しのホンモノの世界だからなぁ。昔の特撮を見るとついそっちの方にばかり目が行ってしまう(笑)。
 ともあれ、こんな豪華変珍メンバーの大運動会は、中堅以下の軍団員ですら準レギュラー化しているこの番組だから見られたのかもしれない(笑)。たとえメタルダーに挑んでも滅多な事ではトドメを刺されずに生き延びてるから幾らでも頭数は揃っている。こういう物語展開の外に組織(集団)が予め存在している感覚は強いて言えばTFに繋がるのかなぁ。
 まぁいいや。
 そんでもって、次回はなんと引田天功。
 いやもうホント何処に転がっていくつもりなんだこの番組(笑)。

悪の運動会

 次回はなんと、「ネロス軍団大運動会!???」
 いかん、メタルダー面白すぎる(笑)。

 などと呑気に書いていられるのも、終盤は本来の流れに戻ると判っている安心感故かもしれないけどね。話に聞いていた路線変更が正に進行中の本作品、遂にこう来たかという。これから先が正念場という感じだろうけど、敢えてこのタイミングで一つ書いてみよう。というのも、まだ今の所は「このやり方ならまだアリかな?」と思っていたので、それが萎えない内に(笑)。

 まず、テコ入れの尖兵として投入された北八荒。いわゆる二枚目半のおとぼけぶりがシリアス一辺倒のムードに明るさを添える事になり、当初でこそちょっと心配したけど、あくまで役割分担は出来ていて主役のキャラクターを食い潰すような事もなく収まっているように思う。むしろ八荒がアホなぶん流星(主人公)がきちんとして見えるという、バランス調整役。
 そして肝心要の脚本。これは徐々にお子様向け要素が投下される様になってきたのだけれども、あくまで話の流れにそれらが組み込まれているのであって、本作品で際立つキャラクター描写、ことネロス軍団員の個性、その行動ぶりは健在といった印象。例えば「キャンプ先で子供が遊んでいたら秘密基地の入り口を見付けてしまった」とか、「捨てられた飼い犬が敵軍団の兵器実験の的にされる」といった、日常生活が悪の軍団にリンクしてしまう突っ込み所満載の不自然な構成なんていうのは、あくまで話の取っ掛かりとして子供向けの要素が使われているのであって、最終的に「動物は可愛い、その命を奪うなんて俺には出来ねぇ」などと戦車型ロボット兵が身を挺して捨て犬を庇う、話のキモさえ生きていればこれはメタルダーの脚本なのだと十分思える。事件発生の流れなんてのは描き方の問題であって、描かれるその内容こそが肝要。見るべき部分とそうでない部分さえはっきりしてれば、後はどうにでも脳内補正してしまえば良い。ぶっちゃけ、戦場に紛れ込んだ野ウサギと話としては同じだし。まぁ正確に言えば家庭のペット問題とのミックス脚本なんですけども。だから勿論、全体として違和感も無く完璧にまとまっているのが理想ではあるけどさ。逆にそれに固執する余り、本来描くべき内容が制限されても困るしね。荒削りでも尖ってるこれは安心出来る。

 まぁ、こう言っておきながら今後どんどん瓦解していくのかもしれませんガ!(笑)
 それでもこれまで確立してきた印象だけでも十分。この辺、「ああ、とうとう機甲軍団にまでこんな事を言い出す奴が」ってな、ネロス軍団員の面白さはこの作品最大のキモなので、これはまた最終回を迎えた暁に書いてみたい。有名なビックウェインも良いけど、個人的にはゴチャックと、ボスのバルスキーも捨て難い。

こいつはすごいぜ!

 某CS局で始まった超人機メタルダー、これはまた懐かしい。
 赤青左右分割ロボットで心がテーマというとキカイダーのオマージュとしか言い様がないけど、個人的にはこちらの世代なのですな。最終回が実に印象深い、というかそれ以外の殆どは忘れてたんだけど(笑)。そもそもこの手の物で自分が見たのはギャバンとこれと、あとバイクロッサーくらい? 子供の番組選択基準ってよく分からないよなぁと思う(笑)。

 んで、これはたまたま局の紹介番組を見て知ったのだけれど、「第一話から敵の軍団が勢揃い」、これは実際に見てみると凄い。普通は幹部クラスだけで固める敵基地描写で、毎回律儀に全員招集掛けてるっぽい。いや最初はOPと第一話だけかと思ってたら二話三話と続けてるっぽいし。いやもう、コレ予算とか大丈夫だったのか?と心配してしまうくらい(笑)。
 その代償にか主人公側は地味だったし(マシンがただのファミリアもどき)、第一話で幹部に負けるわ、第二話では敵の両腕を折り首をへし折り、トドメにレーザーアームで叩き切り、「これが死か」と。どうやらずっとこんな調子らしい作品性の問題もあってか、不人気で打ち切りになってしまったみたいだけどね。
 しかし昨今はちと娯楽性が過ぎるというか、東映特撮シリーズの変珍集団コメディっぷりに馴染めない自分としては、これくらいシンプルなテーマ物が丁度良いですわ。

 書き損ねてたけど、以前やってた「レインボーマン」もなかなか凄かった。悪者側の描写の徹底ぶりといい、主人公の真っ直ぐな純真さといい(まぁそれが時々痛々しくさえもあったけど)、何て言うか、作り手の魂を感じる作品だったよなぁと思う。