なんか色々ありすぎて前置きネタも浮いては消えてでよく分からなくなりましたよ。
 ってかこんなもん書いてるヒマ(余裕)あるのかって話ですが、まぁいいじゃないですかたまには。

 CSで流れていたロボットガールズZ
 元祖スーパーロボット時代の擬人化(美少女化)モノと、いわゆる今時な企画もいいところで、正直ネタ半分で見てみました。
 というか流石にこの時代は自分も完全に守備範囲から外れていて、年の離れた兄貴でもせいぜい再放送を見たくらいじゃないのかなぁ。家にG1の玩具が辛うじて転がっていただけで、あくまで当時のヒーローロボット図鑑で「全然知らないのばっかり」と思いながらも名前と姿だけは触れたことのある時代。
 なんでまぁ誰が可愛かったかとか問われると、うーんと首を捻りながら「あしゅらだんしゃく?」とか答えてしまいそうな感じであるのですが。むしろ元ネタとかどうでもいいというレベルで見られたのは良かったのかもしれない。何より10分という尺が手頃で、細かいことを考える前にドタバタだけを見て和んで終わると申しますか。

 前から度々思っていたことではあるのだけれど、正直最近は5分10分枠のアニメの方が相対的に満足度が高いように思う。
 30分というのは元々テレビ放送フォーマットの都合であって、その中で10分15分に分けて短編エピソードを詰め込むようなこともやっていたけれど(今もあるけど)、「一週間でそんな作ってられるか」って時代になるにつれ、薄い脚本をペースト状に引き延ばすスタイルが定着して今の今まで残る所があるように思う。
 そうでなくとも15分が人の集中可能な時間の節目だという話も何処かで読んだし、それこそ個人的には「30分アニメって要らないんじゃないの」という暴言を吐いてみる。まぁ勿論、30分(や60分)の枠でこそ出来る話作りというのもあるし、全部が全部とは言いませんが。(ただそれを言うと洋ドラ・cartoonの方が圧倒的に枠に見合った話作りが出来ているという話もしてしまう所)
 この先(といっても当面テレビ配信の力は強いけれど)配信媒体の形が変わってくるにつれ30分の枠組に拘る必要もなくなるのかもしれないし、もっとコンパクトに楽しめる作品作りが増えてくると良いなぁと思いつつ。
 まぁ5分枠じゃ1クールが円盤1枚に収まってしまって売上が悪いって話になってしまうのかもしれませんが(ぉ)。でもなぁ、5分枠なら一人で主な仕事をやっちゃってそうなのもあるし、それこそ漫画原作とかなんて元々一人二人で作ってるものなのだし、同じく少人数(=低予算)体勢で作る方が合ってるんじゃないのかなとか思ってみたり。どうだろね。

 意外に話が延びてしまいましたが、
 見ていて若干感心(?)したのが、今時ならこれ明らかに見せてるだろうという動きのカットを描いておきながらも不自然なまでに隠す「鉄壁スカート」。(主語目的語の隠蔽)
 なるほどこれがジェネレーションギャップというものですかと(ぉ)。

 とはいえ、ヒーロー物の定番ともいえる「ピンチ回」でわざわざ服をひん剥いてからボコるという演出に、「ああ、このために取っておいたということね」と思ったのも束の間、股割き連続チョップに始まり顔面お岩さんのフルボッコ状態のインパクトの方が大きすぎて、ああなるほど、やっぱりこれがジェネレーションギャップというものですかと(ぉ)。
imgimg

 でまぁオチとしましては、
 「ロボットガールズZ」という響きから真っ先に思い浮かべたのは「パワーパフガールズZ」(ぉ)。
 同じ東映アニメーション製作ということで、あの時もこれくらい本気を出せていたらなぁと。
 ただセルフパロディと外様とでは遠慮の仕方が段違いというのはありますが。実際、PPGZの後期OPは「やっと本気出せたのか」と言われていたと思う。まぁ難しいですね。

 などと、
 「モルダー、あなた憑かれてるのよ」ってことで一つ。

ロボ子好きですか(直球)

