現代版ゴジラ

 前回エントリが盛大な前フリになることに後付けで気付いてしまった時点で今月のミッションは決まっていた筈なんですが、さて(少し前の)連休を活用しようかなという矢先にスマホがぶっ壊れやがりまして。いや、またかよ!と(二代続いて再起不能からの買い換え)

 しかし今は正直色々時期が悪くてロクな候補も上がらない時勢なもんで。ちょっと思うところもあって低コスト路線のZenfone3を選んでみたんですが。まぁ案の定と申しますかね。一応断っておくと「値段それなり」ではありますが。
 元々細かい人間ではあるので、今後の自分のためにも今回気になった点をつらつら書き残しておこうシリーズを展開するつもりだったんですが、結局何を書いても愚痴に収束しそうな気配に流石に萎えてきたというか。次々あれやこれやと発覚する事実に最早、怒りと諦めの同居した苛立ちが隠せない。
 まぁ最近、ブチ切れ金剛ゲージが常にフル充填の一歩手前で止まっているかのような危うさにあるのは正直自覚できてしまっているんですが。もっと出力を上げて楽しく怒れる人間になれればいいのでしょうか、とよく思います(ぉ)。

 そんなこんなの所に、「見た方がいい」と言われながら(隣町まで行くのを)億劫がっていたら公開終わっちゃうよ、ということで「シン・ゴジラ」を見てきたら、正に評判通り、「いや~、良かったなー」と。折角書くならこういう話の方がいいんじゃないかと。

 最初に思ったのは「真面目に作ればここまで出来るんじゃん」と。ほんとこの一言。
 邦画はまるで詳しくないとはいえ、それでもたまに見るものや世間の評判からも容易に想像しうる惨状ではあった。海外からも「日本人はバカなのか」と言われるくらい。「いやもう誰も興味が無いだけですから」「ほっといてるだけですから、勘違いしないで下さい」とか、それくらい邦画の腐敗っぷりには目も当てられない。
 その点、実に潔く駄目なところをバッサバッサと切り落としていったかのような出来映えには感心したというか、作中の「日本はまだやれる」にその思いが込められまくっていたとしか言いようがない。
 あるいはもっと言葉を選ばずに言えば、「これを機にゴミは一掃されて欲しい」と申しますか(酷)。いやほんと一度これくらい言っておくべき。

 またゴジラ映画としても本家日本の面目躍如というか。シンと銘打っただけの事はある。
 個人的にはゴジラは初代が全てで、以後の娯楽怪獣特撮の部分には全く興味がないとは断っておきますが。いやそりゃ自分も幼少の頃は兄貴のお下がりの怪獣図鑑をワクワクしながら眺めていた世代ですけどね。でも「大宇宙ブラックホール第三惑星人」とか、幾ら大衆娯楽路線にしたって子供騙しにも限度があるだろうと。ビオランテなんかもコンセプトが好きだっただけに脚本の酷さにガッカリした記憶があるし。友人と話していて、邦画の癌は「クソな脚本とクソな演出」という話になったけど本当にそう。
 それだけにハリウッドの二作目GODZILLA(トカゲじゃない方のリベンジ版)も興味はありつつも見損ねていたんですが、今回、「あー、これには敵わないだろうな」というか、現代版ゴジラというべきものをきちんと日本から出せて本当に良かったなと思う。

 もっともベタ褒めするだけじゃなくてやっぱり「庵野だな…」って部分もあるんですが、でも「庵野だな!」って良い意味の部分が強いからこそのこの高評価だとは思う。
 やはり難点を挙げると、まぁありがちな「語りすぎのオタク脚本」。台詞が多すぎて字幕にしても吹き替えにしても相当ネックで、海外での評価がどうなるかなという点では不安も覚えるところ。
 玄人に受ければいい、のでは結局は今までのまんまだし。そもそもが説明好きはアニメ畑の悪い癖以外の何物でもない。綿密に見せるリアリティがゴジラのヤバさの演出に繋がっているというのは大きいけれども、そこは綿密な地固めをしつつも、それを簡潔に見せる力量ってのは必要だし、それこそが自分が洋ドラ・cartoonを評するところでもある。
 ここは我々は「庵野だからね、仕方ないね」で済むけれども。中央の一番いい席を取りつつも遅れて来た子連れの親御さんには果たしてどう見えていたのかなぁ。

