AVATAR 火の巻(S3)

 さて、やると決めたからにはやるシリーズ、
 なんですけどもいざ始めたところで勢いが続かないものでしてね。
 実際は今月どころか先月のネタなんですけども、それはそれとしてぼちぼち片付けていきまする。

 この前、amazon videoを見ていたらPS3のファンが早速唸り出しましてね。蓋を開けて中も見てみたけど別段埃が詰まって酷いことになってるとかそんな訳でもなくて。しょうがないからおまじない程度に目に付く埃は取っておいたけども。この程度で熱暴走っぽくなってしまうとか、流石はソニー、相も変わらずのハード設計だなぁと。
 いや、っていうかお前いつPS3手に入れたんだよって話なんですけども。
 amazon primeに入ったからにはvideoをTV画面で見られる環境を整えようと。miracastの類でもいいんだけど色々微妙な所もありそうだし、こういう時こそ高機能化してきたゲーム機の出番じゃあないですかと調べてみたら、今の最新世代で対応してるのってPS4だけじゃないですか。箱oneなら思う所もあるので買っても良かったのに(次点でswitch)。PS4なんてドリクラ・ホストガールオンステージしかやるものねーじゃねーか、とかすっとぼけてしまうところ(注:チャロン発表前時点)
 しょうがないので、そういや過去に対戦サーバを立てる為にPS3を複数台所有している友人が居たなと、話を持ちかけてみたらまだ残っていたようなので半永久で借りるというか飲み代で譲って貰ったという感じ。
 因みに言うと、過去にドリクラGogo.を「PS3無いから」と保留決め込んだ時にこのカードを切らなかったのは、「流石にその目的を当人に知られるのはキツい」(そこまでしてでもない)というのが実情でした、はい(笑)。今回本体を調達したのはあくまでamazon video再生の為ですからね。まぁ勿論、本体を手に入れちゃったからにはその内Gogo.もやるとは前もって白状しておきますけどね(ぉ)。(※マジレスするとゲーム自体やってない昨今、優先度は流石に低いですが、PS3が壊れてしまうまでにはやるんじゃないかな、多分)

 と、前置きが長すぎてイカンですね。(ここまで前回の雑記エントリで良かったとすら思う)

 amazon video視聴環境が一応整ったところで早速見てみました、「AVATAR」。
 初3D映画でもなければ、ルの付くブリタニアの聖人でもありませんよ。映画版は題名が被るから「Airbender(エアベンダー)」に改名させられた方の、cartoon原作のAVATAR(アバター)ですよ。(>wikipedia
 ニコロデオンという日本では厳しいCS局での放送だっただけに、S2まで放映したところで撤退してしまいS3はずっとお預けを食っていたんですが、ここに来て唐突の復活。まぁ多分「安く仕入れられたから」ってのが半分(笑)、折角途中まで放映したからと残りも吹き替えを付けて復活させてくれた熱心な関係者が居てくれたんじゃないかなというのが半分。実に有り難いことで御座います。
img
 禿坊主と弁髪王子の野郎二人は別に描かなくていいよね、の図。
(折角だから描いてみることにしたは良いものの、最近は現実を思い知れば知るほど手の進みが非常に鈍くなりまして。その手のスレで見掛ける、下書き~仕上げまでのテンション推移グラフのネタを実感しつつある今日この頃。まぁ一度描き終えてから更に半月保留してたんですけども。
尚、今回の(実力以外の)反省点としては、主線を普段の線画用のラフ筆そのままで描いてしまったことですね。cartoonベタ塗りとの相性が最悪すぎた。)


 流石に間が空きすぎて、吹き替えキャストも主人公含めごっそり変わってしまっていたけれども、カタラとサカの主要メンツが続投だったのは大きな安心要素。あの拙(つたな)さの残るナレーションから始まったときはホッとした(笑)。
 思えばもう10年近く経ってしまうのか、当時cartoonがアニメ風作画を取り入れ始めた頃の物で、但しアクション作りはあちらのcartoon式というハイブリッド感溢れる作りも今となっては懐かしいかな。最近こういうアクション系cartoonは下火になってしまっていたので久々に楽しめた。
 この作品の面白いところは、水土火気の4元素を操る術が主役級だけでなくて一般兵にも浸透している世界なので、普段から独特のアクションが満遍なく展開されるところ。
 もちろんイオナズンやギガデインを唱えるのは主役級だけというか時にチート級の活躍もこなしてしまうけれども、その他一般の唱えるベギラマ戦闘にもそれなりに見所がある。科学技術を4元素の操術に置き換えた形の攻城戦は、アニメーターの創意工夫が見られて実に興味深い。そして何よりそういうアクションが毎話のように注ぎ込まれる所。
 特に主メンバーのトフなんかは、盲目というのも手伝って普段から手足の代わりに術で日常の動作をこなすのでとにかく術アクションの塊というか、毎話アイデアをぶっ込んで楽しむよという方針が凄くいい。(喩えるならTeenTitansのレイブンだけど、これもcartoonか。あれに至っては手足なんて飾りですよと言わんばかりに浮いて移動して物は全て魔術で動かす徹底ぶり。手足退化してるだろという。)

