発売日

 いかん、ネタを吐ききる前に力尽きてしまった。テンションが上がらない。
 んが今後二度と使えそうもないネタなので頑張って突っ走ってみますよ。

 さて、宇宙警察アンジュさんのPVがやって参りましたが、えっと、うん、正直ちょっとパンチ力は足りなかったかな、、。初指名時をベースにしたPVではあまりにも掴みが弱すぎるので、通常会話の含まれたニコ動版の方を貼らざるを得なかった。ってかローテンションキャラに初見のインパクトを求める方が間違っている訳で、そうでなくともキャラというのは元来積み上げていくものなのだからして。じわじわと攻めて貰いたい。
 あとまぁ、ローテンションという事である程度は覚悟していたけど、普通に声量不足の素人ソングみたいに聞こえてしまうのは残念かな。実はびっくり物凄くうまいとかだったら良かったのですガ。今のところ何とも。
 いや、前作はアイリ全曲集でデスループをかましたように、今回はどうしたものかなぁと。
 元々ゲームのコンセプト的にあくまでカラオケ仕立てのキャラクター(が歌う)ソングなので、やはり純粋に歌として聞くよりもキャラと掛け合わせて聞くのがより好ましいところ。この点、アイリの児玉さんは個人的に良い嵌り所だったのだと改めて痛感する。キャラが好みで、適度にうまくて(エフェクトついでにどれだけ調整されてるかは分からないけど、それなりに丁寧な歌い方は良かったと思う)

 まぁ歌に関してはさておくとして、アンジュさんは明らかに「こちらに球を投げてきてる」以上はどうしても取りに行きたくなる衝動に駆られてしまうのですが。流石に雑誌情報レベルで「好みっぽい」というだけで突っ走るには明らかに不利。(あと、またしても今度は「アンジュしか見てないこいつ」状態)
 いや、せめて本体があれば、ソフトだけの問題ならどうということはないのですがね。
 という訳で誰かPS3ください(ぉ)。

 うん、でも実際、もし当初通りの発売日でアイリ5号機が出ていたら一体どうなっていたのかと。

 という訳でここからが本題なのかこれまでが本題なのかは人それぞれ(?)ですが。
 いや~、当初のPVに「2014年4月3日発売」と出てきた時は「!!×N」のNに果たして何桁入れようかとばかりに心底びっくらこいたのですよ。結局一週ずれましたが。

 思い返すと年一の記念日と何かしらの予定日とが重なることってそうそう無くて。ゲームに関して言えば概ね木・金に限られるのでそもそもが数年に一度の機会となる上に、どうも年度初めというタイミングを避けてなのか3日に発売されているケースが極端に少ない。それがましてや自分が着目するタイトルとなると、ね。
 wikiペでざーっと見てみたけど、これというのはなかなか無かった。
 1990年のPCE版「スプラッターハウス」はついぞやったことの無いタイトルの一つというか、PCEは高嶺の花だったお子様にとっては、むしろファミリーコンピュータマガジンでFCアレンジ版の攻略記事を物欲しそうに眺めていた記憶の方が深い。
 あとは1992年のSFC版「ウルティマ6」。今でこそ8徳の概念は心に深く刻み込まれた存在だけれど、当時はまだ「友人に借りたものの、途中で返せと言われて返してしまった」やりかけゲームの一つ、という微妙に悔やまれる過去があるのみ。口惜しや。

 以後は特にパッとしたものもなく、改めてこういった状況を踏まえて考えた時に、「果たしてここでコレが来るというのは何かの陰謀なのか?」と。乗るべきか乗らざるべきか、密かに確実に悩みかけていたことは否定するべくもなく。
 まぁ結局、悩み悩んで暴走を始める前に延期(というか流通上の都合だろうね)してくれたので事なきを得てしまった訳ですが。

 いやー、よかったデスねホント(空笑)。

じゅうなな

 けーぜろさんじゅうななさい。

 という訳で、天海春香さん誕生日おめでとうございます。

 さて、何かしらにかこつけての晒し上げキャンペーン。
 けーぜろさんの今現在の画力をご覧下さい。
img(ちょっと薄くて見辛かったのでトーン補正あり)
 見返すと既に辛い、というのはいつもの話で。ぐぬぬ。
 まぁまた、(自分にしては)頑張ったんじゃないでしょうか、ということで。

 これまでは全体バランスを第一のテーマに、全身像と背面画のドムスカートを描いた所でひとしきりミッションコンプリートしてしまった感があったので、さて次はどうしようかと。
 いつまでも女の子ばっかりでは呆れられそう、というかぶっちゃけ可愛い女の子の絵なら数多の先人の皆々様に追い付くだけでも厳しいのでそれ以外も描こうぜってことで、手頃な所でハム先生本で出てきた猫に。まぁ教本の方は「ネコ類」の括りで扱ってるので猫の絵自体はあんまり描いてないんですが。
 ポーズは創作で描ける気もしなかったので無理をせずネットで拾った写真を参考に。最初はもう顔すげ替えだけでいいんじゃないかとも思いかけたけど、「ただの動物医のおばさんが猫を抱えている絵のトレース」には流石に俺得ですらない真の誰得感に自問自答の答えを見出す術もなかったので、アングル等は変えて試行錯誤の余地は残すように。
 因みに裏テーマとして「アイリ(ちゃん)の頭はチョイ俯瞰くらいが一番可愛い」を主張するために頑張ろうとはしてみましたが果たしてどうなんでしょうか、、。角度はそれっぽいものを選んで、ここばかりは無理をして悲惨なことにならないように似たようなアングル画像を引っ張ってきて描いたので、殆ど模写みたいなものというか模写だこれ。
 まぁ顔の出来については、正直まだ「可愛くなれば上等」「似れば奇跡」の次元から抜け出せておりませんので、、。模写ですら。

