あの頃は若かった的時代

 今日は日曜日と思っていたら月曜日だったでござるの巻。
 そりゃまぁ、徹夜して片を付けて土曜の朝に帰るつもりが、日曜の昼過ぎまで掛かったものね。人生で初めて二徹した気がしますよ、、。
 その間、睡魔がまるで仕事してくれなくて、せいぜい考え事をしながら横になって小一時間経ったくらい? 人間案外どうとでもなるものですね。むしろ帰ってからも寝付ける感じじゃなくて、起きてやることやっちゃおうかと考えてしまったくらいだけど、以前ネットカフェで3日くらいぶっ続けてネトゲやってそのまま息絶えた話を耳にしていたので、こりゃやべーやと、サプリとメラトニン飲んで眠りに堕ちておきました(笑)。

 まぁね、月曜といえばチャンネルNECO新着放送日ですよ。
 そうそう、Android版Twonky Beamをアップデートしてみたら、今まで「ポーズすら出来なくて宅急便が来たらアウト!」だったのが、最新版ではポーズもシークも出来るようになっていた(DIGA DMR-BWT620に接続)。加えて、Androidのスクリーンショット撮影が抑止されていたのが普通に使えるようになった。(ただ、そういやOSも当初から4.1に上がっているので、どっちの問題だったか分からないかも)
(因みにNexus7でも試そうとしたんだけど、DTCP-IP対応版買ってね、という事で玉砕(金払ってまで使うかというと、、)。DTCP-IP対応が目玉と思っていたけど有料だったのかこれ。REGZA tablet(AT500)は端末側が対応しているようで無料のまま見られるのね。ただ地上波は駄目というか落ちる。)

 なのでまぁ、折角なのでテストを兼ねてキャプチャしてみる。
 コマ送りとか出来ないから狙ったシーンを撮るのは難しいけどね。

imgimg

imgimg

img

 ブレないね、チャンネルNECO(笑)。
 レッドバロンとかまたすげーの持ってきたなと。
 最近チャンネルNECOが元気ない、とか思っていた時が私にもありました感。いやー、正直面白いかって言われると首を縦に振ることもないと思うんですが、なんだか気付いたら毎回見ている(笑)、この物凄い90年代臭、およびその残り香なラインナップが、微笑ましくも就寝前の小一時間に心地良い眠りをもたらしてくれる安心感、と言ったところなのかもしれない(ホントか)。(まぁいつもの5割増しで文章がおかしい点から察して下さい(笑))

 ついでに言うと一個目は「Kiddy Grade」。箸にも棒にもかからない、近未来SF的世界を舞台にしたアニメ、といった所で全て伝わるかとは思うのですが。何が面白かったかって、「いやこれはちょっと流石にどうなの」と思っていた主人公組のデザインが、衣装どころか本体まるごとごっそりリプレースされたこと(笑)。どうも何度も身体を作り替えながら長年生きてるという設定で。上の画像がそれぞれ1枚一人分。完全に別人混ざってるじゃねーかと(笑)。
 まぁホントに脚本は「う~ん?」って感じの如何にも前世紀末から続く当時のアニメのクオリティという感じでしたが。ただ人間、慣れちゃうと後はもう「ぢゃぢゃ~ん」が聞ければいいやくらいになるといいますか。

 二個目の「コレクター・ユイ」も凄いね。
 たまに聞く名前だったので隠れた名作なのかと思って見てみたら、あろうことか正に90年代~2000年初頭の暗黒期の末路みたいなアニメでした。いやもう何か慣れちゃった(笑)。でも当初よりはキャラが増えてノリが良くなってきた感はある。
 それより何より凄いのが、「早送りで見ても全く違和感がない」ところ。如何にも当時のスッカラカン脚本で、その間の悪さを解消する為に声優さんがスローテンポで喋るという、非常に心苦しい時代だったのですよ。だから1.5倍速再生で普通に聞こえてしまうという。まぁ最初から正味15分くらいのアニメだと思って見ればいいんじゃないかな(笑)。

 あと90年代クオリティといえばキャプチャしなかったけど「万能文化猫娘」もそうなんだよなー。あれは本当に酷すぎて見るのやめようかと思ったけど1クールだったので最後まで見てたら、やっぱり(ほんのちょっと)慣れていた。人間って酷い(笑)。
 いやね、でもこういう時代を通ってきて今があるんだろうな、とは思う訳です。

 因みに「レッドバロン」はまだ始まったばかりなので何とも言えず。
 まぁ当時の格ゲーブームに乗っかって「何故か」特撮のレッドバロンが格闘ロボアニメに究極進化を遂げたという、同時期にやっていたのがGガンダムなのでお察し下さい(笑)。

 しかし昔の方がよっぽどヒマだったのに見てなかったのは、まぁ面白いかって言われると首を(ryなのもあるけど、如何せん当時はまだビデオテープの時代だったのですよ。120分テープの3倍モードでも一回6時間分。それが溢れないように録らないといけないし、シーケンシャルなポインタは録画前に位置を最後に戻さないとあら大変、録ったらさっさと見終えて次に備える時代は、今のように「録り溜めて後で見る」など通用しない世界だったのですな。そりゃ最小限しか見ないよねと。
 つくづく便利になった手前、時間の浪費にも事欠かなくなったのだなと(笑)。

 いやうん、徹夜明けの変なテンションがまだ残ってましたね、、。

宇宙飛行士ユーリ(違)

