締め2014

 はてさて、今年ももう暮れですね。
 完全自動洗濯機などと言っている内はまだ可愛いもんで、いよいよ切羽詰まってくると言い始めるのが「キルン欲しい」ネタ。
 SF「キルン・ピープル」(デイヴィッド・ブリン)に出てくるクローン製造器。自分の最強憧れSFデバイス。
 クローン・コピー等というと一般的には代替わりのネタまでだけれど、これが面白いのは事後の記憶の統廃合機能といった設定を持つことで、「自身を多重化して日々を過ごす」という観点。いわゆるところのマルチスレッディングですよ。人生1日24時間ですが、これを使えば文字通り倍倍と増やせる算段。
 猫の手も借りたい人手不足・時間不足を見事に解決できる夢の手段。これさえありゃ完全自動洗濯機だって賄えるってもんですよ。そりゃ楽はできないけど、家事専用に1体クローンを焼けば、「義務感だけで生きる男」を自称する自分ならば、それが割り当てなら働きもするってもんですよ。

 仕事の最終週にこの状態に陥った時は「サンタにキルンでも頼めば良かったわ」とか思いつつ、多分文字通りの「窯(kiln)」が贈られてきて途方に暮れるんだろうなと。

 さて、年貢の納め時、じゃなかった年納めということで近年の慣例だとこの辺で最後の一筆ですが、今年は何をしたものかな。というところで少し前に目に止まった「(アニメキャラを)MSペイントで描く」スレ。これだ、と。

 一応今回はフルデジタル描きというテーマにはなるのかな。
 まずは比較にということでSAIで二三適当に線画を引っ張ってみてからMSペイントへ。
 ここで流石にマウスでというのはあまりにも苦行すぎるのでやめて。ただ単純な線画ならペンタブレット使ったらあんま変わらないんじゃ?とか思ってしまったけど、成る程これは、確かにめんどくさい(笑)。
 レイヤーもないので主線+色塗りなんてクソめんどいし、それ以前に単純なペンを引いて消しての作業だけでも、ショートカットキーが(たぶん)無いのでいちいちツールバークリックでペンと消しゴムを持ちかえるだけの簡単じゃないお仕事の繰り返し。

 そうこうする内に例の壮絶な歪み問題が勃発して参りまして。そもそもアナログでもまだまだ不安定だもんで、更にまだ慣れないペンタブと、訂正も七面倒くさいだけの環境下で上手く行く筈もなく。
 描けば描くほど泥沼化が始まって、世界の偉人シリーズ「ユ・ガンデル」とかいう意味不明なネタ(露骨にググレカスの影響)が脳内を駆け巡り始めたところで、今回は一旦諦めました。というか時間切れとも。
img
 これは手始めにSAIで描いた時のもの。
 何も見ないで描いてはいるもののよくよく思えば直近に模写った物のアングルほぼそのまんまだったので面白くなくて、ここから一応オリジナルと言い張れるものを目指そうとしたらの泥沼化ですよ。やっぱり人類には、じゃなかった俺にはまだ早かったんだ(苦笑)。

 まぁ実のところ、そろそろ無目的な模写ばかりではなく少しは目指す方向性を絞っていかないと駄目だよなぁと思いつつ。
 そういえば前回も、「リアル絵を描いてるフリして何でデフォルメ絵が出てくるんだ(意訳:ファッ)」というお叱りを受けましたが、確かにハム先生の教えは偉大ですが別にリアル絵しか描いてないとは言ってない(ぉ)。
 っていうかリアル絵はそれこそスタートラインが遠く高くにそびえすぎておいそれと人前に出せるもんじゃないしなぁ。手っ取り早く分かり易いアニメ絵でお茶を濁す気持ちも分かって頂ければ、という感じで。

 そんなこんなで、締めっぽくなりませんでしたがまた来年頑張ります。

ゲーム納め2014

 さてはて、年納めゲーム編。
 えーと、今年やったゲームは、えーっと、ドリクラ。うん、これだけですね。
 まぁ誕生日にPS3ごとGogo.を買うという悲劇が起こらなかっただけ良かったのではないでしょうか(ぉ)。

