ダイヤブロックみんなのまち

 はてさて先日のダイヤブロック、何処に上げるか上げまいかと思っていたので、試しに模型等立体物向けのfgというサイトに投下してみた。

 幾ら誰得とは言っても作りっぱなしというのも流石に寂しくて、せめて昔みたいにダイヤブロック掲示板のような所に上げたいところだけど今は機能してないのでどうしたものかと。神姫バイクは某神姫掲示板に投下して満足したけど、今回のをTFと言い張るのは流石に顰蹙を買うので無理だし。というところでfgを思い出して覗いてみたら先例もあったので試しにと。>ココ 取り敢えずまとめすら無い近年の二者を。(あと酉もなんだけど、流石にもう古いかなぁ)

 でもって、今やらなきゃ後は無い、という感じで「ダイヤブロックまとめページ」も暫定ながら起こしてみた。
 旧サイトフォーマットとの摺り合わせとか、当時のテンションというか何というかの差で悩んだっきりだったけど、せめて入り口だけでもと。
 いやぁ、やっぱこうして見返すと昔のはきっついなぁ。特に文章が(笑)。
 まぁ生温かい目で流し読みして貰えればと。

そして誰得の世界へ

 さて、
img
 そんな訳で4/1に便乗してクソ真面目に何かやらかす企画、でした。
 超絶久方ぶりのダイヤブロック変形。

 今年はどうしようというところで脳裏を過ぎった「西暦2010年4月1日」という日付。 何せ、一生に一度どころか史上唯一のイベントになりますからね。やらない訳にはいかんだろう!と。

 一応モチーフとしてはTFムービー・コンストラクティコン・オーバーロード。四脚四腕のゲテモノです。
 まぁ体型バランスを勝手に前寄り形式にしていたり上下半身のパーツ配分が全く逆だったりはしてますが。実のところ発想の大元は、私的に「カニケンタウロス」と呼んでいるゼロディバイドTFCのキャンサー。「四脚は男の浪漫だよね(反論却下)」と思う間に脳内変形を初めてオーバーロードと悪魔合体を始めたのでこりゃいいや!と(笑)。そんな訳で個人的趣味が多分に盛り込まれているのが実情です。まぁオーバーロードはイメージソースみたいな感じで。

 そんな訳で、前々からやっておきたかった四脚に、更に四腕まで盛り込んでの明らかにネタの詰め込みすぎ。正にoverloadなのだなと思い知らされた訳ですが。「まぁやることはやった」感に溢れてます。正直疲れたよ先生(笑)。

 因みに今年は文章で自然にウソをつくというのを勢いでやってみたんですが、あまりにも自然すぎるというかそもそもターゲットが狭すぎて、嘘を嘘と考える人間そのものが居なかった気がする罠。
 まぁ僅か1日ですが、万一見てしまった人の為に、こんな商品ある訳ないですよ、という話。

有言不実行といえば、、、

 これまた物凄い勢いで忘れておりましたが。
 TFコンテストは余裕でアウトでした。御免なさい(誰に)。
 時折思い出してはいたけど、ぶっちゃけこんなテンションで作れますかいな、という状況で(トホホ)。

 後まぁこれは(も)言い訳ですが、やはりブロックで作るのは辛い。
 もう今更なのでネタをばらすと、当初考えたのはTyrel6輪。ただタイヤの処理が露骨にムービーTFに影響されすぎて全然DBじゃ作れない(笑)。仕方無いので少しはDB向きに考えてカーキャリーでシンプルなブロック構造を採るまではいったんだけど、逆に「だったら何」になっちゃって、丁度その辺りからローテンションが始まってたからそれに流される様に力尽きた、と。
 後は誰かお願いします(マテ)。

割り込み発生?

 いやはや、TFデザインコンテストと来たもんだ。

 うーむ、ブロックなら一応組めるけど絵は描けない自分はどうすれば(笑)。
 いっそブロック組んで写真撮ってレタッチで誤魔化しまくるという手も無くは無いかも知れないけど。良いのかそれで(笑)。第一、全く予定にも無かったので急に言われても辛いけど、まぁ二ヶ月ありゃあ何か組めるかなあ。ただTFと言えば基本はリアルモチーフな人なので(ロディマスを否定するつもりは毛頭無いけどさ)、正直、映画軍団に敵うような代物を思い付く自信が全く御座いませんガ(笑)。
 むしろドサクサに紛れて過去のお気に入り作品を出しちゃいたいもんだけど、当然ながら未発表の物に限る訳で。ぬぅ、やはり何か一つと言われるとE-3みたいな巨人系で行きたくなるんだよね。最近MXで「ネオランガ」がやってるのを観て、もうすっかり忘れてたけどこれもイメージのベースにあったんだろうなと。猫背に突き出した肩というスタイルがあまりにもモロでしたよ。

