小ネタ化

 さて、何か書こうとしていた筈なんだけど思い出せずに週末かつ月末に至ります。
 別に書くほどでもないネタはあるんだけど、それじゃなくてこれを書こう、と思った話があった筈なのだけれども思い出せない。
 小ネタはちょこちょこと思い出せるけども、
  • 書いてもいいけど書かなくてもいいネタと、
  • 書くにはもう少しネタをまとめてからの方がいいネタ(そして保留のまま流れ去るオチ)と、
  • つまるところは愚痴にしかならないネタ、と。
 何だかどれも違う気がしてならない。
 記憶が記録であれば、掘り出すことも容易の筈なのに(?)、と。

 まぁ昔は臆せずしょうもない話ばかり書き並べてきたのがこの雑記サイト(blogなどとは言わない)なんですが。
 分かり易い題材であったゲームもとんとやらなくなってエントリが激減したのもあるとはいえ、よくよく見返すと特に月一レベルまで落ち込んだのは昨年2014の頭から。って、これ正に「気軽に小ネタを積み重ねるバージョン」として手始めにローカルで雑記を書き始めた時期じゃないですか。いや影響は分かってはいたけど、ここまで露骨に吸われていたのかと。そして、早々に軌道に乗ったのでサイト版に昇格させようかというところで、どういう運用でまとめるかで計画が止まったまま、長い長い年月が過ぎ去ってしまっていた模様。
 いくつかブログ系サイトは当たってみたけど、使い方がいまいちしっくり来なくて。結局wordpressでいいかぁと思ったところで、それはそれでアプリもしっくり来ないまま。
 また個人的に特殊な要求として、日々の記録の意味合いが非常に強いので日付を重視したいのだけども、一旦下書きメモを残したまま後日コミットするスタイルが多いので、完了日時じゃ無くて最初の日付でエントリ日時を保存して欲しいよねとか。タイトルには日付を自動打ち込みさせたいよねとか。wordpressなら弄ればいいじゃん、なんだけども、プラグイン的な書き方でいけるのだろうか。過去にコアのコードを直接カスタムしたせいでバージョンアップがめんどくさくなった、って今のこの雑記のwordpressがそうなんですけどねー、みたいな話もあり。
 一手間二手間かければどうにでもなるんだけど、そういう手間が精神的障壁になるということは経験で学んでいるので。とにかく「書く」にあたっての障壁を徹底的に減らさないと意味が無い、という持論を体現したく。
 そんなことを考えているとなかなか方針がまとまりませんね、はい。
 まぁそろそろどうにかしないととは思っているのですが、自分のためにも。


 とか何とか書いてたら文字が埋まってきたような、と何処かの連載コラムのお茶濁し回みたいな結果になってきているのですが。
 それに多分、今月は「月一ばっかりじゃ悔しいから今月はもう一点」という目標を完遂するがために頑張ってはみたものの、一ヶ月後に「素直に月初めに回してりゃ良かったのでは」と後悔するパターン。
 そもそも月初めに投下している時も、「早めに月一ノルマを達成して後はのんびりする」という打算かと思わせぶりで、その実「前月末に2つ目を間に合わせようとして失敗した名残」である可能性。

 多分一番書きたかったのは、このしょうもないオチ。

Vitaとか3DSとか

 気付いたら10月ですね、早いですね、、。

 さて、どういう訳か今頃バーチャロンやってる夢を見ましてね(ドルドレイ使っていたのでオラタン)。びっくりですよ。何故にチャロン。
 少し前に「昔のゲームでも掘り返してやろうかなぁ」などと考えているところに丁度オールドゲームをやって喜んでいる夢を見たり、自分はそういう分かり易いまでに直近の願望なり懸念なりがそのまま夢に出てくるタイプなんですが。だからこそ何故にチャロンなのか。
 まぁ強いて言えばあのゲームも「もうちょっと上手くプレイする余地はあったかな」という心残りも0ではないし、夢の中でももうプレイのノウハウは何もかも忘れていて一から試行錯誤し直すくらいの感覚でプレイしていたというのは、その心残りに繋がる話なのかもしれない。
 とはいっても昨今、「対戦ゲームはもういいかな」という諦めにも似た感覚は大きいので、敢えてまたあんな面倒くさいゲームをやりたいとは思っていない筈なんだけども(笑)。

 まぁそこの真相は我が脳味噌に直接お聞き下さいということで。
 それはともかくとして以下、丁度良い話題をば。

 ネットを見ていてちょっと気になったこのゲーム。>夜廻
 こういう探索アドベンチャー的なものにはちょっと好みだなと思ったんですが、「Vitaかよ」
 そうか、Vitaってまだ現役でソフト作られてたんだ、、、と言うか。いやすんません、Vitaとかもう息しているとかそういう認識すら本気で無くなってました。