 そもそもがドリクラ自体、ここでいうゲームの枠で語るつもりもなく。
 強いて言うなれば友人宅でプレイした分をカウントすれば「ラリスポ2」が今年唯一無二の思い出にして回顧枠。
 同じ頃、箱ONEが国内発売された際に箱ゲー振り返りの企画構想もあったんですが、そこでメインディッシュを先に平らげてそのまま終焉を迎えてしまった感。
 それと、今月に入って「暇ならやってみてよ」と立て続けにゲームを紹介されたりsteamでギフトされたりしたものの、「もう今年はドリクラしかやらなかったことになってるしなー」などと口走ったのは内緒でも何でもありません。(割り込ませる時間もないしね、ってのがマジレスとしてもありますが)

 まぁ正直に言えば、自分自身の情熱というか興味ゲージが下降している点も否めないのでしょうが。ただやっぱり久方ぶりに触れたラリスポ2(Rally Sport Challenge 2)ではプレイ一番過去の血がたぎって、熱中のあまり大画面プロジェクタを凝視しすぎて人生初の3Dゲーム酔い(としか思えないもの)を体験してしまう程度には、やっぱり俺はこういうゲームは今でも大好きなんだなと思わされた訳で。
 しかしその場でも話題に出たし、振り返り企画のネタとしても温めていた話なんだけど、ポリゴンハードの過渡期ゆえに企画・発売できたものというのもあるんだろうなと。
 「やってみたい」が先行したからこそ尖った需要にも応えられた時代であって、その先コストと売り上げが計算できるようになってしまった後は、悲しいかな市場原理に抗う冒険の話にしかならなくなると。まぁゲームに限った話ではないだろうけれど、コスト計算が細分化された分野にはよくある話。
 だからそういう需要の中にいた人間からすれば、「求めるべくもない」という諦めの感は少なからず発生してしまうよねと。
 この点、コアな需要に応える製作形態としてはクラウドファウンディングなんかも小耳に挟むようにはなってきたけれど。それでも相当でっかい需要くらいだし、それはそれで人(期待)が集まりすぎて収集つくの、みたいな例しかまだ見ていないので何とも。

 それと最後に苦言を持ってくるのもどうかとは思うけど、やっぱり自身の興味ゲージをガクンと引き下げてくれる要因として、昨今の国内ゲーム市場のあまりある惨状がある。
 「重課金兵」みたいな酷い悪ノリも一時のネタくらいに思っていた内は良かったけれど、「パチンコ需要を食い始めた」という話を聞くようになってから、ああ成る程なと、納得と共にこれまた一段と諦めの観念が湧き出てきまして。
 21世紀のこの期に及んでまで駆逐できないしする気もない建前だけの不健全な金の流れをそのまま引き継ぐというのだから、根が深すぎて最早これはどうにもならないし、やっぱりする気もないだろうと。
 「金を出す気がある奴に金を出させる」のは需要と供給の原理かもしれませんが、あまりにも度が過ぎている。「こんなことができるのは日本だけ」と言われているように、ルールという縛りから逃れた人間の浅ましさを最大限に発揮した市場形態なんぞと誰が付き合うかと。(友人に課金兵がいないのでめっちゃ口悪くも罵れますが、本音としてやはり思いますよと。せめてバカにされる覚悟でやれよと。)
 もちろんゲームとしてもよく出来ている物こそが成功している訳で、それ相応の良さがある点は評価すべきでしょうが。しかし、かつては数千円の買い切り(これもROMカートリッジの高騰が背景にあるにはあるし)で2,30時間も集中すれば一通りの思い出は享受できた時代の人間からすれば、何万何十万円・何百何千時間と際限なく吸われ続ける遊びには「そこまで費やす対価を感じない」のが正直なところ。それもこれも「今の市場が追い求めた結果」と相成れば、寂しくはあるけれど身を引くのが道理なんだろうなとも思わされる話。
 まぁすっぱり切り捨てるつもりも別にないんですが。今は目を背けたい、といったところでしょうか。

