締め2016

 さてさて、今度こそ本当の年納めですよ。
 久々にrecent postsが今月分だけで埋まるという奇跡。

 結局、Zenfone3はあっさりとGalaxyS7(edgeじゃない方)に後継の座を譲り渡しました。
 ここが駄目だよZenfone(あるいはGoogleバニラ(素))特集というのも企画はしましたが、某強化年間に時間を食われました。まぁ面白くない話を書き連ねてもね。またいずれ気が向けばね。
 なので細かいことは今回省略しますが、色々あったのか無かったのか二ヶ月経たずして文鎮化危機ともなれば買い換えざるを得ない訳で。まぁあれですよ。元々S7に乗り換える切っ掛けを探していた自分の背中を押してくれた健気な端末なんですよきっと。(お陰様で友人に売り渡す算段すら霧散と化したけどね(ぉ)。流石に動作不良の端末はまともな価格では譲れない。)
 でもやっぱりS7はハイエンド機の意地とでも申しますか、素直に「いいねボタン」を押したくなる瞬間が確かにあって。Zenfoneなんて本当に「だめだねボタン」しか置いてないもの。これが価格の違い、なのかどうか。高ければいいというものでもないけど、今期待できるところとして自分はGalaxyを選んだだけ。

 そんな訳で今年はというと、たまには私的な話をまとめてしまいますが、
 今年は振り返るとストレスフルな1年とでも言うか。いやストレス自体は大なり小なり昔からあるものだけれども、そのストレスの要因と、それを解消するための算段がことごとく他に依存するレイヤーにあるという、別の種のストレスを抱えまくったのが今年、というところかな。
 一度は通る道という事なんだろうけどね。その途上にあればあれやこれやと考えざるを得ない。
 こと忙殺されるがままに曖昧にしてきたツケというか化けの皮が剥がれたというか。そういう話から膨らんで、IT業界への公私における不信がmax。

 つまるところ手抜きと手抜かりに対する怒りに苛まれる昨今。そりゃ俺だって適当にやることもあるよ? でもやるべきことだけは真面目にやってるつもりだよ。何かなぁ、グローバル化が進んで周りを知りサボることを覚えた日本人、というものを感じざるを得ない。まぁあるいは昔から同じだったのかもしれないけどいよいよ益々というところなのか。
 ただね、一つ言えるのは、それで他国と同レベルの事しかやらないのなら、それこそ日本なんて何の取り柄もないただの小国島国にしかならないよ?とは思うのだけれどね。
 諸々の他国から感心される日本の良さというのはつまるところ、「勝手に頑張ってきた」所にあるのだと思うのですよ。例えばインスタントスープの味一つ取ってもそうだけど、生活用品なんかの至る所にも「ここまでやるんだ」的な改善が見える。別に不満が集中してたとか過度な開発競争にあったとかではなくて、ただ「便利だよね」「いいよね」という発想で勝手に改善を進めてきた背景があると思う。まぁラクな仕事ではないのだけれども、結果として着いてくるものが確実にある。こういうことは大事にしていかないと駄目だと思うんだけどね。

 まぁ何だか大層な話になってしまいましたが、
 それ以前にもっと身近なところでいえば、要は「不満や自己を主張する前にせめてやることをやれ」と。やってないから文句を言われているのだろうと。ただこういう言い方は特大級のブーメランとして跳ね返ってくる恐怖があればこそ、言いたくても口をつぐんできた過去が当然ながらにありますが。
 でもブーメランはブーメランでも口八丁の意味のそれではなくて、むしろ自らのケツを叩くためのものとして、投げたブーメランが戻り先を見失うような生き方こそを目指すべきなのかな、と。

 結局ご大層なことを言っておりますが。そんなことを考える30代終わりの節目の年、というところで御座います。ありがとうございました。(笑)

萌え強化年間2016その2

 そんな訳で、萌え強化年間その2(まだあったのか)。
 いやポリニアン編が思いのほか大事になってしまいましたからね。
 そういえば、年々ファステックさん(リボ春香さんボディに未だ寄生中)がそっぽを向いていっている気がしてならないんですよね、何でしょうね(ぉ)。(マジレスするとどっかの微細な振動が伝わってずれていってるんだろうけど、これだけなんだよなぁ(笑))

・AGP 地を暗黒に染めし 黒蝕の竜姫公式
img
 モンハンの擬人化プロジェクトだそうです。
 これは珍しく予約じゃなくて、模型裏で見掛けて発作的に散財したい病に掛かってamazonポチりました。

 レッツSUGEKAEタイム!(いきなりか)
img
imgimg
 こっちの方が写真多いじゃねえか!
 ってまぁちゃんとしたレビューサイトいっぱいありそうですしね。
 ポリニアン編では折角の活躍の場をクローバさんに取られてしまいましたしね。(白肌には流石に合わなかった)

 でまぁ要するにこのドレススカートが目当てでした。
 前回の酉年にドレススカートモチーフの変形をやらかした身としては避けて通れない何かを感じてしまったので。ってかもう12年前かー。

 因みにバンダイ製品はあんまり買ったことは無かったんですが、成る程バンダイっぽいなー、という感じでした。
 「刺さる!刺さるよ、それ!」な鋭いパーツ造形に始まる本当に細かい商品設計は、対象年齢を完全に上に振り切った自己責任的なスタンスは勿論、バンダイだから出来る品質管理あってのことでもあるのだろうなぁと(超高額って程の製品でもないのに)
 そんな訳で、終わってみたら何か手が何ヶ所か切れてました。まぁ冬だから元々皮膚切れてただけかもしれないけど、どうかな(笑)。

・デスクトップアーミー・シルフィー公式
img
 いい感じにケモテックBLADE氏デザインだったので。
 何のかんのでBLADEデザインというか絵が好みなんだよなぁと。思い返せばこの手の買い物の切っ掛けになった武装神姫の犬子さんもケモテックですしね。

 ただホイホイさんと同じでキャラ以外は塗装必須のプラモ扱いなので、うーん流石にやっぱり寂しいかな。
 このサイズならガンダムマーカーでも問題ないかな(笑)。またその内考えてみたい。その内(ぉ)。