 そんな訳で、S3の21話だけだとあっという間でしてね。
 昨今のアニメで言えば2クール弱の長さで十分にまとまったプロットではあるんだけれども、元々長期で構成される洋物の番組としてはという話で。特に最後のメンバーたる火の王子が加入してからラストバトルに向けての畳掛けが早くて、もうちょっとゆっくり楽しみたかったという思いはどうしてもあるかな。
 この辺、実のところは「水の巻」「土の巻」「火の巻」と来て当然「気の巻」の4シーズン構想だったんじゃないの?というのがある。もっとも打ち切りなんてお粗末なものじゃなく綺麗にプロットは組まれていたし、(元々主人公が将来最強となる前提の上で)明らかに準備不足のまま突入するからこそラスボスの強さが引き立つというのもあったけれども。それとはまた違う展開があったのかなぁと。

 そもそもがアジアの少林寺モチーフで禿の小坊主が主人公というのはちょっと絵面的にアクが強すぎたのか。その他弁髪組も含めて皆がS3で髪が生えたのはテコ入れあったのかなぁと思わなくもなく。だからS3で畳んだ後の続編は女の子主人公できっちり4シーズンやりきりましたよと(笑)。こっちも是非とも輸入して貰えないものですかね。

 という訳で、今までcartoonってのはCS主体で視聴手段も限られていたけれども、こうして固定課金のネット配信で見られる時代になってきたので、折角だから皆さんついでに見てみましょうよ、というお話でした(笑)。
 まぁもう10年前の作品だし、上に述べたように主人公の絵はアニメ目線ではいまいちだけど、トフ(画像右)は生意気カッコ可愛いし、カタラ(画像左)も歳相応にまだ拙さの残るお姉さんポジションという所にボイスがマッチして実に微笑ましいので、その辺から見てあげればと。

 こういう調子でcartoonもネット配信で増えてくると嬉しいんだけどね。ぶっちゃけCSはもう下火なので、残る牙城がCartoonNetwork(とDisney)くらいになってるもので、この先難民になりかねない。いっそCNも割り切ってネット配信系と提携してくれればいいのだけれども。
 あるいはNetflixがMLP(MyLittlePony)を入れてはいるけれども、最近Voltronも入ったらしいから、その辺目当てにしてみるかなぁ。
 などと、そろそろ視聴契約の見直しが必要になってきて悩ましいところ。

銃とネタバレとカオス

 さて、今月は色々あったような気がしますね。

 北米ベガスでは自分が初海外旅行で泊まったホテル・ルクソールの目の前で北米史上最大の銃撃事故が起こってドン引きしたり。マンダレイベイ・ホテルも散歩で見に行ったんですよ。米国の「たかが1ブロック」の重みを思い知ったあの頃だったりしたもので。
 いやね、あの事件、自分はBSドキュメンタリーの再放送これとかこれで米国銃社会問題の現実をまざまざと見せ付けられた直後だったのであまりにもタイムリーだったのですよ。「ボウリング・フォー・コロンバインから何も変わっていないどころか悪化してる」、と。それも、これまでは「危ない所にさえ行かなければ我々他国には縁のない当事国の問題」となだめすかして目を反らしてきた問題が、「観光地だろうが余裕で巻き込まれるよ」という現実を見せ付けられた事件ともなれば。最早、当事者の問題では収まらない世界的な問題として知らしめたかった、ってな動機だったんじゃないかと正直思ったりもするんだよね、あの計画性を見るに。
 実際、もしホテルの目の前で何かやってたら「ヒマだから見に行こうか」(多分ああいう集会なら事前チケット無くても見られそうだし)とか十分あり得たし。その程度の偶然で遭遇するリスクなど、考えるだに恐ろしい。
 一生とは言わないけど諸々反省するまで当分あの国には近寄るべきじゃないし、それこそ当分ないだろうなとすら思う訳ですが。お陰で、自分に合法マ○○ァナを吸わせて「振り返るとまるで何の役にも立たない全能の気分」を味わわせるツアーを計画していた友人は非常に残念がっておりましたが。
 中東やアジア諸国も一神教ゆえの排斥思想に荒れているし、その他難民問題に揺れる欧州も勿論のこと。比較的大丈夫そうなのは北欧くらいかね? ってなところで、
トロール・ハンターのロケ地巡りなら喜ぶかも」
というしょうもないオチを付けた、飲み屋での一幕で御座いましたとさ。

