GRAVITY

 昨今の個人的映画ブーム?の影響という訳じゃないのだけど、たまたま巡り合わせがあったので「ゼロ・グラビティ」を見てきた。IMAX3Dで。

 これでもかって言うくらいの3D宇宙映画でした。

 うん、劇場を出て最初の会話が「いやー、全くと言っていいほど語ることのない映画だったな」と(ぉぃ)。ほんと。いや、映像以外の内容については、ね。
 冒頭シーンのPV一つの他は事前知識なしに見たもので、ここまでアクション一筋の映画だとは思ってなかったのですよ。実際は、あくまで「本格的な無重力空間表現に挑戦した映像作品」。原題”GRAVITY”に象徴されるシナリオは、それを必要最低限支えるためのお話。やりたいことを実にシンプルにまとめた良作品。
 故に「こわい、宇宙こわい」「地球まじで天国」というのが、重力の井戸に魂を何とやらの一庶民としては実に単純明快な感想だと思いまする(笑)。

 っていうか昨今、CG処理ばりばりの演出映像は何も珍しいものはなく、そこに来て「今だからこそ無重力に挑戦!」ということなのだと思う。何だかもう「(映像として)やることやっちゃったよね」感はあった。
 しかしあまりにも徹底した無重力表現(体感したことのない素人目には最早本物としか思えない)っぷりに、一体どうやって撮影したのか、下手したら身体もCGなんじゃ?とか疑っていたら、何てことはないワイヤー宙吊り撮影だったそうですよ参考。宙吊りどうこうよりも撮影装置の工夫が大きいようで。そういえばベガスで見たシルク・ドゥ・ソレイユもバカでかい舞台装置で90度倒立アクションシーンなどとやっていたのを思い出す。

 因みに当初は「これこそ3D処理のゲームが先を行ければ良かったのにね」と思いながら見ていたのだけれど、見続ける内に「これ計算量半端無いわ。やっぱまだプレレンダリングの世界だわ」とちょっと思わされてしまったりも。「Shuttered Horizon」でも情景のリアルタイムレンダリングだけで手一杯だったものね。
 まぁその内、この映画に触発された無重力空間探検アドベンチャーが出てくるのを首を長くして待ちたいと思いまする。

 いやはや、それにしてもロシアの風評被害が半端無いシナリオでした(笑)。せめて自国内のミスにしときゃいいのに。その方が直接怒られるのがまずかったのかな。

スタートレック映画

 さて、ちょっとだけ日も経ったけどこれは書き残しておこうシリーズ。

 CSの年末特集でスタートレックの映画版を全て見た。
 これでスタートレックの映像作品は全制覇できたことになるのかな。
 既に懐かしさも伴うけど、やっぱトレックは面白いな。毎日一本、帰宅後の視聴で充足して一日が終わりを迎えていたあの頃(遠い目)。

 TOSの頃(1~6)は当時本放送でやりきれなかったものを劇場版でグレードアップして再挑戦した良い映画作品だったと思う。あの頃が一番輝いていた感。その点、TNG以降の本放送で既に諸々掘り下げられ世界観も広がりきっていた終盤では、流石に失速感が大きかったとは思う。
 終盤二作品(と5作目)は以前にDVDで借りて見たことがあったけれど、9は「びっくりするくらいの二時間TVスペシャル」(よく言えばマイペース)、10は「すっかりハリウッド映画化」、とあまり良い印象は残っていなかった。ただ改めて見返せば出来が極端に悪かった訳でもなく、言ってしまえば「劇場映画としての無難な落とし所」の印象が強かった(内容の無さでいえば最新作into darknessも良い勝負だと思う)。諸々の不満や不足は感じるけど「これ以上話を広げてもマニアックになるだけ」という、ファンとしての見方になりがち。勿論、「トレックでそんな凡作をやらないでくれ」という批判はあればこそ、結局は10作目をもってして幕切れとなった訳だからね。

 いやうん、昨今の洋ドラの高い品質を見るにつけ、「この製作論法でまたトレックが見たいなー」と思っていた自分が居るのですが、改めて考えるともう「(作り手にとっても)足枷の方が大きいマニア向け作品」になってしまうのかな、とも考えてしまったり。
 それ故のリブートではあるんですが、それでも全くの0から始められる訳じゃないからね。にんともかんとも、分かりませぬ。

 まぁそんな話はともかくとしても、やはり一ファンとしては懐かしかったね。
 何が面白かったって、TV版では吹き替えで見ていたので分からなかったチェコフの物凄い訛りっぷり(笑)。リブート版でもすっかりネタにされていて微笑ましかった。
 あとは10作目のクレジットを眺めていたら「Wesley Crusher」と出てきて「!!!!?」と心底驚いた。お前生きてたのか!と(笑)。いや生きてたというか高次元(?)の方に誘われて精神探求の旅に出たまま、永久に現世には戻ってこないものかとばかり。確かに見返してみると結婚式に参加してた。きちんと主賓客扱いで。ああ、キャプチャ撮っときゃよかった(笑)。
 因みに彼の役者本人ウィル・ウィートンは、ユーリカで結構目立つサブキャラで出てきていたのだけど、言われるまで全く気付かなかったということもあり(笑)。「日本ではあまり知られていないが、現在でもコンスタントに映画・テレビに出演している」の文が何とも言えない味。お元気そうで何よりでした。キム少尉(の役者)なんてページもないというのに(笑)。

