検索の役に立つ(つもり)

 さて、気を取り直して。
 うちは一応google analyticsで検索語の統計なんかを見たりしているんですが、元々は月刊ログの検索合体事故が面白くて見ていただけのそれも、wordpressで普通の1エントリ型になってからは比較的きちんとした題材の検索が目に付くようになってきたように思う。それに昨今の世の流れがblogからtwitter/facebook等に移ってきているので、今時細々とでも雑記を書き連ねているこういう雑記blogが、比較レベルで検索ヒットしやすくなってきたのかもしれない。
 また特に最近はゲーム以外の雑記が増えてきたためか、情報的価値を求められるクエリにヒットしやすくなってきている感があるので、例えば「○○ レビュー」なんてのは、うちはtwitterの呟きに毛が生えたようなことしかやっていないのでひたすらごめんねーという感じですが、ものによっては如何にも困ってそうな調べ物もあって、そういう時は「果たしてお役に立てたのでありましょうか」などと要らぬ心配をしてみたりする昨今。
 いや自分自身、真面目な調べ物をしている時ほど、てんで使えないアフィリエイトブログ等にぶち当たった時のゲンナリ感は半端無いので、せめて少しでも世間の役に立つような情報を残しておくべきだよねと、ネットの片隅に駄文をばらまく身としての最低限の責任を考えてみた(笑)。今日はそんなお話。

 件の検索クエリは、「クラシックダンジョンx2 武器ステータスの見方」。これは「ああ、俺もこれ調べたよな」と思わされたもので。実際雑記に書こうともしてた筈なんだけど、どうやら書いていなかったみたい。
 「クラシックダンジョンX2」はいわゆるパラメータゲーなので当然ステータスの見方は重要になる。勿論そのぶんヘルプも充実していて全て網羅されているのだけれど、情報が分散していて、自分も一部のパラメータは物語中盤まで意味が分からずに保留してしまっていた。(上記クエリも多分、振りの速さや硬直パラメータのことだろうと思う)

 ヘルプの参照方法は以下の3つ。
・ひよこキャラの解説
・メニューのヘルプ
・説明書

 盲点だったのは3つ目。如何せん自分はDL版だったので(XBLAに慣れていたものだから)「DL版は説明書がないのが辛いよな」と思っていたら、ちゃんと参照方法があった。「ホームメニューのゲーム選択リスト上で△ボタンを押す」
 あとはそれぞれをきちんと見返せば必要な情報は揃っている筈。
 こういうゲームは、wikiなんかでも分かっている人間同士の情報交流にしかならないので、基本的なことは当たり前すぎて触れられないのが辛いね。

 ついでにもう一つ検索語の話をすると、「クラシックダンジョン アイリ」、
 「呼んだ?」(笑)

 まぁどうせアイリといっても知名度からして鎌を持った冥土のメイドとかその他アニメのキャラクターのことなんだろうな、と思って自分もググってみたらgoogle先生は非情でした。世間はかくも狭すぎた。
 お粗末様。

ネオジョン王

 「クラシックダンジョンX2」
 ネオジョン99Fクリア。まったく心臓に悪いゲームだ。特に90F辺りでPSPのバッテリが切れかけた時なんかね!(笑)

 Lv200デスグラトンを突破してからというもの、しばらくは力量不足でひたすらレベル上げ(転職ループ)に勤しむしかなくなったのだけれど、ランジョンもそんなに潜れない、レベルというかマナの伸びも良いわけじゃない、で流石に進展が乏しくて辛くなってきた。ローテーも何か上手くいかないし、やっぱ一人ずつ主役固定でマナを上げまくる方がいいのかなぁ(脇役で上げても転職ロスが大きすぎて、、)。それとも素直に全職経由までは我慢の一言なのだろうか。
 しょうがないので気分転換に、チート魔装陣のかみをこえしモノを持ち出してネオジョンに潜ってみた。体力回復がない(天使のゲート頼み)ので厳しいんだけど、ステータスはバカ高いので先の方のダンジョン構造を把握する目的で突撃してみた。そしたらまぁ終盤のバーナー地獄に泣きそうになりましたけどね(笑)。敵レベルは確か200も行ってなかった筈なので、ボスも含め余裕で対処できた。でもまぁやはり回復がないのは精神衛生上良くないね。取り敢えずパラメータの目安は分かったからよしとしよう。