 ともあれ、こんな祭に参加しない手は無い訳で。
 出す出さないはともかくいっちょ考えてみますか。
 どうせ変形前後のイメージだけあればいいんだから、細かい所は差し替えまくりで作るのもアリっちゃアリ。

 しかし、何とも困った割り込みだ(笑)。

貼り逃げ上等(になりたい)

 やっと出来ましたよ。>ブロックネタ
 まぁ実の所、従来以上に剛性ボロボロ。仮組の頃はまだ落ち着いても居たんだけど、仕上げでヤワになっちゃった部分と時が経つにつれ噛み合いが弱くなっちゃった部分の相乗効果で、あっち触ればこっちが取れてという感じでもう。
 取り敢えずまたダメになってしまわない内に「これだけは」の一枚を激写。これでもういつ瓦解しても困らないぜ! ってのはまぁ言い過ぎですが。もう正直、その一枚を貼ってさっさとトンズラしてしまいたい気分(ぉ)。
 ま、折角だし。
 というか最後の変形確認やってないからまだ破綻残ってるかもしれないし(笑)。
 それに一応、その変形の為に無理が出た訳だしね。

 うーん、ネタ的には気に入ってるんだけどね。
 っていうか最近ちょっとテンション微妙な出来事続いちゃってるから、実に良くない。
 開き直りのスキルが欲しいぜよ(?)。

進捗(笑)

 さて、ぼちぼち進行中。>ブロックいじり
 結局フレームから作り直して頭の位置も収まり良くなって、さて今度こそとクリンナップに入ったんだけど、よくある話で、仮組みで適当に組んだ形からあまり変わらない。変えられない(笑)。
 特に困ったのが、最後に周りに合わせれば良いやと保留していた腕の部分。適当に最低限のパーツで仮組みした(タイトで融通の利かない)構造が思いのほか良く収まってしまっていて、ギミック面も含めて仕上げようと手を入れれば入れる程、却って全体バランスが悪くなってしまう。あれやこれやと代案を試したんだけど、結局元の鞘に戻ってしまいそう。とほほ。これだと変形が微妙に困るんだけど、そっちを変える結論に落ち着きそうだなぁ。
 ただでさえ、今回は変形パターンは成り行き任せにしたら「予想以上に単純でつまらん」って感じで困ってたのに。ま、別の所で何か面白い事になりそうだからいいんだけどね。

人形は顔が命

 超絶久方ぶりにダイヤブロックを弄ってみた。
 うーむ、久しぶり過ぎてサッパリ上手く行きませんね。
 題材は(当然のように)変形。
 変形やめときゃ今悩んでる部分も困ることなく進められたとは思うけど、それはそれで別の罠が待ってるので、やはりまずは専攻分野で。

 まずいつもの調子で変形の基礎フレームを作って、さて肉付け兼細部の詰めをやりますか、って所で頓挫してからが実に長い。
 ココは昔から気にしていた事ではあるんだけど、
・関節が小ボールジョイントばかり
・顔が投げやり(ぉ)
 言ってしまえば造形的にワンパターン。

 前者は、大だとどうしても大きくなるから小型化の意味で小を使うんだけど、近年は皆さん巧いもんで極小ジョイントや穴あき円柱等を組み合わせてコンパクト且つ美麗に仕上げてる例が珍しく無くなったので、少しは見習わないとなぁとは思っていた所。まぁ経験不足だから全然ダメダメですが。安直に作る分にはやはり小ジョイントの方が楽なんだよなぁ、それなりに可動するし。とかそんな感じで。
 あと後者ね。これがどうにも昔から苦手なんだよなぁ。
 というか、過去の例を見ても解るように顔の造形に気を遣った例は殆ど無し。今回も例に漏れず「この辺に収まる顔を作ればいい」と思っていたら、変形のしわ寄せが行きまくってどうにもこうにも上手く収まらなくなってしまった。そうでなくても普段から「ロボの顔はモノアイ一個でいいよ」としか思わないタチなので、一向に着地点が見えず「あー、もー、面倒くせぇ!」と思いながらも渋々格闘する内に数時間(汗)。
 如何せん今回は半端にサイズが大きくなったから、へっぽこモノアイ風味一つとも行かず、それなりの形にしないとバランス取れないんだよね。それでいて収めなければならないサイズと位置取りの要求が絶妙に扱い辛くてもう散々。
 あー、もー(以下略)。

 リハビリならリハビリらしくもっとラクな物にすりゃあいいのにね。
 軽い気持ちで組んでもいっつもタイトな作りになっちゃうだよなぁ。ブロックの得手不得手とか何も考えず(考えられず)に組むからイカンのだけど。もっと分相応をわきまえろと言うに。

 ふーむ、前途多難。