 何でこんな話になったかというのも、年末忘年会もお疲れモードすぎて満足に話す気力すらなかった、その言い訳代わりに。当人等が見るかは別にして(駄目だろそれ)。
カテゴリーGame

萌え強化年間2014

 さて、年納めの萌え強化月間というか年間(?)。
img
 何故だろう、我らがコンバットさんがフルボッコにされる未来しか見えません。

 そんな訳で、1/8ダヨーさん。
 まぁこれ自体、過去に出たものをオクで保護しただけなんですが。しばらくプレ値というか定価越えでしか出回ってなかったけど、そろそろダヨーさん人気も落ち着いてきたのかな?というところで覗いてみたらほぼ定価まで落ちていたのでポチり。
 ただ公式画像で見たら正に完璧超人に見えていたものの、いざ届いてみたら「あれ?普通に可愛くね?」。
img
 やっぱり顔が、ね。きちんと可愛くなってしまっているというか(マテ)。
 というか製品画像はもうちょっと独特の不穏な雰囲気が出ていたと思うんですが。もしかしてオクでパチもん掴まされたのか?と出来は良い筈なのに不安に陥ってしまった事実。しかし当時のレビューサイトを見るに全てコレなので、製品サンプルと量産品の違いということでしょう。量産化の過程で、歪みが(逆に)正しく修正されてしまったということだろうか。いやうん、多分アイプリとかを手掛けた人はきちんといつも通りのいい仕事をしたんですよ。いつも通りだったが為に・・(ぉ)。

 ではここで実物を見直してみましょう(拾い物)。
img
 なんだろうね、この絶妙な外しっぷりは(笑)。
 上手い下手という以前に、目のハイライトが中央寄りという「アニメ絵のスタンダードすら押さえられていない」辺りに、よほどの門外漢が製作に携わってしまった不幸があったのだろうと思う。
 最近絵を描いてみて痛感してるんですが、素養の無い人間が描くデフォルメバランスの外し具合ほど切ないものはなく。あまりにも他人事でないその有様により一層心の底から溢れ出るモヤモヤが見る者を絶望の淵に叩き込む、ハズが、当の本人は自らを可愛いと思い込んでいる太々しさと太ましさが相まって絶妙なこの何とやら。
 逞しく生きてほしい、と思います。(なんだコレ)

 ともあれ、こと顔に関してはねんどろいどの方が似てるというのは確かにそうなのかも。
 ねんどろいどは折角だからポチろうかと思いつつ寝落ちした翌日に高騰が始まったが故に買い逃してしまったので、どうせ今手を出すならフロッキー加工の髪とその巨体で雰囲気の出る1/8かなーと思ってみた訳ですが。あの独特の、不気味の谷じみたコレジャナイ何かを再現するのは(色々な意味で)やっぱり難しかったと。
 等身的に一番近いのはキューポッシュだと言われたりもしていたので、出ねーかな、出る訳ねーな、と思いつつ。
 そもそもダヨーさんをダヨーさんたらしめている要因の一つとして、中の人がいるが故の関節位置の違いがあると思う。肩を肘で動かしているという内部予想図は多分正解なんだろうと思っていて、だから腰も膝の位置も中身は凄く高い。その不一致ながらに「それなりに動ける」着ぐるみにしてしまったものだから、「動くけどなんかヘン」なのだと。座って足を組むととんでもない事になるし、ロングブーツも膝の位置が上なのでただの長靴になると。って言おうとしたけど画像見直したら本当にブカブカの長靴じゃねーか、と思いました、まる(笑)。
 まぁまたグッスマが血迷ってミクダヨーver2でも出すのを待つとしましょう。figmaとサイズの合うダヨーさんでもいいよ(ぉ)。

 っていうか、あれ?もしかしてこれだけ?
 あ、コトブキヤプラキットのワルキューレは当然買ってますが、組んでないし(汗)、そもそも萌え以前のゲーム回顧枠。

 後はまぁ今年は個人的に不作、というよりは一時期たまたま釣られすぎただけなのかもしれませんが。ただ近年はリボの半撤退もあってラインナップが売れ線に偏りがちで自分の出番がなくなってしまったかなぁというのもなくはなく。キューポッシュも、初期こそBMGみたいな担当者の趣味らしきものが出ていたけど、その後はねんどろいどと丸被りの流行り物路線で個人的には残念な限り。同じコトブキヤでも、完成品はプラキットほど冒険は出来ないってことなのかなぁ。