 しかしこれまでは、ランジョンでちょっとレベル上げをしつつダンジョンの固有階層に挑んでいくというゲームの流れがあって結構バランス良く遊べていたのだけれど、今のレベル上げは一気に繰り返し色が濃くなってきた。1回ランジョンに潜るごとに1~2時間、それを10職分繰り返す、それが必要キャラ数分だとかそんな次元なので、ここに来て急に今時のゲームライクな繰り返しボリュームになってきたように思う。まぁクリアしてからが本編とはよく言ったものですけどね。う~ん。そろそろ潮時かもなぁ。

 因みに、レベル上げに疲れたところでアイリの服も描いてみた。ついでにノーマル髪。
img
 まぁ頑張った、ということで。
 専用装備をしつらえないとモヒカンサングラスのおっさん含めドリクラ店員で溢れかえってしまうことになるので、今はおえかき止まりですけどね。

お絵かき

 「クラシックダンジョンX2」
 Lv200ボス(デスグラトン)を倒したご褒美にキャラのお絵かきをしてあげた。
img
img
 相変わらずのアイリ中毒でした!(注:ポニーテールアタッチメント仕様)
 まぁ難しいのは服の方かとも思いますが、そこはいずれ出来たら。

 ついでにデスグラトン撃破時の魔装陣。いやもう脇役のマナは168しかないので必死さがよく伝わってきますね(笑)。
 この場合ステータスで一番重要なのは魔法のところで、右下の456スロットにLv-90(消費SP減らし)と魔力5の星ジュウ(3倍)のワイドで+900。この進行度にしては良い物が手に入っていたんじゃないかと思う。ここから先はワイドと星の強化しかないと思うのでそれで何処まで上げられるか。
 まぁ普通に肉弾戦用に仕立てろという話ですが。現状でやったらそれで勝てたかどうかも気になるんだけどね。再戦が出来ないので確認も取れず。

神を超えし者

 「クラシックダンジョンX2」
 Lv200ボスまで倒した。転職なしのLv99キャラで撃破。まぁ頑張った方だと思いたい。
 というか話には聞いていたけど「かみをこえしモノ」強ぇ~。魔法の性能の微妙さ故に段々と戦線についていけなくなっていた魔術師が最後の最後で面目躍如。魔力超チートで雑魚から中ボスまで片っ端から一撃で葬り去る程の超火力(Lv-90とか魔力5の3倍掛けなど使えるのが手に入っていたのが救いでもあった)。ボス戦でも負けたというより長期戦でSPが尽きてしまっただけで、その辺りを調整して再挑戦したら何とかなった。場合によってはやっぱり一撃で倒してたし、なんだ魔法も強いじゃないか(笑)、って強化の仕方が限られているので最終的には肉弾系に置いて行かれるんだろうけどね。
(というかそもそも普通に戦ってたらどうなったのかとか後で見てみようと思ったら、ボスは再戦できないの? 何てこった。)

 そして次はLv1000だそうですよ。ぐぬぬ。
 ここから先は転職で周回を重ねてキャラ強化をしていかないといけないのでなかなか骨が折れそう。つい育成効率とかを考えてしまいがちだけれど、「効率を考えると作業化する」という言葉を見掛けてギャフン。ゲームというものは難しいのぅ。
 でもまぁこれまでも必要に応じてレベル上げはしてきたけれど、一度も作業と感じることなくここまで来れたのは大きいなと思う。やはりアクションの湯加減かな。きちんと要点を押さえる必要がある分、見返りというものが感じられる。
 この点、システム的には全然クラシックではなかったけれど、アクション的にはきちんとクラシックだったので良かったなと思う。4方向(限定)アクションって重要なんですかね、やはり。

これからが本当の

 「クラシックダンジョンX2」
 取り敢えず前座ボスまで倒して仮スタッフロールが流れて、「これからが本当の地獄だ」なところ。急に敵が強くなったもんでレベル上げ祭り。