 「夢みたいだね」と振られると、「♪夢だったんだね」と脳味噌が反応する今日この頃ですが(ry
 という訳でいつもの出遅れ雑記ですが、どうやらドリクラのスマホ課金ゲームが出たらしいですね。
 「あれ?ぴゅあクロックは?(お約束)」

 まぁ実質アイリ専用機な自分はホスガを集めてどうこうというのは全くの対象外になってしまうのでしょうが、そもそもの話、課金ゲームという時点で自分は興味ゲージが0からマイナスへと下降を始めると言ってよいので。うん、良かった(何が)。
 いや、自分もDLCでこそアイリ使用フラグを筆頭に幾つか貢いだ身ではありますが、あくまでコンテンツの追加で金を取るDLCと違って、昨今の課金ゲームというのは基本的なゲームデザインに「無制限に金を巻き上げるためのシステム」が組み込まれているからなぁ。
 随分うまくやっているらしいパズドラなんかでも、(所詮は伝聞からの推察レベルの話だけれども)、「課金なしでのクリアも可能」な程度にチューニングされているとはいえ、やっぱり「難易度の上昇が加速度的すぎて課金しないとやってられない」、そもそもが金を巻き上げることが前提のゲームデザインであることに代わりはないと。また課金なしクリア法というのも、一部の利用可能な枠の中から上手くパーティを選別すればという話で、これは典型的な「縛りプレイ」の在り方でしかなく、いわゆるやり込みゲーマーの支持を受けているというのが実態のように思う。縛りプレイというのはあくまで基本を越えた先にある遊びなので、本来のゲーム性がそこにあるという訳ではない。結局のところ「課金しない限りはゲームの一側面しか見られない」訳で、それがたかだか800MSP(前倒しフラグ購入)とは比べものにならない数多の課金の上に成り立つものと思うと、やっぱり自分は完全に興醒めしてしまう。
 まぁ「百聞は一見にしかず」という言葉はある訳で、一見のタイミングを計っていた節もなくはないですが、元々自分は「理屈で納得するか」が一つの分岐点たり得るので、この点、最早一見の価値(時間対効果)もないのかなぁとは考えてしまうところ。

 などと、気付けばうっかりマジレスが入ってしまいましたが。
 まぁ(GREEからD3Pにどれだけ金が流れるかは知らないけど)これでたんまり稼いで5号店(仮)はもちろん、スピンオフでアイリシリーズを3体くらい揃えてロボプラスと洒落込んで頂ければ幸いに思います。

 と、いつものオチで締めるだけのつもりだったんですが、
 ニュース記事をよくよく眺めてみたら、下の方にいるピンク髪(ユウリ)ってこれアイリの後継機じゃないですかー、やーだー。
 まぁこの手のカードゲームは数を揃えてナンボなのでそりゃ原作由来のキャラも作られるよね、というのは別に不思議でもなんでもないのですが。そんなことよりこのキャラ絵、オリジナルの絵師さんっぽくないですか先生。(ほどよいムチムチ感が(ぉ))
 カード系なので当然ながら複数絵師に平行依頼してて、既にトップ絵からして亜麻音ちんがコレジャナイ感を放っている(あの何とも言えない昭和のお嬢様っぽさ?がドリクラの良さと思っております、はい)というのに、ここは本気を出してくるんだ?と。数少ないトップ絵選抜組の一人にアイリが含まれていてビックリしたけど、案外そういうことなのだろうか。思えばかつてのインタビューでも代表が意外にもアイリ推しで、この時はまだ「不人気キャラのテコ入れかなぁ」くらいな気持ちもあったのだけど、やっぱりここは素直にピュアな代表を信じるべきだったのだろうかと(笑)。
 そんなことを考えたらこれは5号店(仮)キャラの先行売り込みなんじゃないかとすら思えてきたりもして。いやー、うん、「多分もう次はないんじゃないかな」とか結構考えてましたごめんなさい。まぁ違ったら更に笑われそうですが(笑)。

 しかしアイだから次はユウですか。成る程、ILIでアイリと読ませていたのはこのネタが既に念頭に置かれていたのか。まぁそれこそ次が困るんですけどね(笑)。
 ただ本音を言えば自分は、新顔の後継機よりも、顔も声も同じな量産機というのを期待しておりましたが。髪の色だけ違って更に緑になっちゃってるとか!(注:俺得) いやカード(キャラ)収集ゲーム商売の事とか全然考えてないよね。ハズレカード扱いしかされなさそうだ、、。
 まぁ同顔別人ネタはプロトやメンテ中に遭遇したテスト機体で既にやっているといえばそうなのですが。もうちょっと本格的なのをねと。二三人一緒に並んで会話している様とか見てみてぇ~。いやクローンネタは好きなんですよ。この前もクローンという題材にだけ釣られてその辺の漫画を表紙買いしてみたり、cartoonの”Gravity Falls”のクローン回は凄く面白かったなぁ参考。コメディ的にもいいけど、アイデンティティネタはAIにはもってこいだしさ。

 いや恋愛ゲーってこと全く考えてないよね(ぉ)。
 まぁホントの話、そもそも恋愛ゲーという気持ちなしにやったからなぁ、自分。
 キャバクラってのはお金を払って女の子に「良いお友達」で居て貰う場なのだと思っていましたので。
 「ドリームクラブはキャバクラではありません」ね、失礼致しました。