 っていうか実質セット販売なんだけど6体もいらんよーと言うか、正直に言って武装遊びとかはあんまり興味ない人なので(いつもギミックで買う人)どうせ中のキャラ目当てになっちゃうし、ポニテとツインテ押さえときゃいいんじゃないの?とオークションで購入することにしたんですが、送料も含めて結局割高になってしまい、却って中途半端になってしまった感。
 これなら6体で好きにミキシングビルドした方が良かったかなー、などと後悔し始めている自分がおりまする。
 ほんとにちっこいから6体居てもそんなでもなさそうだし(予想以上に)。

・めたもろいど ルル子公式
imgimg
 ジャッジメント・ガンモーフィン!!
 これは買うでしょ。買うよね(ぉ)。
 あのアニメはもっと何クールもちまちまやって欲しかったなー。

 でまぁネタなんですけども。差し替え変形だし可動も全然でそんなに優れた出来じゃあない。
 もっと気合い入ったところだったら完全変形にしたんだろうしなーと。
 でも、ガン形態にした瞬間にデストロン破壊大帝の姿が脳裏を過ぎりましてね。やっぱメガトロン様は偉大でしたわー。
 シリーズあんま買わないから迷ってたMPメガトロン様、速攻ポチりにいっちゃいましたよ。
 (因みにガン形態は「自立しません」の無情な注意書き。倒しても頭の星が出っ張る分安定しないので突っ張り調整してるの図。)

 という訳でミドリ・セイブザワールドはまだですかね?(ねえよ)
 そもそもルル子の方は元ネタ玩具があるのを見たけど、ミドリはちゃんと変形できるのかなぁ。

 そんな訳で、正直に言って今年はずっと忙殺されて溜まりに溜まっていた分、一気に吐き出した感じですよね。
 ってか萌えてないネタも一杯溜まってるんですけどね、手が回ってませんね。あと積みプラもね(汗)。
 そろそろゆっくり平和になっていきたい。(また死亡フラグでも立てる気か)

萌え強化年間2016

 さて、今年末のメインミッションは既に済ませましたので、後はゆっくり余生を過ごしてます。
 やっぱり夏休みの宿題は早めに終わらせてのんびり余裕ぶっこく優越感に浸るものだよね(ぉ)。

 という訳で年納めの萌え強化年間。
img
 どうしていつの間にこうなった。
 最初は「どう見ても(俺の中だけで)完全にアイリの代理」たるクローバさんだけで十分かな、正直あんま学園物路線みたいなのは好みじゃないというか、あるいは最早青春世代は眩しく見えすぎて辛いという年代的な話なのか、やっぱり「お酒は二十歳を過ぎてから」ですよねー、みたいに思ってはいたんですが。
 しかし公式が宣材から相変わらずフェティッシュの塊すぎて、つい当時の気分で「折角だから(素体以外も)一体くらい買ってみるか」とポチッてしまいましてね。そこから先は似たようなものでした、はい。

 でまぁ、最初はこの1枚で終わる筈だったんですけどね。
 これを撮った後に、延期して来年発送だよと言っていたエミール君も年内に頑張って発送しちゃうよメールが届きまして。
 折角だからと撮り直しを始めたら、興に乗り始めて色々撮ってました。

・ユメ公式
img
 セーラー服剣道娘というド直球路線。パ○ツが見たい人は公式を見てね(ぉ)。
 先に書いた通り別段食指が動く物だった訳ではないんですが、セーラー服ロボ子のアクションフィギュアというだけで相当稀少なので、やっぱり一度見てみたかったとしか言いようがありませぬ。
 まぁこの子は組み替えてからが本番になるのではないかなと(何)。

 尚、以後全般的に言えるのが、武器の持ち手の手首は関節なしの固定式になっていて。
 武器の大きさを考えると保持力が必要ということなんだろうけど、細かい表情を付けたい時もあるので、両方あればいいのになとはちょっと思ったかな。思い返すと他の武器持ち製品あまり買ってないから、業界的にどうなのかは分からないけど。

 因みに、この頃は量産品の品質に悩み始めた時期なんじゃないかと思う。関節の緩さにバラつきがあって、うちも膝が緩いという致命傷があったので公式のコレを真似ておきました。それと腰のジョイントが短くて外れやすいなど。それ故にリニュアール版が出されるくらい。
 改善は進んでいるので、以後は関節もそういうのは無いかな(むしろ固いくらい)。

 またこれを最後に墨入れがなくなってしまってまする。リニューアル版もなし。
 こういう衣装パーツがあるキャラデザインはそれ程気にならないと思うけど、素体としては厳しい(寂しい)かな。勿体ない。

・メル公式
img
 金髪ツインテスク水。無事に成長したやよいみたいな。
 流石にこれはいいかなと思ったんですが、あまりのフェティッシュぶりに(以下略)。
 ネット見てても「パーツ取りのつもりで買ったけど」的な同類が。
 やよいというにはちょっとムチムチすぎますね、はい。(オレンジツインテをあれくらいしか思い付かないだけともいう)

 因みに写真では脛パーツが逆になってました。ううう、ごめん。この後組み替えててやっと気付いた。
 うーん、前に組み替えを試した時に入れ替わってしまったのか、、。

 それにしてもツインテがまさかの「板」。
 アイリの三角形のツインテ検索に「それってツインテのつもり?」と珍しく主人公とシンクロした瞬間を思い出しましたが、上には上がいるというか。これは後頭部に挿してポニテもどきにも出来るんですが、いや、もうちょっと立体的にデザインしてくれてもと。何かの間違いじゃないかという板っぷりなのですよ。
 それとサンダルも外れるとは聞いてたんですが、構造的にそう外せる作りじゃないよねと、ドライヤーで温めたら外すことは出来たんですが。その時に予想以上にグニャっといって「え?」と思ったものの冷えたら普通に固くなって、成る程ここまで柔らかくなるものなんだなと。「夏場はフィギュアの傾きが怖い」というのはこういうことなのだと勉強になった瞬間でありました。

