久々WRC

 はてさて、めっきり雑記を後回しにする癖がついてしまったtwitter云々以前の問題です。影響0とは言わないけど)。今回も既に先週末の、日記にはほど遠い雑記。あれ?いつものことか。

 という訳で、久々にJ-SPORTS ESPNのWRCの放送を見てみた。
 スノーラリーの開幕戦スウェディッシュ。セブを相手にミッコの完勝、マルコム・ウィルソンの「YES!」、久々に聞いたな~(笑)。ミッコはここ最近絶好調で「覚醒」と騒がれまくってるけど、果たして次のグラベル戦でどうなりますか。自分はやっぱり未だにミッコの躍進が信じられなくて(笑)、次でいきなりフルボッコにされたらどうしようとかついつい考えてしまいますが。まぁマッチポンプ(とほほ)のラトバラ君とは違うのだよ!と皆思ってるだろうから安心して見守りたい。
 何より、負けてる筈のセブが何か楽しそうなんだよね。「0.2秒勝ったが?」「このまま行けば二週間後には僕がトップだね」とか。うわ、セブが冗談言ってるよ!みたいな(笑)。正直久方ぶりに見たというのもあるけれど、一時期のセブは本当につまらなそうだったからね(勝つことが義務化していて)。やはり競っている時が誰しも楽しいものだと思わされる。後はここに復活ペタ-が絡んできたら嬉しいね、とか軽い夢を見てみましょう。

 因みに今年のスウェディッシュは他にも話題が盛り沢山。我らがマーカスのゲスト参戦は勿論のこと、ペタ-がようやっと一線級WRカーで参戦、そして元F1王者のキミ・ライコネンのほぼフル参戦。
 これはインタビューが楽しみでしょうがありませんよ。って全然出てこねぇ~~(笑)。
 まぁ順位を考えれば致し方のないところですが。ペタ-は何だか不調だったし、マーカスもマシントラブルで奮わなかった。まぁそれでも彼らしいのは、Sagenという「全ラリー中で最も好きで、所有するレストランの名前にまでしてしまっているSS」でちゃっかりしっかりトップタイムを獲っているところ。「この為に来た」と公言してるけど本当にこの為にしか来てねぇ~~(笑)。まぁ目的通りきちんと楽しんでくれたようで何より。もう一回くらい出てシトロエンのボスのオリビエ・ケネルをギャフンと言わせて欲しいね(笑)。

 でもって、正直言って自分は全く興味の外だったキミ・ライコネン。F1でシートを無くして転向してきた訳ですが、経験が物を言うスポーツなのでいきなりトップという事もなかろうし、何処ぞの親の七光りドライバーみたいに金の力でただ出場してるだけの存在になったら困るよね、という事で暫くは様子見くらいにしか思っていなかったのが本音。
 だけれどもESPN番組のご存知福井さん曰く、「キミ・ライコネン(のような外から来た人)が心底ラリーを好きになって、仲間になって欲しい」し、「ラリーファンもそういう観点できちんと迎えて盛り立てて行って欲しい」と。やっぱりお爺ちゃん年の功というものですか、言うこと違うなぁ。自分は反省しないといけませんね。

 うぉう、軽く書く訓練の筈が結局いつも通りですよ。これでも番組の感想とか省いたのに(笑)。

鮪フォルム(何)

 見事に書きそびれたというか書き忘れたというか(後者)。
 次々戦ポルトガルでマーカスがインプレッサ2008で復活ですよ~。
 元々今期スバルで走るつもりでオジャンになってしまったものが、ゲストドライバーという形で限定参戦。まぁやっぱり、今の絶不調インプかよ~、というのが気になってしまう所ですガ。
>今のところこれは一度きりの出走だが、彼が気に入るかどうか、様子を見てみよう
という関係者の一言がどうしても笑えてしまう。
 まぁ久々にマジ切れのマーカスが見られて面白かったりするのかもね(ぉ)。
 いやホントは今時の若造ドライバーを蹴散らしてポディウムに登る姿を期待したいんですけど。マーカスならやってくれるのか、でもそれでペターの立場がなくなってしまうのか(ぉ)。<こんなんばっか

