GalaxyS4セットアップ編

 一呼吸置いてのつづき。
 最初は軽い気持ちでメモが残せればいいくらいのつもりで、大体一気に書き上げはしたのだけれど、一度書き出すと色々気になることも出てきて再度調べ始めたりして、微妙になかなか区切りが付けづらく。
 まぁ結果的には大したことは書いてなかったりしますけどね。

 何やかんやで入手しました、GalaxyS4 3G版 GT-i9500。
 続いてはセットアップ編。

・起動ロゴ
 最初に物凄くどうでもいいネタですが気になった話。
 起動時の端末ロゴ、「Galaxy S4」の4が今機から単なる数字になってますが、この数字が何と言うか。S2,S3,S4と結局は数字で表現されがちだからそうしてしまったのは分かるけど、まるで取って付けたようなしょっぱさが、、、。>公式
 いやほんとどうでもいいんですけどね。

・Googleアカウントのリストア
 S2は死んだものの、こんなこともあろうかとgoogleに個人情報をダダ漏れさせながらデータのバックアップをオンにしておいたので、S4でアカウント登録して全部復活するんだよね?、、、と思っていた時期が私にもありました(遠い目)。

※追記:この辺、何処かで機種変更時にアプリインストール状態も復元される旨の話を読んだ気がしていたんだけど、探してみると曖昧な記事しか出てこないので間違いかも。そんな機種変更対応機能なんて便利なものは無いですか、そうですか。本当にファクトリーリセットからの復旧限定機能?
※アプリバックアップというのは4.0からadbでフルバックアップが可能になったのでそれと混同してるかも。
※まぁそれはともかくとして、リストアの注意点として読んで貰えれば。

 はい、リストア失敗しました(即死)。
 googleアカウントを登録しても何も起きない聞かれない。そもそもリストアって何処で行うの?と調べたら、>こちら(追記:なんかヘルプが消滅している・・・)
重要: 設定を復元する場合は、セットアップ中に行う必要があります。セットアップの完了後にデータを復元することはできません。
 やってしまいました。リストアはセットアップ時限定。
 故あってセットアップ時にはアカウント登録出来なかった(後述)もので、後で登録したのですよ。こんな罠があるなんて聞いてないよ。いやもしかしたら英語で注意書きは出ていたのだろうか、、、(またfactory resetして確認する気力はないので)
 んで既に一度真っ新な端末状態でアカウントに紐づけられてしまったので、factory resetでやり直そうが無駄無駄無駄の極地。じゃあアカウント上の端末情報を削除してやり直せば? そんなものはありません!(超重要)
Google Play ウェブサイトの [設定] に表示されている端末を完全に削除することはできません。
 完全にというか一切、ね。非表示は削除とは言わない。
 いやこれ、一度捕まれた端末データは未来永劫消されないってことなんですよ。端末からはバックアップデータの削除は可能だ(とされてる)けれど、外部からは一切関与できない。例え本人でもね。要するに返事がないただの屍と化した我がS2のデータは永遠にGoogleに握られたままということです。うわぁ。
 もっとも、このandroid標準のバックアップが何処までデータを握っているのかは今回確かめようもなかったのだけれど、データのバックアップというくらいなんだから、/data/以下の基本ファイルくらいは持って行かれているものと仮定して。
 自分は特に困るようなデータは入れてないけど、一般的に言ってこれはちょっとどうなのかと。
 既に一度握られたデータにプライバシーも何も無いだろうとはいえ、感覚的にはバックアップというのは一時預かりみたいなものだし、それを消すことが出来ない状況が発生するというのは流石に不味いんじゃなかろうか。
 じゃあせめて、その握りっぱなしのデータを活用する意味で、端末Aのデータを端末Bに任意に移植させてよ?などと思って探してみたけど多分ない。本当に新規端末登録時にフルコピーを作るファクトリーリセットから復旧するための機能しか無いみたい。溜めるだけ溜め込んでおいて使える機会は機種変更ファクトリーリセット時のみ、かつ端末が死ねばサーバからの削除も不可。
 どうなんかなぁ、これ。
 リストア出来なかったのも痛いけど、それ以上の衝撃を受けた感はある。