 あと、顔のプリントが予想以上にずれていたということで交換対応申し込みました。上の写真の顔ではないけど。
 まぁこういう細かい商品でアイプリがずれてしまうことはままあるんだけど、ガッカリしがちなこういう所にきちんとフォローを入れるのはいいよね。趣味で積極的にやってるというのが大きいのだろうけども。

・日焼け素体(クローバ)公式
img
 熱帯地方に生息している少し肌が黒くなったポリニアン(ロボ子)。
 ちょっと一瞬何を言っているのかよく分かりませんでしたが多分そういうことです(??)。

 因みに墨入れがなくなってるのでやっぱり素体だと一寸寂しい。
 自分で入れろということか、、、。(ガンダム用の黒ペンなら持ってる)

 尚、これはクローバさんだからと普通にポチりました(ぉ)。
 メルと組み替えて褐色スク水という邪(?)な事も考えてしまいましたが、首回りの色が合わなくなるので駄目でしたとは報告までに。その内、日焼け版メルでも出るんかなー、出そうだな、、。

・エミール公式
img
 男の娘。
 いや確かに当初は男だと分かった上で(組み替え素材のつもりで)ポチってましたが、その後、冗談抜きにその事実を忘れてしまっていたくらい、公式のポージングが完全に女の子。
 かと思いきや、パッケ裏の中央ど真ん中の写真が「何か変なアングルだなー」とよく見たら股間もっこりをアピールする図であった事に気付いた時は、ああなるほど「公式が病気」というか相も変わらず我が道を突き進むのみですね、頑張って下さいと。そこは別に応援しないのですが(笑)、トータルで頑張って頂ければ。

 因みに手足の制服パーツはユメの色違いだったりして、意外と流用パーツで構成されてる。
 でも組み替え観点だと色替えも結構バカに出来ないんだよね、とは思ったりもするところ。

img
 そんな訳で改めて集合写真、、、の筈が気付いたら変なことになってました。
 「どの女の子になさいますか」状態ですね。
 もういっそ、クローバさんとユメの方も組み替えて、制服コスプレ人妻と、パ○ツ一枚のエロJKで並べてしまえばともふと思いましたが、思うだけでやめておきました(ぉ)。

 いやー、エミール君完全にアウトだわこれ。
 メルの時に出ていた上半身セーラー服の組み替えが、色的にこっちの方が映えるかも?と試したのが運の尽きで。逆にメルの方はいいタンクトップ的な格好になったとは思うんですけどね(都合上ふ○なりですが)。エミール君、この格好のまま棚に飾っておいたらいよいよ「こいつ大丈夫か」と思われそうな悪寒。いやまぁ逆に何も知らなきゃあれですよ、「これ知ってる、戦車に乗る奴でしょ?」とかなるからきっと大丈夫(パン違い)

 ともあれ、こうして揃ってしまうとシャム君だけが居ないのが中途半端になってしまったような。
 いやマジで自分はもっこり美少年は勘弁して欲しいんですけどね。ただ腿パーツの太さが一段細いので、組み替えてみたらどうなるかなという興味はあるというか、本当に部品取りがしたいだけで。(エミール君はズボンと一体化しているので駄目)
 如何せん、前から見るとそれほどでもないんだけど立体としての腿の太さは本当にムッチリしすぎに見える瞬間もあって。何事も「ほどよくムチムチしているといえる」アイリの教義に脳を支配されている身としては、実際どう変わるか一度試してみたいという興味だけが。
 もっとも悩むまでもなく品切れプレ値の頃合いなんですが、シャム君は一応再販の話は出ているもんで。ただ墨入れはなくなるだろうしなぁ。まぁきっとその内、また何か別のキャラで強奪先が出てくればということで。

 さて、クローバさん(人妻)コスプレタイム。
imgimgimg
 エミール君コスの頃はまだ「むしろ本家よりいい?」とか真面目にやってたんですが、メルのスク水はどう頑張っても人妻世代のコスプレにしかならなくて。この人、そういう年齢設定もあってか、他のキャラより一寸小顔なんだよね。

img
 なので、大人のコスプレときたらこうだよね!と(ぉ)。
 流石に背景は代用で。完璧(パーフェクト)超人を目指すにはブルーバックとか用意しないといけないので。

img
 日焼けクローバさん。
 明らかにこのために買ったよね(ぉ)。
img
 そして量産型クローバさん。
 これは明らかにそういう需要を見越してるよね(笑)。

 そんなこんなで、すっかりクローバさんコスプレ素材集状態ですが。
 流石にそろそろ今度こそいいかなというラインナップも見えてはきたので多分買い控えていきたい。
 前に公式でアンケートもやっていて、次はバニーガールでお願いしますと言おうとしたら既に予定されていたので、他のものを入れておきました(内緒)。
 後はパーツだけの販売の話がアンケにあったので「いいかもね」と興味本位で投票しといたら、「結構需要があるらしい」という結果になってしまったらしく。ふと、こち亀両津の「声は大きいくせに実際は買わない」という「だがこけた!」の画像キャプ参考を思い出してしまったので、もし実際に商品化が進んだ折にはきちんと責任を持って買いたいと思います。(笑)

液タブ

 そして前回お絵描きのanotherオチ。(話題が変わりすぎるので分けた)