 久々にgoogle analyticsの検索キーワードを覗いてみた。とはいっても実のところ以前googleがSSL通信をデフォにしてからnot providedが7,8割は占めるようになって参考、実際analyticsの中でも奥の方に追いやられてもう殆ど面白味もなくなってきてはいるのですが。
 とか思ってるところに現れた検索ワード、
 「ドリームクラブ アイリ 好きですか」
 何ですかこのどう答えても何かしらのダメージを被りそうな全方位地雷型のデストラップは(ぉ)。

 という訳で最近ロボ子ロボ子言いすぎてる我が空気を察したかの如く、チャンネルnecoが直球を投げてきたのでありがたく受け取って参りました。
imgimg
 SoltyRei(ソルティレイ)」。(以下ネタバレ含みます)
 リアルタイムというか本放送時に一度見ているけど、よくあるSFアニメ設定で終わったような記憶以外とんと思い出せないので今一度見直してみた。けれどもやっぱり最後は「あちゃー」というか何というか(失礼)。
 過去に事故で妻子を失ったオッサンの元にロボ子が文字通り落っこちてきて何故か懐かれたのでそのまま飼う引き取ることにしたという、まぁお察し下さいのお話。になる筈だったのに、本物の娘がしゃしゃり出てきてロボ子の立ち位置が微妙になりまくった上に、後半はよくある面白くも何ともないストーリー展開でますますロボ子が空気化しちゃったけど、最後の最後で覚醒して宇宙空間でのラストバトル。
 うむむ。これは、確かに見たことはあるんだけど逐一そのシーンを見るまで展開を全く思い出せない、その印象の薄さにも納得してしまうと言ったところなのだろうか、、。
 ただ後半の、世界の成り立ちとその命運を何たら的な展開は別にこれに限ったことではないよくある大風呂敷だし、それのSFアニメ版ということで、元々SFのパイが絶対的に少ないアニメ畑では敢えて王道的なネタから攻めるという目論見もあったのだろうか。しかしだからこそ「SFアニメっていつもこんなだよな」と思われているだけなのではないかと、この手のSFアニメを見る度に毎度のように思う。

 とまぁそんな訳で後半がアレなのはさておくとして。
 だからオマケのDVD特典?にはちょっくら期待して見てみたら、ああうん確かに前半はこんな感じだったよねと。ロボ子が居ても居なくても話は成り立っちゃいそうなところも含めて(ぉ)。
 いやまぁ、ロボ子がオッサンその他周りのキャラの人間性に触れながら人というものを学んでいくお話、ということではあるし。だからどちらかというと客観的な立ち位置に収まることが多い訳で。まぁもうちょっと(壁を壊すとかの便利屋以外の)絡ませ方をしてもいいんじゃとは思いますが。
 むしろこうも出番が少ないと、ロボ子ということで抑揚に乏しい声優を選んでみたら文字通りにあまりにも棒すぎて出番を削られちゃったんじゃないかと、ちょっと勘ぐってもしまう(笑)。そうでなくても緑髪の主役とか(俺得以外の)誰得なの?って思われがちだしなぁ。
 あとは性格的にただでさえ目立つタイプの上に、記憶を失って生き延びていた実の娘だったというローズの存在は流石に余計だったのではないかと。とか思ってたらあっさり死んで「ああそういう展開?、、、でもなかったような」というか「ですよねー」と結局生きていたヌルさは、近年の「主要キャラ殺しちゃった方が話題取れるよね」の風潮の今なら思い切ってやれたところなのかもしれないなと思いつつ。

 そんな訳で、コンセプトは(その筋には)悪くなかった筈なのに(だからこそ当時も食いついたのだろうに)、中途半端にまとまっちゃった詰めの甘さは残念だよなぁと。せめてExtra話のような話作りで最後まで行けたらね。2クール枠予算でそんな地味なものは多分許されない業界なのだろうなぁ。

 因みに今回は一度見た作品なのでExtra話の視聴こそを一応の目的としていたのだけれど、どういう訳かこれも妙に既視感があった。gyaoでやったみたいだし、そこでextraだけ拾ったりしたのだろうか。うーむ、結局は全部再度見直しただけだったんかい、という。まぁいいんですけどね。
 いつものチャンネルneco選抜組らしく、何も考えずにぼーっと見られる週一の癒しタイムとしてはしっかり機能して頂けましたので(笑)。(<褒めてるのだろうかこれ)