終わり良ければ

 さて、大分間が空いてしまったけど「ガーゴイルズ」、漸く見終えましたよ。

 いやぁ、曰く付きの第3シーズン、やっぱり微妙(笑)。
 もうどうしたもんかと思ったけど、でも最後の最後は持ち直したような? ザナトスとの掛け合いの辺りにらしさが垣間見えたというか。お話自体は「もう次は無いな」と思わせる大団円的ハッピーエンドなんだけども、細かい台詞の端々にキャラクター本来の姿が感じ取れたような気がする。正直ほっとした。
 個人的な第3シーズンの一番の不調っぷりは、とにかくキャラクターの違和感に尽きる。
 悪党ザナトスが文字通り改心して善人的発言までかますし、ブロードウェイとアンジェラはいつの間にかくっついてるし(例の代理の件からでは急展開にも程がある)、ハドソンはTVが映らないだけで基地外みたいに暴れるし。(お話として)やりたい事は分かるんだけど、やりたい事にキャラを当てはめてないか?という、(入れ替わったスタッフが)それまでの経緯・設定だけを拾って組み立てた感覚。だから、「こいつはこんな事言わない/やらない」という拒絶反応が先に来てしまう。
 まぁ描き手が変われば見え方も変わる、という話なのかもしれないけど、自分はそれを受け入れられる事が出来なかったと。やっぱり、ザナトス相手に「(この気持ちが)あなたに分かる訳が無い」と冷たく言い放つくらいがこの作品ってものだよなぁとつくづく思ってしまうのでありまする。最終話のあの何気ない一言がビビッと来ましたよ、ええ。

 あとまぁやはり、シナリオ面での変化もファン受けしなかった所だとは思うけどね。
 このガーゴイルズという作品は、現代に蘇った中世ファンタジーというコンセプトから、中世の魔法と近代科学とを全く何の躊躇も無く取り混ぜるシナリオを生み出した所にその面白さの一端があったと思う。この辺、DQやFFというコンシューマRPGで育ってきた世代としてはどうしても「魔法と科学は相容れないもの」という先入観が非常に強く、せいぜいやるとしてもスチームパンク的な非現実性ありきと言った風に、昨今ご無沙汰な世界観ではあったところ。しかし思い返せば「Ultima」(3までのソーサリア時代)といい「Might & Magic」といい、海の向こうでは比較的派手にやらかしていた事ではある訳で、こうして改めて(良い意味での)無節操な融合っぷりを見せ付けられると、ああ成る程、故アーサー・C・クラークの「非常に進んだ科学は魔法と区別がつかない」の言葉はこういう事かと(笑)。いや実際、1000年の呪いの解法を現代科学で再現する、という所から話が始まっているんだよね。
 それだけに、第三シーズンに入ってからの「人類との共存」というテーマ性は、ぶっちゃけた話、よくある米国の人種問題の派生に過ぎないし、そういうのはX-MENでやろうよ、という見方にもなってしまう。取り立ててコレと言える良さが出ていた訳でもないしね、、。

 それともう一つ、この作品最大の特徴であろう、複数のシナリオラインが並行展開して最終的に交錯するという、ストーリー構成の妙。これが成りを潜めたのも痛かったね。
 単なるオムニバス的な話かと思いきや、「前回までのガーゴイルズは」の短い回想一つでまた唐突にその続きを語り始めるという。当初から想定済みなのかそれとも単なる思い付きで辻褄を合わせただけなのか、その繋ぎの豪快さには「ええ?これ伏線だったの?」と思わず唸らずには居られない。しかもそれが巡り巡って一つの結末に収束するという。もう一体何処から枝が伸びて幹たり得るのか、全く予想つかないというか予想したくないというか(笑)。
 まぁ、シーズン2最大の幹と言えるアヴァロン編の最後で、アヴァロン王が巨大化してビルに取り付くという、真面目にやってるんだけどギャグにしか見えない絵面は如何にもガーゴイルズクオリティってなもんですが(笑)。

 ともあれ、面白いんだけど何処か珍妙、ってのはTFに通じる気もしなくもない。向こうの国の伝統的パターンなのかもね。いやもう大好きですけど(笑)。

時の流れは変えられない

 前回までのガーゴイルズは、(<いつもの冒頭の一言)

「レジスタンス最初の英雄だ」
「この時が来るのをどれだけ待った事か!」(殴打)
「もうよせ、戻ってくれたんだ、それで十分だよ」 「! 目が、、」
「よく帰ってきてくれたね。ちょっと遅すぎたけど」
imgimgimgimg