 そして、「クラタス vs MegaBots」の巨大ロボ対決。
 いやこの記事がですね、「タイトルでネタバレしてんじゃねーよバーカ」、とこれ程思う話も近年そうそう無かったなと(そこか)。
 内容自体は実に分かり易いプロレスなので、「きたない、流石アメリカきたない」と言わんばかりの倍の重量差勝負にはびっくりしましたが(笑)。
 そもそもクラウドファンディングで金を掻き集めた資金力勝負のMegaBotsチームと、自分本位に楽しみたい町工場の趣味アーティストというのが、米国と日本の温度差そのものでもあり。その割には何とか収まり所を見付けて形にしたというところかな。
 これを皮切りに巨大ロボバトルが興行化されていって欲しいなと思う訳ですが、果たしてどうなるか。
 内容的にはリモコンロボットバトル参考並のアバウトなレギュレーションを思い浮かべるけども、チェーンソーはプロレスと分かっていてもハラハラしたし。こちらは「乗って戦う」のがそもそものコンセプトだけに無理が利く範囲が限られてるから、今後どう収めていくか。最悪は「安全性?知ったこっちゃない」の地下ロボットバトルとかになっていったりするんだろうか、とか思ってしまったり。

 まぁ取り敢えず、次はクラタスにはアームパンチ機構とパイルバンカーを再現して欲しいですね、ということで。

 まだテンションが上がりきらないのでこれも行きますか。
 なんかけもフレが大変なことになってるみたいですね。
 まだあまり下手な事も言えない時期尚早なところだけど、これが結局「奇妙な盛り上がり方を見せたコンテンツが、よもやこのような理由で潰えていくことになろうとは」、という情けない事例になり得るのか。あるいは高須クリニックの資金力でサイバラがけだものフレンズを作ってしまう奇跡のミラクルが起こるのか(ぉ)。

 いや、自分としてはどっちかというとこういう所なんですけどね。(>けいおすフレンズタグ)

 かつてのflash時代を思わせる雑MADっぷりに、平沢の楽曲がよく馴染む(笑)。

 後はこれは元ネタを知っててナンボの類ですが、コレとか。
 基本的には出オチなんだけど1分くらいは見てあげて、と友人にも言ったので後はコメントを見れば察して貰えるかなと思ったけど、やっぱり難しかった模様(笑)。ポイントとしてはこの辺り。
 ・歪曲のルートで塀消す
 ・Redoで何千回でも試みる
 それといつもの真顔の歌唱の取り合わせが実にシュール。

 そんな訳で前座にするのは長すぎるので、久々に雑記エントリで収めてみました。

元Retro ThinkPad

 さて、敗戦処理を致しますよ(えー)。
 Retro ThinkPad改め、ThinkPad 25発表
 リーク通りですね、はい終了です。ありがとうございました。

 とほほ、、。
 先月にリーク画像でベース機種が特定されてからというもの、皆でガッカリしてとっくの昔に敗戦ムードだったので、今更痛くも痒くもないただの結果報告みたいなものなんですけども。
 まさかね、ショボい型落ち機に7段キーボードを載っけただけの機種だなんて、流石にここまでは想定していませんでしたよ。これは自分には買う価値は全く無いので見事に掌クルーいたしますよ。ええ、誠実さの徳(というよりも名誉の徳かな)は失われようが致し方ない(Ultima4:久々唐突なので一応)
(ついでに言うと、社用と私用でレイアウトが違うのは嫌なので2台揃えるの?って話にもなるし、様子見してから買い足すにも限定品じゃあ後で買えないし駄目だろ、と元々購入の難しさはあったところ。無理に買う意味は無いのが実情。)