 そんなこんなで賑やかしにという訳でもないんですが。何となくのポチり。
img img
 ミクさん大きくなりましたね(何が)。まぁバイクに乗る時点で数年後の年齢の設定なんでしょうかと。
 「よく動く」方のfigmaを買うのはややもすると初めてに近いんですが、衣装デザインの強みもあってか、特に胴体が胸・腹・腰の三分割でグニグニ動く。これでライディングポーズも取りやすいんだと思う、けれども肝心のバイクはありませんが故、TF連中で代用。サイズや配置の嘘も多いので、まぁなんちゃってということで。足は何処にも掛かってないというか、掛けられないというか掛けるところもなかったりするというか。

 因みにいつものファステックさんSUGEKAEは多分駄目だろうなと思ってましたがやっぱり合いませんでした。顔のサイズが違いすぎるし、腰のくびれ等の描線とのっぺり顔との対比が「お面を被ったコスプレ」にしかならないのは流石に厳しい(笑)。

 そんなこんなで。
 キューポッシュアンケートにドリクラ・アイリとか、書くだけ無駄なものを書くだけ書きながら、また来年に備えたいと思います。

反省(してない)文

 完全自動洗濯機ェ。
 というネタを再三使い回しつつ、前エントリを早々に先頭から追い出す腹づもりだったものの、気付けばあっと言う間に半月経過していて、その事実から本能的に目を逸らしたいが為か、手入力の日付を(12/14→12/7等と)丸一週間間違える体たらく。
 そして今年の残りも僅か10日と、【悲報】と大括弧付きで脳内スレが立っていそうな今日この頃です、皆さんお元気ですね。(<捻ろうとして最早よく分からなくなった)

 前回は自分でも思い返すに「これもう分かんねえな」級に飛ばしすぎた自覚はあったんですが。流石にフォロー入れとこうかなと思う矢先に、ちょっと別件で「アスペには自虐ネタは通じない」旨の話を聞いて、ハッとさせられてしまったりも。
 (アスペ診断や自虐云々はあくまで一例として)、普段でもジョークがジョークっぽく聞こえていない雰囲気を察して「いや冗談」と手を入れることはままあって。もしあれを本気に取られていたらどうしようかと思い返してもみたり。
 でもって更にはここでは本音とジョークをないまぜにしまくった意味不明な芸風(?)をゴリ押ししているところがあるもので。つまるところは極めて「分かりづらい」。しかし「まぁあまりにも馬鹿馬鹿しすぎて本気とは取られまい」と緩く構えている節もあるにはあるものの、結局のところは「受け手の解釈に依存する」のは危険だなと、改めて思わされまして。
 いやうん、この歳にもなれば相手にどう思われるかくらい考えた上で生きるものだと思っているので。額面通りの解釈とか無いよな、くらいに思ったりもしていた訳で。その上で変なことを言っている変な奴くらいに思ってもらうものだと思ってましたが。しかし言われてみれば、そんな芸風は他人には知ったこっちゃないと。
 まぁだからこそ、こんな危ない火遊びめいた真似はリアルな繋がりで出せないなとしみじみ思わされるという結論になるのかな。そもそもその分かりづらい話題選びをやめろよって話なんですけども。

 なんだか気付いたらただの反省会めいてきましたが。
 単に「額面通りに取らなくてよいので」くらいの話にするつもりが、それは自分の蒔いた種に他ならないという自己突っ込みが入ってしまい。
 ただまぁどうのこうのと考えたところで、体の悪い悪ふざけの一つもしてみたくなるタイプだということに代わりはないので、つまるところは今まで通りの平常運転。珍獣扱いされたのを誇るつもりなど欠片もありませんが、言って変わればお前というキャラはない、ってこれも大分前に言われたなぁ。相変わらずですね。
 締めっぽくなってきたけど今年の締めにはまだ早い、筈。(どうだろう)