 まぁでもゴジラの演出は本当に随一。
 「あ、これ、あかんやつや」感が半端ない。ここは流石アニメーター、というところ。
 多方面に遠慮せずに清々しいまでの負けっぷり破壊っぷり。自衛隊だろうが米軍だろうが。
 たぶん庵野としては「怪獣なんだから、勝てないし、壊されてナンボでしょ」くらいの当然の帰結であって、その為には手段は選ばないと。
 結局諸々バッサバッサと出来たのも、「そんなの駄目」「いらない」と庵野が思うままに突き進んだ結果なんだろうなと思う。「スタッフ全員と喧嘩した」というけどそりゃするわ(笑)。

 この辺、作中にある「スクラップ&ビルド」という言葉も、シナリオ上の言葉に留まらず、むしろコンテンツ業界全てに向けての台詞としか思えなかったり。それも普通に考えれば皮肉なんだけども、ごく当然のように思っていそうというか、「悪意なき本音」みたいなのは感じたところ(笑)。

 いやホント、「これを機に」というのは色々な意味で感じたところでありまする。

一足遅れの怪獣図鑑育ち

 さて、年末ゴジラの敗戦処理。
 いやあどうせ敗戦だとは分かっちゃいるんですが、万一面白かったらどうしようと、一度録ってしまった物を捨てられない貧乏性炸裂。

・ゴジラvsモスラ
 ま、負けた? ゴジラがイモ虫に負けた?(驚愕)
 流石にびっくらこきました。
 よもや幼虫のまんまゴジラと相対して糸を吹きかけて撃退しちゃうとは夢にも思いませんでしたよ。第一、口から吐くんならゴジラの方がよっぽど凶悪なもの吐いてるんちゃうんかいと(苦笑)。アンギラスの喉を噛み切って息の根を止めた挙げ句に熱線で消し炭に変えた昔を思うと切なくもなる。
 そもそも自分の中でのモスラのイメージは王蟲ばりに暴走して国会議事堂に突っ込んで繭を作る大迷惑怪獣の一派だったので、羽化しないのも予想外。それに基本的に正義の味方怪獣だったんだなと。どうも怪獣図鑑の刷り込みが偏りすぎてていけません(笑)。
 まぁ桜玉吉のモスラ新幹線の元ネタが確認できたということで。

・三大怪獣 地球最大の決戦
 vsキングギドラ。
 ラドン?何それ、ギャオスじゃないの?(違)、という程度の知識なので三大と言われても何だろうという感じだったけど。まぁ三本首の怪獣に対し3匹の怪獣(ゴジラ・モスラ・ラドン)が手を合わせ戦う作品。
 まぁ要するにゴジラの善玉転身の第一歩です。
 最後も決着はつかずただ逃げ去ってまた来週~という展開も、折角元祖ギドラの勇姿を拝もうと思っていた自分には正直肩透かしではあったけど。既に年末お楽しみ映画シリーズと位置付けられていたからしょうがないのだろうなぁ。
 因みに、自衛隊を追い出されたアマギ隊員と、芹沢博士のクローンを発見(ウソ注意)

