クリフジャンパーじゃないよ

 トランスフォーマープライム地上波日本語版終了。
 原語版は#41辺りで一旦休止するまでは見ていたんだけど、以後再開するも妙に溜め込んでしまって、そうこうする内に国内放送が追い付いてしまったので、「まぁどうせニコ動字幕もビーストノリが否めないので変わらないか(&ガビガビ画質じゃ勿体ないし)」と国内放送版で妥協してのシーズン2最終回。
 シーズン2のラストはビーストウォーズばりのクリフハンガー(次回引っ張り手法)だとは聞いていたので、「ああこれで撃たれて消息不明エンドなのね、、、って、ェェェェ~ここで切るのかよ!」という余りにも壮絶な打ち切りエンドに唖然呆然。
 いやこれはいくら何でもないだろう(っていうかシーズン3予告で既にオプボロボロだったよな?)、ということで原語版を当たってみたら、やっぱり最後のシーンがまるまるカットされている所為でクリフハンガーにすらならない結果になってしまっていた模様。流石だね。まぁ本国と違って次があるという認識が視聴者側に乏しい以上、負けエンドがやりにくかったのは分かるけれど。ならビースト1はどうなんだとは思うかな。

 ただまぁ正直な話、シーズン1でいきなりユニクロンやオライオン・パックス&メガトロナスの過去設定を使って盛り上げすぎてしまった分、シーズン2はチートアイテム争奪戦というネタの弱さがいまいち根幹ストーリーの面白さにまで繋がらなかったような気がしなくもなかった。
 加えて日本語版ではっきりと台詞が聞き取れるようになるとメガトロンの台詞が存外に安っぽくて「厨二病大帝」の言われようにも納得してしまったり、そんな暴力的なだけで人望の欠片も感じられないメガトロン(&ディセップ)に失望してドレッドウィングは離反しちゃうし(&直後に死ぬし)、オートボット追加要員のスモークスクリーンは、ギャンブル惑星モナカスでイカサマやって煙幕張ってた頃の印象とはかけ離れた「新米」ポジションで、それは本来バンブルビーの役所だったろうに喋れないが故にできなかった事を今更補填されてもなぁという印象で、ついでに言うとブレークダウンの身体を手に入れたサイラスもほぼ使い捨ての終わり方だったし、そんな風にキャラ的な意味でも何だか盛り上がりに欠けたように思う。

 そんでもってあのクリフハンガーという終わり方では不完全燃焼も甚だしいので、早速原語版で続きを見てみた。現在2話目(#54)まで。
 「やべぇ何コレ面白ぇ」。思わず食いつくように見てしまった(笑)。
 いや、「(命令に背いて)戻ったらもう基地は吹っ飛んでいた」お陰で無事にオプティマスを救出出来たスモークスクリーン、という点にはぶっちゃけ御都合主義感も否めない訳ですが(笑)。それはさておいて、心底ボロボロで希望も失ったオプティマスと離散状態のオートボッツ、その一方ショックウェーブの帰還で着実に戦力を増すディセプティコン。ニューリーダー病は一旦諦めて「結果主義」で案外真面目に仕事してるスタースクリーム(勿論オチも含めてスタースクリーム)に、オートボッツ側にはここでNo2ウルトラマグナスのご登場。
 いや~、盛り上がって参りました。やっぱこの辺の中堅キャラが揃ってこそのTFだよなぁ。それに今期は僅か1クールしか貰えなかったらしいので、そのぶん凝縮されている結果になるのかもしれない。短いのは残念ではあるけど内容には期待したい。

 それにやっぱり見ていて思ったのは、原語版は声の雰囲気が凄く良い。まずトレックでお馴染みジェフリー・コムズのラチェットの演技が非常に良いので、当初そこで期待しまくったら日本語版は(飛田氏には悪いけど)正直ヘナヘナだったし、同じくメガトロンの声も原語はフランク・ウェルカーが威厳たっぷりに決めてくれているのに対して、藤原ひろしメガトロンはぶっちゃけ申し訳ないけど最後まで小者感が半端無かった(もっと良い声も出せる人だと思うのだけどね)。この辺、話の善し悪しはそこそこに(ラチェットは言葉選びの影響もあった気もするけれど)、結局のところは演技・演出の問題なんじゃなかろうかと思ってしまうところ。
 まぁ本音ではっきり言いますと、今作にとって岩浪演出は完全なノイズだったと自分は思いますので。虫型連中の懲りもしないワンパターンな芸風には本当に辟易とさせられた(最終話にブーンを入れなかったのは最後のなけなしの良心であると同時に、所詮は無粋な味付けだと自ら認めているということなのではないかと)。概ね真面目に徹してくれたバルクヘッド長嶝氏が日本版では一番好きだったな。ああいうオッサン声がやっぱりTFにはよく似合う。

 うーん、まぁ原語版が好きなら原語版で見ろって話だけどさ、出来の悪い吹き替えの存在というのもやっぱ寂しいよねと。日本の声優さんの声ってのもやっぱり好きだし、それでもっと普通の吹き替えが見たいんだよと常々思う。
 シーズン3は1クールしかなくて放送スケジュールも組み辛そうだし、だからなのか玩具のみ先に販売するみたい。最悪BEAST MACHINES(BWのラストシーズン)みたいに地上波はないかもね。ならいっそCSで引き取って普通に吹き替えて放送してくれないだろうかと。Cartoonでお馴染みの東北新社さん、出番ですよ(笑)。
 っていうかどうせカットしまくり(時にはエピソード丸ごと)の不完全版に過ぎないし、10年20年後のリバイバルでカットなし完全版の吹き替え新規製作とかに期待もしたくなる。その頃まで(国内の)TF人気が健在であれば、、!(笑)(いや収束した方がむしろ一般Cartoonレベルで大人しくやってくれたりするのか?と不謹慎なことを考えてもみたり)

 ま、とにかく今は原語版だよね。
 あー、やばい、ほんと英語勉強しないと。アラフォーから始めるお絵描きとかぶっこいてる場合じゃない。いやまぁ勉強ってのはやはり向上が目に見えないと辛いんだよね(言い訳)。

#因みに今見て知ったけどアルファトライオンの原語の声ってジョージ・タケイ(Mrカトー/スールー)かよ!(笑)
top↑