アルバムアート祭り

 気付いたら1月がもう終わりじゃないですか。びっくりだよ。
 という訳で(?)、昔書きそびれた話が昨今の出来事と繋がったので折角だから書いてみよう。

 以前Androidでへっぽこ音楽再生アプリを作った際、アルバムアートが必要になったので用意した時のお話。自分はそれまでアルバムアートすら設定していない旧人類だったので、手軽に設定出来るところでAndroidアプリを当たってみた。
 大抵のアプリはLast.fm等のサービスに問い合わせるだけの簡単なお仕事が多い中、一寸群を抜いていたのがこのアプリCover Art Grabber
 如何せんうちはロクなデータを持っておりませんもので、Last.fm如きに問い合わせても出る物も出てこない。ましてやあそこはVarious Artistを受け付けないので、ちょっと古いけど海外産なんだし出たっていいだろうパワパフのサントラすら出てくれない。
 それがこのアプリを使うとVarious Artistのパワパフは勿論、ドリクラのアルバムも余裕で確保してきた。でもまぁamazonのアルバム検索とかを上手く使ってるんでしょ?、、、なんて考えはほとほと甘かった。いやぁここからが凄いのなんの。
 某PCゲーのオマケなのでそもそもジャケットなんて無いサントラにコンシューマ版のパッケージ絵(縦長)を拾ってきたり(他の候補画像はゲームのスクリーンショットだったり)、
 oggファイルを抜き出してファイル名にゲーム名を付けただけで、そもそもDLゲームなのでパッケージ画像すら存在しない(自サイトで販売はしてるみたいだけど遠巻きの写真しかない)「SpaceChem」に、一体何処で見付けたのかジャストサイズの画像を持ってきた時は「良くやった!」と感動させられたり、
 挙げ句には、勝手に方々から掻き集めてきただけのドリクラアイリ全曲集(タグは「DREAM C CLUB – ILI」とかそんなん)関連グッズの商品画像を持ってきた時はもう一体どうしてくれようかと(笑)。

 いやもうどうなってんでしょうね、このアプリ。
 おそらくはgoogle先生の画像検索等も視野に入れているんだとは思うけど、それを僅か上位6件にまで絞り込んでそれっぽいのを出してくるその判断力が凄まじい。まぁこの6件ってのが微妙なところで、「惜しい、こっちじゃない」で出てこないものもあるにはあるんですけどね。あと出ない日は出ない。SpaceChemは多分レア。(因みに何だかバグで全然結果が出なくなったこともあったので使用の際は注意をば。今は治ってるかな。)
 まぁネタとしては大変素晴らしいです。他にもっと面白いネタはなかろうか(ぉ)。

 で、ここからがオチ。祭りですからね(タイトル)、祭りは醒めるもの。
 そんな感じで狭い狭いストライクゾーンを突き抜けてかなりの面々が出揃った我がアルバムアート群ですが、つい先日、「設定が全部吹っ飛びました(即死)」
 拙作アプリを起動したらレジュームが掛からず別のアルバムから始まったので何のバグか?と思ったら、多分ライブラリデータが吹っ飛んで再生成されたからIDも変わったんじゃないかと思う。ほんの一部だけ残ってるのはよく分からないけど、部分的に飛んだということだろうか。
 この場合、後付けで画像ファイルリンクを張っているだけのこの設定は軒並み消えてしまったという話。やはりmp3ファイル自体にデータを埋め込む昨今のスタイルが無難だということになるね。再設定もめんどくさいからやるならPCデータからにしますよ、、、その内、、、。

 ついでに言うと、(これも書こうとして書きそびれたままだけど)、前にとあるゲームをやっている最中に端末が落ちてデータファイルが吹っ飛んでるんだよね。
 それとこれとでは話のレベルが違うと思うけれど(直前に落ちた記憶もないし)、昨今こんな簡単にデータが吹っ飛ぶ環境というのは久々で、かなり微妙な気持ちですよ、はい。
top↑