マン・オブ・スティール

 最近は何だか映画ばかり見ているかも。
 まぁ一時の勢いというのもあるのだけれど、CSの年末年始放映ラッシュからこっち、ちょこちょこと気になったものを録るようになった感じ。

 でもって前々から気になってはいた「マン・オブ・スティール」を見てみた。(流石にCSではまだやってないのでレンタルというかオンデマンドで)
 うん、良かったですよ。

 ネットの評判を見るに古典的なイメージの明朗快活ヒーロー活劇を望んでいた人には不評のようだけれど、自分は’90年代のcartoon(アニメ)のイメージが主なので、その限りでは特に違和感もなくむしろ期待通り。スーパーマン(カル・エル)のオリジンから語り出せばああいった命題が生まれるのは当然と言えるし、それこそ近年何処でもやっている「ヒーロー物の現代アレンジ」として見ても良い案配だったと思う。
 まぁリアルに語ってしまうと、それこそ人外の力が凄まじすぎて「これもう地球人じゃ敵わないよ」とばかりに半端なヴィランは持って来れなくなってしまうのが難点かもしれない。相手になりそうなのはブレイニアックとダークサイドくらいのものかと。それこそ地球外生命体の侵略の話ばかりになってしまうし、特にダークサイドは重い話になっちゃうからなぁ。
 それもあってか次回作では早々にバットマンとのコラボになるらしいけど、ジャスティスリーグに向けての布石もあるので致し方ないかなと思う。ただでさえDCコミックを牽引する商業的立場が大きいし。それこそ「バットマンで好きにやらせてやったし、グリーンランタンも不発だったんだから早くしろ」としか思われてないと思う。

 いや個人的にはダークサイドの話は凄く好きなんですけどね。自分の中ではあのニューゴッズ編の話あってこそのスーパーマンの作品イメージ。
 作中の度重なる侵略で、目の前で知人を殺され、地球はボコボコに侵略され、自分も洗脳でその片棒を担がされ、と公私共に悪逆の限りを尽くされた上に、どうにかこうにか追い詰めて解放しようとした(圧制下の)民はそれでもなお神に尽くすという、己の無力さをとことん味わわされた相手。ぶっちゃけスーパーマンの正義が完全に負けた相手。
 結果、もはや「殺るしかない」と禁断の答えに手を伸ばしたのが続編ジャスティスリーグの一篇「正義の夜明け」。他に解決の手を見出せない己の弱さに対する怒りも含めてのあのブチ切れっぷりだったんだろうな、などと思いながら見ていたものですよ。あれだけ見るとドン引きだけど、前提を知っていると見ているのも辛い。
 そもそもヒーロー物で「悪をどう止めるか」ってのは実は重い命題ではあるんだよね。バットマンなら取り敢えず捕まえてアーカムに叩き込めば解決するし、ついでに言えば適当に脱獄させて続編も書けるしで、幾らでも都合良く収まる世界だけれど、大抵のヒーロー物では逃げ帰ったり爆発やらに巻き込まれて生死不明で誤魔化すのが関の山(要は御都合主義)。そこに来てこのダークサイドという大物は「止めない限りは終わらない絶対的な悪の侵略」なので、そんな相手に「異能の力を人助けに」などと考えていただけの田舎育ちが果たしてどう向き合えば良いものか。
 そもそも言ってしまえばスーパーマンというのは、ルーサーという社会悪一人いつまでも止められないヘタレですからね。政治力が全く無いので「悪徳行為を水際で阻止する」以上にいつまで経っても踏み込めない。ましてや「手を下す」道を選んだパラレルワールドの自分に「力の支配」という過ちを見せ付けられてもいるし。ダークサイドとの対決ってのはその一歩手前で葛藤している状態だよね。
 まぁそんなものばかり書いてたらそれこそネガネガな話で客受けが悪いばかりですけどね。
 ただ、御都合主義の先にはこういう話もあるよね、という意味で好きなんだよね。別にリアルだから格好良いじゃあなくて。そういうことを考えてみてもいいじゃないと。

 ともあれ、ここで少しネタバレ込みで本編に触れておくと、
 まず一点批判すると、あの本家親父の「お前が導け」系の言動は疑問だった。訳の問題なのか、もうちょっと何とかならなかったのかと思う。精一杯解釈するならば、彼も結局はクリプトン人だったということかなぁ。そこまで盛り込んだとも思えないけど。
 後は、スーパーマンがまるで人助けもせずに街中で戦う点は、確かに気にはなった。せめて人助けに入ったところを殴り飛ばされるシーンの一つでもあればそれらしかったろうに。ただ強いて言えば今の彼はまだヒーローになる前の段階。人助けは最後の、地球人を助けるためにやむなく同族の首を折って止める(そして慟哭)、というシーンに集約されているのだと思う。これは先程の話にも繋がるところで、この苦渋の選択を持ってしてスーパーマンというヒーローの成り立ちに繋がっていくのだろう。その意味で一通りやることはやったなと、爆発エンドという安易な終わりでなく良かったと思うところ。