 因みに次期WRカーはまた土壇場でターボ無しS2000になってしまった模様。
 さて、「ただのS2000なら辞める」のセブはどうするのだろうね。エンジン回転数は弄るらしいけど、+500だか上がる程度で満足するんかなぁ。
 ぶっちゃけ、暗い話ばかりのWRCよりも、IRCのDayニュースを読んだ時の方が面白く感じてしまった。

鮪再び?

 WRC。マーカス(・グロンホルム)、よもやのスバル入り!?
 まだ正式発表はないけど、ペターが自サイトで漏らしたらしいので流石にエース級が大ボラ吹きというオチも酷いからやはり本当か。うーん、素直に喜べない、、、(苦笑)。
 まぁローブ専用チームのシトロエンじゃあ居心地も悪いし、フォードも折角育ち始めた若者タッグの事を考えると入れ込みづらいのは解るし、残る選択肢はスバルしかないのは見えてましたが。しかしマーカスがあんな出来損ないマシン(失礼だけど今現在の事実)に乗る事を承知するとは思えなかったんだよね。だからフォードの線が薄まった時点でもう無いなと思ってたんだけど、一体どういう風の吹き回しだろう。正直、フィンランドでセブにボロ負けるマーカスなんて見たくもないよ。奇跡?そんなものとは最も程遠いのが今のWRC、というようなものだからなぁ(苦笑)。
 まぁまたマーカスには珍台詞でも期待させて貰いますかね。「夜空の星を見るのも嫌になってきたよ」とか(激ぉ)。

 などと言いたい事書いちゃいましたが、ま、正直なところマーカスが抜けてしまって「そして誰も居なくなった」という空気が漂いまくっていたので、キャラクター的にもやはり望まれては居る事なのですよ。勿論、相応の速さが無いと話にはなりませんが。だからスバルほんと頑張れよと。

ベテラン扱いに遠い目

 さぁ、気付けばラリージャパン開催ですよ。
 こんな時期にまでずらされたものだから初雪?(実際には降らなかったのかな)だのなんだので路面が荒れ荒れでキャンセルが相次いでるそうな。日本の道はそんな世界に通じる仕様になってないのでもうちっとお手柔らかに。しかしwrc.comのインカー映像を見ても、ほんと「フツーの田舎道」以外の何物でもないよなぁ(笑)。
 でもって、なんとセレモニアルスタートでマーカスが登場したそうで。(無料会員登録しないと見れないと思いますが)「おお、久々」と喜んで写真を叩いたらそれはセブのものだった罠(笑)。
 あとこんな初心者マークネタもある模様。
 トニガルなにやってんのよと思ったら、ラリーX情報によるとジュネーブ条約に締結していない国の国際免許は使えないから日本の免許をさくっと取ったとのこと。写真も上がってて、本籍が「フィンランド」なんて免許は初めて見た、というか二度と見ないと思う(笑)。
 しかし幾ら取りたてだからって若葉マーク貼って走っちゃう辺りが何ともお気楽極楽でたまりません。

悪というか微妙趣味モード

 この流れなら行ける!のか?
 ということで、趣味的に場違いもいい所なので会合の場では出せなかったネタ。
img
 以前にも話題に挙げたアニメ同人系スポンサーでラリー参戦をしている方の、インカー映像DVD。折角の機会だからと注文してみた。
 しかし発送が遅れたということで特製ステッカーを同梱して貰ったものの、当方ステッカーなどというものは某LAみやげのTFステッカーですら引き出しの中にしまったままの人間なので使い道も思い浮かばず。ここはノートPCに「チ○ムアメリカ」とかのステッカーを貼り付けてる某氏に託してみるかと思ったものの、やっぱり普通に困り切った乾き笑いで誤魔化されてしまい、残念ながら活躍の機会は見出せず。ああでもこの前の仕返しに寝てる間に貼っときゃ良かったのか(ぉ)。