・セットアップ時のWifi接続
 因みに何故セットアップ時にアカウント登録しなかったかというと、Wifi接続が出来なかったのです。ルータにMACアドレス制限を掛けてましてね。登録しようにもMACアドレスを確認する手段がセットアップ画面には無いのでキャンセルして抜けるしかない。(一時的に制限offにすれば良かったんだけどね、、)
 これに懲りて、たかが家庭のセキュリティということでMACアドレス制限は外すことにしようとは思いますが。でも会社ならMACアドレス制限くらい珍しくないし、そういうユーザ・企業の疑問の声というのは挙がっていないのだろうか。
 まぁ今はただ、気を付けましょう。


 さて、気を取り直して、

・日本語化
 この所謂グローバル版のS4は勿論日本語ロケールも入っているのだけれど、どういう訳かロケール選択に出てこない。
 対処としてはMoreLocale2というアプリを使う訳ですが、S4ではadbコマンドを叩く必要が出てきたとのこと。詳しくはこちら等で一通りまとめられてますが、まぁ自分なりの注意点も加えて簡単に書き並べておきましょう。

・デバッグ接続
 日本語化に先立って、AndroidSDKのインストール及びデバッグ接続環境が必要となる。
 USBドライバはS2の頃からのものが共通で使えた。こちらで。Kiesなんてものを入れる必要はない、というかあれは盛大なゴミ(アンインストールでも消えないマルウェア級)が付いてくるので駄目。いやほんと(>参考

 続いて端末をデバッグモードで接続する為に、Developers Option(開発者向けオプション)のUSB debug項目をオンにするのだけど、どうも4.2からはこれを出すために隠しコマンドを打つ必要がある。
 Settings -> more -> About device -> Build number
 (設定 -> その他 -> 端末情報 -> ビルド番号)
を何回か叩く。

 また4.2.2ではUSBデバッグ認証(ホワイトリスト登録)が必要。接続しても「device offline」となってしまう場合はこちらを参照。SDK platform-tools rev16.0.1以降とAPI17のインストールが必要。そうすると接続時に端末側に認証要求画面が出るので許可させる。
 これでadbコマンドが叩ける状態になる筈。

・改めて日本語化
 MoreLocale2をインストール。

 adbコマンドでMoreLocale2にpermissionを当てる。
> adb shell
$ pm grant jp.co.c_lis.ccl.morelocale android.permission.CHANGE_CONFIGURATION

 MoreLocale2を起動、Custom Locale、或いはmenuのAdd Localeにて、Language/Country = ja/JP で登録。

 以上で晴れて日本語化完了。

・日本語フォント
 日本語フォントについては全く問題なく表示された。
 ここは端末に依っては対処しないとならないこともある参考。androidのフォント変更にはrootを取らないといけないので、海外端末選びには一応注意が必要。ただ4.0からモトヤフォントが採用されたりとフォントの整理も進んでいるようなので、下手なローカル端末を買わない限りは最近は問題ないんじゃなかろうかとは思いたいところ。

 同様に以前の機種では問題になっていた日本語のbold参考もきちんと出ている模様。Chromeではね。
 ただSamsung謹製のS4標準ブラウザ(Chromeとは別に用意されている)では駄目なのは、独自に使ってるフォントファイルの問題ってことだろうね。


・再構築
 これで後はこの真っ新に蘇ったS4に新たな命を吹き込むのみ。
 これを機会にアプリの整理・一新が出来ると思えば、まぁ悪くない、よね。
 というか実のところ本当に困ったのはtodoデータの消滅くらい。電話帳を含め大抵のデータは所謂クラウドサービス化を済ませていたので、殆どの日常的なデータはすぐに復旧出来た(ゲーム類は、どうせもうやらない、、、ワルキューレのおまけフラグが消えたのは残念だけど)。ただtodoだけは、諸々あってサーバ同期機能を使わずじまいだったので見事に消え去ってしまった。思い出せないことは忘れればいいさ(遠い目で)。思い出せないという事実だけは忘れられなかったりするんですがね(笑)。

 しかし、どうせスマホでしか弄らないんだからローカル保存で十分だよね、と思っていたのだけれど、クラウドサービスというのは何も「端末を選ばない」ことだけでなく、バックアップサービスとしても機能するのだと改めて思い知らされましたよ。
top↑