DMK完成(今更)

 長い長い時を越えて、ようやくDMKオプティマスを完成させましたよ。

パーツ欠損でDMKオプティマス製作が頓挫
(→後で届いたけれど再開する気力が湧かず)
→空き箱を利用した棚の整理が頓挫
→棚が空かないので次のアイテムが開けられない

 という見事な雪だるま式コンボで通販箱がどんどん積まれていっておりましたが、これでようやく先に進めるよ、先生!(誰)

img

 勿論パーフェクトなまでに素組(パチ組)なので今更あまり語ることもないでしょうが。
 オプティマスは素の状態でもかなり映えるんだけど、ビーは正直ちょっと厳しいかなとは思うところ。まぁABSの塗装は大変らしいので素人は大人しく引き下がっておきますけれど。
 ただ逆に構造的には、外装装着が主だったオプに対して、ビーは足首周りを結構組み上げることになっていて、そこの構造はなかなか面白かった。
 あとは材質が軟らかめのABSなので、説明書通りに組んでいくと力を入れてもパーツが逃げるばかりで嵌らない箇所があって、結局関連パーツを一旦全て外して組み合わせてから本体に組み付け、ってそれもしかして組み立て手順がおかしかったんじゃ(笑)。何と言うか、説明書は構造説明書であって組立手順書ではない、そういうことなのかもしれない。
 まぁ自己解決出来るレベルですけどね。昨今はガンプラスナップフィットモデルやホイホイさんシリーズみたいな組み易いものしか見てきていないので、気になったかなという話で。ほんと気を利かせて貰っていたんだなと痛感する。
 というかそういや本家TFシリーズも、必ずしも説明書に従う訳じゃなくて自分で構造を読み解きながら遊ぶものだったよね。

 それにしても非変形の造形優先モデルだけにやっぱカッチョ良いね。惚れ惚れする。
 ただリベンジオプも決して負けてなくてバランス的には結構近しいし、コスト面や玩具としての電池ボックスの制約を取り払ったら何処まで行けるのか、それこそ実写化10周年20周年とかでマスターピース実写版オプティマスと言い出したら果たしてどうなるのかと、ゾクゾクしてしょうがありません。

 あとそうそう、行方不明になっていた指のパーツは、後になって近辺の物を動かした時にあっさり見付かった。何と言う節穴!さすが俺(笑)。

トラブル三昧

 DMKオプティマスプライム、粗方完成した。
 なんとまさかのパーツ欠損。完成させたくても完成出来やしない。しかもそこは放置して組み続けたら、今度はパーツ紛失、挙げ句にはパーツ破損。なんてこった。

img
 胸部のE16番パーツ。本来一つのパーツがどう見ても二つに分かれている。他のパーツとの接続穴も数個死んでいる有様でこれはもうどうしようもない。初期不良ということでサポートの問い合わせフォームに投げてみたけれど、残念ながら連休明けまでしばらくお預け。
 まぁ幸い胸部は後からでも組み付け可能なのでそのまま継続。というか一度広げたらしまいたくないよね(苦笑)。

 しかしここで一寸二寸やる気が削がれて集中力が落ちていたのか、右指の関節パーツを切り離した際によもやのパーツ吹っ飛び。めぼしい所は探してみたけれど、あんな小さなパーツ、節穴アイズが自慢の我が捜索能力では見付かる筈もなく(苦笑)。
 こういったパーツ紛失については、こちらのサイトでランナー通販を行っているらしいのだけれど、1ランナー500円+送料と当然それなりに掛かってしまう。そもそもこんなパーツ、穴が左右に二個開いただけのプラの固まりじゃねーか、ということで半分ヤケを起こして試しに自作してみたら、案外どうにかなった(笑)。
img
 ふははは、この距離ならどれだか判るま、、、いや余裕っすね(苦笑)。
 要はプラ板を重ね合わせて穴を開ける要領で、ランナーについているタグ部分の板が丁度良かったので切り取って使用。後はうちの有り物の工具をフル活用して何とかかんとか仕上げた。凝視するまでもなくバレバレではあるけれど機能的には十分。TFなんだから修理もするさ、ということでラチェットかホイルジャックになったような気分で誤魔化してみる(笑)。