 まぁ冗談はさておいて、
 というかまだあまり見てないんですが(スタック癖が激しいので時事ネタは辛いのです)。元々そんなきちんとした撮影ではないので流石に大画面で見るには辛いかな。まぁyoutube画質で見るよりはいいよねという感じで。
 因みに最近ではインカー映像に飽きたらず質問コーナーみたいな事まで始めた模様。スペシャルリエゾンコーナーということで、「ああ、本当にリエゾン中にやるのか!」と >第8戦の10/21分(パーマリンクがないようなので)
 リエゾン即ち移動区間で、一般道を通常走行。いやぁ、いいよねこういうの。車通りも平和極まりなく、三浦を無意味に走り回った時の事を思い出す(笑)。合間のナビが入っているのもまた雰囲気があって好きなんだけど、なんか自分なら喋りに夢中になって交差点行き過ぎてしまいそうな(笑)(WRCで迷子~ガス欠やらかした例もあるのでシャレにならない)。しかしちと風切り音が辛いのが難点。こういうのはノイズキャンセルマイクとか使えば改善されたりしないものかな。
 ああ因みに質問は凄く真っ当でした(笑)。まぁ普段からマトモなんですけど。たまに変な文章混ざってますが、人の事は言えません(ぉ)。

 そんなこんなで、ちょっくら状況は厳しくなってしまったようですが、最終戦も頑張って下さいまし。

ラリスポ2やりたい

 シトロエンWタイトルおめでとう!(激ぉ)
 いやぁ、残りを考えれば当然の結末でしょう、とつい皮肉りたくもなる。つまらん。

 という訳で久々のWRCですが、NZ戦の結果がこれまた、ねぇ。
 シトロエンの時間調整戦術(一時下位に落ちることで出走順が有利になってトータルタイムが伸ばせる)をはねのけてフォードが1-2、と思いきや最後の最後で皆すっころんでまさかのシトロエン1-2。もう決まりだねという所の大波乱は「最後まで何が起こるか分からない」という文言が本来なら出ようものを、今のWRCでは素直に喜ぶ事も出来ない。いつも通りの結末になっただけだからね、、。そもそもが数少ないパイのどれが落っこちるかってだけの話でしかない。
 というか、文面上だけで追えばそれこそ「FIAの思う壺」という結果が忌々しい。内容で言えば、こんな形でバトルがもつれ込む方が馬鹿馬鹿しいし、ましてや「こんな形でしか」盛り上がれない事こそ嘆くべきなんだけど。まぁ贅沢言っても変わらないっちゃあそうだけどさ。

 しかし、何と言うかセブのあの行為は、むしろ本人としてはあのまま負けたかったのではないか、とか思ったりもする。ぶっちゃけセブの実力ならそんな下らない事はするまでもなく、むしろ「愚策を弄したから負けた」と上にアピールしたかったんじゃないかと。その為に最後にスピンまでして敗北宣言したというに、肝心のミッコがこけちゃうんだもんなぁ。全く何をやってくれるんだよ、と(笑)。いやもう誰も彼も涙目って感じ。

二代目スキッズ

 さてはて、何だかいつのまにか全日本ラリーに痛車が参戦していたそうで。>コチラ
 えーと、何処の社用車ですか? こんな古い型の車で外回りしないといけないなんて営業の人も大変ですね。いやでもこの調子でj-com札幌もパワパフカーでラリージャパン参戦ですよね、分かります(ぉ)。
 ってか実際の所はもう少し各社ロゴやゼッケンがついてこちらの画像トップみたいになってる訳で。いやもう何て言うか普通(?)に馴染んでると言いますか、やっぱりこの調子でバンナムも春閣カー全世界の愚民共を、ああいや何でも御座いません。というか案の定、同じ人が作ったスキンだし(笑)。以前話題にした時にも書いたように、マスコットキャラ系スポンサーのデザインに収まってる分には普通に見られるよねと。まぁそのニッチな方向性は、PWRCチャンプの新井チャンに大笑いされて「でも見てくれる人が増えるのは良いこと」と大人のコメントを貰ったりする辺り、やっぱり笑うしかないんですが(笑)。