 そんな訳で何とか一区切り付けたところで、
 そろそろいい加減欲を出してみようということで買ってみましたよ、液晶ペンタブレット cintiq 13HD
 まぁ買ったのは先月なんですが、調べてみると「色塗り自体は板タブの方がいい」という意見もあるし、一度描き比べのつもりで板タブでコレを描き終えてから、と思いつつ先月エントリが翌月持ち越しとなってしまい今に至ったところ。また、そうでなくともいざ色塗りに取り掛かったらあまりの「これは酷い」状態に出直しを余儀なくされたのが実際。ただ急にどうなるもんでもないのでもう週末(先週)に色塗り済ませるぜ、と覚悟を決めた矢先に、なんと
 cintiq pro 13 翌週(16/12/22)販売開始の悲報公式
 新型が出るのは世の常ですが、えーと「4倍の精度向上」と、まぁ要はxyで倍精度ということですよね。ろくすっぽ使わない内(動作確認は一度した)から一段性能の劣る旧世代に格下げですね。はい(悔し涙)。
 しかもトドメは、
> 11月に発表された製品ですが、
って、、。engadgetは一応RSS巡回していたのに思いっきり見落としてしまっていたと(現実問題、最近微妙な記事が増えたので斜め読みになっていたのはあるけどね)。それに確かに、「(どうせwacom独占の状況だし)今ある最新型を買えばいい」という程度の甘い認識でサクッと買ったので、まるで情報収集していなかったのも事実。
 とはいえ公式に宣伝の一つも無かったのか、それを見逃すほどザルに構えていたのか?と過去の己の愚行に訝しみながら公式サイトを見返すも、まるで何処にも記載が無い。そもそもプレスリリースも見付からないのはどういうことだ?と悩んでいる内に気付いたのが、
http://www.wacom.com/
http://tablet.wacom.co.jp/
 私が見ていたのはずっと後者でした。勿論googleのSEOでトップに出てくるのは後者ですよ。
 因みに公式ストアでもトップでは予約受付を開始した今(16/12/21現在)でもcintiq proは目立たない作りです。ページ中央リストの液晶ペンタブレットの項目を叩くと従来機のみ並ぶページに飛ばされますよ。画面上部のメニューにマウスを合わせれば出てくるので隠してはいない以上、もちろん文句は言えませんよね、ええ。
 wacom.co.jpマジ舐めんな!って奴ですね。とほほ。

 まぁね、「買った直後に新製品」なんてこと自体はよくある話なんですよ。それこそ自分もこれだけ生きていれば一度や二度じゃない。
 だから今回の話の焦点にあったのは「あまりにも情弱の極みにあった己のミス」であり、この点、「ミスというものに(己自身も含め)あまりにも寛容になれない」のが私めの性質で御座います。というのもその馬鹿馬鹿しいミスを今後なくすためにも、「その事実の背景にあったものを突き詰めて教訓とする」のが我が信条ですから。、、、などと言っておけば聞こえは良い訳ですが、この場合は要するに「己を納得させるための逃げ道」ですよね、ええ。
 「wacom.co.jpのド畜生め」と。(概ね)日本公式に騙されただけの被害者です良かったね(ぉ)。

 いっそ全くの未開封であったなら!と悔いる気持ちもありますが、後の祭り。(amazonは未開封で30日以内なら返品可能らしく)
 因みに「”ほぼ新品”として売り飛ばしたら?」と言われ、amazonマーケットプレイス出品なら気軽なので惹かれたんだけど、この商品は流石に対象外だった。その他ヤフオクは正直気後れするし、どちらにせよ万単位の損失を出してまでやることではないので今回は諦めることにした。
 たまたま板タブを借りられたので使っていただけで、本来はこれが最初の買い物だし、その内また一層の欲が出てきたところで(まだ心が折れていなければ)その時の最新型に隔世の感を味わわせて貰えばいい。
 板タブの次世代版はまだのようだし、あるいは液タブだったら次はOS搭載の独立機でもいいと思う(今回いきなりそんな高いのは視野に無かった)。それならそれこそマシンパワーとバッテリー性能の進歩は後年に譲れるというもの。
(などと自己暗示中のもよう)
カテゴリー

ユンカースポーズ

 さて、今度こそ前回の仕上げですよ。
img
(一つだけ言い訳を入れてみると、やっぱりまだ頭がおかしい(絵ノ出来ノコトデスヨ)。修正を試みるほどに歪みが歪みを呼ぶデススパイラルにやり直しを要求されかねなくなったので、「こ、今回はこれで勘弁してやらぁ(捨て台詞)」。)

 今回というか今更になって痛感したのは、塗りの方向性を定めないといけないなと。
 ちょっと手を出しては線画自体の実力不足を思い知っては巻き戻り、何のかんので色塗りの勉強が後手後手に回っていましたが。いざ手を着けてみると「はて、何をどう塗ろうか」と。塗り味を学ぼうにも、それこそデジタル彩色だと設定でどうにでも変化しまくる上に、ネットに溢れる話はいわゆるツールとしてのテクニックの話に収束しがち。結局は「どう塗りたいか」、表現の目指す所もなく塗りようが無いのではないかと途方に暮れる一幕も。
 その点、今回は取り敢えずアイリ(ちゃん)標準再現なので、素直に公式を参考にしまくりながらの模倣とその応用作業に落ち着いたのは良かったのかな。でもってもしかするとおかしい所とそうでもない所の差異はそこにあるのやもしれません。
 考えてみれば制服姿の色付け自体が初めてだった気も。白黒では散々描いてるから気付かなかった。服の影付けは意外におもろかったかも。

 まぁ正直に言って、何を描きたいのかと聞かれても困るだけの創造性0の人なんですよね(えー)。
 ただ一応、別にアニメ絵を描きたいというのが最終目標という訳でもなく。取り敢えずシンプルな線画は気兼ねなく描けるといいなとは思っている所ですが、デフォルメを知るにもまずは素地が無いといけませんからね。
 やっぱりまずは色々真似てみるしかありませんかね、ということで。

 そんな訳で、数ヶ月ぶりの前フリ回収。
【マッシュアップ】論理空軍×コイヲシテイマス

 何という俺得。
 もはや「ユンカースポーズ」と名付けられてしまいましたとさ。

 まぁ原曲については、P-MODEL時代は手を出してなかった人なので、PVも相変わらずのクオリティで当初はピンと来なくて後になってから購入した身なんですが、うーむ、「平沢進はヘッドホンで聴いた方がいい」のかもしれませんね。一気にハマったとは正直ながら。このテクノループ具合はなるほどコイヲシテイマスと相性がいいのだなと。
 ついでにいうとtimetravelerもこういうの欲しかったなー。