 今回は「煽ったlenovo広報とブロガーが悪い」とも言われていて、実際自分もすっかりその気にさせられたと被害者面をしたいところですが、それを真に受けて二次的な戯言をネットの片隅に放流した自分もまた同罪なのかとふと気付いてしまいましたよ。何てこった。そんな訳で「私が愚かでした、御免なさい」

 自分は元々、X200sという軽量モバイル機の代替品をずっと待ち望んでいたというのがあって。社用PCは一足先に見切りを付けてのX1C2017(gen5)で、12inch(WXGA+),1.2kg → 14inch(FHD),1.1kgという風に見事なグレードアップを果たしてきた今があるので、7段パンタグラフ搭載ということで多少のトレードオフは考えるとしても、まさか同14inch(FHD)で1.7kgとかないわー、なさ過ぎるわー、という話。当初の話にあった16:10液晶とかも何一つ無い、他機種と同レベルで本当にキーボードが違うだけ。それだけの為にこんなでかくて重くて嵩張る旧筐体というのは流石に耐え難い。
 そりゃ攻めに攻めたX1Cベースなんてのは甘すぎる夢だろうとはいえ、今はT470sなんかも1.3kgちょいまで落ちてきているのでその辺を目安に考えていたら、sですらない旧型のT470ベースでまさかの1.7kgですもん。誰得と言われても仕方あるまい。(T470は国内展開していなかった機種なので情報に疎かったのも盲点)
 まぁ考えてみれば、2年前に始まった企画なんだから2年前の機種が出てきてしまうのも致し方ないのか。別に2年掛けて設計してましたという訳じゃなくて、ただ2年後の25アニバーサリーに向けて企画を進めたというだけであって。実際は適当に型落ち機種を使い回して中身を入れ替えるだけの、簡単とは言わないまでも意欲はまるで感じられない手抜き仕事。散々煽ってこれかよ、と(甘い夢を見ていただけの愚かさを棚に上げて)怒りをぶちまけてしまう気持ちも分かって頂ければと思いたい。大体、あの思わせぶりなアンケートは何の意味があったんだよ?と。

 因みに言うと、この企画を立ち上げてくれたDavid Hill氏、先の6月の発表の直後に辞めてるんですよね。この時点でもう暗雲は立ちこめていたんですが。悪く言えば「逃げた」のか、良く言えば「(あまりの不甲斐ない結果に)いたたまれなくなった」のか。多分頑張ってくれたろうしきっと悔やんでもいるだろうから個人を悪く言うつもりは無いですけれど、結果を残せなかった事実は覆らない訳で。
 むしろ、中途半端な企画でユーザを諦めさせて「なんだやっぱり7段売れないじゃないか」という作為的な統計に用いられないか、と疑心暗鬼にすらなりますよ。まぁ買う人は買うだろうと。1000台限定なら流石に売り切れるでしょう。1000台だけってところに期待の無さも窺える気がしますけどね。
 結局のところ、ただの旧来マニアを黙らせるだけの回顧企画でしかなく。加えて日本版は下らないオマケで馬鹿にされている感すらあるけれど。所詮記念モデルとはこういうものだったということだろうね。
 でもね、こんなものはレトロじゃなくて、ロートルだと思いますよ。
 Retroならぬ~って書こうとしてスペルを調べようとしたら、ロートルって英語じゃなくて中国語だったんですね。「老頭児」。漢字の当て方が直球すぎて中国人手厳しいなー、と(笑)。

 などと止め処なく愚痴がこぼれてしまいますが、
 結局のところね、「ゾンビが墓に還っただけ」のことですから。
 ショッピングモールでの銃撃戦なんて最初からありませんでした。
 ザオリクはやっぱりDQ2基準だった模様。
 等々と。

 自分はもう次のX1C2018の情報を見てから、2017を買うか(更に待って)2018を買うか、そうとっくに腹は決まっておりまする。
 強いて言うなれば、これを機に通常モデルに7段レイアウト(アイソに旧配列)が導入されるという奇跡の仕事をHill氏が残してくれていれば大感激ですが。流石に遠い夢物語に過ぎないし。もちろん1ミリでも可能性があるのなら両手を挙げて大歓迎いたしますけれども。(折角なら最後期のDelキーのでかい改変7段はやめて欲しい。これも今回萎えた要因。)
 あるいはもっと現実的なところでは、7段パンタグラフを搭載した無線キーボードモデルかね(無線化と6段化が同時だったので7段は無い)。これはこれでノートPCとは別に欲しいので。記念品なんてこれで良かったんじゃ、って気すらしますけども。