 ともあれこの企画、むしろ仕掛け人はコドラの方だったようで、当人自ら望んでやってそれで楽しんでるんなら何も余計な事は言いません。blogの方もちゃんと記事書いてるし。なんか久々にインカー映像見たけどやっぱおもろいなぁ。車がどノーマルに近い分、悪路でガタついたりすると却って緊張感が高まるというか(笑)。WRCの方は正直マーカスが引退して全て終わってしまった感ありありなので(対照的にラリーXモバイルが充実し始めているのが泣ける)殆ど静観モードだったんだけど、そろそろ国内ラリー見てみるのも良いかもなぁ。って次は福岡ですかい。。。無理。

これはびっくり

 RallyXモバイルの日記より、
 何と!、あのフランソワ・デルクール(ラリードライバー)が、「Taxi5」の主演に決定!
 ポルシェ乗らせて貰えなかったからって何やってんだよ(笑)。
 ともあれこれは見に行かねばなるまい。





 「エイプリルフールみたい」

 あああああああ、思いっきり騙された(笑)。
 いやはや、エイプリルフールたるものこうでなくてはなりません。

デルタとストラトスしか分からないけど

 帰り掛けに駅の片隅で本のバーゲンがやっていたので何の気なしに覗いてみたら、今は亡き山海堂のランチアイラスト本を発見。
 よもやこんな所でこんな物を見付けるとは、いやはや覗いてみるものだなぁ。買おう買おう思ってたらお亡くなりになってしまったので諦めていたし。21世紀のWRCしか見ていない自分に取って、やはりランチアを代表とする旧時代のラリーは一つの憧れなのですよ。
img
 こんな時にホイルジャックがあれば、と(笑)。TFクラシックで欲しいね。

頭のネジは飛ばす為にある

 WRC1999年の動画が幾つか上がっていたので見てみた。
 いやぁ、素晴らしい。WRCってこんなに面白かったのか!という(即死)。
 5戦6戦はキットカー云々でイマイチなんだけど7戦8戦は非常にお勧め。
 何と言うか、傍目に感じられるドライビングのキレというか勢いが全然違う。そもそも思えば自分はこういうキレた走りをゲームで知ってWRCに入ったという経緯があったのを改めて思い出させられた。
 多分ああいう無茶をするほど速くはなる(が相応のリスクを伴う)、最速=最善ではないという駆け引きがギリギリのバランスで成り立っていたからこそ、一気に数十秒詰めるような勝負があったんだろうね。この点、今はグリップ走行できっちり綺麗に曲がるスタイルの勝負だからなぁ。どうしてもミスの勝負になりがちだよね(勿論その中での速さってのはあるんだけど)。それに何とも行儀が良すぎるというか。あっちの方が見てて断然カッチョ良い。土煙上げてボンボン跳ねての汚い代物ですが、むしろ泥遊び上等ですよ。ボコボコになりながら生還するランサーEvoVIの姿にときめいたさ!(笑)
 ま、これも時代の流れ、であればいいんだけどなぁ。ハリ(・ロバンペラ)の「また僕のようなドライビングスタイルが流行る時代が来るかもよ?」という言葉を思い出して少し切なくなってみた(三菱撤退でアボンの人)

 それと、前から思っては居たけど、こういう昔のシリーズの再放送もやって欲しいね。スポーツの世界はあんまそういうのは無さそうだけど、普通のスポーツと違って本数少ないんだからいいんじゃないの(笑)。