 いや、思ったよりいいね。
 まずやっぱりアクションが良い。敵キャラの動きにきちんとした癖があって個々の対応パターンが明確。どの敵も無理なく捌けるようになっているその湯加減が適度で良い。盾が基本的に有能なので、攻撃を下手に躱すより盾で正面に構えてガード後反撃の方が手っ取り早いという懸念もあったけれど、多段ヒットの敵には思わぬ削られ方をすることもあり、受けなくて良い攻撃は受けずに済ますというアクション性がやはりきちんと求められている。
 また魔装陣の方も徐々に旨味が見えてきた気がする。終盤になってレベル1の仲間が加わったところで、初期の限られた陣形で如何に上手く強化するかというのを再試行する機会が持てたのは良かった(強いて言えば一気に3人入れるくらいなら段階的に入れる方が良かったのにね。物語の都合とはいえ)。コツも掴めてきたところで、手持ちのコマが段々揃ってきたのもあって、目一杯攻撃力特化で弓やハンマーを振り回して暴れ回ってみたりも。いやまぁ重要なところはソードですけどね。
 ランジョンも、ネオジョンの旨味が全然分からなかったのだけれど、サンジョンに入れば初期から敵レベルが高いのでレベル上げに向いているし、ヘブンでレアアイテムもゲット出来るということに気付いた。

 そんな感じで、(ゲーム的にはまだまだこれからなんだろうけど)徐々に良さが見えてきた。
 レベル上げひいては魔装陣の強化は、次のダンジョンに向かうために必要だから強くしていく、というのが当たり前のことなのだけれど意欲的に遊べて良いね。

クラシックダンジョンX2

 そろそろPSPを少しでも成仏させようと、クラシックダンジョンX2を何となく購入してみた。
 いや積みゲーを崩すつもりだったんだけどね。以前落としたデモ版が目に入って、プレイしてみたら意外と遊べる気がしてきたのでそのままDL購入。また製品版で一からやるのもめんどくさいからと途中で切り上げたんだけど、そのままデモ版のセーブデータが使えるとは。良い配慮。

 購入前に軽くネット上の感想を見たところ、「敵ばかり強くてプレイヤーの性能が低い」というのを見掛けたのだけれど、むしろそれはゲーム性というものなのではなかろうかと。アクションの制約がゲーム性を生むというのはゲームデザインの基礎。いわゆる「無双」系のゲームデザインに慣れた世代には苦痛に思えるゲーム性、というのも一つの購入ポイントと言えたと思う。成る程、クラシックの名は伊達ではないのかと。
 ただ武器の中でもソードは比較的万能な方で、対して他がちょっと微妙な感じもするけれど、そこを敢えて弓矢でチキン戦法に勤しんでみたりしても案外遊べている。鈍器(斧)用のキャラクターも作ってたんだけど、鈍器使えないとか言われちゃってるんだけどどうしよう(笑)。

 まぁゆくゆくはそんなことは言ってられないくらいのパラメータ強化やり込みゲーになっていくのは分かってますけどね。魔装陣のシステムがこれまたえらい複雑でちょっと滅入る。っていうか最初にデモ版を起動した時はこの説明が現れた時点で「こりゃ面倒だ」とやめていたという(笑)。
 というかこのシステム、ただ複雑だというだけでなくて、「後々にならないと真価が発揮されない」というのが引っ掛かるところなんだよね。見た感じ、本編クリアに至ってもまだまだみたいで、いわゆる「クリアしてからが本番」という。ランジョン(ランダムダンジョン)なんかもそうなんだけど、何と言うかもっとこう終着点でばかり考えずに普通にプレイしている段階で楽しめるゲームデザインであって欲しい。

 まー、取り敢えず本編クリアまでちまちま頑張ってからまた考えますけどね。
 ゲーム内の小ネタにハイドライド3のED関係が入っているとかで、作り手の世代的に共感できる気がするのはいいことかな。こちとらハイドライド3はうっかり怪物でプレイしてしまったが故にクリア出来なかったゲームの一つですが(笑)。