 そしてこの先ヒーローを束ねるJLにまで持って行くには、ルーサーとの対決で自分に足りない物をブルース(バットマン)に補って貰って、という流れになっていくんだろうな。クリプトナイトという最大の抑止力が出てないけどどうなるんだろうね。

2014おみくじ

 元日は実家に顔を出したんですが、電車を降りる時にスマホのお手軽ストラップが粉砕してお亡くなりになるわ(※)、適当に乗り換えたら一駅がくそ長いのに快速スキップで遥か遠くに連れて行かれるわ、絵に描いたようないつものへっぽこ展開すぎて泣けた。
(※:まぁ耐久力なんて無い(エントリ中頃)とは思っていたけれど、席を立った際に横で踏まれていたか、あるいは引っ掛けたかで、気付く間もなく取れてなくなっていた。もう諦めました。)

 なんで気晴らしにおみくじを買ってきましたよ。実家の地元駅で元気に営業しているホビーショップで。
img
img
 中吉です。
 この如何にも中途半歩感が堪りませんね(ぉ)。
 「大吉>吉>中吉」の力関係だとつい最近知ったばかりでしたが、予想通りというかお約束的に引いてしまおうとは。

 っていうか、「熱中症対策」云々って、なんか違うコレ(笑)。
 まぁイカ娘だから夏用なんだろうね。そもそもいつのだろう、、。

 因みにダヨーさんは昨年の萌え強化月間に使い損ねた分。
 ねんどろはサイズがいまいちだな~と躊躇する間に売り切れてしまったので、ねんぷちだけ確保したものの、そもそもがデフォルメのシリーズなので「普通のデフォルメ二等身フィギュアですね」「デスヨネー」感が凄くて使い所を逸してしまっていた。
 この前も実物の動画を見て思ったけど、やっぱりダヨーさんは「等身大の二等身」というのが最大最強の存在意義なんだと思いますよ。だから普通等身のfigma等に絡められる1/12辺りのサイズだったらいいのにと思う訳ですが。いやただのPVCの塊になることは分かっておりまする。いいじゃんそれで(ぉ)。

謹賀新年’14

 さて、
 あけました、のでおめでとうございます。(??)

 一応15日までOKという話を目にしたので何とか、、、。
 しかし、「たまには遅れてもいいんじゃない」くらいに思ってたけど、見返してみるとほぼ毎年律儀に一日に書いてはいたんだなぁ。びっくり。
 いや正直なところ例年の数倍増しで年越しも年明けも無い気分だったので、「正月休みは完全に引き籠もってビデオ消化する」(注:いつも通り)と敢えてしばらく後回しにしてたら、まぁずるずる行きますヨネー、ということで。
 まぁ強いて言うなれば、昨年辺りからPCを起動する機会がめっきり減ってしまったのは確か(仕事以外で)。web巡回程度ならAndroid端末で済んでしまうし。かといってAndroidで文章を書く気にはならないし。別件もあってBluetoothキーボードでも買おうかなとはたまに思ったりもするけれど。どうだろね。

 でもって、今年ってば「午年」だったんですね。
 というのも年が明けてから気付いたレベル(とほほ)。
 ぐぬぬ、事前に気付いていれば仕込みもしたのに、とちょっと思いましたよ。

 ということで急遽「動物の描き方」本をポチり。正月一日からamazon使用(笑)。
 まぁ前々から「そろそろ人以外も描きたいよね」とは思いつつ、ただ「手を広げるべきか、まだ専念しておくべきか」、学習曲線的にどちらがいいかの判断が付かず手をこまねいていただけなので、良い機会だなと。
 実際触ってみると、動物ごとの色々な曲線バリエーションというものがあるので、良い手の練習になるんじゃないかと思い始めた。現状、人型の練習と半々くらいでボチボチ進行中。

 因みに安心安定のハム先生本なのですが、これ「通りが良いから『動物』と表した」だけで、実質ほ乳類本なのだそうで。馬もいいけど「鳥描くよ、鳥」と盛り上がってもいたのでそこだけは残念。

 あ、そうそう、一応忘れた訳ではないということで書くと、年末の保留分は脳内会議の結果が思わしくなく。
 そもそも量がありすぎるものを一通り追い掛ける形で書くのが良くない(中途半端な話になりがち)のでは、ということで「題材ごとに小出しにする」のもいいかとは思い直したものの、それはそれで「そこまで行くといつもの『書こうとして書けなかったネタ』と何が違うの?」と、(今になって)敢えて書き出すことに改めて疑問符がついてしまう結果に。そもそもが「ちょっと吐いておきたいネタがある」程度だからなぁ最早、と。ぐぬぬ。
 どうなるでしょう。