 まぁここまではまだ良かったのだけれど、最後にやらかしたのがパーツの破損。
 胸部フロントガラスの上の庇(ひさし)、これはメッキパーツなのでもう少し注意するべきだったのだけれど、きつくてはまらないので一旦抜いて削ろうと思ったら抜けずにポッキリ折れた(苦笑)。中途半端に刺さった部分を外すことも出来ず、結局削り落として接着。こういう時は溶剤タイプの接着剤が良いのだろうけれど、生憎以前買おうとしたら売ってなくて(汗)、瞬着しか持ち合わせがないのでちょっとかなり接着が怪しく、触るな危険ゾーンに。
 しかしここに限らずメッキパーツは何処もきつくて削らないと組み付け不可能だったのだけれど、皆そんなに都合良くヤスリまで持っていたのかなぁ? 接着剤不要とか嘘つきだし色々難あるよねこのキット。

 そんなこんなで何とか一通りの作業は終了。後は胸の欠損部分を残すのみ。
 しかし、パーツ欠損にパーツ紛失、パーツ破損と、何だかもうプラモ作りのめぼしいイベントを1キットで網羅してしまった気分(とほほ)。今まで起きそうで起きていなかったというのにね。
 ついでに言うと説明書の記載ミスも珍しいような。O14なんて何処にあるんだと探し回ってしまった(D14の間違い)。

 さて、何にせよこれで箱は空いたので予定通り片付けを始められる。

この時間は予定を変更してお送りします

 DMKオプティマスを組んで空き箱を利用して片付けを始める筈が、気付いたらホイホイさんシリーズの装備品の塗装を行っていた。ただしガンダムマーカーでな!(ゲェ)
 いやもうこの年になってやるような事じゃない気もするんですが、素人なものは素人。それになるべく事を大袈裟にせずに済ませたかったというか。何せ、物心ついた頃から既にCGの概念に触れていた(P6mk2)人間としては、リアル世界の塗装というのはかくも色々手間が掛かると申しますか。いやそもそも、35年間天然不器用星人を続けてきた身には余りある行為としか言いようがないのですガ。
 いやー、実際に手を動かしてみると、色々作って塗ってやっている方々の凄さが身に染みますよホント。もう全然駄目。ズーム欲しい。1dot描画欲しい。Undo欲しい(笑)。

 そんな訳で、これまでは脳内補完で色付けをしていたものが、これからは脳内補完で色ムラを均一化するという作業に変わりましたが(笑)、
img
 まぁでも単色で残念仕様だった装備品に色が付くと見栄えもするし、やっぱ嬉しいもんですな。超手抜き仕様でもね。
 因みにマーカー塗りでは想像以上に色ムラが激しすぎて、コンバットさんの大型武器を全面塗るのは自殺行為でしかないので、適当に自己流で省略版にしてみた。色ムラもあれだけど下地処理もちゃんとしないと駄目なのだろうな。マーカーでやることじゃないだろうけれど。
 あと本体のつや消しトップコートは何処までやろうか悩んでまだ手を着けていない。髪と肌部分だけでいいかなぁ。

積みプラ天国

 いい加減に石坂浩二に怒られてしまいそうなので、積もりに積もった積みプラを崩してみた。片手はおろか両手の指でも足りない数になっているなんて、、。

 まずはホイホイさんシリーズ。
 コンバットさん派なので避けて通れなかったタクティカルスーツver.、別にいいかなと思っていたのに(コートを)脱いだら可愛いことに気付かせられてしまったペストXさんに、よもやのオボロ(大鉄腕)発売、そしてホイホイさんmini、って殆ど全部じゃねーか(即死)。

img
 ただの素組(パチ組)です、すんません。しかもイミフ。

 そもそもモデラーでもない自分が何でこんなに買い漁るのか。ホイホイさんシリーズに関しては立体物が欲しかったからに他ならないけど、後乗りでバンダイから超合金シリーズが出た今となってはそれだけで良かったんじゃねーの、と自問自答しながらの製作。でも(どうせバンダイからは出ないであろう)オボロ大鉄腕モードが出来上がった時はちょっと気分が晴れたのでよしとしよう。
 それにしてもコンバットさんの髪の毛合体はいつ見ても素敵だね。

 しかしまだ、当初の勢いで買ってしまったホイホイさん重装ver.に、オボロのオリジナル上下合体に釣られたペッXさん白夜ver.が残ってるんですよ先生。立体が見たいだけならカラバリはいらんだろうっつうに(TFですら揃えてないっつうに)。嗚呼、コンバットさんロイヤルver.は色味が好みじゃなかったので回避しといて良かった。(あとお着替え版もパス。)
 まぁこのカラバリ軍団はまたの機会に考えることにしたい、、。

