クマー

 リアル・クマパジャマ
 取り敢えずファンとして、そ、そんな餌に(ry
 この喰われている以外の何物でもないリアル系の顔造形は、当時にあったら間違いなくネタにされていたんだろうなぁ(笑)。

 一応、元ネタはこういうの
 今なら萌え扱いになるんだろうけど、そもそもが似つかわしくない作品で、違和感を通り越して馴染んでいたような気もしないでもない、そんな感じの。

記憶は記録

 いかん、昨日のもまた何だかなぁ。
 素直に「ラフっておもろいよね」で済む話の筈だったのに。
 気付けば昨今のドス黒い情念が折り混ざってしまった。
 というか今週は何だかノリが悪すぎる。
 単に(無意味な)寝不足じゃないの、という気もするけど(ぉ)。

 んでどうしたもんかと思ってたら、某氏から唐突に懐かしやlainの携帯NAVIの話が出てきたので、ちょっくらHDDの片隅に眠っていた画像を発掘。
img img
 いやぁ実に懐かしい。
 ついでにlif:00(販促映像)で1話を掻い摘んでみたりして。嗚呼、これですよこれ。この無音っぷりが実に素晴らしい。強いて言えば親父の奇声も聞きたかった(笑)。
 しかし、前に闇春香サン云々書いたりしたけどやっぱ原点は違うなぁ。もう大分忘れてるし久々に見てみようかな。恥ずかしながら初めて買ったDVDですので。

 あと、lif:00の後半で紹介されてるゲーム版、あれは今触れたらどう思うのだろう。
 如何せんUIが素晴らしすぎてプレイを拒絶してしまうのだけど、「人様の日記盗み読みゲーム(ゲーム?)」というのはなかなか新鮮だったと思う。日記の断片から全体を組み上げていく課程は当時も結構好きだった。ただ(これは当時も書いたんだけど)、断片とは言いながらもそれ自体は順列的に拾える構造ではあって、これをいっそ、日記毎に張られている関連リンクを辿って本当にバラバラに読んで繋ぎ合わせていくしかないという、ちょっぴり無茶な構造にしたら面白そうだったのになと(ゲーム内でそれをやろうとすると「戻る」機能が無いので死ねる)。正に今でいうblogみたいなものだしね、それ。そう考えると楽しそうなのだけど。
 因みに、確かデータ自体は汎用のローダーで読める物だったので全部吸い出して自分で関連図作ってやりゃいけるかも?、と思った事はある。膨大な作業量がその全てなので流石に躊躇したけど。アニメ版に比してゲーム版はそんなにハマってはいなかったしなぁ。しかも折角作ったところで自分は作業段階でデータに触れるので真っ新な状態でプレイする事は出来ない、そこがジレンマ。物としては興味あるんだけど。
 ここで、記憶を限定的に消去というか外部記憶に移しておいて後で再結合、などという事の出来る素敵な時代が来ませんかと思いつつ。なんだこのオチ(笑)。SFは面白いなァ。