 一方、コイヲシテイマスの方は原曲に増し増しでロボボイスエフェクトが掛かっているので念のため。お陰様でより一層、街頭で誰にともなく延々と宣伝曲を歌い続ける健気なロボット感が倍増されておりますが。まぁ元々「ロボ子っぽく抑揚を抑えつつ可愛く歌う」という面白変わった感覚がいいとか思ってるんですけどね。
 因みに少し前の話ですが、中の人はこんなところに出没しておりました。いやー、シークレットで良かったですね。後で分かっても悩む必要すらありませんしね(ぉ)。いや一度でいいからダンス付きの本人オリジナル版を見てみたいなー(一度でいいから)、というだけなんですが。(多分それ以外の空気に着いていけずに詰む)
 それにしても、児玉ちん元気にしてたよ良かったね、と申しましょうか。自分はアニメも限られた範囲でしか見ないので「児玉ちん出てる番組全然見ないな」→「そもそも出てなかった!」という悲しいお話が待っておりまして。まぁ最近は競争も激しいし。出来るものならcartoonとか洋ドラに声を当ててくれたら俺得だったんですけどね。スティーブンユニバースに玲香さんが出ておりました(笑))
 まぁほら、知ってる役者さんが元気にやってるのを見るとやっぱ嬉しい訳じゃないですか。「アイリちゃん元気にやってるよ」と。
 逆にとっくの昔に供給源が絶たれて久しいものをいつまでも引っ張ってるとそれはそれで辛くてデスね(ぉ)。
 あ、そうそう、そう言えばこの前、夢にとうとうアイリが出てきたような気がします。
 身近な現実が夢に反映されがちな自分(夢の中で仕事するとか!)にとって、こういう話は案外縁も無いようで。D3Pが(アイリの出る)新作を出す訳でもなく、あるいはアイリシリーズ3体でロボプラスが開発されるでもなく、そんな非現実的な話にしか収まらないネタは全く出番も無いのだろうと思っておりましたが。
 内容は殆ど思い出せないけど、なんかのロボ物のコラボ的なもので、「そういう手があったか!と(夢の中で)思わされた」ことだけは覚えておりまする。いやだって、よく考えたらコラボだろうが旧作品のネタなんて今更使われないよね普通。

 とりとめもなく書き連ねすぎてオチを見失いましたが。
 「世の中では忘れ去られようが自分の中では10年選手」とは宣うものの、それを人前で続けること自体は辛いんだなぁ、と身に染みる今日この頃、なのかな。

時間切れ

 はい、時間切れ(実質的に)。

 今月は無計画の限りを尽くし、amazonポチりまくってamazonポイント溜まりまくってamazon箱詰みまくって(オイ)、気付いたら既に月末という現実と向き合っておりました。いやまぁ、胸のエンジンに火を付ける術を見失って二の足を踏んでいたというのもあるにはあるんですけどね。光の速さで明日へダッシュし続けた結果がこれだよ!(ぉ)

 という訳でお馴染みのお茶濁し定時連絡回ではありますが。
img img
 顔がうまくない(控えめ表現)という事実と向き合ってもう大分経つんですが、やっぱりアイリ(ちゃん)の頭は難しいですわー。左でオリジナルで攻めまくってみたけどやっぱり1000年早いなと、改めて無難な角度から「アイリ(ちゃん)ヘッド黄金比」とでも言うべきものを追い求める右の図(探し当てたとは一言も言っていない)
 まぁ色々と、色々ですが。いつもの如くということで。
 模写っぽい構図だけど一応自分で書き起こす訓練から(ポーズはアクションフィギュアを元にしたりもしたけど)
 今回は本当に中途半端なのでまた次回。年の瀬回になってしまいますが。
 あー、今年も終わりだなー。

 ホントは前座にしようかと思ってたんだけど何か埋まったからもういいや。
 Androidはもう何て言うか、dozeモード(参考)がウザすぎてやばい。
Google has gone crazy.
It has pretty much turned my Nexus 6p into an iPhone.
 等々、欧米人の書き込みの直球全開っぷりが実に楽しい(開き直り)。

現代版ゴジラ

 前回エントリが盛大な前フリになることに後付けで気付いてしまった時点で今月のミッションは決まっていた筈なんですが、さて(少し前の)連休を活用しようかなという矢先にスマホがぶっ壊れやがりまして。いや、またかよ!と(二代続いて再起不能からの買い換え)

 しかし今は正直色々時期が悪くてロクな候補も上がらない時勢なもんで。ちょっと思うところもあって低コスト路線のZenfone3を選んでみたんですが。まぁ案の定と申しますかね。一応断っておくと「値段それなり」ではありますが。
 元々細かい人間ではあるので、今後の自分のためにも今回気になった点をつらつら書き残しておこうシリーズを展開するつもりだったんですが、結局何を書いても愚痴に収束しそうな気配に流石に萎えてきたというか。次々あれやこれやと発覚する事実に最早、怒りと諦めの同居した苛立ちが隠せない。
 まぁ最近、ブチ切れ金剛ゲージが常にフル充填の一歩手前で止まっているかのような危うさにあるのは正直自覚できてしまっているんですが。もっと出力を上げて楽しく怒れる人間になれればいいのでしょうか、とよく思います(ぉ)。

 そんなこんなの所に、「見た方がいい」と言われながら(隣町まで行くのを)億劫がっていたら公開終わっちゃうよ、ということで「シン・ゴジラ」を見てきたら、正に評判通り、「いや~、良かったなー」と。折角書くならこういう話の方がいいんじゃないかと。

 最初に思ったのは「真面目に作ればここまで出来るんじゃん」と。ほんとこの一言。
 邦画はまるで詳しくないとはいえ、それでもたまに見るものや世間の評判からも容易に想像しうる惨状ではあった。海外からも「日本人はバカなのか」と言われるくらい。「いやもう誰も興味が無いだけですから」「ほっといてるだけですから、勘違いしないで下さい」とか、それくらい邦画の腐敗っぷりには目も当てられない。
 その点、実に潔く駄目なところをバッサバッサと切り落としていったかのような出来映えには感心したというか、作中の「日本はまだやれる」にその思いが込められまくっていたとしか言いようがない。
 あるいはもっと言葉を選ばずに言えば、「これを機にゴミは一掃されて欲しい」と申しますか(酷)。いやほんと一度これくらい言っておくべき。