 というかホント、パチ組上等というか、これだけ色分けがされている昨今、それで満足出来てしまう自分がいるんだよなぁ。模型としてどうなのとも思うけれど。この辺に関しては色々思うところもあって何と言いますか、、、。
 ただこうして見るとコンバットさんの足のホルダーは頂けないかも。マーカーの類くらいで何とかなればいいんだけどなぁ。


 因みに、写真を撮ろうとしたらバッテリ切れだったので充電待ちの間に作った(ら大変な目に遭った)DMKバンブルビーに関しては、オプティマス共々来週にでも。

殲滅司令(違)

img
 殲滅指令コンバットさん買テキタヨー。

 前大戦を戦い抜いた12人の英霊を回収。最後の約2名の捜索に若干惑いつつ、流石に数多すぎて忘れるよってことで今回は新たに6人の新戦力に平和を託しました。

 ん~?、何も間違ってないよね。

 という訳で、っていうか実はリアルタイムには程遠い先週の話ですが、コトブキヤ製コンバットさんを配備。
 ただのパチ組なので、組みながらtwitterでめぼしい感想は吐いてしまってもういいやぁ感もあったのだけれど。しかし、取り敢えず左目線にして銃と近接武器を持たせて適当なポーズを取らせて棚に置いたら、何だか同じ目線で同じポーズをしたロボ子が三体並んでいて流石に己の単調極まりないポージングセンスに驚愕致しましたとさ。そんな訳で慌ててネタ写真用のポーズに変えて撮影を始めた次第。

 個人的に何となく好きだったのはブーツの三分割構成。爪先(前部)と踵とで分かれた可動構造は考えてみれば普通に人型ロボ分割の定石なんだけど、ブーツでというのが斬新に思えたのか、単に人型ロボはTFばっかりだから(あれはあくまで変形可動部が最優先なので)そんな洒落た今時の造形とは馴染みが薄かったのか(笑)。
 あとは何と言っても髪型の合体シーン(シーン言うな)。ホイホイさんと違いストレートな髪型故に、ぴったりかっちりラインが揃う。(顔面じゃないけど)ラザロの逆パターン!と言いたくなる、これぞ正に合体の神秘(何)。
 構造美って言う程じゃあないけどそういう格好良さが、よもやメカロボではなくロボ子で味わえるとは実に素敵な時代になりましたね。

 ペストXはデザインラインが違う(しかも読み辛いのはどうにかして欲しい)ので正直パスしてたんですが、変形バイクのオボロも出ると決まったので果たしてどうしたものかなぁ。
 ところで誰も話題に挙げるのを見たことないID-2旧ホイホイさんマダー?

殺虫ロボ

 一撃殺虫!!ホイホイさん、プラモデル組んでみましたよ。
 自律稼働ロボ子ということで昔から気にはなっていたけど何せ電撃だからなー、という感じで触れていなかったものを今回改めて。あの頃はロボ子なんて全くの日陰の存在だったのに、近年めっきり市民権を得てきた気がするのは多分気の所為でありましょうか(あれ?)。いや正直、ロボとは言わないまでも人工少女的な意味での(初音の)MIKUの影響とかあるんじゃないのかなぁ、とか勝手に思っておりまする。
 ともあれ予約して後戻り出来ない状況から漫画版にも恐る恐る手を出してみたら、思いのほか好みで一安心。ID-4ライフサイズホイホイさんの暴走・アゴぱっくりとか、子供の頃に見たホラー映画思い出して好き(というと語弊があるかもだけど)だなぁああいうの(笑)。(>多分「DEADLY FRIEND」かな。ラストはよく覚えているのです。)
img img
 そんな訳で、まぁ正直日曜モデラーですらないので、パチ組上等ですが。
 つや消し吹くと良い感じらしいので後で買ってみるかも。
 一点気になるのはやはりギョロ目なところ。もう少し上目だったら落ち着く気がするんだけど。頑張ってデカール張り直してみるかな?と思ったらこれだけオマケが付いていなかった。何という。

 しかしデッキブラシ(素ボケ)ほうきに刀の二刀流をやらかしてみたら、何だか大昔の某ロボゲーメイドロボを思い出してしまいましたよ。あの頃はAコア(1)の幻影を追い掛けていたものだなぁ。ははは。>J-PHOENIX
 でもって取り敢えず害虫退治でもさせてみようと思ったけどサソリくらいしか出てこなかったので春閣下にご登場願ったら案の定の結果になりました。主役喰う気マンマンですこの人(ぉ)。