・ゴジラvsメガロ
 また打って変わって後期作品。
 この頃になるともう完全に善悪は二分化されていて、メガロ・ガイガンの悪玉コンビ vs ゴジラ・ジェットジャガーの善玉コンビの怪獣タッグプロレス。
 でもってジェットジャガー大活躍。ヘドラの時に覚悟は出来ていたけど、思いっきりウルトラポーズで空を飛ぶ上、人間大ロボットがまさかの巨大化。地球の危機を察して意思を持ったとか、あんまり訳の分からないご都合主義もどうかとは思いますよ先生(苦笑)。でもそんなジェットジャガーが人(?)質に取られても熱線吐いちゃうゴジラは流石だったかなとは思います(笑)。
 あと昆虫怪獣メガロがちょっとカッコ良かったかな(笑)。海底王国の守り神が昆虫タイプというのがイマイチよく分かりませんが。カブト虫のツノと両腕の合わせドリルの特徴が妙に男子の心をガッチリ掴んでしまうのかもしれません。個人的にもメダロットのKBT型、の前にオモロイドのヴィークルというカブト虫ロボの洗礼を受けているので。

 しかしまぁ正直きつかった。当時を顧みるに、これが子供達の娯楽だったのだと思えば良いのだろうけどね。シリーズとして考えてしまうと、やはり最初の芹沢博士インパクトが忘れがたくはありましてね。厳しいなぁ。まぁ一応。

・ゴジラvsメカゴジラ
 前作までは物凄い勢いで子供向け映画の道をひた走っていたけれども、流石に思い直したのか対象年齢が引き上げられた感じ。まぁまだ「大宇宙ブラックホール第三惑星人」等の謎キーワードは健在ですけれど。
 しかし逆に普通にしてしまうと話題がなくなってしまう罠(苦笑)。普通すぎるのか。メカゴジラとキングシーサーとで話が二分したのも不味かったんだろうなぁ。偽物対決に集中しろと。カッコ良かったとは思うんだけどね。首の覗き穴排気口とか(ぉ)。
 尚、芹沢博士のクローンはまた物騒なアイテムを発明した模様(ウソ注意)

・メカゴジラの逆襲
 一応最終作だったのでこれも。
 最後だからか戦闘シーンも盛大に発破かまして盛り立てていたような気もしなくもなく(笑)。
 また最後はやっぱり芹沢博士と言う事なのか、再び話の軸に。彼のクローンはいよいよミスターKの因子を帯びてきた模様。まだ後悔の念はあったようですが。(ウソ注意)
 いやまぁ要するにマッドサイエンティストの復讐と悲劇という方向でした。まあまあかな。ただどうしても一緒に居た大宇宙ブラ(ry のダサい珍妙なヘルメットが気になってしょうがなくて、、(笑)。

 こんな感じで昭和シリーズ抜粋終了。
 ゴジラ以下の怪獣映画というと、手前勝手なイメージでは日本を舞台に縄張り争いして過ぎ去っていく超自然災害の一種だったのだけれど、こうして元祖昭和シリーズを見るに、まぁ都合の良い解釈だったのか、後は平成シリーズの記憶もごっちゃになっているのかもね。
 そんなのもあって当初は予定していなかった平成シリーズもほんの少々録ってみましたが、まぁまたいつの日にか(笑)。

水中酸素破壊剤

 CSの年末一挙放送「ゴジラ」を見てみた。
 リアルタイム世代には程遠い、既に児童向け娯楽映画へと転向しきった後の姿を怪獣図鑑で追いかけた程度の認識としては、やはり元祖というものは気になるので見てみた。流石に全作品は無理なので他はちょいちょいつまみ食いな感じで。
imgimg
 この短い腕を振り回す不器用な直立歩行形態は、ああグリムロックの元祖だなと。<そっちか(ぉ)

 ともあれ、もうちょっと恐怖映画の色が濃いのかと思い込んでいたけどそうではなかった。
 実際は反戦・反核がテーマ。ストレートにしてシンプル。しかしそれだけに込められた思いというか演技の意気込みが違う。いやもう芹沢博士カッチョ良すぎですよ。核の落とし子たるゴジラに対抗しうる新発明オキシジェンデストロイヤー。しかしその更なる力の応酬は、
imgimg
 「科学者として、いや、一個の人間として許す訳にはいかない。そうだろう?」
 そして彼の苦悩は一つの結末を迎える、と。