 またゴジラ映画としても本家日本の面目躍如というか。シンと銘打っただけの事はある。
 個人的にはゴジラは初代が全てで、以後の娯楽怪獣特撮の部分には全く興味がないとは断っておきますが。いやそりゃ自分も幼少の頃は兄貴のお下がりの怪獣図鑑をワクワクしながら眺めていた世代ですけどね。でも「大宇宙ブラックホール第三惑星人」とか、幾ら大衆娯楽路線にしたって子供騙しにも限度があるだろうと。ビオランテなんかもコンセプトが好きだっただけに脚本の酷さにガッカリした記憶があるし。友人と話していて、邦画の癌は「クソな脚本とクソな演出」という話になったけど本当にそう。
 それだけにハリウッドの二作目GODZILLA(トカゲじゃない方のリベンジ版)も興味はありつつも見損ねていたんですが、今回、「あー、これには敵わないだろうな」というか、現代版ゴジラというべきものをきちんと日本から出せて本当に良かったなと思う。

 もっともベタ褒めするだけじゃなくてやっぱり「庵野だな…」って部分もあるんですが、でも「庵野だな!」って良い意味の部分が強いからこそのこの高評価だとは思う。
 やはり難点を挙げると、まぁありがちな「語りすぎのオタク脚本」。台詞が多すぎて字幕にしても吹き替えにしても相当ネックで、海外での評価がどうなるかなという点では不安も覚えるところ。
 玄人に受ければいい、のでは結局は今までのまんまだし。そもそもが説明好きはアニメ畑の悪い癖以外の何物でもない。綿密に見せるリアリティがゴジラのヤバさの演出に繋がっているというのは大きいけれども、そこは綿密な地固めをしつつも、それを簡潔に見せる力量ってのは必要だし、それこそが自分が洋ドラ・cartoonを評するところでもある。
 ここは我々は「庵野だからね、仕方ないね」で済むけれども。中央の一番いい席を取りつつも遅れて来た子連れの親御さんには果たしてどう見えていたのかなぁ。

 まぁでもゴジラの演出は本当に随一。
 「あ、これ、あかんやつや」感が半端ない。ここは流石アニメーター、というところ。
 多方面に遠慮せずに清々しいまでの負けっぷり破壊っぷり。自衛隊だろうが米軍だろうが。
 たぶん庵野としては「怪獣なんだから、勝てないし、壊されてナンボでしょ」くらいの当然の帰結であって、その為には手段は選ばないと。
 結局諸々バッサバッサと出来たのも、「そんなの駄目」「いらない」と庵野が思うままに突き進んだ結果なんだろうなと思う。「スタッフ全員と喧嘩した」というけどそりゃするわ(笑)。

 この辺、作中にある「スクラップ&ビルド」という言葉も、シナリオ上の言葉に留まらず、むしろコンテンツ業界全てに向けての台詞としか思えなかったり。それも普通に考えれば皮肉なんだけども、ごく当然のように思っていそうというか、「悪意なき本音」みたいなのは感じたところ(笑)。

 いやホント、「これを機に」というのは色々な意味で感じたところでありまする。

滑り込み

 劇中歌を目当てに今期アニメ版ベルセルクを見たら、ふとドルドレイが懐かしくなりました。立体化まだかなー(そっちか)。

 さて、プチ平沢強化月間的なものになっているというか。お手製のランダムアルバム再生で平沢が出るまで飛ばし続けるみたいなことをやっておりましたが。「この(音質の宜しくない)出だしは、、!」とアイリ(ちゃん)全曲集は飛ばせなかった私が通ります。いやまぁトランスフォーマー・ザ・ムービー(G1)のサントラも飛ばせませんでしたけどね。
 いい加減そろそろ条件付き(絞り込み)ランダム機能くらい付けなきゃなぁとは(当初から)思いつつ、こういうこともあるとそれはそれで、「♪ふとしたアクシデント」として楽しめばいいかな的に。

 んで、鶏が先か卵が先か的なところはありますが、ふとした流れで出くわした動画、
・叢雲ダンス

 「あら、かわいい」からの皆の困惑っぷり。

 いやぁ、楽曲は良いのでつい聞き入ってしまうんですが、どうしてこうなった的な。しかし意外とこのナチュラルハイ的な動画も平沢曲には合ってるような気がしてならないというか。

 そんな訳で妙にツボったのを機に「平沢進」関連動画を検索してみたものの、まぁ妙に数も多いのでフィルタリングも難しく。以下たまたま出会ったものを的な感じで。

・ドレミーのヤイヤイ添い寝ソング

 オリジナルからの素材派生ものみたいですが、更に悪夢になってしまったというか。こうして歌詞を見ると実は結構もろ1984ネタだったんだなぁと最近気付かされていたもんで。
 いや、自分、ただでさえライナーノーツはあまり見ないタイプなのに、加えて平沢曲って何を言ってるのか妙に聞き取れない事も多くて、更に歌詞が分かったところで結局は意味が分からないという。だからもう開き直って全く歌詞も題名すらも見ずに曲だけ聴いていたことに改めて気付かされたというか。

 そもそもこの人、「言葉の意味より音の響きで選ぶ」と公言してるもんで。勿論ある程度はイメージを構築するための言葉選びってのはあるけれども、肝心な所で「何言ってるか全然分からない」のは、なるほどそもそも文章を繋げようとしている訳ではないのだなと。全ては音作りが第一。だからこそ「曲としては凄く聞きやすい」のは、先の「白虎野」が物凄い好例に思う。「マントルが饒舌に~」のサビとかほんと堪らん。

 まぁナチュラルに意味が分からないのはこの辺ですよね。
・【アイマス×平沢進】世界タービン (比較版)