 それにしても個人的にこの手のリボンを見るとPPGのブロッサムに直結してしまうので、ちょっくらリペイント実験してみました。エプロンはなんか違うなぁということで外してみたり。どうせなら腰リボンも外すべきでしたが。(かなりやっつけの色彩調整なのでご容赦)
img
 どっちかというとハイパーの方。懐かしい! 本家はバタカですがZはブロ好みな自分です。
 ああ何か気に入ってきた。オリジナルのカラーバリエだと赤緑がいいかなと思ってたけど、こういうのもおもろいね。まぁ自分は塗装経験は無くて敷居が高すぎるので、何方でも遠慮なさらず持っていって下さい。むしろお願いします(ぉ)。

 後はこの調子でコンバットさんですかね。リアルにコンバット派なのでお願いします(何か違)。
 あと個人的にはID-2 旧バージョンの方が好きなんですが。髪型がシンプルで良いというか。多分あっちの方がブロっぽいかも。
 そんなこんなで。

油断する前に

 コトブキヤのバーチャロンは、第一弾のOTライデン以降、OMGテムジン、スペシネフと、キャラ人気的には鉄板級のラインナップが続いたので極個人的にはちょい下火でした。いや、人気は鉄板でも、模型的にはデカブツに骨骨ロックこれしかなかったと、十分冒険しているのは承知しておりますが。この背骨なんて実にバカだよなぁと。果たしてこの背骨は何処まで動くのか或いは流石に動かないのか、自分はコトブキヤ基準を知らないので余計な事は言えませんが。そういう意味で怖い者見たさに釣られたくなる題材としては素敵だと思う。
 取り敢えず支援したいので早くRNAライデン出して下さいよと。まぁシリーズ的にはあまり早くからカラバリは出さない方が印象は良いだろうし、幾ら陣営云々の設定があるとは言っても元のデザインはDNA版が始まりなんだろうけどさ。実際スペ公はRNA陣営だけどオリジナルのマークがでかでかと貼られているのはDNA版の方だしね。まぁ正直その辺の輩は別にどっちでも良くて(酷)、ドルドレイはRNA版の方が人気あるんじゃないかと思うし、是非ともRNAでやって下さいよと。そりゃDNA版の背中の「ドルドレイ」の文字も捨てがたいですけどね。
 とまぁいつもの話に落ち着く訳ですが、いやホント、オラタンはどっちが標準色かって難しいんだよなぁ。両方同時リリースしてくれれば悩むまでもなく両方買いますが(ぉ)、普通のカラバリと違い色分割が複雑で両方やったら担当者死ねるって感じだと思うので流石に我慢します。とかいう前にドルドレイなんてニッチな橋はいつ渡るんだよという話ですね、はい。仕方無いからデザートカラーのアファ部隊で我慢しますよ。<また(ぉ)

 、、、とか何とか考えてたら、何と、XBLAでオラタン5.66配信決定だそうですよ。(雑誌ソース)
 いやぁ、素直に目出度い。
 まぁDC系のSHTがちょろちょろ出ているのでいつかは出るだろうと、正座して待てばいいやと思いを募らせるその前に来てしまいました(笑)。
 emu等の代用の利かないDCは半分コイツの為に所有し続けてるようなものだったから助かるね。まぁツインスティックがある以上その役目は終わらないのかも知れないけど。アダプタでも何でも出してくれないもんかなぁ。

 ついでに言うともう半分は番外王。

茶論

 何と、コトブキヤからバーチャロンのプラモで、オラタン版ライデンが出るんだそうですよ!
 おおお、これはキターと言わざるを得ない。(あれつい最近も使ったような)
 精密ディテール大好きのハセガワは最新版4(フォース)にしか興味が無いっぽいし、旧作と言えば原点たるOMGだろうし、という事でどっちつかずのオラタンは最早900%諦めていたんだけども残り100%の希望が通ったようです。などと勢い出鱈目な数値表現が脳内を過ぎるくらい、正直やっと来てくれました級のニュースですよ。いやいやこれは素直に嬉しい。
 いやまぁ自分はライデン自体は「軽量級乗りが作った重攻撃機」という半ば理想めいた設計思想(サイドストーリーに織り込まれている)がゲーム的に必ずしも好きではないんだけども、でもバイナリーロータスは好きですから(笑)。
 それに何より、無難なテムジンやフェイイェン、その他標準機体を差し置いていきなり重量級で来るという所に男気を感じずには居られないのですよ(ハセガワとの差別化というのもあるかもだけど)。こう来ればグリスボックは勿論、何と言っても我が敬愛するドルドレイ。漫画チックな円錐ドリル否定派の自分をしてその機能性と素敵フォルムの愛らしさを持ってして虜に変えた鏡面反射重工作機体(違)。通称というか勝手に命名GND(Gigantic Nonsense Drill)をこの手にする日が来ようとは!(まだ来てません!)
imgimg