 嗚呼、自分もこれくらい実直に生きてみたいものです。
 すみません、プログラマとして一個の人間として恥ずべきコードを黙認してばかりの毎日です(激ぉ)。
 いや最初は何この矢部浩之似(?)のアイパッチ博士?くらいの認識だったんだけど、その熱演ぶりにすっかり引き込まれてしまった。そうして見れば見るほど、あれどっかで見たことないかこの人?と思ったらあれですよあれ、ミスターK!(レインボーマン) あれもまた凄まじい信念(但し歪んだ方向の)に染まった名キャラですよ。成る程これはますます惚れ込んでしまいそうだ(笑)。

 当初は、こういうシンプルなテーマを掘り下げていくような作品はもはや大衆映画という土壌では作り得ないものなのだろうか、とかそんな事を考えようかと思ってたんですけどね。ははは。

 その他。気になったものから。

・ゴジラの逆襲
 二度目の来襲は既に超自然災害化した怪獣退治物語。まぁしゃあないね。構成としては結構落ち着いて見られた物なんだけど、どうしても視聴者的インパクトが弱いのが、以後の娯楽映画化への流れに繋がったのだろうなとは思ってしまう。

・キングコングvsゴジラ
 日米大スターの競演(笑)。まぁ娯楽化の走りです。
 どっちかと人員動員数が増えて賑やかになった画面作りの違いの方が目に入ったかな。若き日の高島忠夫の演技が光る、とかそういう(笑)。まぁ個人的には、オキシジェンデストロイヤーを闇に葬り去った筈の芹沢博士がパッチ外して偽名で生き延びていたことと、ウルトラセブンのアマギ隊員の自衛隊勤務時代の姿を目にした事かな(ウソ注意)。そういや同ウルトラ警備隊の長官の一人も出ていたね。何というか時代を感じまくりました(笑)。

・ゴジラvsヘドラ
 随分飛んで中期の作品。取り敢えず公害怪獣という異色作に興味を覚えて。子供の頃に見た怪獣図鑑でも一際異彩を放って忘れ難いインパクトがあったから。こうして初視聴。
 って、、、何だろこのウルトラマン・ゴジラ。
 もう眉毛の濃い青年キャラがいつ「デュワ」とか言い出すか気が気じゃない感じでした(笑)。
 まぁ成る程、これが子供のヒーロー化した時代のゴジラの姿なんだなと。阿漕な迄の公害テーマ作品かと思い込んで見たから思いっきり肩透かし。私が悪いんですけど。ただ流石にゴジラが逆噴射で空を飛ぶ様は絶望を通り越した何かを垣間見た気もしましたが。
 何というか、総じて「斬新な映像表現」と称されるような奇抜なカットが多く見られた作品。たまーに見るこういう一風変わった芸を披露したがるのは、まぁ純粋なシナリオの善し悪しなら文章家に任せれば良くて、自分らは映像作家なら映像にこそ味を付けようという、そういう考えあっての事なのだろうかと思うことはあるけれども。でも手段と目的がひっくり返るような真似だけは避けて欲しく思うところ。

 後はぼちぼち歴代名キャラクターの元祖を見るつもりでチョイスしているけど、ちょっとヘドラのそれで挫けた感。まぁまた忘れた頃に。ジェットジャガーというその勇士だけは何処かで見て覚えているけれどゴジラとの繋がりはさっぱり覚えていないそれとか、是非とも楽しみにしておかないと。
 因みに、個人的には怪獣図鑑で見た頃からそのラブリーっぷりが目に焼き付いていたモゲラ(上下分離合体も頭文字表記でもない元祖の)が見たかったんだけど、あれは別作品のもののよう(「地球防衛軍」)。同局をチェックしてりゃその内出てくるかな。いやぁ、土木作業メカで地球侵略に来る宇宙人とか見てみてえなー(ぉ)。