 敢えて比較版で。というか最初に通常版を見ても意味が分からないだけなので。
 まぁ意味が分かったところでやっぱり理解はできないんですけどね。要所要所のネタをお楽しみ下さい。
 因みに自分も最初は何で響なのかというか、こういうネタだとある意味春香さんが選ばれそうな気もしたんですが(案の定ホメも使われてますが)、よくよく見ると、この場合は響のナチュラル笑顔が丁度合ってるんじゃないかなぁと。

 もういっちょ。
・ピタゴラタービン (比較版)

 腕の角度が秀逸。

 しかし動画はカオスなのについつい聞き入ってしまうというか。
 むしろ何故いつも動画はこうなのかと。
 ぶっちゃけCGは前世紀末の3DCG走りの頃のそれのままだし、リカンベント購入記念?等、よくわからん平沢進おじさんの日常を撮影しました的なPVとか、どれもこれも例外なく出鱈目(正直自分もあまり深入りせずの領域なんですが)。なので端から見ると「もっと上手く作ればいいのに」とかいわゆる所の「ぼくのかんがえたさいきょうのPV」みたいなのが夢想されがちなんですが、そういう時はまず一寸落ち着いてこれを見るべき。
・【イヤホン】平沢進 LOVE SONG 公式PV【半挿し推奨】

 ※注:「公式」

 まさしく「腹筋崩壊」。本気で腹抱えて動けなくなったのは初めてかもしれない。
 よりによってこの曲をこう料理してくるとか。最早「どうしてこうなった」などという言葉も生ぬるい。時代が追い着かないというより「時代が追い着けない」としか言いようがない。つくづく平沢ワールドをこの地球上あるいはこの次元上に正確に翻訳する術はないのだなと思わされる。
 まぁ本気かつ適当にやってる所もあるだろうしよく分からないんですけどね。
(そもそも自分、典型的な「Forces」から入ったニワカにして、けいおんのP-MODELネタも全然分からない、ソロ時代中心の「中ニワカ」レベルのファンなもんで、と断りを入れつつ。)

 、、、
 話が話なもので話の流れがついよく分からない方向に流れてしまいましたが。
 元は久々に動画製作頑張ってる系を追ってみようとしていただけで。
・【人力VOCALOID】 夢みる機械 / 平沢進 【如月千早】

 久々に人力VOCALOID。これはなかなか。

 因みにどうにも「谷越えてー」の最後の音程に違和感を強く覚えてしまい。リソースの問題にしても違い過ぎるなぁと思って調べ直したら、どうも自分は還弦バージョンのアレンジの方で記憶がすっかり上書きされてしまっていた模様。
 まぁ長年やっている人なので、セルフカバーにアレンジも多数ある訳で。

 この辺、アレンジに限った話ではないのだけど、まずこんだけ長く活動続けて尚且つバリエーションもあるってのが凄いというより単純に個人的に助かるというか(笑)。時期ごとに作風というか曲調も変遷していたりするので、ぶっちゃけどれかにちょっと飽きが来ても他のを聴けばいいやというか。平沢楽曲内のバリエーションだけでそれなりに完結してしまうというのが当初の絞り込みランダムのお話。
 ただでさえ趣味が狭い人間が更に年を食って定番が固定化してしまってきている話なのに、それにバリエーションがあるのが面白いなと。

窓10

 こんばんは。
 なんかこう、完全に疲れてますね。本格的にやる気が吹き飛んだというか。いやそれでも仕事だけはするんですが。責任からは逃れられない「(自称)義務感だけで生きる男」がここに居るもので。そのぶん、休日に家でぐったりしているだけのお父さんそのものになりつつあるなぁと痛感するこの頃。

 とかいうダウナーな前振りの後に少し気張って空元気玉の一つでもぶち込めれば良かったんですが、何かもう「素直に休んでしまえばいいんじゃないかな」と思う自分が居りましたよ(とほほ)。
 というか、月初に書こうと思って忘れていたネタにしときます。

 そんな訳で、先月末の話ですが自分もようやくWindows10にしてみました。
 ノートPCはこのまま老後を過ごすけど、それよりは新しいデスクトップPCの方くらいはと。

 そしたら、いやぁ~大変でしたよ。
 何が大変だったかって、机にアイスコーヒーぶちまけちゃって。(そこか!)

 ノートPCだけは瞬間的にどかした後、一寸他人事のように「あんまり床にこぼれないといいなー」とその光景を傍観しつつ、「っていうか電源タップやべぇ!」と雑巾用の古タオルを持ってきて水溜まりと机の下に配備。
 まぁ結論としては思ったより下にはこぼれていなかったっぽい。ただこういう時は万一にも電源を落とさないといかんのに、こちとら「アップグレード中です、電源を落とさないで下さい」の真っ最中ですからね、そりゃ冷や汗もんですわ。

 一応言っておきますと、一々こんなものがネタになる程度には普段から置き場所に気を付けてはいるタイプなんですが、その日はデスクトップとノートを併用してごちゃごちゃしてたもんで、案の定と言ったところ。たまの問題とはいえ、なんかもっといい置き方があればなぁとは思っているけども。
 いや、「机の領域余ってたし」とかいう理由で置いてあるディスプレイケースをどかせば幾らでも机を広げて置き場所も確保出来そうな気がするんですけどねぇ(ぉ)。

 そんなこんなで、私も時代の波に乗ってWindows10になりましたよ(サブだけ)。
 って、あれ? シェア2割
 いやぁ、この結末は予想していなかった。却って反感を買った結果もあるだろうとはいえ、あれだけやらかしてもこれだということは、何もやらかさなかったら1割にも満たなかったんじゃ、、。そりゃ必死にもなるよね。まぁ逆効果でしたけど。でもって実質延長?とかいう話も流れているくらいなので。なんかもう色々とグダグダ。