 絶望の未来、という奴です。(#56 悪魔のマンハッタン)
 それにしても惨い。ブルックリンの反応まではまだ喜んで見てたけど、後の二人の変わり様には泣けた。40年も経てば人は変わるというもので。ああ、やっぱ悲劇編はキャラあってこそだなぁ、と再認識。
 しかし30分モノのシーズン中盤にして余りにも容赦なくバタバタと殺していくものだから、流石に「これはもう夢オチしか有り得ない」という見方にはなるんだけど、これがもしシーズン終盤のクライマックスで前後編に分けてじっくり描かれようものなら、もう「どうする、どうなる?」と、ましてや「今度こそ本当にリストラか!?」などと気が気でなかったろうに(笑)。
 ただ、実はこの話のベースには「フェニックスの門(紋?)」という時を越える魔法のアイテムがあって、そこでこういう架空の未来を持ってして、その「時を越える力と向き合う」というシナリオに持って行く辺りがなかなか面白い。こういう主題であればこそ30分で手早くまとめ得るのだろう。肝心なのは、切り札を持ちながらも最後まで現実を受け入れる主人公。
 そうして見てみると、頑固なだけで茶目っ気もない、まるでG1コンボイに対するギャラクシーコンボイ(正に中の人繋がり)の如くカリスマ性に欠けていたゴライアスも、きちんとリーダーとして成長していたという訳ですね。珍遊記もとい諸国漫遊記も決して無駄ではなかったのだと(笑)。

 それにしてもこの回、作画がまた気張っていて。
 実に10年前の作品なので日本が下請け作画やってる時代なんだけど、特に今回はパースの取り方がもろに和製アニメ(笑)。TFでも稀にやらかしてたけどそういうノリ。
imgimg
 他にも腕がロングビームキャノンに変形するところとかもうね(笑)。
 んで矢鱈と格好付けたと思えば今度は、
img
 こういう全身回転ゴマとかのアホなアクションかましてみたり。
 色々な意味でスタッフもノリノリだったに違いない(笑)。

 ま、たまにアホというか不思議な脚本もあるんだけど、やはり素地がしっかりしてるという印象があって安心して見ていられるのが良い。TF animatedも楽しみだなぁ。

夜型にも程がある

 さて、二周遅れでやっと見始めましたよ、JETIXの「ガーゴイルズ」の新エピソード。
 1周目も僅差で逃して、2周目も構えておきながら直前になって忘れて逃して(アホ)、しょうがないからもうHDDの容量圧迫覚悟で全部溜め込んで3周目ループの頭で全話揃えられたので、これからモリモリと耐久視聴レースの始まりですよ(ぉ)。

 しかし前回からかなり微妙だった諸国漫遊記というか珍遊記?(ぉ)がまだ続いていて、いい加減眠くなってきたところ、ようやっと戻って参りましたよ、マンハッタン残留組。てっきりあのままリストラされてしまったのかと結構マジで心配しかけていた(笑)。

 んでリーダー失踪の状況下で、
(御意見番の老兵:)「さて問題はこれからどうするかだ」
(新米サブリーダー:)「こっち見んなよ」

 いやぁコレですよコレ。このブルックリン(赤いの)のキャラが大好き。
 元々3バカ長男のポジションだったのが、「お前しか居ない」という文字通りの消去法でサブリーダーにされただけなので、まだまだ血気盛んなお年頃、ましてやリーダーの代役なんて厄介事は御免だぜ感が溢れてて実に堪らない。それでも他の頼りない2人に比して判断力・洞察力を見せるなど、リーダーとしての立ち位置を全うしようとしている姿勢がこれまた好きな所。やはりお話というのはきちんと各人が各人なりの思考を持って役割を果たしてこそ、というものですよ。
 だからだろうなぁ、この3バカ+老兵がすっぽ抜けた諸国漫遊編は、主役リーダーの立ち位置を強める狙いがあったのかもしれないけれど、実際は弾不足で物足りないだけの代物だったと言えなくもない。

 それにしても戻ってきて本当に安心した。1話辺りの満足度が急速に回復(笑)。やっぱ地味に好きだなぁ、この番組。地味に。こっち系のCartoonというか洋アニメは久方ぶりだしね。
 ま、このあと、スタッフが変わってしまい本国ファンには評判が悪かったらしいシーズン3が待っているので果たしてどうなるか戦々恐々、ワクテカが止まらないとここはすっとぼけてみる。