 そもそも全身絵のバランスもまだまだだから、顔なんてそれこそなもんで。最近になって「そろそろ顔も集中的に練習しないと辛いわー」と思うに至って、半月くらい前から練習を始めていた訳ですが。
 しかし、それがまた、
img
 こんなの絶対おかしいよ、と何処かで聞いた台詞が頭をよぎりそうな毎日です。
 いやー、こうも続くとそれはそれで記録が途切れるのが、怖い(汗)。
 というのもこれまでは週に2回くらいはサボってしまうのが常でして。1週2週と続いた辺りで何かがおかしいと。一度記録が続くと逆にやめられなく強迫観念症なもので、この先どうしたものかと。(※但し、眠い時にやっても能率は悪いので、寝落ちして翌朝にやるのも前日カウントなルール。回数としては毎日分やってるという話で。)
 しかし、何だろうなぁ。アプリでログを取り始めたのが前月末からで、その視覚的効果があるとはいっても、それ以前から紙に日付は残していて連続二日以上はサボらない境界線を頑張って維持するのが精一杯だったのに。その点、やっぱり「(アイリの)顔の練習」効果なんですかね(笑)。最初は見るも無惨な結果が続いていたけれど、ようやく一度「(比較的)可愛くなった」(アイリとしては全く似なかったけど!)辺りで俄にテンションの上昇を記録したのは事実でして。
 前々から薄々考えてはいたけど、やはり好きな絵を描く方がモチベの維持には良いのだろうね。教本を進めないことは先に行けないのだけれど、モチベ維持も適度に挟むようにはしないと。
 しかしアイリの顔はポリゴンソースの強みでいくらでも画像が引っ張れるけど、如何せん2D絵の3D化故の問題はあるし、それ以前に困るのが「耳(眉も)」の練習にならない点(笑)。うーむ、せめて他のキャラを引っ張ればいいんだけどね。ただ「取り敢えず最初に上手くなる(慣れる)なら今はアイリからだろ!」と無意味な拘りを見せてのこの有り様。
 取り敢えず一旦やることはやれたので、徐々に他のお気に入り絵でも真似ていきましょうかね。

ありそうな嘘

 さて、昼休みにRSSを眺めていたらこんな記事が目に入りまして。>人から「悲しみ」が失われている

 「それって『(今まで)悲しみのメカニズムだと思われていたものが違った』というだけの話じゃないの?教えて偉い人」、という素人目線の突っ込みは感じつつも、擬態感情、捏造感情と言った考え方はなかなかに面白く、最後まで興味深く読み進めてしまった。
 んが、最後になって「あ、やられた!」と(笑)。
 仮説という組立て方がまたうまいこと自己解釈の余地を残してくれて、見事に良いように受け止めてしまいましたよ。

 いやー、エイプリルフールってのはこうじゃなくちゃね。
 「実際にあり得そうで実は嘘でした」というのが本来的な冗談の在り方。自然の中に溶け込むからこそ気付いた時の効果も倍増する。「息を吐くように嘘をつく」という言葉がありますが、自分は誠実さ(と謙虚さ)の徳を第一義に生きる人間(希望)なのでどうしても本質的に踏み込めない一線というものを感じてしまい、故に嘘つき人種には畏敬の念を通り越した憧憬の念すらあるのかもしれない。
 などと言うだけ言ってみるテスト。

 ネタ関連は最初にgoogleのマジックハンド動画で笑わせて貰って概ね満足したけど、あとは旬なネタといえばこちらですか。限定公開とか言ってる本家参照ので、その内見られなくなるかも分かりませんが。
 途中の「3万回に1回のポロリバグ(を仕込んでおけばよかった)がかなり受けた。
 実際に(実利的な部分で)そんなもんやられたら「(DQ3)幸せの靴すら手に入れられなかった」ランダム恐怖症には傍迷惑な話でしかありませんが、何かね、もっとこう「誰も困らないどうでもいいところで偶発的なアクシデントを仕込んでやりたい」という思いは昔からちょっとあったりしまして。
 エイプリルフールもそうだけど「誰も(大して)困らないレベルの悪戯」ってのは良いなと思うのですよ。

ふとした思い立ちで

 google adsの広告がドリクラgogo.一色の今日この頃ですが皆さん如何(ry
 いやもう案の定の恒例行事になってますよ。他にないのかと。ないよね。

 さて、ロボ子枠も消滅してすっかり意気消沈の毎日でしたが、いつもの如くめざとくドリクラニュースだけ見付けて読んでたら、宇宙警察アンジュさんが思いの外のド直球というか。ああもうこれアイリ枠だわ!と。
 居ても立ってもいられなくなり、増税前にかこつけてPS3買ってきました。
img
 やるもの何もないというのにね。
 PS4ならオンステージでアイリ指名権とコイヲシテイマス(timetravelerもはよ)の無条件購入が待ってるんですけど。

 ってか、今回のgogo.はやっぱり全体的に平成にシフトしてきたかな?という印象はあったのだけど、アンロック枠のないアル系チャイナ鈴凛のPVが、これまた盛大に笑わせてくれまして。成る程、デフォルト勢で間口を広げつつも、あくまで芯は外さない構えなのだなと。
 まぁアンジュのPV見てから飛ばそうかとも思っていたんですけどね。先に時が来たので。

 という訳で、また来年。