 肝心のWindows10の使い心地はというと、サブPCなんでたまにしか使わないし、結局「意味もなく変わって一々調べるのがめんどくさい」という以上の効果が全くないのが現状。散々話題になって巻き戻ったスタートメニューも、噂に違わぬ「劣化」の印象しか感じない。
 もっとも、これでもofficeのリボンインターフェースへの移行はそれなりに評価した身。(でかくて邪魔とはいえ)あれは旧態依然としたメニュー体系の刷新を図ったという意味はきちんとあって、ただ「どの機能が何処に行った」という移行を蔑ろにした点が問題なだけだったけども、今回は果たしてどうなのか。相変わらず移行のフォローもなければ、UIの刷新もただ昨今流行のシンプル(に過ぎる)デザインの上っ面を被せただけで、根っこのシステムUIはそのまんまという統一性の無さ。スタートメニューから呼べる「設定」画面と、スタートボタン右クリックから呼べる「従来のコントロールパネル」が別個に存在しているのは苦笑した。
 無論、旧来派としては、そのままの形が残っていること自体は喜ばしいけれど、本当にただ新しいガワを被せただけというやる気のなさには幻滅する。
 当面実害のある点で言えば、スタートメニューで最も使用頻度の高かった検索機能がCortanaさんに統合分離されてしまい、(マイクもないデスクトップPCでは速攻機能を切ったせいで困惑したけれど、検索窓は残してCortana機能だけ切るという道を選ぶ必要があった)、新しく作られた検索窓のデザインがでかくてうざくて何よりもっさり。Windowsのアニメーション機能は速攻切る派だけど、ここだけはオフにならないので甘んじて受け入れる他ない。こういった統一性の無さに、全体像のブレを感じずにはいられないというもの。
 変化にはいずれ慣れるとはいえ、これはなぁ。
 XP→7はきちんと便利になったのに。これでは「Windows8よりマシ」の評価しかないんじゃなかろうか。

 一方、システム面で言えば、OEMのマザーが公式にはWindows7までの対応ということもあって、やはりドライバの互換性には不安が拭えない。XP時代のノートを7に移行した時と同じ問題。動きはするけれど何処か誤魔化しの感触。
 そういう懸念もあってか目に付いた問題と言えば「通信がもたついている気がする」。軽く調べて見ると「Windows10 ネット 遅い」の検索がごろごろ引っ掛かる始末。大抵はドライバの話なので、一応ネットワークドライバはチップセットの提供元の最新を引っ張ってはみたけれど、何とも言い難い。ただどちらかというと単純な通信速度というよりはOSの同時接続数とかそちらの問題を感じなくもない。Windows7時代に少し弄ったような気もしなくもないし、そこが悪さをしていたりするのか(サブだからあまりやってない気もするけど)
 この点で思うのは、そもそも「OSアップグレード」自体が初めてなのですよ。今までWindowsのOS乗り換えはクリーンインストールが当然のように言われてきた訳で、その方が確実だった。一から入れる方法もあるし別にやってもいいけど今はめんどくさい。

 結局のところ、無料期間のギリギリに移行権を貰うだけ貰っておいたという話にすぎなくて。それは即ち、「タダより高い買い物はない」の典型例なのですな。
 これに限らず昨今のアップデートは本当に必要なのかというとまるでそんなことはなくて、Androidも4.4で留めたまま数年経つ。作り手の観点では旧バージョンに居座られる煩わしさってのは分かってはいるのだけれど、2みたいな古代種ならともかく、Androidの4のシェアはまだ5割ある(参考)みたいだから別にいいよね、としか。
 Windows10も先のシェア2割の話もあるし、むしろ大衆派のままに留まっておけば良かったと思うところ。
 いっそ「元に戻す」も試してみるべきだった。それはそれでトラブるらしいので(ぉ)。

 っていうかちょこちょこと細かい所でのソフトの不備はあって、そういう周辺のソフトウェアの対応がいつになるのか。もう皆「関心が無い」のが実情だよね。これが「帝国の崩壊」というものなのかなと思わざるを得ない今日この頃。とはいえgoogleもappleも勘弁して欲しいので、MSには頑張って欲しかったんだけどなぁ。
 とか書いてるともう、「『偶数番のWindowsは不発』というジンクスを無視してまた偶数番を当てちゃうから!」というジョークを入れ込む余地すらなくなってしまったような。

製造記念

 アイリちゃん*周年。(もう幾つか忘れましたの意)
img
 「この時期に代休とか無理ゲー」。
 などと突っ込み所満載の台詞を残しつつ。

 清書している時間は無いので、線画はラフ(を二値化)のまま逆に色塗りを少しでもやってみた次第。そもそも論として未だに色塗りの勉強にまでまるで手が届いていないので、ぶっちゃけ前回の色塗りはステイシーのだし、数少ない成果を多分全部ここに乗っけちゃってるんじゃなかったかな。少しは修行して吟味してから出してこいやって話ですよね。まぁそれをやるほどの以下略、ってことで。(あ、別に前回その他の仕上げを忘れてる訳じゃなくて。仕上げというフェーズに取り掛かるだけの心構えも練度も足りていない。)

 しっかしまぁ、やればやるほど、ステ振り間違った身の程知らずっぷりを思い知らされますね。
 ほんとにもう、顔のバランス一つまともに取れない。立体的な捉え方の話とか理屈では分かっていても結局それを判断するための感覚がまるでなっていないので、ずれたものをずれて認識してより一層歪みが酷くなっていく。(何度も何度も手直ししてようやくまぁ、という所まで)
 皆々様のきちんとバランスの取れた絵を見る度に、「天賦の才」と書いて皆まさしく天才だよね、と思わざるを得ない。「適性がない」とは正にこういうことなのだというのを身をもって思い知る毎日ですよホント。
 まぁそれだけ幾度も幾度も心折れる日々を過ごしつつも「諦めの悪さ」のスキルを発動しまくっていられるのは、「仕事(本職)じゃなくて良かったよね」と言う他ないのかもしれませぬ。

 ってあれ? テンションの低い話のままオチが付かないんですが。
 まぁ細かいことはさておいても、このアイリ(ちゃん)の面白かっこいい頭の形の再現はなんだかどうにも難しい。これでも何とか頑張って修正は重ねたんですが、「まぁ構成要素は合ってるんだけど、なんか違うんだよな」というよくある絵の一つと申しますか。(俺の中での)肝心なもう一歩が、何処か足りない。
 いつかきっちり描ききって無闇に力説してみたいのですが、いつになることやら。