 まぁこれが仮に3DSだったとしてもどちらにしろ本体はないんですけどね。
 というか改めて振り返ってみると、Vitaにしろ3DSにしろPS3にしろPS4にしろ箱oneにしろ、新作のニュースに飛び付いたところで何一つハードが無いという事実に今更気付きましたよ、はい(苦笑)。(そして素で忘れられるWiiU)
 箱oneないしPS4は今後のラインナップ次第であるいは、とは思ってはいましたが。必然的にがっつり3Dゲーということになる訳で。もう少し気楽に出来る携帯ゲームの選択肢については今は何もないんだなと。まぁスマホに取って代わられるであろうこの時期だけに様子見していたのもありますが、肝心のスマホ市場は「圧倒的暇つぶしと課金ガチャ」で完全にfixしつつあるので目を向ける気力すら失っていたし。やはりまだある程度はゲームの体を保とうとしている所に目を向けるべきなのかなぁとも。

 そんな訳で丁度良い機会ではあったのでソフトを見回してみたんですが、、、
 「びっくりするくらいに何も無かった」(笑えない)。

■Vita
 公式を覗いたらいわゆる「萌え」系のゲームばっかり出てきて、「ですよね~」というか。それ以外というと最初期のチャレンジングなゲームか、後はPCないし据え置きにも出ているようなインディーズ系。パンチ力としては微妙。

・GRAVITY DAZE
 まぁまず上がるよねというか。未だにこれしか上がらないのがVitaというか(苦笑)。
 ただ正直ゲーム的には期待してないからこのために買うことはないけれど、でもあの3D感は見てみたいので本体があるなら手は着けるつもり。

Tearaway
 これもVitaの新機能を活用しようとした類。

・朧村正
・ドラゴンズクラウン
 この辺も上がってはいたけど、朧村正は移植。DLCは口惜しいけれどもそのために一からやり直す気はしないかな。
 ドラゴンズクラウンはいわゆるハクスラ系?ってことで何処まで趣味が合うかみたいなのはある。
 絵的には好きなところだけど、ついでの類にしかならないかなぁ。

CHILD of LIGHT
limbo
 インディーズ系。
 他にも過去に見かけたとは思うけどもひとまず気付いた分。
 まぁこの辺は他のハードでも出来るよねという。

夜廻
 さっきの。
 って、あれ結局これだけなのか、、?(笑)

■3DS
 公式サイトが「+数件ずつ伸ばしていく」クソUIなので途中で断念した(表示が重くなりすぎて話にならない)ってのはありますが。
 でもネットでおすすめ拾った分でもピンと来るものがなかなか無い。
 あくまで個人的にはVitaより微妙かなぁ。

疾風のうさぎ丸
 いきなりこんなのか、と(笑)。
 まぁこの溢れ出る旧世代臭というか。まるで視聴者を引き込もうという意図が感じられない単なるプレイ動画に慄然。その分「やりたきゃやれ」みたいなオーラは嫌いではないのですが。
 肝心なところではパズルの質がどうか、なんだけども。これだけでは判断しがたい。強いて言えば次作を見る限り、思ったよりアクション寄りなのかな。「バベルの塔」というより「ソロモンの鍵」的な。

・ファンタジーライフ(無印)
 Linkには興味ナッシング。
 評価は高そうなんだけどもLevel5ってのはたぶん自分にはテイストが合わないんじゃなかろうかとは思ってはいるところ。

・ぶつ森
 しずえさん目当てでやろうかなぁとか(ぉ)。

まもって騎士
 忘れておりました。
 これは360版で感心したので、3DS本体があれば是非やる。
 ただ疲れるアクションだというのは分かっているので元気が出るまでは手が出せない(笑)。


 えーと、うん。どちらにしてもソフト総額よりハード代の方が高くつきそうですね。
 駄目じゃん、、、。
 まぁそれを言ったらPSPも、ハードと一緒に買ってきたソフト複数はそのまんま、DLで「クラシックダンジョンX2」しかやらなかったという、ものすごい悪行を残しておりますけどね。(いやまだ決して終わった訳じゃ、、、たぶん)
 PSPで何か探してみるかなぁ(今更)。
 PSVitaをちょっと考えたのはPSアーカイブスのこともあったのだけれども。と思ったらPSPでもいいのか。なんか色々やっててよく分からん。

 そんなこんなで。
 ゲームハード買うのって悩ましいんだなとよく分かりました。
カテゴリーGame