 いやー、でもホント、あの訳のわからんフォルムは当時の自分には衝撃的だったのですよ。これを逃したら二度と無いだろうというつもりで支援させて頂きます。といってもライデンはRNA版待ちかなぁ。色だけじゃなくてマーキング諸々も違うし。ヤガ目崇拝派です、はい(ぉ)。まぁボックとかのDNA所属のはDNAカラーでいいんだけどね。結局は陣営重視ということかな(ライデンは両方)
 後はやっぱりストライカー(アファームド)ね。まぁこいつは余程コケなきゃ出るだろうと信じておきたい。バトラーだけという可能性も否定は出来ませんが(ぉ)。むしろワンマンレスキュー版デザートカラーでオプションもりもりでも構いませんが。あー、でもそれだと初期型になっちゃうのか(細かいよ)
 というかアファやボックの汎用量産機系は複数買いでずらーっと並べたくなるもんで、プラキットじゃなくて1コイン系の方が(サイズ的に)むしろ助かるというのが本音ですが。まぁそこは堪えて頑張りましょう(何を)。

パチ



 気まぐれに、押し入れに積まれていたR3レイズナーを組んでみた。
 勿論、素組み、もといパチ組みですガ。(自分に向けて言われたものではないけど)某氏の「昔は説明書通りに組んで色を塗って初めて素組みと呼んでいた」という言を苦笑まじりで聞いていた身としては微妙に心苦しいもある部分。だけれど実際、分割線消去やスミ入れだの何だのの塗装、ディテールアップ工作の類は見栄えの拘りだとしか思えなくて、どうにもこうにも踏み込もうという意志そのものが湧かない所。ただ勿論、その辺拘って諸々やってるページを見ると実に感心させられるし、何よりこういった物に伴う要素技術、ヤスリ掛けだのパテ云々だのの工作手法や知識は基盤技術として持っておいても悪くない物だよなぁとは今更ながら思う所ではあるんだけど。ま、なかなかね。取り敢えずこのR3レイズナーでやろうとは思いません(笑)。
 どうでもいいけど、「パチ組み」って何だかパチ物扱ってるみたいで好きじゃないなぁ(ぉ)。

 んでまぁ、いわゆる模型らしい模型趣味を持っていない自分が何で買ったのかと言うと、気まぐれ半分、立体構造への興味半分という事で。懐かしのロボデザインがどういう風に立体的に構成されてるのか、実際に手に取って見てみたいという感じで。
 で、サクサクと組み上げていって上半身が出来た辺りでは、「まぁこんなもんか、頭が小さいのはお約束」とか思っていたのが、いざ下半身が出来て合体させた瞬間、「下半身でかっ!」
 まぁよくよく思えばいつもの事ですよ。足長超人。古くはMGガンダムMk-IIに始まり、近年ではHGアッマーに憤怒したアレ。久々すぎて覚悟が足らなかったか、或いはガンダムではないという甘えでも心の片隅にあったのだろうか。この辺、最早スパロボ世代への新規アピールこそが一般的な商品構想なんだろうなぁ。そうして全ての道はガンダムに通じると。自ら首を締めてどうすんだか、とはつい言いたくなってしまうね。

 尤も、軽く検索した感じ、やはりこちらは未だ根強いファンが居るか、アッマーの時と違って、あの出鱈目なプロポーション改変を「ベスト」などと曰う困った例は見なくて済んだけどね。むしろ、「上半身と下半身で別物のデザイン」というのは皆感じてる所なのかな。ホント、バランス最悪ですよコレ。写真撮る時、上下半身別々に撮ってやろうかと思ったくらい(笑)。
 なんて笑いで誤魔化したけど、実際、下半身の別物っぷりを見た瞬間に一気にやる気を無くしたからね、、、。写真で見るとまだマシかと思ってたけど、実物で見るとかなり来る。

 この分だと、微妙に足長っぽく思えたMGターンAもヤバいかもなぁ。とほほ。
 というか、気晴らしの為に組んだのに苦言垂れてる現実が最もトホホですよ、、。